経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは

「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよそ7割が自宅で事業を営んでおり、組織形態も「個人企業」が84.9%に上るという結果が出ています。さらに、起業する際の人数は、74.6%が「1人(本人)だけ」です。

 

組織の規模は関係なく、独立して起業すれば企業経営が始まり、その瞬間から個人ならば個人事業主、法人だったら“代表取締役”“代表取締役社長”になります。いわゆる経営者です。

 

 

世の中には数え切れないほど多くの企業と、その企業を経営する経営者が存在しますが、その経営者の中には「成功する経営者」と「失敗する経営者」の2通りが存在します。

 

起業して企業経営を成功させることは、生半可なことではありません。

 

それでは「成功する経営者」の性格とはどのようなものなのでしょうか。

 

【目次】

1.成功する経営者の共通点とは?

2.まとめ

成功する経営者の共通点とは?

成功する経営者の性格にはいくつかの共通点があります。

 

 

1.行動力がある

 

企業経営は常に危機に陥るリスクと隣合わせの状態であり、危機に陥った際は、膨大な労力が必要になります。
そのため、成功する経営者には多少のリスクを顧みず、すぐに実行に移せる行動力が必要です。

 

しかしながら行動力というのは、何も考えることなくすぐに実行に移すことを指すわけではありません。

「すぐに事業が成り立つかどうか」
「成り立たせるためにはどうするか」
「失敗するリスクはどの程度か」
などの広い視野と洞察力が必要です。

 

企業経営は、とにかく分析し戦術・戦略を立てないことには前には進めません。

 

目の前にどのような困難・壁があったとしても、フットワーク軽く、すぐに何かしらのアクションを起こせる行動力が必要です。

 

 

2.失敗を恐れない

 

企業にとって、リスクヘッジはもちろん大切なことです。しかし、いくらリスクがあるからといって消極的な行動ばかりしていると、せっかくのチャンスを逃してしまうでしょう。

 

そのため、経営者には「失敗を恐れない心」が必要になります。的確に経営判断をするためには、積極性は欠かせない要素となるので、リスクヘッジを施した上で積極的に行動することを心掛けなければなりません。

 

また、仮に一つの事業で失敗したとしても、いつまでも後悔をしているべきではありません。失敗しないための対策を考えることは必要ですが、ネガティブになると積極性を欠いてしまうので、失敗をしてもポジティブに考えることを意識する必要があります。

 

 

3.楽観的である

 

成功する経営者は、いつまでも失敗を気にしません。また、くよくよもしません。

 

もしいつまでも失敗を引きずっているようなら、ネガティブ思考が自分を支配し、もともと備えてある積極性、行動力を押さえつけてしまうことにもなりかねません。

 

ネガティブ思考に侵されると、的確な経営判断ができなくなります。また、そんな経営者に人は付いていきません。

 

前述の通り、リスクヘッジは必要ですが、リスクを冒さなければリターンもありません。

 

ときには、あえてネガティブになる(一旦冷静になって考える)ことも必要ですが、そればかりでは前に進みません。

 

ネガティブ思考は極力排除し、前だけを見て、失敗してもまたチャレンジし続ける楽観的な精神力が必要です。

 

まとめ

成功する経営者の性格の特徴としては、以下の3つがある。

 

1.行動力がある――ただ思いつきで行動するのではなく、計画実行のための戦略立案も含める!

 

2.失敗を恐れない―――リスクヘッジも大事だが、リスクを恐れないことも大事!

 

3.楽観的である―――失敗を引きずっていたら、いつまでたっても前に進めない!

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて

    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス...
  2. 【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜

    美容商品の売り上げを上げるためには?世の中にたくさんある美容商品。「これは良い商品だから、ぜひ使...
  3. 【飲食店向け】時流に乗った飲食店の傾向と対策

    大手チェーン店も乗り出している「現在の飲食店事情」がどのようなものか、ご存じでしょうか? 現在...
  4. 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.2

    1日の乗降人員が5万人を超える京成勝田台駅。南口を出ると目の前にあるパチンコ店のビルの4階にその...
  5. 効果を引き出すクーポン事例ストーリーvol.4
    ~アイデアクーポン編~

    広告にはクーポンが付いているのが当たり前となった昨今、世の中にはさまざまな種類のクーポンが出回っ...
  6. 集客に効果的なクーポン事例ストーリーvol.3
    ~活用方法編~

    これまで「ラーメン」「カフェ」のクーポン事例についてご説明しましたが、今回はいったん原点に立ち戻...
  7. 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1

    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポステ...
  8. 販促の工夫事例~美容室編~
    繁盛美容室の顧客リスト活用法

    顧客リストを有効活用していますか。 美容室の顧客リストはお客様のカルテでもありますが、情報の確...
  9. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.2
    ~飲食・カフェ編~

    女子会やママ友と利用しやすいカフェは、弊社が発行する『ちいき新聞』の読者アンケートでも、常に「欲...
  10. リピート率を向上させる店内インテリアとは~美容室・サロンの場合

    お店を出せばお客様が足を運んでくれ、リピーターになってくれると思っていませんか?...
  11. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.1
    ~飲食・ラーメン編~

    世間に溢れている広告の中でも、つい心動かされてしまうのが飲食店の広告ではないでしょうか。 ...
  12. 店舗販促成功事例ストーリーvol.1
    ~塗装・リフォーム編~

    皆さんは『ザイアンスの法則』をご存知でしょうか?...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
交流会開催情報
第9回船橋ビジネス交流会
日程:2019年1月23日(水)
時間:18時半~20時半
参加費:2,000円(軽食・ドリンク付き)
対象者:経営者、決裁権のある役職の方
※船橋市外の方の参加も可能です。
定員:30名
経営者や販促担当者にとっての「学びと交流の場」創りをコンセプトに、地域ビジネス活性化の場として「ビジネス交流会 in 船橋」を地域新聞社主催にて開催いたします。
  • 商売繁盛にご利益がある寺社はどこ?~埼玉県編~
    新年度を迎える4月。決算でお忙しい会社も多いのではないのでしょうか?気温が上昇し人の移動も多くなりますので、気持ちを切り替えて仕事に励みたいですね。 そこで今回は、商売繁盛にご利益があるといわれる埼玉県の寺社を紹介します。
  • 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて
    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス」や「新たな価値観の提案」という意味で使われるようになってきました。現在、メディアでもSNSでも「イノベーション」が起きています。今後は激しい時代の変化により、今まで「常識」であったものが壊れ、「イノベーション」がより必要になってきます。飲食店の場合、これからどのような対策をしていけばよいのでしょうか?
  • 商売繁盛にご利益がある寺社はどこ?~茨城県編~
    夏休みを目前に控えた7月。早いもので、1年も折り返し地点を過ぎました。今年は良い年だという方も、そうでない方も残り半年間、悔いのないように仕事に励みたいですよね。そこで今回は、商売繁盛にご利益があるといわれる茨城県の寺社を紹介します。
  • 中小企業のブランド戦略・パート3
    顧客は誰か?「ペルソナについて」情報もモノも溢れている時代だからこそ意識したいこと。ブランドづくりについて、特にエンドユーザーに商品やサービスを提供するお店や会社などは、頭を悩ませることが多くなっています。例えば、年齢一つとっても、私は46歳になるのですが、自分の過去を振り返って考えてみても価値観の変化に気づくことがあります。SNSやユーチューブなどはもちろんありませんでしたので、仮に今私が10代だったとしても、過去の自分とは違った価値観になるのは想像できます。更に、同じ40代でも41歳と49歳では全く違う価値観と言うことも言えますし、同じ年齢だったとしても置かれている立場や状況によっても価値観は違うものです。
  • 売上につながる重要顧客の探し方①~デシル分析とは~
    お店の売上を底上げしてくれる「お得意さん」を肌感覚で判断していませんか?
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP