コミュニケーション不足? 部下を伸ばす鍵はフィードバック! | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

コミュニケーション不足? 部下を伸ばす鍵はフィードバック!

公開

「なかなか優秀な社員が育たない」そんな声をよく耳にします。

 

売り手市場が続いてる状況下で、優秀な学生は大手企業や意欲的なベンチャー、公務員などに流れ、資金力が限られた多くの中小企業にとっては厳しい採用戦線が続いています。

 

社員の能力を一定水準以上に保つことは会社経営の要。優秀な人材確保が難しい昨今、入社後の人材育成の重要性が高まっています。

 

ところが今、人材育成に悩む企業が増加しているというのです。

 

【目次】

1.優秀な人材が育たない?

2.労働環境が変わった?

3.人材育成の鍵は小まめなフィードバック

4.注目される1 on 1

5.いかに社員のコミュニケーションを増やすかが鍵

 

 

優秀な人材が育たない?

昔に比べると、入社後の新人社員教育に力を入れる企業は増えていますよね。

 

研修・教育制度の充実に反して、社員育成に悩む企業が増えているのはなぜでしょうか?

 

 

 

労働環境が変わった?

人材育成が上手くいかないことの背景には、労働環境の劇的な変化があるといわれています。

バブルが崩壊した1990年代以降、体力のなくなった日本企業は、雇用制度を大きく転換しました。

 

長期雇用と年功序列の廃止です

 

 

 

○定年まで働くことが常識だった

 

昔の日本企業では、新卒入社の会社で定年まで働くことが普通でした。

約40年間を同一企業で過ごすため、会社も社員に短期的な結果を求めることは少なく「いつか成果を出してくれればいい」というおおらかな考え方を持っていたのです。

 

人間が成長するのは、成功したタイミングではなく、失敗したタイミングだといわれます。

「二度と同じ過ちは繰り返さない」と失敗の経験を糧に大きく成長します。

 

ところが、現在の企業は長期雇用を前提としておらず、入社後すぐに結果を求める企業が多いのが実情です。

「人材開発部門が中長期的に関わる新人教育よりも、現場でのOJT教育を重視する」企業が全体の7割以上を占めるという調査結果もあるくらいです。

 

 

 

 

○上司がロールモデルだった年功序列制度

 

年功序列制度の下では、社員間の能力の優劣よりも、勤続年数や年齢が重視されます。

年を追うごとに役職や賃金が上昇していく人事制度で、現在の成果主義制度が導入されるまで多くの企業で採用されていました。

 

年功序列制度の良いところは、上司が自分の将来像になりえる点にあります。

仕事上の悩みは、上司を参考にすればよかったのです。

30歳になったらマイホームを買い、50歳になったら高級車に乗り、60歳になったら定年退職して悠々自適な老後。

そんな将来像を容易に描けたのが年功序列制度でした。

 

現在では、ピラミッド型の組織からフラット型の組織に変化する企業が増え、中間管理職の数は削減。

若手が先輩を追い越して管理職に就任することも珍しくなくなり、年功序列制度は崩壊しつつあります。

上司がロールモデルを示せなくなり、若手社員は自力で目指すべき方向を見つけなければならなくなりました。

 

先輩社員から後輩社員への知識共有が減り、以前と比べると「会社として集合知」を発揮することが難しくなったのではないでしょうか。

 

人材育成の鍵は小まめなフィードバック

多くの企業において、社員は短期スパンで成果を求められ、同時に社員間同士の知識共有が減ったために、社員育成が伸び悩んでいます。

 

これを打開するための根本的な解決策はありませんが、社内コミュニケーションを増やすことで状況の改善を図ることが可能です。

 

その一手法として注目を浴びているのが「フィードバック」です。

 

フィードバックとは、周囲の人間が外部評価を与えたり知識共有を図ったりする「ティーチング」と、本人への問いかけによって自発的な軌道修正を促す「コーチング」の両方の要素を取り入れた手法です。

 

注目される1 on 1

数あるフィードバックの手法の中でも、IT企業のヤフーが取り入れたことで話題になったのが1 on 1(ワン・オン・ワン)です。

 

1 on 1はその名の通り、上司と部下が定期的に1対1のミーティングを行うフィードバック手法です。

部下は目標達成のための行動について、成功事例、失敗事例、悩みなどを上司に伝え、上司はその内容に対してフィードバックを行います。

 

特別なノウハウや環境を必要としないため、どの企業でも導入できるのが魅力です。

 

「それならうちの会社でもやっている」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、1 on 1をやる上で大切なことは「高頻度に行うこと」です。

 

1対1での業績査定面談を年に1〜2回やっている企業は多いと思いますが、ビジネス環境の変化が激しい業界では、年や半期ベースのフィードバックでは本人の成長速度を遅くする危険性があります。

 

効果的にフィードバックを行うための目安は「週に1度」でしょう。

 

いかに社員のコミュニケーションを増やすかが鍵

労働環境の変化による社内コミュニケーションの減少は、若手の人材育成にとってはマイナスに働いています。

 

「フィードバック」は、主に上司と部下とのコミュニケーションを増やす中で、部下の成長を支援していく方法の一つです。

中間管理職の多くがプレイングマネージャーといわれており、部下のために時間を割くのが難しくなっている今だからこそ、制度として導入することに意味があるのかもしれませんね。

 

 

 

参考文献:

 

中原 淳著 『フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術』PHP研究所

 

産労総合研究所  2014年度 大学・大学院卒新入社員教育の実態調査

 

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 飲食店での人材育成に!eラーニングを活用しよう

    飲食店を経営する方の中には、人材育成をしたいと考えているものの、時間や予算が足りずに悩んでいる、...
  2. 店舗運営を成功に導く正社員採用とは?新卒採用と中途採用のメリット・デメリット

    The following two tabs change content below.この記事...
  3. 主婦、学生、外国人のアルバイト・パート採用!それぞれのメリットをご紹介

    会社・店舗運営者にとって大切なテーマの1つが自社に適したアルバイト・パート人材の採用です。 主...
  4. 求人広告の掲載をしたい! 最適な時期はいつ?

    新たに中途採用をする上で、求人広告は欠かせない手段の1つです。 求人広告で成果を出すためには、...
  5. 体調を崩しやすい季節は人手不足に!? 従業員の健康管理に取り組もう

    寒い季節、風邪やインフルエンザで従業員が欠勤し、人手不足になってしまうお店や会社もあるでしょう。...
  6. 採用イメージ

    リファーラル採用を成功させるための秘訣とは

    前回の記事「リファーラル採用を積極的に導入して離職率をさげよう」で、リファーラル採用とは「紹介、...
  7. リファーラル採用を積極的に導入して離職率を下げよう

    近年、多くの業界・企業が人材不足による採用難に陥っていると聞きます。人材を確保するために、給与を...
  8. 代理店のメリット、デメリットと3つの代理店制度を理解しよう!

    ビジネスを行う上で、自社の営業部隊が商品・サービスを販売するのは当たり前の方法ですが、それだけで...
  9. お客様を夢中にさせる接客術とは

    消費者がさまざまな方法で商品を購入できるようになった現代。商品の魅力だけでお客様に選ばれるのは、...
  10. 【美容室・サロン向け】売上アップにつなげる人材教育

    売上を上げる大事な要素の一つが“人材”。 「あのお店のスタッフはみんな親切でとても良い」 そ...
  11. 経営者の事業承継を考える

    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。不動産や保険関係の方などが、さまざまなセ...
  12. 元キャリアコンサルタントのコピーライターが発見した『良い人材が集まる会社の法則』とは?

    企業は人なり、とは本当にその通りで、働く人がどれだけ能力を発揮するかで会社の業績は決まってしまい...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • テイクアウトイメージ
    テイクアウトで売上アップ!イベント時にオススメの売り…
    イベントのときは、普段と違う人の流れやニーズが生まれます。テイクアウトは便利さや商品力を売りに、店舗の商圏住民はもちろん、イベントのために集まってきた多くの潜在顧客にもアピールできるチャンスです。今回は飲食店を経営する皆様を対象に、イベントを生かしたテイクアウトでの売り方や、集客に役立つ販促のコツを紹介します。イベントは新規顧客の獲得につながる絶好のチャンスです。テイクアウトの導入・活用で売上アップを目指しましょう。
  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
  • アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査…
    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をしている方を対象に、アフターコロナ、withコロナに関する意識調査を行いました。回答件数は1,947人と、これまでで最多の回答数となりました。やはり関心が高い内容だといえます。経済や生活の不安はまだまだ続きますが、できることをやっていきましょう。本記事が貴社の経営や販促におけるヒントになれば幸いです。
  • 効果的なノベルティグッズの制作で販促を成功させるコツ
    ノベルティグッズという言葉はよく耳にしますが、具体的にどんなものが思い浮かびますか。「●●円以上購入で、ノベルティプレゼント♪」といううたい文句がアクセサリーショップや服飾店、雑貨店などでよく使われますが、実はこれは「プレミアム」と呼ばれる購入者への特典品です。ノベルティグッズは、企業や店舗で使われる販促方法の1つで、企業名や自社サービス、自社ブランドが印刷されたアイテムなどを無償で配るもの。企業や商品、サービスの認知度の向上や商品の購入を促すことを目的としており、企業イメージをグッズに落とし込むことでブランディングにもつながります。今回はこの、ブランディングを目的としたノベルティグッズで販促を成功させるコツについてご紹介します。
  • シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世…
    ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の1つになりつつあります。 シニア層の顧客獲得に必要なのは、デジタルとアナログの両方のアプローチを活用する考え方です。 今回は、団塊世代を取り込むためのシニアマーケティングの考え方や、効果的な施策について解説します。
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP