【業界研究】リフォーム業界のトレンド情報 〜2019年調査版〜

公開

ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。

今回はリフォーム業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2019年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。

おすすめの販促方法もご紹介しますので、リフォーム業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。

 

【目次】
1.リフォーム業界とは
2.リフォームの種類
3.リフォーム業界の市場規模
4.市場動向
5.トップ企業
6.リフォーム業界の繁忙期と閑散期
7.広告が必要な時期
8.まとめ

リフォーム業界とは

総務省によるとリフォームとは「住宅の増改築、改修、模様替え」を指し、浴室などの設備の改修や壁紙の張り替え、屋根や壁の改修、耐震改修、窓の断熱工事などもリフォームに含まれます。このような作業を取り扱う企業で構成されているのがリフォーム業界です。

 

リフォームと似た言葉にリノベーションがありますが、これは「中古住宅を現代のライフスタイルに合った住まいによみがえらせること」(一般社団法人リノベーション協議会https://www.renovation.or.jp/renovation/about/)という意味です。

リフォームの種類

〈戸建てリフォーム〉
戸建住宅の場合、水回りのリフォームやエクステリア、耐震リフォーム、省エネリフォーム、バリアフリーリフォームなどさまざまな改修が可能です。

 

〈マンションリフォーム〉
マンションのリフォームは戸建住宅のリフォームと比べ、細かなルールがあります。一般的にマンションには共用部分と専有部分が存在しますが、リフォーム可能なのは区分所有法で定められた専有部分に限ります。

リフォーム業界の市場規模

リフォーム業界の市場規模は、2018年度で6兆2,865億円となっています(前年度比1.6%増)。

なお、2019年第1四半期(1〜3月)の市場規模は1兆2,716億円で、前年同期比5.8%増となっています。

 

 

(出典:株式会社矢野経済研究所のデータをもとに作成)

市場動向

国の住宅政策の方向性を示す「住生活基本計画」によると、リフォーム市場規模を2025年に12兆円まで拡大させる計画となっています。

 

現在わが国では、総住宅数(住宅ストック)が総世帯数を上回っており、空き家問題なども生じています。

さらに、人口減少・少子高齢化の進行とともに新築住宅の売上は減少傾向にあるため、今後更なるリフォーム業界の拡大が予想されます。

トップ企業

 

 

(出典:リフォーム産業新聞「住宅リフォーム売上ランキング2018」をもとに作成)

リフォーム業界の繁忙期と閑散期

〈繁忙期〉
リフォーム業界の繁忙期は11月頃〜3月末。
年末や年度末の時期に需要が高まります。

例年の傾向として、年内にリフォームをしてきれいな家で新年を迎えたいという人が多いようです。
また、年度末の決算期には公共事業などの需要が高まると言われています。

 

〈閑散期〉
閑散期は、繁忙期以外の時期です。
リフォーム業界は1年を通して比較的需要が安定していますが、5月〜7月の時期が最も落ち込みます。

広告が必要な時期

・5月…ゴールデンウイーク中のイベント、相談会の告知
・8月…お盆の需要
・11月〜12月…年末の需要
・3月…年度末の需要や新生活に向けて

 

特に、リフォーム業界の最大の繁忙期である12月や3月に向けての販促には最も力を入れるべきです。

主な販促手段としてはDM送付、チラシ折込、予告広告、HP(SEO対策)、リフォームマッチングサイトなどがあります。

 

 

(出典:国土交通省 「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」のデータをもとに作成)

 

消費者は実際に問い合わせなどの行動を起こす前に情報収集・他社との比較を行うので、リフォーム業界においてもWEBでの販促が重要視されています。他にも、口コミやチラシ配布による集客も効果的であると考えられます。

 

また、繁忙期に対応するため事前に求人広告を出し、人手を確保しておく必要があります。従って、夏場から10月頃にかけて求人広告を出すのがよいと考えられます。

まとめ

リフォーム業界2019年調査版は、いかがでしたでしょうか。業界のトレンドを把握することで、商売繁盛につながる次の一手を生み出すきっかけになればと思います。

その他の業界についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【参考資料・出典情報】
・総務省「平成25年住生活総合調査 調査票」
・一般社団法人リフォーム推進協議会 http://www.j-reform.com (2019/6/13閲覧)
・一般社団法人リノベーション協議会 https://www.renovation.or.jp/renovation/about/(2019/6/13閲覧)
・株式会社矢野経済研究所「住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~2019年 第1四半期~」https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2164 (2019/6/13閲覧)
・リフォーム産業新聞「住宅リフォーム売上ランキング2018」https://www.reform-online.jp/news/reform-shop/14481.php (2019/6/13閲覧)
・リフォームに良い時期・季節 https://リフォーム費用の相場.com/category3/entry66.html (2019/6/13閲覧)
・国土交通省 「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 【業界研究】飲食業界のトレンド情報 〜2019年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状...
  2. 【業界研究】医療業界のトレンド情報 〜2019年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は医療業界の現状...
  3. 【業界研究】飲食業界のトレンド情報
    〜2018年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状...
  4. 【業界研究】不動産業界のトレンド情報
    ~2018年調査版~

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は不動産業界...
  5. 【業界研究】求人業界のトレンド情報
    〜2018年調査版〜

    ビジネスで最適な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は各業界の求...
  6. 【業界研究】美容理容業界のトレンド情報
    ~2018年調査版~

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は美容理容業...
  7. 【業界研究】学習塾業界のトレンド情報
    〜2018年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は学習塾業界の現...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジ…
    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々難しくなっています。仕事が評価されなかった、ストレスを感じた、自身の希望と業務内容がミスマッチだったなど、辞める理由は人それぞれです。「厳しく叱責したら辞めてしまうのでは」「どう接してよいかわからない」そんな不安を抱えながら部下と接している方も多いのではないでしょうか。上司と部下という関係がより複雑になっている今、部下に対する「マネジメント能力」が、多くの上司に求められています。
  • 経営者の事業承継を考える
    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。 不動産や保険関係の方などが、さまざまなセミナーや勉強会を開催しています。 そして、一度話を聞くと「うちもそろそろ真剣に考えなければならないな」と思うのです。
  • 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約…
    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BANT情報」というものがあります。 BANT情報のフレームワークを使用したヒアリングによって営業の受注確度、もしくは見込みを高めることができます。 BANT情報をうまく活用して、成約率を高める方法について説明します。
  • 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?
    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょうか?太鼓などの楽器を鳴らしながらお店のチラシを配り歩く、とても賑やかな販促方法。江戸末期に始まったといわれていますが、ネットが普及した現代だからこそ、人による「リアル」な販促手法が人々の注目を集める可能性は高いといえます。珍しさが人を呼ぶ、温かい販促手法をご紹介いたします。
  • 商談イメージ
    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象…
    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なことです。 特に、初対面の印象は重要であり、それによって後の成約率も変わってきます。 しかしながら、ビジネスパーソンの中には、初対面での印象を意識せずにお客様との初商談を迎えるなど、事前準備を疎かにする方もいます。 今回は第一印象の重要性と、印象を良くする方法についてご説明します。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP