シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世代を取り込む!

公開

ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の1つになりつつあります。

シニア層の顧客獲得に必要なのは、デジタルとアナログの両方のアプローチを活用する考え方です。

今回は、団塊世代を取り込むためのシニアマーケティングの考え方や、効果的な施策について解説します。

なお、この記事でご紹介しているシニアマーケティングのコツと、弊社クライアント様の取り組み・実績を具体的にまとめた「シニア向け販促のコツ」を無料でダウンロードしていただけます。

必要項目を入力いただくだけ(1分ほどで終わります)ですぐにダウンロード可能ですので、販促活動にご活用くださいませ。

【無料】シニア向け販促のコツ を
ダウンロードする

【目次】
1.シニアマーケティングの定義
2.団塊世代を取り込むシニアマーケティングのポイント
3.シニア向けのマーケティングで効果的な施策
4.まとめ

シニアマーケティングの定義

シニアマーケティングとは、団塊世代をはじめとしたシニア層にターゲットを絞ったマーケティングです。

シニア層特有の興味や関心、購買パターンを分析して施策を実施します。

特に集客や顧客獲得においては、シニアが活用するチャネル(顧客との接点)を理解した上で戦略を立てることが効果的です。

団塊世代を取り込むシニアマーケティングのポイント

シニアマーケティングでは、デジタルとアナログの2つのチャネルによるシナジー効果を生み出すことが重要です。

ここでは、チャネルごとにポイントを紹介します。

①デジタルマーケティングを活用しよう

シニアマーケティングにおいて、デジタルを活用したアプローチは重要な課題です。

この背景には2つの要因があります。

1つ目はシニア層のネット利用率の増加です。

総務省「通信利用動向調査」によると、2018年時点における60〜69歳のインターネット利用率は76.6%(前年73.9%)、70〜79歳は51.0%(同46.7%)となっており、それぞれ前年よりも伸びています。

また、スマホやSNSの利用者が増加中である点も無視できません。

2つ目はネットやスマホの進化です。

大手ECサイトは発展を続けており、その他にもフリマアプリやタクシー配車など、次々と新しいネット系サービスが登場しています。

今や、シニア層に向けた「シニアデジタルマーケティング」の取り組みは欠かせません。

ECサイトやWebメディア、インターネット広告、アプリ配信といった、デジタル上のあらゆる手段によって集客・販売を目指す考え方が重要になってくるでしょう。

*参考:総務省「インターネットの利用状況」

②アナログならではのアプローチをしかけよう

一方でアナログからのアプローチも重要です。

デジタル技術が発展しても、リアルの魅力が全て無くなるわけではありません。店頭での丁寧な接客やコト消費など、アナログ特有の強みが残る分野は必ずあります。

また、割引特典がついたチラシやシニア層向けのスクール情報が掲載されたフリーペーパーなど、アナログ特有のアプローチもまだまだ効果が期待できるでしょう。

とはいえアナログでのアプローチは、地域特性はもちろん、シニアならではの傾向をつかまなければ、なかなか望んだ効果が得られないものです。

  • どの媒体がいいのか?(チラシ・DM・フリーペーパー等)
  • 予算はどれくらい必要か?
  • 他社事例がみたい

このような疑問やご要望をお持ちの方は、冒頭でも紹介しました当社の無料販促資料「シニア向け販促のコツ」をご活用くださいませ。

弊社クライアント様の実例つきでアナログ媒体でのアプローチ方法をおまとめしております。

【無料】シニア向け販促のコツ を
ダウンロードする

シニア向けのマーケティングで効果的な施策

シニア向けのマーケティングでは、シニア層の興味や関心、行動パターンに合わせた以下のような施策が大切です。

  • チャネルを絞る
  • 品質や信頼性をアピールする

では、以下から順にもう少し詳しく施策内容を解説していきます。

◆チャネルを絞る

チャネルの選択は慎重に行う必要があります。

デジタルではWebメディア、電子メール、ネット広告、SNSなどがある一方、アナログでは実店舗やチラシ、看板などがあり、それぞれ種類が豊富です。

しかし、むやみにいろいろ試しても、成果は出づらいでしょう

2018年時点で高齢者のスマホ利用率は60〜69歳で56.2%、SNS利用率については38.6%です。

どちらも着実に利用率が増えている段階ですが、若い世代と比べると低いのも事実。

これらのデータを踏まえつつ、ターゲットに合わせた施策を打つことが重要です。

*参考:総務省 「平成30年投信利用動向調査の結果」

◆品質や信頼性をアピールする

商品やサービスの品質も重要です。

民間のマーケティング会社による消費者意識に関する調査では、シニア層は商品を購入する時に慎重な姿勢が見られました。

この層は、価値と価格が見合っているか、品質の裏打ちがあるかを重視する傾向があり、話題性や人気には左右されづらいという結果が出たのです。

アナログのチャネルでは、商品を自分の目で見たり直接手に取ったりすることができるため、質や信頼性を訴求する施策が有効でしょう。

そして、これはネットでも同じです。

「家計消費状況調査」では、60歳以上の世帯がネットショッピングで購入する商品のうち、旅行、食料品、衣料品の割合が大きいという結果でした。

このような商品は、ネットであれば価格や品質、魅力などを細かく比較できます。

ネットでも、販売者側はモノ・サービスそのものの魅力をアピールすることが大切なのです。

*参考:総務省統計局「家計消費状況調査2018年インターネットを利用した支出の状況」

まとめ

シニアマーケティングは、今後のさらなる人口の高齢化とシニア層のネット利用の加速が見込まれるので、デジタルとアナログのチャネルを両輪として活用していくことが求められます。

シニア層が利用しているチャネルや求めていることを意識しながら、顧客を取り込みましょう。

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 年末年始商戦!withコロナでも新規顧客をゲットするには!?

    2020年は新型コロナウイルス感染症が終息する見通しが立たず、「withコロナ」での年末年始商戦...
  2. 【店舗向け】2020年のクリスマス商戦!withコロナの今年は何が違う?

    2020年のクリスマス商戦は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年とは大きく異なることが予想され...
  3. 【飲食店経営で役立つ!】マーケティングの基本!お店のコンセプトに合ったペルソナを考えよう!

    飲食店経営では、正しいペルソナを設定できるかどうかが売上を左右します。 お店とペルソナがマッチ...
  4. 美容業界の方必見!美容業界のトレンドと今後の動向に迫る!

    近年、美容業界は市場規模や出店数が緩やかに拡大・増加している一方、サービスが多様化し、競争が激化...
  5. サブスクリプションとは?サービスの事例やメリット・デメリットをご紹介!

    サブスクリプションはデジタルサービスの拡大を背景に普及しているビジネスの仕組みで、商品開発やマー...
  6. 増えるシニアのネット利用 シニア世代が求めるモノ・サービスとは

    インターネットを利用するシニア世代は増加しつつあります。 販売戦略で高齢者をターゲットとするな...
  7. SEOで勝つには? SEOで上位表示されるために必要な基礎対策を解説!

    SEO対策をしてみたい!と思っても、まず何からすればいいのか分からない、という人も多いかと思いま...
  8. Webマーケティングイメージ

    Webマーケティングとは? Webマーケターの仕事内容について解説!

    最近、「Webマーケティング」という言葉をよく聞きますが、いったいどのような仕事なのでしょうか?...
  9. 知ってて当たり前?AISASとは?購買行動モデルを意識して売上を伸ばそう

    皆さん、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉を聞いたことはありますか?どちら...
  10. リファーラルマーケティングを活用・実践してビジネスを拡大する

    ビジネスにリファーラルを活用することには多くのメリットがあります。今回はリファーラルマーケティン...
  11. ○○マーケティングって、つまり何?

    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります...
  12. 紹介マーケティングを活用して売上を上げる

    集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な...
  13. 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティングに生かす方法をご紹介!
    ~サービスメリット整理表を活用しよう【無料DL】~

    4C分析と4P分析という有名なマーケティング分析手法を、自社商品やサービスのマーケティングに生か...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 【業界研究】不動産業界のトレンド情報
    ~201…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は不動産業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの販促方法付の情報もご紹介しますので、不動産業界の方も、それ以外の方も、ぜひご一読ください。
  • 中小企業のブランド戦略・パート3
    顧客は誰か?「ペルソナについて」情報もモノも溢れている時代だからこそ意識したいこと。ブランドづくりについて、特にエンドユーザーに商品やサービスを提供するお店や会社などは、頭を悩ませることが多くなっています。例えば、年齢一つとっても、私は46歳になるのですが、自分の過去を振り返って考えてみても価値観の変化に気づくことがあります。SNSやユーチューブなどはもちろんありませんでしたので、仮に今私が10代だったとしても、過去の自分とは違った価値観になるのは想像できます。更に、同じ40代でも41歳と49歳では全く違う価値観と言うことも言えますし、同じ年齢だったとしても置かれている立場や状況によっても価値観は違うものです。
  • 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカ…
    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういった状況の中で ・営業時間変更などの情報を会員の方へ一斉に伝えたい ・日々状況が変わる中で、リアルタイムで情報発信がしたい ・テイクアウトなどの新しいサービスを常連様に周知させたい といったニーズが高まっています。そこで改めて注目を集めているサービスがLINE公式アカウント。店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE公式アカウント(旧 LINE@)は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。
  • 【コロナ対策】中小企業向け 補助金・助成金の情報を知…
    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経営者が知っておきたいのは、事業の継続や感染症対策に関連する補助金や助成金の情報です。今後も新型コロナと向き合わなければならない「withコロナ」時代の継続が見込まれますから、利用できる支援は上手に活用していきましょう。
  • 飲食店におけるデジタルトランスフォーメーション(DX…
    デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、デジタル技術によるビジネスの変革を指し、飲食業界からも注目を浴びています。 飲食店がDXに取り組むときは、まずDXの意味や取り組み事例を知っておく必要があります。 本記事ではDXの基礎知識を説明した上で、DXに取り組むメリットや施策の事例、さらに成功するためのポイントを紹介します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP