検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

公開
SEOイメージ

“検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか?
“検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的にはどのような影響があるのでしょうか?
検索アルゴリズムの変更に左右されない、SEOの根本的施策についてもご紹介します。

 

 

【目次】
1.検索アルゴリズムのアップデートとは?
2.大規模アップデートも怖くない! 絶対に抑えておきたいSEO対策

3.まとめ

 

 

検索アルゴリズムのアップデートとは?

検索アルゴリズムとは、Googleなどの検索エンジンが「検索キーワードに対して、どのようなサイトを上位表示させるか」を決定するの仕組みのことです。

 

検索アルゴリズムは、日々マイナーチェンジされています。
そして数年に一度は大規模アップデートという、SEO対策の根幹に関わるような大幅な変更が行われます。

 

しかし大規模アップデートのたびに、すべてのSEO対策が台無しになるわけではありません。

Googleの根幹となるSEO対策は基本的に変化しないからです。

 

今回はGoogleの大規模アップデートにも負けない、絶対に押さえておきたいSEO対策の根本的を紹介します。

 

 

大規模アップデートも怖くない! 絶対に抑えておきたいSEO対策

1.タイトルタグにはキーワードを入れる

 

タイトルや見出しなどのタグには必ずキーワードを入れましょう。

 

キーワードとは、「この記事を役に立つと感じる人は、こういう単語で検索するだろうな」という言葉です。
記事から適切なキーワードを思い浮かべてもいいですし、Googleキーワードプランナーを使って、検索数の多いキーワードから記事を作成するのもいいでしょう。

 

ただし、ここで注意しておきたいのが、キーワードを盛り込み過ぎるのは逆効果だということです。
キーワードを入れ過ぎてめちゃくちゃな文章になってしまったり、何を伝えたいかわからないタイトルになってしまったりすると、ユーザーには「SEO対策向けのサイトだな。広告がたくさんあったり、商品購入をすすめられたりしたらいやだな」と思われ、敬遠されてしまいます。
SEOは検索結果にて上位表示されるための対策ですが、たとえトップページに掲載されたとしても、クリックしてもらえなかったり、問い合わせなどのコンバージョンにつながらなかったりしたら意味がありません。

 

ユーザーにクリックしてもらうためにも、キーワードは1、2個ぐらいに抑えて、“誰に”“何を”伝えたいのかが一目でわかるタイトルにしましょう。

 

 

2.ユーザーの役に立つ情報を提供する

 

コンテンツSEOと呼ばれる分野で、Googleは検索エンジンを通じて、ユーザーにより有益な情報の提供をミッションとしています。
そのため、広告だらけのサイトや、文字数が多くても意味のない文章ばかりのサイトは、上位表示されづらくなります。

逆に、ユーザーが「欲しい!」と思った情報が手に入るWebページの評価が高まっていくのです。

 

有益な情報が詰まったサイトは、検索時に上位表示されるだけでなく、サイトのコアなファンをつくり、結果、売り上げなどのコンバージョンの達成にも貢献します。
そのためにも、まずはユーザーの役に立つ記事を作成することが大切です。
タイトル同様、記事内に不自然なキーワードが大量に散りばめられているWebページも2003年の大規模アップデートにおいて低く評価されるようになりました。

 

 

まとめ

・検索アルゴリズムとは、検索結果の上位表示を決める仕組みのこと。数年に1回、大規模なアップデートがあり、上位表示の仕組みに大きな変更が生じる。

 

・アップデートがあっても検索結果の順位を落とさないためには、SEOの根幹となる基本的な施策を実施することが大切。その根本となるのが、“ユーザーのためになる良質な記事”を書くこと。

 

・キーワードは大切だけども盛り込み過ぎには要注意! キーワードが入り過ぎて文章がめちゃくちゃになってしまっていると、逆に低評価になってしまう。

 

 

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

■おすすめの関連コラム

  1. シニア(高齢者)マーケティングと集客戦略のポイント

    少子高齢化がすすむ日本において、団塊世代をはじめとしたシニア層(60代・70代・80代)は魅力的...
  2. いますぐ始めよう!Googleビジネスプロフィール

    さまざまなモノやコトを検索するのに便利な「Google」ですが、多くの人がお店を探す目的で利用し...
  3. ランディングページを作ってみよう

    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネット...
  4. Facebookでお得に広告を出そう②

    The following two tabs change content below.この記事...
  5. Facebookでお得に広告を出そう①

    皆さんはどのように集客をされていますか?チラシを作ったり、広告を掲載したりと、いろいろな方法を試...
  6. ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサイトとは?

    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう...
  7. ホームページをリニューアルする際に気を付けるべきこと

    ホームページをリニューアルしたいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、自社にWEB担当ス...
  8. 目的別ホームページ活用のススメ

    今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちた...
  9. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  10. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  11. コンテンツイメージ

    コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

    “コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 コンテンツマー...
  12. コンテンツ

    コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

    SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている...
  13. SEO

    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマー...
  14. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  15. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  16. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  17. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  18. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  19. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  20. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  21. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。7割以上がスマホユーザーということですね。...
  22. SNSの特徴と使い分けとは?SNSを上手に活用した販促方法をご紹介!

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。 ...
  23. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  24. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  25. 動画販促とは?活用事例に学ぶ5つの効果と作り方のコツ【活用法も解説】

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  26. 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカウントで出来ることとは?~導入成功事例も合わせてご紹介~

    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういっ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 急げ!スマートフォン対応
    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWeb検索もスマートフォンを使うことが増えていませんか?ちなみに筆者の先週1週間のスマートフォン利用のレポート(iPhone:スクリーンタイムのレポートより)によれば、読書と調べもので15時間30分、SNSで4時間35分でした。すでにみなさんも実感している通り、統計の上でもスマートフォンから情報を得る人が増えています。スマートフォンの保有率は既にパソコンを超えています。これからはスマートフォンを中心にした集客・情報発信に、いかに早くシフトできるかが勝負です。今回はスマートフォンを味方につけた集客力、情報発信力をアップさせる方法についてお伝えします。
  • DMの基本~現在の動向編~
    DMを発送する側にとって、生活者がDMにどのような印象を持っているのかは気になりますよね。1週間あたりの受け取り数は?どのくらいの人がDMを見てくれているの?など、気になることは様々。今回は、DMに関する調査データをもとに、生活者のDM閲覧状況や行動に与える影響などを読み解きます。
  • クローラビリティとは? クローラビリティを上げるSE…
    クローラビリティという言葉を聞いたことはありますか? クローラビリティは、SEO対策をする上で必須のワードです。 まったく知らずに対策を行っていたら、そもそもあなたのウェブサイトは検索上位にほとんど表示されていないかもしれません。 Googleなどの検索エンジンで上位に表示されたいのであれば、欠かせないクローラビリティの向上。 ここでは、クローラビリティとは何かというところから、クローラビリティを上げる方法までお伝えします!
  • 2021年1月の販促計画を立てるときのポイント
    新しい年がスタートし、おめでたい気分に包まれる1月。一年で最も気温の低い季節を迎えます。新型コロナウイルス感染症の流行は依然続いており、冬のウイルス性感染症(インフルエンザ・急性胃腸炎など)の流行も本格化します。3密を避け、体調管理に気をつけて過ごしましょう。今年のお正月は帰省を見合わせる人も多く見られます。「おうちお正月」を楽しめるような提案をしましょう。成人の日の3連休には、例年、各地で成人の日の式典が行われますが、今年は密を避けるため、式典を中止したり、分散して実施したりする自治体もあるようです。また、今年は大学入試センター試験に変わり「大学入学共通テスト」が初めて実施されます。withコロナにおける販促活動は継続しています。1月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前からゆっくり販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 2020年3月の販促計画を立てるときのポイント
    学年末、年度末の社会的な区切りを迎える3月。新生活の準備に忙しくなる方も多いことでしょう。ひなまつりは女の子の健やかな成長を祝いましょう。ホワイトデーはバレンタインデーと同様、楽しみ方の幅が広がっています。春を感じられるギフトを贈りたいですね。日に日に温暖な季節に移り替わるこの時季、春のお彼岸を過ぎた頃には全国から桜の便りが届き始めます。3月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
PAGE TOP