検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

公開
SEOイメージ

“検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか?
“検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的にはどのような影響があるのでしょうか?
検索アルゴリズムの変更に左右されない、SEOの根本的施策についてもご紹介します。

 

 

【目次】
1.検索アルゴリズムのアップデートとは?
2.大規模アップデートも怖くない! 絶対に抑えておきたいSEO対策

3.まとめ

 

 

検索アルゴリズムのアップデートとは?

検索アルゴリズムとは、Googleなどの検索エンジンが「検索キーワードに対して、どのようなサイトを上位表示させるか」を決定するの仕組みのことです。

 

検索アルゴリズムは、日々マイナーチェンジされています。
そして数年に一度は大規模アップデートという、SEO対策の根幹に関わるような大幅な変更が行われます。

 

しかし大規模アップデートのたびに、すべてのSEO対策が台無しになるわけではありません。

Googleの根幹となるSEO対策は基本的に変化しないからです。

 

今回はGoogleの大規模アップデートにも負けない、絶対に押さえておきたいSEO対策の根本的を紹介します。

 

 

大規模アップデートも怖くない! 絶対に抑えておきたいSEO対策

1.タイトルタグにはキーワードを入れる

 

タイトルや見出しなどのタグには必ずキーワードを入れましょう。

 

キーワードとは、「この記事を役に立つと感じる人は、こういう単語で検索するだろうな」という言葉です。
記事から適切なキーワードを思い浮かべてもいいですし、Googleキーワードプランナーを使って、検索数の多いキーワードから記事を作成するのもいいでしょう。

 

ただし、ここで注意しておきたいのが、キーワードを盛り込み過ぎるのは逆効果だということです。
キーワードを入れ過ぎてめちゃくちゃな文章になってしまったり、何を伝えたいかわからないタイトルになってしまったりすると、ユーザーには「SEO対策向けのサイトだな。広告がたくさんあったり、商品購入をすすめられたりしたらいやだな」と思われ、敬遠されてしまいます。
SEOは検索結果にて上位表示されるための対策ですが、たとえトップページに掲載されたとしても、クリックしてもらえなかったり、問い合わせなどのコンバージョンにつながらなかったりしたら意味がありません。

 

ユーザーにクリックしてもらうためにも、キーワードは1、2個ぐらいに抑えて、“誰に”“何を”伝えたいのかが一目でわかるタイトルにしましょう。

 

 

2.ユーザーの役に立つ情報を提供する

 

コンテンツSEOと呼ばれる分野で、Googleは検索エンジンを通じて、ユーザーにより有益な情報の提供をミッションとしています。
そのため、広告だらけのサイトや、文字数が多くても意味のない文章ばかりのサイトは、上位表示されづらくなります。

逆に、ユーザーが「欲しい!」と思った情報が手に入るWebページの評価が高まっていくのです。

 

有益な情報が詰まったサイトは、検索時に上位表示されるだけでなく、サイトのコアなファンをつくり、結果、売り上げなどのコンバージョンの達成にも貢献します。
そのためにも、まずはユーザーの役に立つ記事を作成することが大切です。
タイトル同様、記事内に不自然なキーワードが大量に散りばめられているWebページも2003年の大規模アップデートにおいて低く評価されるようになりました。

 

 

まとめ

・検索アルゴリズムとは、検索結果の上位表示を決める仕組みのこと。数年に1回、大規模なアップデートがあり、上位表示の仕組みに大きな変更が生じる。

 

・アップデートがあっても検索結果の順位を落とさないためには、SEOの根幹となる基本的な施策を実施することが大切。その根本となるのが、“ユーザーのためになる良質な記事”を書くこと。

 

・キーワードは大切だけども盛り込み過ぎには要注意! キーワードが入り過ぎて文章がめちゃくちゃになってしまっていると、逆に低評価になってしまう。

 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. Facebookでお得に広告を出そう②

    The following two tabs change content below. この記...
  2. Facebookでお得に広告を出そう①

    皆さんはどのように集客をされていますか?チラシを作ったり、広告を掲載したりと、いろいろな方法を試...
  3. ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサイトとは?

    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう...
  4. ホームページをリニューアルする際に気を付けるべきこと

    ホームページをリニューアルしたいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、自社にWEB担当ス...
  5. 目的別ホームページ活用のススメ

    今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちた...
  6. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  7. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  8. コンテンツイメージ

    コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

    “コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 コンテンツマー...
  9. コンテンツ

    コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

    SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている...
  10. SEO

    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマー...
  11. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  12. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  13. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  14. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  15. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  16. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  17. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  18. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。7割以上がスマホユーザーということですね。...
  19. 4大SNSの特徴と使い分けから考える、
    目的別のSNS活用方法とは?

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。スマホの...
  20. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  21. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  22. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  23. LINE公式アカウント販促とは?集客アップにつながる必須ツールを活用しよう

    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウント...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
ProFuture株式会社

ProFuture株式会社(詳しいプロフィールを見る)

2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
キャッチコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 2020年2月の販促計画を立てるときのポイント
    寒さがピークを迎える2月。旧暦では立春が1年の始まりとされています。旧暦では立春が1年の始まりとされています。豆まきなど厄払いの行事を行ったり、恵方巻きを食べたりして、福を呼び込みます。バレンタインデーは年々楽しみ方の幅が広がっています。顧客のニーズに応じた販促を行っていきましょう。立春を過ぎると徐々に日差しに春を感じるようになり、春のレジャー計画を考え始める一方、スギやヒノキの花粉飛散も始まり、花粉症の方にはつらい季節がやってきます。2月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前からゆっくり販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 2019年10月の販促計画を立てる時のポイント
    朝晩や日々の寒暖差、日暮れの早さで季節の移り変わりを感じる10月。日中は爽やかで過ごしやすいこの時期、運動会などのスポーツイベントや、遠足、修学旅行といった学校行事も多く行われます。また、今年は消費税が増税され、買い物の方法を変えるなど、あらためてライフスタイルにあったお金の使い方を考えたり、生活を見直したりする時期にもなります。10月の販促計画作成に役立つポイントをまとめました。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 2018年11月の販促計画を立てるときのポイント
    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、「七五三」「文化の日」などの行事も多いため、それらに合わせたキャンペーンやサービスを企画しましょう。また、11月が終わる頃には、冬のボーナスやお歳暮シーズンが到来、クリスマスや年末年始の準備も始まるので、早めの販促計画が重要になってきます。2018年の11月は、来年10月の消費税増税に向けた対策を各家庭が考え始め、ボーナスをどう使うかを真剣に考える季節。高額商品の宣伝を強化した方が良いでしょう。
  • 事例でわかる てがきチラシ作成のポイント
    実際の事例を見ながらてがきチラシ作成の注意点やポイントをご説明します。目的や場面によってバリエーション豊かに使い分ける事ができます。
  • アクセスするイメージ
    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善…
    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないでしょうか?  SEO対策(検索エンジン最適化)というと専門家に依頼するイメージが強いかもしれませんが、個人でできる施策もいろいろあります。 今回は、その中でも特に重要な3つの施策をご紹介!ホームページのアクセスアップにお悩みの方はぜひご覧ください。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP