ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

公開
商談イメージ

ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なことです。

 

特に、初対面の印象は重要であり、それによって後の成約率も変わってきます。

しかしながら、ビジネスパーソンの中には、初対面での印象を意識せずにお客様との初商談を迎えるなど、事前準備を疎かにする方もいます。

 

今回は第一印象の重要性と、印象を良くする方法についてご説明します。

良い第一印象とは?

まずは相手にポジティブな印象を与えることを重視しましょう。

ポジティブな印象とは、具体的には次のようなことです。

 

「安心できそう」
「信頼できそう」
「前向きそう」
「行動力がありそう」
「対応が早そう」

 

第一印象でこのようなイメージを与えられると、仕事のパートナーとして手を組んでもらえたり、商品の購入につながったりする可能性が高まります。

 

ビジネスをする上で第一印象を良くするには

第一印象を良くするための方法には、大きく分けて“見た目(外見)”“立ち居振る舞い(内面)”の改善があります。

この2つについて考えてみましょう。

 

1.見た目(外見)の改善

 

外見については、「清潔感」「TPOに合わせた服装」が特に重要です。

 

例えば、多くのビジネスパーソンはスーツを着用してビジネスの場に臨みます。

そのとき、スーツにシワがよっていたり、パンツに折り目がついていなかったりしたら、どう思われるでしょうか。

初商談は会議室や喫茶店などお客様と近い距離で行われるのが普通なため、このように細かなミスでも相手の目につきやすくなります。

ビジネスカジュアルが許される場合でも、ネクタイは締めずとも、シャツにジャケットを羽織るぐらいはしておきましょう。

 

また、意外と見られているのが足元です。

高級な靴を履く必要はありませんが、汚れが目につくようでは、かなりのマイナスポイントになります。

 

時計も要注意です。

相手が嫌味に感じるような高級ブランドの時計や、金無垢の派手な時計などは、ビジネスシーンでの着用は控えたほうが無難です。

 

2.立ち居振る舞い(内面)の改善

 

立ち居振舞いについては、名刺の渡し方などの基本的なビジネスマナー、会話などのコミュニケーションの取り方、態度などがあります。

中でも重要なのは、「相手の話をよく聞く」「あからさまな否定はしない」「独りよがりの話はしない」「相槌をうつ」といったことです。

 

ありがちなの失敗が、同業他社やライバルについて、否定的なこと(悪口等)を口にすること。

「きっとだれに対しても同じような悪口を言っているのだろうな」と悪い印象を与えてしまいます。

 

否定的なことは避けて、相手を立てながら、自社の優位性を伝えれる話し方をマスターしましょう。

 

 

ビジネスパーソンとしての“見た目”“見え方”を意識して行動することで、“信頼性”“信用性”が高まり、それが結果として成約率の高まり、販売につながります。

まとめ

商談の成約率を上げるには、第一印象が大切!

 

・第一印象を良くするためには“見た目(外見)”と“立ち居振る舞い(内面)”に気をつける必要がある。

 

・見た目はスーツのシワやパンツの折り目、靴の汚れなど細かいところにまで気を配る必要がある。また高級ブランドの時計など相手が嫌みに感じるようなアイテムは控える。

 

・立ち居振る舞いは、「相手の話をよく聞く」「あからさまな否定はしない」「独りよがりの話はしない」「相槌をうつ」など相手を尊重したコミュニケーションが大切。ライバル会社の悪口は第一印象が悪くなるので言わない。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 暑すぎて客足が遠のく…客足を増やす3つの対策とは!?

    猛暑は暑さ対策の商品・サービスにとっては追い風になる一方、暑すぎると人々は外出を控えるので、一部...
  2. 営業 契約のイメージ画像

    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役割の違いについて

    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? ...
  3. “メリット”と“ベネフィット”の違いを理解して
    訴求力のあるセールストークをつくりましょう。

    セールスをする際、商品・サービスの“メリット”だけでなく、お客様にとっての“ベネフィット”をきち...
  4. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法(実践活用編)

    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」に...
  5. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法

    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BA...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは
    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよそ7割が自宅で事業を営んでおり、組織形態も「個人企業」が84.9%に上るという結果が出ています。さらに、起業する際の人数は、74.6%が「1人(本人)だけ」です。組織の規模は関係なく、独立して起業すれば企業経営が始まり、その瞬間から個人ならば個人事業主、法人だったら“代表取締役”“代表取締役社長”になります。いわゆる経営者です。世の中には数え切れないほど多くの企業と、その企業を経営する経営者が存在しますが、その経営者の中には「成功する経営者」と「失敗する経営者」の2通りが存在します。起業して企業経営を成功させることは、生半可なことではありません。それでは「成功する経営者」の性格とはどのようなものなのでしょうか。
  • 商談説明
    顧客セグメントと価値提案のマッチングはビジネスモデル…
    ビジネスモデルを構築する上で非常に重要な点は、設計をする際に適切な顧客セグメントを設定できるかどうか、そしてその顧客セグメントに対して適切な価値提案を与えられるかどうかです。 ここでは、顧客セグメントに対してどのような価値提案をすべきか、その方法をお教えします。
  • 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割
    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページやブログを制作すること • FacebookやTwitterのようなSNSを活用すること • 物販をしている方なら、ネットショップを作ること などなど、あなたの置かれている立場で、イメージすることは異なるかもしれません。
  • 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる…
    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホームページ集客なんて無理!」とはなから思い込んでいる方がいます。 立地が重要といわれる店舗型ビジネスですが、昨今では「ホームページ集客で成功して、繁盛店になった!」という例もたくさんあります。 今回は、そんな店舗型ビジネスに奮闘している経営者様向けに、WEB集客の基本についてお話しします。 ※この記事の内容は、基本的にはどの業種でも有効ですので、他業界業種の方もぜひ参考にしてください。
  • 中小企業のブランド戦略・パート4
    自社の独自性…
    自社の独自性や優位性「ポジショニングについて」 中小企業だからこそ狭く深く ポジショニングとは簡単に言うと“「ペルソナ」(見込み客)の心の中の立ち位置”ということになります。あなたのブランド(商品・サービス・会社)はペルソナの心の中でどのような位置を占めるのか?をビジュアル化したものがポジショニングマップとなるのです。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP