新規顧客を獲得して増やすには?集客方法と販促の手法をご紹介!

公開

新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。

集客のターゲットには大きく分けて「新規」と「リピーター」の2つがあります。お店の商品やサービスのファンを増やしリピーター化させることはとても重要ですが、同様に新規顧客を獲得し続けることも大切です。

そこでこの記事では、新規顧客を獲得するための集客方法の種類と、その効果をより高めるための対策を解説いたします。

● 新規顧客の集客のやり方がわからない
● 新規顧客の集客をしているけど、うまくいかない

こうしたお悩みをお持ちの方に最適な内容となっています。

さらに、新規顧客を獲得するために役立つ無料の資料「消費者行動プロセスに基づいて学ぶ・消費者が認知に使う媒体」もご用意していますので、ぜひ最後までお読みください。

【目次】

  1. 新規顧客の集客方法・5つのステップ
  2. 新規顧客獲得のための具体的な手法まとめ
  3. 「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」をセットで覚えてもらう
  4. 店舗ごとに最適な手法を組み合わせる
  5. まとめ

【無料DL】知らないと損?!消費者への「認知」に威力を発揮する媒体とは?

【無料DL】4社の実例から学ぶ・フリーペーパーの定期掲載で「地域の勝ち組」になる方法

新規顧客の集客方法・5つのステップ

新規顧客を集客する方法には、見込客を獲得するパターンと既存客が知り合いを紹介するパターンがありますが、これをより理解するために下記「新規顧客がリピーター化するまでの5つのステップ」をまずはご覧ください。

 
 
  • ステップ① 新規来店促進 +ステップ①’見込客獲得
  • ステップ② リピート客来店促進
  • ステップ③ 常連客育成促進
  • ステップ④ 紹介促進
  • ステップ⑤ 休眠掘り起し

この5つのステップの中で、新規顧客の獲得につながるのは

  • 「ステップ① 新規来店促進 +ステップ①’見込客獲得」
  • 「ステップ④ 紹介促進」

の2つです。

前者の新規来店促進は、「お店を知ってもらう活動」と言い換えることができます。

そこではターゲットに認知させたり関心を持たせたりするアプローチが重視されます。

例えば、お店の看板や広告、ホームページなどを使ってお店の認知度を上げつつ、メールや住所情報を獲得してお客様との接点を増やすことなどが挙げられるでしょう。

後者の紹介促進は、「お店を紹介してもらう活動」と言い換えることができます。

そこではリピーターに満足してもらうことや紹介したくなる仕組み作りが必要になります。

紹介を増やすために口コミを促進する施策を打ったり、SNSでお店の情報を拡散したりすることがポイントです。

どちらの活動も、商品・サービスの質や価格といった基本的な要素が重要なのは間違いありません。

しかし、集客を促すためのアプローチの方法はそれぞれ異なるため、違いを知っておくことが大切です。

新規顧客獲得のための具体的な手法まとめ

ここでは、新規顧客を獲得するための具体的な手法を紹介します。

どのような手法があるのかの引き出しを多く持っておけば、選択肢の幅が広がるでしょう。

自分のお店に合った方法を発見できる可能性も増えるため、まずは基本的なアプローチ方法だけでも知っておくといいでしょう。

新規来店促進、見込客獲得、紹介促進とケースごとに分けて紹介するので、店舗が重視するテーマに合わせて活用してください。

広告

  • 新聞広告
  • 雑誌広告
  • 地域誌(フリーペーパー、ミニコミ誌)広告
  • 電話帳広告
  • ラジオ広告
  • ケーブルテレビ広告
  • 交通広告

【販促活動】

  • 新聞折込広告チラシ
  • チラシポスティング
  • 街頭手配りチラシ
  • DM
  • チンドン屋
  • 看板
  • のぼり
  • パブリシティ活動
  • イベント活動

【インターネットプロモーション】

  • HPのSEO
  • HPのUX改善
  • SNS(Facebook・Instagram・Twitter・LINEなど)
  • ブログ
  • リマーケティング
  • リスティング広告
  • メルマガ
  • アフィリエイト
  • クロスメディア

※新規来店促進の代表的な手法の強みや弱みなどを比較したい方は
コラム【店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法】をご覧ください。

■見込客獲得の方法

  • 特典のオファー
  • 資料請求
  • ガイドブック
  • 冊子などをお渡しする際に個人情報を獲得

■紹介促進の方法

  • 口コミの仕掛け作り
  • 口コミ用ツール
  • 会員間による紹介の仕組み作り
  • WEBの相互リンク
  • イベントやキャンペーンに友人・知人も招待(優待制度)

=================================================================

以上でご紹介したものは、新規顧客獲得の施策の中でも代表的な手法です。

まだ試していない販促手法があればぜひトライして、自社の商品販売につながるかどうか確認してみましょう。

新規顧客を獲得するためには広告だけでなく、紹介を促進するための会員制度作りやサービス改善などがとても重要です。

特に、サービスの品質を高めて紹介を増やしたり、SNSでシェアしやすいようなイベントやキャンペーンの企画を打ったりすることは、品質が求められる今の時代に必要な販促手法といえるでしょう。

ちなみに、この内容は無料の資料「消費者行動プロセスに基づいて学ぶ・消費者が認知に使う媒体」でも解説しています。

この資料は、消費者行動プロセスに基づき、様々な媒体の一覧をおまとめしており、貴社に合った新規顧客のための媒体選びができます。

◎個の項目を入力いただくだけですぐに無料ダウンロードできますので、ぜひお役立てください。

「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」をセットで覚えてもらう

新規顧客獲得を目的にした広告の効果を高めるために、広告作成時にはお店の「地域名」と「サービス名」をセットで覚えてもらえるよう工夫しましょう。

例えば「船橋駅前」の「美容室」+「オーガニックシャンプー」がウリという場合。

お店の詳細情報を看板や広告、ホームページで発信し続ければ、消費者がお店に合ったサービスを必要としたときに、「あ、そういえば船橋駅前に美容室があったなぁ。オーガニックシャンプーも気になっていたし、行ってみよう」と思ってもらえるかもしれません。

また、「市川駅前」の「クリーニング屋さん」+「しみ抜きに自信あり」ということを発信し続けた場合。

店名を覚えてもらえなくても「ワインのしみがついた白いシャツ、どうしよう。そういえば市川の駅前あたりに、しみ抜きに強いクリーニング屋があったような」と思い出してもらえる可能性があります。

GoogleやYahoo!などの検索サイト上位に表示される施策をすることで、見込客が検索するときに「選択肢」に入れてもらえるかもしれません。

注意しなければならないのは、お店の看板や広告、ホームページを見てもサービスの内容が伝わってこないようなお店は少なくないということ。

デザインに「おしゃれさ」を求めるあまり、何屋さんかわからない状態になってしまうようでは、消費者のニーズが生まれたときに選択肢に入れてもらえません。

消費者のニーズが生まれた瞬間を逃さないためにも、「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」を分かりやすく、繰り返し伝え続けましょう。

店舗ごとに最適な手法を組み合わせる

新規顧客を獲得する方法はさまざま。

大切なのはその中から、店舗にマッチした手法を選ぶことです。

お店の状況やサービスの内容によって、マッチする手法は違うものです。

例えば、リピーターの比率が高い店舗であれば、見込顧客を呼び込む努力をするよりも、既存客に知人を紹介してもらう方が成果が出やすいかもしれません。

ターゲットを若年層に絞っている店舗なら、インターネット広告やホームページのSEO対策を用いれば、新規開拓の効果が出る可能性があります。

新規顧客獲得の方法の中でどれが自分のお店に合うかはそれぞれ異なり、絶対的な方法はありません。

トライ&エラーを繰り返しながら、最適な方法を探す必要があります。

また、複数の手法を組み合わせることも大切です。

キャンペーンを用意し、チラシやインターネット広告などでプッシュ型のアプローチをするのなら、店舗のポスターや自社サイトの紹介ページなどを使ってそのキャンペーンを積極的に告知しましょう。

こういった準備が甘いと、せっかく見込顧客が興味を持ってくれても最後の押しが弱いために広告の効果も半減してしまい、購入・利用に至らない可能性があります。

まとめ

新規顧客獲得のための集客方法には、主に「お店を知ってもらう活動」と「お店を紹介してもらう活動」の2つがあります。

どちらにせよ、「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」の3点セットでお店のことを覚えてもらえるようにしましょう。

新規顧客獲得のための集客は消費者のニーズが表れるまで、地道に「ここにいいお店あるよ!」ということをお店の看板や広告・ホームページで発信し続ける努力が大切です。

「ほしい!」のタイミングを逃さないために、認知度向上のための継続的な告知と紹介を促進するための活動を行っていきましょう。

【無料DL】知らないと損?!消費者への「認知」に威力を発揮する媒体とは?

【無料DL】新規来店・リピーター化の入り口 / 定期掲載必勝パターン

セミナー情報 セミナー情報

お店に行く前に情報収集が当たり前の時代
販促に重要な「消費者目線」の媒体選び~「読者モデル広告」の訴求効果
開催日
2022年10月27日
対象
自社にあった媒体を知りたい方、来店動機UPにご興味のある方
テーマ
情報収集をしてから来店という流れが主流になっている中、どうやって顧客へ情報提供をすればいいのかお悩みの方へ、満足していただけるウェビナーを開催
お申し込みはこちら

 
 

The following two tabs change content below.
販促の大学の企画創立者。地域新聞社在職時代にマーケティング部を発足。WEB集客事業を実施し、問合せ数を前年比約3倍に。さらにマーケティングオートメーションの導入や、インサイドセールス部門立ち上げ支援など、営業組織の効率化に貢献。その後、新規事業開発の部門を経て、2021年独立。現在、PRSJ認定PRプランナーとして、企業の事業開発からプロモーションを手掛ける「喜八屋」の代表を務める。

■おすすめの関連コラム

  1. 新年度!春は新規顧客獲得のチャンスがいっぱい!

    新年度を迎える春先は、転勤や進学などを機に新生活を始める人が増える時期です。 店舗側は新規顧客...
  2. リードナーチャリングとは?顧客を育成する手法について徹底解説

    リードナーチャリングという言葉をご存知ですか?リードナーチャリングを行うことで、今まで購入に至っ...
  3. テイクアウトイメージ

    テイクアウトで売上アップ!イベント時にオススメの売り方・販促をご紹介

    イベントのときは、普段と違う人の流れやニーズが生まれます。テイクアウトは便利さや商品力を売りに、...
  4. 【集客・販促のきっかけにも!】人気のワークショップで競合店と差をつける!

    ワークショップは、それ自体が商品になるだけではなく、集客・販促のきっかけとしても有効な手段です。...
  5. 屋台イメージ

    【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご紹介

    屋台は自由度が高い販売促進の方法です。夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以...
  6. 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法

    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになって...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?
    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、よくできてるんじゃない」「どうだろう、読まれてないのかなー」なんて、はっきりしない言葉しか返ってこない。こんな状況だと、どこから改善していけばいいんだろうと暗中模索…なんてことになります。
  • 2018年12月の販促計画を立てる時のポイント
    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お歳暮、クリスマス、新年の準備などで消費支出が最も増える月なので、キーワードに合わせた販促計画を立てましょう。 2018年の12月は暖冬が予測されているので、比較的外に出る機会が多い可能性があります。年末の行事に合わせた販促計画を事前に立てて、集客を成功させましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 2021年9月の販促計画を立てるときのポイント
    9月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立てていきましょう。
  • 【月間販促カレンダー リニューアル】2022年4月の…
    4月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立てていきましょう。
  • ランディングページを作ってみよう
    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネットにアクセスする率は既にパソコンを上回っており、何かを探したり、情報収集したりするのに欠かせない存在となってきました。将来的に見ても、WebやSNSを使った集客や販売の重要度はさらに増していくと思われます。今回はWeb集客やWeb販売を始めるにあたって必要となるWebサイトの一つ『ランディングページ』についてお伝えします。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP