新規顧客の集客方法一覧と大事なポイントとは?

集客のターゲットには大きく分けて「新規」と「リピーター」の2つがあります。

 

お店やサービスのファンを増やし、リピーター化させることはとても重要ですが、新規顧客を確保し続けることも大切です。

 

今回は、安定的に新規集客し続ける方法をお伝えします。

 

【目次】
1.新規顧客を集客する2つの方法
2.新規獲得するための手法
3.「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」をセットで覚えてもらう
4.まとめ

新規獲得するための手法

新規の客がリピーター化するまでの集客の流れは、大きく分けて5つに分類されます。

 

ステップ① 新規来店促進 +ステップ①’見込客獲得
ステップ② リピート客来店促進
ステップ③ 常連客育成促進
ステップ④ 紹介促進
ステップ⑤ 休眠掘り起し

 

※クリックして拡大

参考:『販促手法の基本 この1冊ですべてわかる』 日本実業出版社 岩本俊幸

 

このステップの中で、新規獲得につながる段階は、

「ステップ① 新規来店促進 +ステップ①‘見込客獲得」

「ステップ④ 紹介促進」

の2つです。

 

※クリックして拡大

 

つまり、「お店を知ってもらう活動」と「お店を紹介してもらう活動」の2つです。

 

告知物を使って認知度を上げつつ、メールや住所情報を獲得して接点情報を増やすことと、紹介を増やすために口コミ促進の施策を打つことが、新規顧客集客のポイントです。

新規獲得するための手法

新規獲得の方法は、お店の状況やサービス内容によって、それぞれにマッチした手法があります。

 

その中でどの方法が一番自分のお店に合うかは、トライ&エラーを繰り返しながら反応を探る必要があります。

 

しかし、まずはどのような方法があるのかを把握しておかなければ、自分のお店に合った方法を見逃してしまう可能性があります。

 

■新規顧客向けの販促手法

=================================================================

 

■新規来店促進
新聞折込広告チラシ、チラシポスティング、街頭手配りチラシ、DM、新聞広告、
雑誌広告、チンドン屋、地域誌(フリーペーパー、ミニコミ誌)広告、電話帳広告、
ラジオ、ケーブルテレビ広告、看板、のぼり、交通広告、パブリシティ活動、
イベント活動、インターネットプロモーション(HPのSEO・HPのUX改善、
SNSページ、ブログ、リマーケ、リスティング・メルマガ、アフィリエイト、
クロスメディア)など

 

■見込客獲得
オファー(特典)

資料請求、ガイドブック、冊子等をお渡しする際に個人情報を獲得

 

■紹介促進
口コミのしかけづくり、口コミ用ツール、会員間による紹介の仕組み作り、
WEBの相互リンク、イベントに友人・知人も招待(優待制度)など

 

=================================================================

 

この他にも様々な方法がありますが、代表的なものを紹介いたしました。

 

まだ試していない販促手法があればぜひトライしてみながら、自社の商品販売につながるかどうか確認しておきましょう。

 

また、新規獲得は広告だけでなく、紹介を促進するための会員制度作りや、サービス改善がとても重要です。

 

特にサービスの品質を高めて紹介を増やしたり、SNSでシェアしやすいようなイベントや企画を打つことは、品質が求められる時代に必要な販促手法といえるでしょう。

「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」をセットで覚えてもらう

新規獲得を目的にした広告の効果を高めるために、広告作成時にはお店の「地域名」と「サービス名」をセットで覚えてもらえるよう工夫しましょう。

 

例えば、「船橋駅前」の「美容室」+「オーガニックシャンプーがウリ」という場合。

 

こうした情報を広告や看板で発信し続ければ、消費者がそうしたサービスを必要としたときに、「あ、そういえば船橋駅前に美容室があったなぁ。オーガニックシャンプーも気になっていたし、行ってみよう」と思ってもらえるかもしれません。

 

また、「市川駅前」の「クリーニング屋さん」+「しみ抜きに自信あり」ということを発信し
続けた場合。

 

店名を覚えてもらえなくても「ワインのしみがついた白シャツ、どうしよう。そういえば市川の駅前あたりに、しみ抜きに強いクリーニング屋があったような」と思い出してもらうことで、「選択肢」に入れてもらえます。

 

基本的なことのようですが、お店の看板や広告からサービスの内容が伝わってこないようなデザインのお店も少なくありません。

 

「おしゃれさ」を求めるあまり、何屋さんか分からない状態になってしまうようでは、ニーズが生まれたときに選択肢に入れてもらえません。

 

消費者のニーズが生まれた瞬間を逃さないためにも、「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」を分かりやすく、繰り返し伝え続けましょう。

まとめ

新規集客する方法には、主に「お店を知ってもらう活動」と「お店を紹介してもらう活動」の2つがあります。

 

そして、そのどちらにせよ、「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」の3点セットでお店のことを覚えてもらえるようにしましょう。

 

新規集客は消費者のニーズが表れるまで、地道に「ここにいいお店あるよ!」ということを発信し続ける努力が大切です。

 

「ほしい!」のタイミングを逃さないために、認知度向上のための継続的な告知と紹介を促進するための活動を行っていきましょう。

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
計画が売上を上げる!2018年の年間販促計画を作るワークショップ
日程:2017年12月14日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
1年分の販促計画をしっかり立てて、2018年の売上アップを目指しませんか?年間9,000社の広告や販促をサポートする地域新聞社と、WEBマーケティング支援企業のベストエフォートマーケティングによる共同ワークショップセミナーです。参加者同士で意見を出し合いながら、共に来年の販促計画をつくりましょう。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • こんな時代だからこそ「紙orWEB」ではなく「紙&W…
    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホが生活インフラとして無くてはならない存在となり、販促の中心もWEB販促になってきているのは事実です。しかしながら、だからこそ今、逆に紙販促の使い方が問われているといっても過言ではありません。紙販促・ポスティング型生活情報紙『ちいき新聞』を展開している弊社だからこそお伝えできる、WEB時代ならではの紙販促活用法をご紹介します。
  • 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1
    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポスティング型フリーペーパー「ちいき新聞」だ。必ず毎月1週目に広告を掲載し、「今月のおススメメニュー」「今月のパスタ」「今月のレディースデー」「今月のイベント(毎月第3金曜日を“ロスの日”としてイベントを開催)」などを地域の方々に発信している。1週目にこだわるのは、1か月分のお知らせをまとめてできるということと同時に、「ちいき新聞」をロス・アンジェルスの情報を待ち望む地域の方々とのコミュニケーションツールとして活用しているからだ。
  • DMの基本 ~ターゲット・リスト作成方法編~
    DMを実施する前に、具体的な戦術があるとないとでは、効果に雲泥の差が生まれてしまいます。
  • お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣
    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費用・時間のムダ」と感じている方も多いかと思います。 確かに、明確なターゲット層を定めることもなく、ただなんとなく「見栄えがいい」チラシを配布しているだけでは効果は上がりません。 では、どのようなチラシを配布すれば集客につながるのでしょうか?  具体的に例を挙げて説明しましょう。
  • イメージ広告とレスポンス広告を使い分けて売上アップ
    お店の認知度・評判を上げるために、かっこいい広告、おしゃれな広告を作りたいと思ったことはありませんか。もちろん、長期的に見ればそれも大切ですが、それではすぐの売上にはつながりません。
PAGE TOP