テイクアウトで売上アップ!イベント時にオススメの売り方・販促をご紹介

公開
テイクアウトイメージ

イベントのときは、普段と違う人の流れやニーズが生まれます。

テイクアウトは便利さや商品力を売りに、店舗の商圏住民はもちろん、イベントのために集まってきた多くの潜在顧客にもアピールできるチャンスです。

 

今回は飲食店を経営する皆様を対象に、イベントを生かしたテイクアウトでの売り方や、集客に役立つ販促のコツを紹介します。

 

イベントは新規顧客の獲得につながる絶好のチャンスです。テイクアウトの導入・活用で売上アップを目指しましょう。

 

【目次】

1売上を増やすテイクアウトの魅力とは?

2.テイクアウトの販売を成功させるポイントとは?

3.まとめ

売上を増やすテイクアウトの魅力とは?

テイクアウトは可能性がある業態です。

 

単身世帯の増加や女性の社会進出などにより中食市場は10兆円規模に拡大しています(2019年6月時点)。

さらに、2019年10月に予定されている消費増税では、中食には軽減税率が適用される一方、外食は通常税率のままということもあり、中食市場を押し上げる可能性があるといわれています。

 

花見や花火大会、お祭りといった季節のイベントでも、人気があるのは手軽な食べ物・飲み物です。

店舗と異なりサービスに必要なコストを抑えられるというメリットもあるため、消費者のニーズをつかめば大きく利益に貢献するでしょう。

 

【参考】食品産業新聞社:「中食の市場規模 9年連続増成長で10兆円からさらに拡大、消費税軽減税率が追い風となる可能性も」

テイクアウトの販売を成功させるポイントとは?

テイクアウトでは持ち運びの方法や買ってから食べるまでの時間差など、さまざまなことを考える必要があります。

テイクアウトの特徴を踏まえ、売り上げを伸ばすために意識するとよいポイントを紹介します。

 

 

【イベントの性格に合わせる】

 

イベントでテイクアウト商品を売る場合、そのイベントがどのような性格のものなのかを十分に把握しましょう。

 

たとえば、屋外の音楽フェスであれば、20〜40代の比較的若い年齢層が中心で、カップルや友人同士で開放感を楽しみたいという客が多いはずです。

この場合、アルコール類や清涼飲料などを持ち運びしやすい容器で提供してほしい、という需要が高まるでしょう。

 

一方、スポーツ観戦ではどうでしょうか。

プロ野球は家族での観戦も多く、夏休みなどは屋台イベントなどを展開することがあります。

この場合、テイクアウトとはいえ、その場ですぐ食べるわけですから、汁物の提供も可能です。

小さな子供も食べられるようなメニューもあれば喜ばれるでしょう。

 

 

【価格設定をテイクアウト仕様に】

 

テイクアウトでは価格設定も大切です。

食べ物や飲み物は、日常的な生活の中で消費されるものと、イベントなどで消費されるものに分けることができます。

TPOに応じた価格をつけましょう。

 

職場や自宅近くでのテイクアウトは、消費者にとっては日常の食事という感覚です。

ライバルはスーパーやコンビニ、近所の仕出し屋などで、それらと比較してもお得感を出さなければなりません。

イートインであれば通用していた価格でも、テイクアウトになると高いと感じられてしまう可能性があります。

 

しかし、イベントは非日常的なシチュエーションであるため、独特な雰囲気に釣られて財布のひもが緩むこともあるでしょう。

また、そのイベントが年に一度しか行われず、そこでしか食べることができないなどの商品であれば、より高値を設定できます。

 

 

【テイクアウト用の商品設計にする】

 

得に混雑が激しいイベントでいえることですが、テイクアウト商品は基本的に

・持ち運びがしやすい

・時間が経っても味が落ちにくい

・注文を受けてからすぐに提供できる

といった要件を満たしている必要があります。

 

人気のタピオカドリンクはこれらすべてに当てはまりますし、肉と野菜が入っていて片手で食べられるハンバーガーは、やはり優れているのです。

 

イートインで成功していたのにテイクアウトでは失敗するケースは、どこかで商品の良さを生かしきれていない可能性があります。

行楽やスポーツ観戦など、消費者のシチュエーションに合った商品設計をしましょう。

まとめ

イベントがあるとき、テイクアウトは手軽さや特別感を訴求できる手段です。

商品の品質や持ち運びの利便性、価格設定など、工夫しなければならない点はいろいろありますが、顧客ニーズに合致すればお店の売上を伸ばせる可能性は大きいでしょう。

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura ベストエフォートオフィス船橋(コワーキングスペース): https://besteffortoffice-funabashi.com/

■おすすめの関連コラム

  1. 新年度!春は新規顧客獲得のチャンスがいっぱい!

    新年度を迎える春先は、転勤や進学などを機に新生活を始める人が増える時期です。 店舗側は新規顧客...
  2. リードナーチャリングとは?顧客を育成する手法について徹底解説

    リードナーチャリングという言葉をご存知ですか?リードナーチャリングを行うことで、今まで購入に至っ...
  3. 【集客・販促のきっかけにも!】人気のワークショップで競合店と差をつける!

    ワークショップは、それ自体が商品になるだけではなく、集客・販促のきっかけとしても有効な手段です。...
  4. 屋台イメージ

    【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご紹介

    屋台は自由度が高い販売促進の方法です。夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以...
  5. 新規顧客を獲得して増やすには?集客方法と販促の手法をご紹介!

    新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。 集客のターゲットには大きく分けて「新...
  6. 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法

    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになって...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 金運や仕事運がアップする
    おすすめのパワースポ…
    パワースポットには、疲れた身体を癒やしたり、リラックス効果や精神を浄化する効果などがあるといわれています。外部のパワーを取り込むことで頭が冴え、新たな発見やアイデアの創造につながるかもしれません。 【目次】 1.華厳の滝(栃木県) 2.三峯神の湯(埼玉県) 3.サンメッセ日南 モアイ像(宮崎県) 4.江の島岩屋(神奈川県) 番外編 ペレの椅子(ハワイ) まとめ
  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
  • 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカ…
    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういった状況の中で ・営業時間変更などの情報を会員の方へ一斉に伝えたい ・日々状況が変わる中で、リアルタイムで情報発信がしたい ・テイクアウトなどの新しいサービスを常連様に周知させたい といったニーズが高まっています。そこで改めて注目を集めているサービスがLINE公式アカウント。店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE公式アカウント(旧 LINE@)は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。
  • 【飲食店向け】時流に乗った飲食店の傾向と対策
    大手チェーン店も乗り出している「現在の飲食店事情」がどのようなものか、ご存じでしょうか?現在、飲食業界にも大きな変化が起きています。時流に乗った飲食店に、どのような傾向があるのでしょうか?
  • 売上をあげるための顧客リストを育てよう
    顧客リストについて、有名なエピソードを2つご紹介します。 最初は江戸時代のある呉服屋の話。その呉服屋は火事になった時、火の粉が迫り来る中、まず顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んでから逃げました。そして火事が収まった後、顧客台帳を井戸から引き上げ、それを基にして商売を再開したのです。 また、アンドリュー・カーネギー(米国実業家、鉄鋼王。1919年没)は、「私の全ての財産を持っていってもかまわない。ただし、顧客リストだけは残しておいてくれ。そうすれば、私はすぐに今の財産を築いてみせる」という言葉を残しています。 この2つのエピソードは、顧客リストがあれば、事業がどのような状況に陥っても再起を図ることができるということを示唆しています。 他にも、“顧客リストは、あなたの貴重な財産で、育てるべきである”という言葉もあります。顧客リストを育てることができれば、好調な時でもさらなる売上をあげられるということだと思います。 しかし事業経営において、顧客リストを重要なアイテムだときちんと認識して、作成・管理・活用している会社は、意外と少ないのではないでしょうか?
PAGE TOP