テイクアウトで売上アップ!イベント時にオススメの売り方・販促をご紹介

公開
テイクアウトイメージ

イベントのときは、普段と違う人の流れやニーズが生まれます。

テイクアウトは便利さや商品力を売りに、店舗の商圏住民はもちろん、イベントのために集まってきた多くの潜在顧客にもアピールできるチャンスです。

 

今回は飲食店を経営する皆様を対象に、イベントを生かしたテイクアウトでの売り方や、集客に役立つ販促のコツを紹介します。

 

イベントは新規顧客の獲得につながる絶好のチャンスです。テイクアウトの導入・活用で売上アップを目指しましょう。

 

【目次】

1売上を増やすテイクアウトの魅力とは?

2.テイクアウトの販売を成功させるポイントとは?

3.まとめ

売上を増やすテイクアウトの魅力とは?

テイクアウトは可能性がある業態です。

 

単身世帯の増加や女性の社会進出などにより中食市場は10兆円規模に拡大しています(2019年6月時点)。

さらに、2019年10月に予定されている消費増税では、中食には軽減税率が適用される一方、外食は通常税率のままということもあり、中食市場を押し上げる可能性があるといわれています。

 

花見や花火大会、お祭りといった季節のイベントでも、人気があるのは手軽な食べ物・飲み物です。

店舗と異なりサービスに必要なコストを抑えられるというメリットもあるため、消費者のニーズをつかめば大きく利益に貢献するでしょう。

 

【参考】食品産業新聞社:「中食の市場規模 9年連続増成長で10兆円からさらに拡大、消費税軽減税率が追い風となる可能性も」

テイクアウトの販売を成功させるポイントとは?

テイクアウトでは持ち運びの方法や買ってから食べるまでの時間差など、さまざまなことを考える必要があります。

テイクアウトの特徴を踏まえ、売り上げを伸ばすために意識するとよいポイントを紹介します。

 

 

【イベントの性格に合わせる】

 

イベントでテイクアウト商品を売る場合、そのイベントがどのような性格のものなのかを十分に把握しましょう。

 

たとえば、屋外の音楽フェスであれば、20〜40代の比較的若い年齢層が中心で、カップルや友人同士で開放感を楽しみたいという客が多いはずです。

この場合、アルコール類や清涼飲料などを持ち運びしやすい容器で提供してほしい、という需要が高まるでしょう。

 

一方、スポーツ観戦ではどうでしょうか。

プロ野球は家族での観戦も多く、夏休みなどは屋台イベントなどを展開することがあります。

この場合、テイクアウトとはいえ、その場ですぐ食べるわけですから、汁物の提供も可能です。

小さな子供も食べられるようなメニューもあれば喜ばれるでしょう。

 

 

【価格設定をテイクアウト仕様に】

 

テイクアウトでは価格設定も大切です。

食べ物や飲み物は、日常的な生活の中で消費されるものと、イベントなどで消費されるものに分けることができます。

TPOに応じた価格をつけましょう。

 

職場や自宅近くでのテイクアウトは、消費者にとっては日常の食事という感覚です。

ライバルはスーパーやコンビニ、近所の仕出し屋などで、それらと比較してもお得感を出さなければなりません。

イートインであれば通用していた価格でも、テイクアウトになると高いと感じられてしまう可能性があります。

 

しかし、イベントは非日常的なシチュエーションであるため、独特な雰囲気に釣られて財布のひもが緩むこともあるでしょう。

また、そのイベントが年に一度しか行われず、そこでしか食べることができないなどの商品であれば、より高値を設定できます。

 

 

【テイクアウト用の商品設計にする】

 

得に混雑が激しいイベントでいえることですが、テイクアウト商品は基本的に

・持ち運びがしやすい

・時間が経っても味が落ちにくい

・注文を受けてからすぐに提供できる

といった要件を満たしている必要があります。

 

人気のタピオカドリンクはこれらすべてに当てはまりますし、肉と野菜が入っていて片手で食べられるハンバーガーは、やはり優れているのです。

 

イートインで成功していたのにテイクアウトでは失敗するケースは、どこかで商品の良さを生かしきれていない可能性があります。

行楽やスポーツ観戦など、消費者のシチュエーションに合った商品設計をしましょう。

まとめ

イベントがあるとき、テイクアウトは手軽さや特別感を訴求できる手段です。

商品の品質や持ち運びの利便性、価格設定など、工夫しなければならない点はいろいろありますが、顧客ニーズに合致すればお店の売上を伸ばせる可能性は大きいでしょう。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. リードナーチャリングとは?顧客を育成する手法について徹底解説

    リードナーチャリングという言葉をご存知ですか?リードナーチャリングを行うことで、今まで購入に至っ...
  2. 【集客・販促のきっかけにも!】人気のワークショップで競合店と差をつける!

    ワークショップは、それ自体が商品になるだけではなく、集客・販促のきっかけとしても有効な手段です。...
  3. 屋台イメージ

    【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご紹介

    屋台は自由度が高い販売促進の方法です。夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以...
  4. 新規顧客獲得のための集客方法と3つのポイント

    新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。集客のターゲットには大きく分けて「新規」...
  5. 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法

    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになって...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 経営者の事業承継を考える
    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。不動産や保険関係の方などが、さまざまなセミナーや勉強会を開催しています。そして、一度話を聞くと「うちもそろそろ真剣に考えなければならないな」と思うのです。
  • 商談イメージ
    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象…
    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なことです。 特に、初対面の印象は重要であり、それによって後の成約率も変わってきます。 しかしながら、ビジネスパーソンの中には、初対面での印象を意識せずにお客様との初商談を迎えるなど、事前準備を疎かにする方もいます。 今回は第一印象の重要性と、印象を良くする方法についてご説明します。
  • 中小企業のブランド戦略・パート4
    自社の独自性…
    自社の独自性や優位性「ポジショニングについて」 中小企業だからこそ狭く深く ポジショニングとは簡単に言うと“「ペルソナ」(見込み客)の心の中の立ち位置”ということになります。あなたのブランド(商品・サービス・会社)はペルソナの心の中でどのような位置を占めるのか?をビジュアル化したものがポジショニングマップとなるのです。
  • 「自分史」の取り組みで「パーソナルブランディング」を…
    私は、「一枚の写真の自分史」という活動に取り組んでいます。これは、思い出の写真を一枚ずつ持って同世代の者同士が集まり、その思い出について語り合う、というものです。主にお年寄りを対象に、時には親子でお集まりいただいて開催するのですが、いつも話に花が咲いて、楽しい会になります。このことの効用については後で述べるとして、皆さまは「自分史」という言葉をご存じでしょうか。
  • アウトソーシングのメリットとは?
    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人件費等のコスト適正化や、自社で正社員を育成する期間の短縮をしたいと思ったときに有効なのが、自社の業務を外部の事業者に委託する「アウトソーシング」です。今回は、アウトソーシングのメリットについてお伝えします。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP