法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法(実践活用編)

公開

前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」についてお話ししました。

では、実際BANT情報を上手く活用するにはどうすればいいのか。

今回は、具体的な実践方法についてお伝えします。

 

前回記事「法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法」

 

【目次】

1.そもそもBANT情報とは?

2.BANT情報はどのように活用すればいい?

3.まとめ

そもそもBANT情報とは?

まず営業する際に最初に確認しておきたい「BANT情報」についておさらいします。

 

①Budget(予算)
自社の提供するサービス・製品を購入するための予算をもっているかどうか。
具体的にはこちらの提示する見積金額を相手がしっかりと確保できるか、また確保できる時期(タイミング)はいつかを把握します。
発注の決裁権(決定権)があっても、そもそも予算がない、取れない場合はサービス・製品の購入や導入の見込みは低いといえます。

 

②Authority(決裁権)
営業では決裁権をもつ相手にアプローチすることが重要といわれています。
誰が決裁権を握っているのかを把握し、その相手にピンポイントでアプローチをかけることで成功率が上がります。
もし担当者が興味・関心を持っても、決裁権が無ければ、結局は決裁権のある上司に再度営業することになり非効率です。

 

③Needs(ニーズ)
相手の要望やニーズが企業としてのものであるかどうかを判断します。
担当者が個人的に興味・関心を抱いたとしても、企業自体にニーズがなければ、アプローチをかけてもその場で成約することは難しく、最悪の場合、徒労に終わってしまいます。

 

④Timeframe(導入時期)
サービスや製品の購入・導入時期が具体的に決まっているかどうかを確認します。
決裁権のある担当者と商談を行い、予算も十分に取れていて企業としてニーズがあったとしても、競合のサービス・製品を購入・導入済み、またはその担当者自体が他の案件で忙しいなどの理由で導入時期を把握できない場合は、発注の時期が見えず成約に時間がかかる可能性があります。

BANT情報はどのように活用すればいい?

以下、BANT情報を活用する際の注意点です。

 

1.初回ですべてを把握できなくても構わない
「BANT情報」は主にお客様へのヒアリングから得ますが、必ずしもお客様が最初からすべてを話してくれるとは限りません。また担当者が会社の状況をすべて把握していない可能性もあります。
そのため、初回から「BANT情報」をすべて正確に把握できなくても構いません。
ただしその場合、不明確な部分は、ある程度予測してカバーするようにしましょう。

 

2.BANT情報は定期的にアップデートする
お客様の状況は日々変化します。
最初はなかった予算も、何かしらのきっかけで確保できるようになったり、決裁権者が変更になったりすることだってあります。
最新の情報を入手するためにも、お客様へのヒアリングは定期的に実施しましょう。
前回聞き出せなかった情報も、後日、再度ヒアリングすることで手に入るかもしれません。

 

 

「BANT情報」を営業ヒアリングの際にしっかりと把握し、管理、定期的にアップデートすることで、営業全体の受注率は向上します。
私の経験上、最初は興味・関心がなくても、継続的にお客様との関係を維持していれば、“その時”が来たとき受注にいたることは多々あります。
“その時”とは、「BANT情報」の欠けていた要素が満たされたときです。
法人営業では非常に有効な情報ですので、その意味をよく理解して是非ご活用下さい。

まとめ

・BANT情報とは「Budget(予算)」、「Authority(決裁権)」、「Needs(ニーズ)」、「Timeframe(導入時期)」の4つを表す。

 

・BANT情報は初回のヒアリング時にすべてを聞き出せなくても構わない。そのときは、話の断片から現状を予測する。

 

・BANT情報は常に最新版にアップデートすることが大事。そのためにも、お客様に定期的にヒアリングすることを忘れずに。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 暑すぎて客足が遠のく…客足を増やす3つの対策とは!?

    猛暑は暑さ対策の商品・サービスにとっては追い風になる一方、暑すぎると人々は外出を控えるので、一部...
  2. 商談イメージ

    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なこと...
  3. 営業 契約のイメージ画像

    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役割の違いについて

    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? ...
  4. “メリット”と“ベネフィット”の違いを理解して
    訴求力のあるセールストークをつくりましょう。

    セールスをする際、商品・サービスの“メリット”だけでなく、お客様にとっての“ベネフィット”をきち...
  5. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法

    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BA...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
キャッチコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 業界シェアNo.1のブランドをつくるには
    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会社がブランドを構築するために、ブランディングに励んでいます。
  • 災害に備える ~中小企業強靭化法について~
    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしまいます。特に中小企業や小規模事業者は、事業活動の継続そのものに重大な影響を与えることが懸念されます。今年の6月5日、災害時の対策の検討を推進するために「中小企業強靭化法」が公布されました。今回はこの法律について解説します。
  • 決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご…
    店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。 この機会を効果的に活用するには、決算セールを行う理由を明確にし、決算期の特性を把握しておくことが欠かせません。 今回は、決算セールを行うメリットとデメリットを紹介し、成果につなげるポイントを解説します。
  • 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング…
    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なのか」について説明します。 動画の特徴は、主に以下の3点です。 1.文字・写真と比較して訴求力が高い 2.ブランディングしやすい 3.ビジネスで動画を利用している人が少ない これらの中でも特に3つめの“ビジネスで動画を利用している人が少ない”がポイントです。
  • 屋台イメージ
    【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご…
    屋台は自由度が高い販売促進の方法です。夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以外の集客手段を確保できるというメリットがあります。また、短期・長期を問わず、設備投資のコストを抑えられるため、高い利益率を実現することも可能でしょう。今回は、屋台の基礎知識やメリット、注意すべきポイントを紹介します。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP