GISって何? 地理情報を経営に活かすコツ

公開

小売店などを経営していれば、誰もが考えるマーケティング戦略。

 

今はFacebookやTwitter、Googleアドセンス等を用いたWeb広告が主流になりつつありますが、どの地域にターゲティングするかを正確に分析することで、費用対効果の高い戦略を練ることができます。

 

また、新規出店エリアの選定においても、大事になってくるのが各地域における複合情報。

 

今回は、地域を分析する上で役立つツール【GIS】について説明いたします。

GIS(地理情報システム)とは

GIS(地理情報システム)とは、情報や事象を地理情報としてコンピュータ上の地図に表現して分析するシステムです。

地域ごとの人口密度や平均気温、バス停や保育園、スーパーの位置など、あらゆる情報をマップ上に表示することが可能です。

ビジュアルでそれぞれのデータの関連を把握できるので、文字や数値だけで見るよりも全体像を把握するのに有効です。

GISで何ができるの?

GISを使うことで、業務効率化を図ったり、迅速でより正しい意思決定をしたりすることが可能になります。

具体的にどのようなことができるのか、事例をご紹介しましょう。

 

 

・新規出店エリアの検討材料になる

GISの基礎データとして、国勢調査や経済センサスの事業所データなどがあります。

それらを用いると、地域ごとの人口分布、人口増減率等を網羅的に把握することができます。

 

例えば20代女性をターゲットにした小売店の出店を検討する場合、そうした女性が多く住む地域が出店にふさわしい場所になります。

GISを用いれば、どの地域が該当するのかをマップ上で把握することができます。

具体的な場所をピックアップすることが可能になるので、地価の高い駅前でなくとも、客数の多い穴場物件を探すことができるようになります。

 

 

・効率のよい営業ルートを作成できる

GIS上では、任意のデータをマッピングすることが可能です。

 

例えば、ドラッグストアに営業をかけたい場合、ドラッグストアの一覧データをGIS上にマッピングします。

どの順番でドラッグストアを訪れると効率が良いのかを分析することで、よりスムーズに営業をすることが可能になるかもしれません。

 

 

・売上UPの戦略検討に役立つ

住所の分かる顧客リストがあれば、GIS上でマッピングすることが可能です。

顧客の多い地域、少ない地域が一目瞭然になります。

 

例えば、店舗から近いのに顧客が少ない地域があるとしましょう。

なぜその地域の方々にニーズが無いのか、他のGISデータを組み合わせることで、これまで想像するしかなかった問題点を、より具体的に検討できるようになります。

「近隣のライバル店に顧客を取られている」「通勤経路上に無い」など、理由が明確になることで対策を立てやすくなるのです。

GISは誰でも使えるの?

GISは一般的なパソコンがあれば、誰もが利用することができます。

 

パソコンに【GISアプリケーション】と呼ばれるアプリをインストールして設定。

あとは、必要なデータをインターネットから取得すれば、使えるようになります。

もちろん、顧客データやライバル店のリストなど、自分で作成したデータをGIS上にマッピングすることも可能です。

 

GISアプリケーションには、無料のものと有料のものがあります。

初めてGISを使うのであれば、【QGIS】と呼ばれる無料ソフトが日本語に対応しているのでおすすめです。

 

GISがどんなものかイメージがわかない、難しそうだ、と感じる方は、まず【ウェブGIS】を利用してみましょう。

インターネット上で機能するGISシステムで、初期設定は不要です。

国土交通省が提供している【国土情報ウェブマッピングシステム】や、総務省が提供している【地図で見る統計】が分かりやすいです。

GISのデータはどこで手に入る?

GISのデータも、無料のものと有料のものがあります。

無料のデータだから質が悪い、ということはありません。

地方公共団体や大学等の研究機関が作成したデータには無料で公開されているものが多く、汎用性も高いです。

 

公共機関が提供している代表的なデータをいくつかご紹介しましょう。

 

 

・国土地理院 基盤地図情報

名前の通り、データをマッピングする上で基盤となる地図情報を提供しています。

地図情報は、民間、公共団体がそれぞれ作成しているので、細かい部分の整合性がとれなくなってしまうことが多々あります。

国土地理院では、マップで生じる差異をなくすべく、共通の地理空間情報を提供しています。

 

 

・総務省統計局 政府統計の総合窓口

国勢調査、経済センサス、農林業センサス、事業所・企業統計調査を提供しています。

特に国勢調査は人口関係の情報が豊富に含まれており、有益です。

 

 

・国土交通省 国土数値情報

1/25000地形図をベースに、地形、地価、政策区域、災害、施設、観光、自然、交通など、様々なGIS情報を提供しています。

商圏分析で利用できるデータが豊富に揃っています。

 

 

・国土政策局 位置参照情報

街区単位の位置座標を整備したデータです。

このデータを利用することで、住所などを含む表や台帳データに緯度・経度などの位置座標を紐付けることができ、GIS上での分析に役立ちます。

まとめ

農林水産省や気象庁などといった各省庁、都道府県でもGIS情報を扱っていますので、必要な情報を探してみてください。

 

GIS上で住所を扱う場合は、住所を緯度・経度に変換する必要があります。

そのためには、東京大学の【CSVアドレスマッチングサービス】や、埼玉大学の【Geocoding and Mapping】などのサービスがあります。

プログラミングの知識は一切不要。

顧客リストや店舗リストの住所変換等に利用してください(個人情報の流出には十分に気をつけてください)。

 

GISの登場と公共機関によるビッグデータの公開により、素人でも地理情報を用いたマーケティングを簡単に行うことができるようになりました。

はじめはアプリケーションの操作に煩わしさを感じるかもしれませんが、業務効率化や意思決定の強力な味方になるはずです。

是非、活用してみてください。

 

 

■参考文献

GISとは・・・|国土地理院
GIS (地理情報システム)とは | ESRIジャパン 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 【レポート】主婦に聞いた「塾選びのポイント」とは

    わが子が受験を迎える際、悩むのが塾選び。 進学実績や料金、カリキュラム、子どもとの...
  2. 飲食店経営者様必見!初めてのお店を選ぶポイントとは?

    初めてのお店を利用する時、お客様が何を意識してお店選びをしているかご存知ですか?...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 【業界研究】不動産業界のトレンド情報
    ~201…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は不動産業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの販促方法付の情報もご紹介しますので、不動産業界の方も、それ以外の方も、ぜひご一読ください。
  • 知っておきたい『入管法改正』のこと
    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書かせていただきました。三回目は今年の4月に施行された改正入管法について考えてみます。過去二回もそうですが、直接業務で関わる方に向けてではなく、最近話題の法令改正の考え方を、直接業務に関わらない方向けになるべく分かりやすく解説させていただきます。
  • 【業界研究】求人業界のトレンド情報
    〜201…
    ビジネスで最適な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は各業界の求人広告の利用状況と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの求人メディアについての情報もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
  • 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて
    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス」や「新たな価値観の提案」という意味で使われるようになってきました。現在、メディアでもSNSでも「イノベーション」が起きています。今後は激しい時代の変化により、今まで「常識」であったものが壊れ、「イノベーション」がより必要になってきます。飲食店の場合、これからどのような対策をしていけばよいのでしょうか?
  • 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは
    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよそ7割が自宅で事業を営んでおり、組織形態も「個人企業」が84.9%に上るという結果が出ています。さらに、起業する際の人数は、74.6%が「1人(本人)だけ」です。組織の規模は関係なく、独立して起業すれば企業経営が始まり、その瞬間から個人ならば個人事業主、法人だったら“代表取締役”“代表取締役社長”になります。いわゆる経営者です。世の中には数え切れないほど多くの企業と、その企業を経営する経営者が存在しますが、その経営者の中には「成功する経営者」と「失敗する経営者」の2通りが存在します。起業して企業経営を成功させることは、生半可なことではありません。それでは「成功する経営者」の性格とはどのようなものなのでしょうか。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP