ゴールデンウイーク対策!集客にオススメのイベントやサービスをご紹介

公開

ゴールデンウイークは多くの店舗にとって売上を伸ばすチャンスです。

集客に向けて、イベントなどに力を入れているケースも少なくありません。

今回は、ゴールデンウイークに集客するためのイベントやサービスといった対策をご紹介。

注意するべきポイントも解説します。

 

【目次】

1.集客アップを狙う4つのゴールデンウイーク対策

2.ゴールデンウイークの集客で注意したい2つのポイント

3.まとめ

 

集客アップを狙う4つのゴールデンウイーク対策

多くの店舗がゴールデンウイークに向けて集客の施策を準備しており、その方法はさまざまです。
ここでは、ゴールデンウイークにしっかり集客するための効果的なイベントやサービスについてご紹介します。

 

◆限定プランを用意する
ゴールデンウイーク限定のプランを用意することは集客に効果的です。
飲食店であれば、普段から人気のメニューに限定デザートをプラスする、家族向けに小学生まではドリンクを無料にするなど。

アクティビティといったサービスであれば、子ども料金を優遇するなどのプランが考えられます。
ゴールデンウイーク限定メニューやお得感のある詰め合わせ商品などで集客につなげる方法も有効でしょう。

 

◆こどもの日で家族層を狙う
小さな子ども連れの層など、家族層をターゲットにすることも有効です。
大型連休は、普段は仕事や学校などで一緒に過ごせない家族や親族がまとまって行動できる、数少ないチャンスでもあります。
小売店や飲食店では家族向け商品やセット販売を強化し、クロスセルによる単価アップを狙いましょう。
こどもの日は、小さな子ども向けにお菓子やくじ引きといったプレゼント企画を用意するのも効果的です。

 

◆近隣店舗と提携する
近隣の店舗や施設と提携するのも1つの方法です。
商店街などでは加盟店同士が協力して一斉セールなどのイベントを行うことがあります。
単独の店舗だけで集客するよりも複数で連携すれば訴求力が上がりますし、スタンプラリーや共通クーポンといった複数店舗ならではの企画も可能です。
こういったイベントは平日に開催するのは難しいですが、大型連休はそれほど滞在時間を気にする必要がない顧客が多いため、エリア内の回遊を狙う企画がヒットする可能性があります。

 

◆事前予約サービス
ゴールデンウイークの前に予約客を取り込んでおくことも効果的です。
ゴールデンウイークは人の流れが大きく変わり、オフィス街は閑散として地方に人が増えるという逆転現象が起こります。
オフィス街などに立地している店舗は特に、普段の顧客が減ることを見越して先手を打たなければなりません。
早期割引を用意して予約を獲得したり、4月初め頃からゴールデンウイークの営業日や開催予定のイベントを告知したりしておくとよいでしょう。

ゴールデンウイークの集客で注意したい2つのポイント

ゴールデンウイークはイベントやサービスによって集客を伸ばすチャンスなのは間違いありませんが、一方で注意点もあります。

店舗の担当者は注意点を把握して、失敗しないようにしましょう。

 

◆価格勝負を避ける

安易な値下げは控えるようにしましょう。

ビジネス街の店舗の場合、大型連休はどうしても集客で苦労しやすいため、大胆な割引策に打って出ることもあるでしょう。

もちろん、なんらかの見込みがあるのなら値下げも効果的かもしれませんが、ブランド価値を下げるリスクもあるので注意が必要です。

 

◆顧客動向を読む

顧客層の動きを読むことも大切です。

ゴールデンウイークは大型連休というイメージがありますが、シフト勤務で仕事をしている人も一定数います。

そういった顧客は、普段通りに店舗に足を運びたいと思っているかもしれません。

店舗の顧客層を分析して、どれくらいの集客が見込めそうかを予測しておくことも必要でしょう。

まとめ

ゴールデンウイークは普段と違う人の流れがあり、店舗は売上を伸ばすチャンスです。

この時期は大型連休の方が多いので、滞在時間を増やしたり、ファミリー層に訴求したり、クロスセルの動線を用意したりして客単価を上げる施策と相性がよいと言えます。

ターゲットを分析して、ぴったりな施策を準備しましょう。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 自動車業界の方必見!自動車業界の課題と解決方法とは!?

    自動車業界は「CASE」という用語に象徴されるように、大きな変化の渦中にあり、多くの課題も存在し...
  2. 自動車業界の方必見!自動車業界のトレンドと今後の動向に迫る!

    自動車業界には「CASE」をはじめさまざまな変化が起きています。 自動車業界はメーカーだけでな...
  3. 【withコロナ】テイクアウト・デリバリーを活用して選ばれる店になる!

    withコロナの影響で、店内での飲食が避けられるようになったため、飲食店の活路としてデリバリーや...
  4. 飲食店の敵、閑散期の「ニッパチ」を乗り切る集客方法とは?

    飲食業界に限った話ではありませんが、2月と8月は「ニッパチ」と呼ばれ、他の月と比べると客足が落ち...
  5. 不動産・リフォーム業界の方必見!販促や集客方法について考える!!

    不動産・リフォーム業界は、商品・サービスが高額であり、ライバル企業が多いということもあるので、よ...
  6. 新規顧客獲得にも! 飲食店で導入できる宅配・デリバリーサービスのメリット

    飲食店の宅配・デリバリー市場は拡大を続けており、後押しするように店舗の出前をサポートするデリバリ...
  7. 暑すぎて客足が遠のく…客足を増やす3つの対策とは!?

    猛暑は暑さ対策の商品・サービスにとっては追い風になる一方、暑すぎると人々は外出を控えるので、一部...
  8. 商談イメージ

    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なこと...
  9. 営業 契約のイメージ画像

    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役割の違いについて

    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? ...
  10. “メリット”と“ベネフィット”の違いを理解して
    訴求力のあるセールストークをつくりましょう。

    セールスをする際、商品・サービスの“メリット”だけでなく、お客様にとっての“ベネフィット”をきち...
  11. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法(実践活用編)

    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」に...
  12. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法

    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BA...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカ…
    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういった状況の中で ・営業時間変更などの情報を会員の方へ一斉に伝えたい ・日々状況が変わる中で、リアルタイムで情報発信がしたい ・テイクアウトなどの新しいサービスを常連様に周知させたい といったニーズが高まっています。そこで改めて注目を集めているサービスがLINE公式アカウント。店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE公式アカウント(旧 LINE@)は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。
  • 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割
    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページやブログを制作すること • FacebookやTwitterのようなSNSを活用すること • 物販をしている方なら、ネットショップを作ること などなど、あなたの置かれている立場で、イメージすることは異なるかもしれません。
  • ビジネス交流会に効果的に参加するには?
    ビジネスを発展させるうえで、人脈を広げるチャンスとなるビジネス交流会に参加することは、有効な営業手段の1つです。しかしながら、何の目的もなしに参加するだけではほとんど意味がなく、貴重な時間と参加費用の無駄遣いとなってしまいます。まずは参加する目的を明確にし、自身の目的に合った方と知り合える交流会を選びましょう。
  • 中小企業のブランド戦略・パート2
    皆さんがお客さまや消費者の立場に立った時に、いくつも同じような会社やお店、商品・サービスがあって、その中から何かを選ばないといけない・・・・そんな経験はありませんか?値段もあまり変わらない場合は特に悩みますよね?反面、皆様が企業側として、お客さまや消費者に選ばれるようにするためにはどのような方向性で企業努力をすれば良いのかを書いてみます。
  • 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹…
    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展開することができます。 ライバルとの競争に打ち勝って自社を選んでもらうためには、自社ならではの「強み」を明確にして、差別化を図ることが重要です。 差別化の成功は、商品・サービスが市場で成功するための近道となります。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP