4C分析を自社サービスやる方法とは?

有名なマーケティング分析手法に4C分析や4P分析というものがあります。どちらも自社のサービスや製品を販売に結び付けるための分析手法です。

 

「知っている」という方も多いかもしれませんが、実際に自分でやろうとすると、どのような順番で考えればいいのか迷ってしまうことも。そこで、自社製品のメリットを4C分析や4P分析でまとめるための表を作りました。

 

お客様の視点に立って自社商品の強みを振り返るために、ぜひご活用ください。

 

【目次】
1.4C分析、4P分析とは?
2.シンプルなサービスメリット整理表
3.まとめ

4C分析、4P分析とは?

4C分析や4P分析の目的は、自社製品の良さを「売る側の視点」と「買う側の視点」に分けて整理することにあります。

 

最初に開発された4P分析は「売る側の視点」。その後に改良版として開発された4C分析は、「買う側の視点」に立ってサービスのメリットを整理し、商品の開発や改善のために使われている手法です。

 

■4P分析(売る側の視点=サービスの特長)
・製品(Product)
・価格(Price)
・流通(Place)
・販促(Promotion)

 

■4C分析(買う側の視点=消費者メリット)
・顧客価値(Customer Value)
・顧客にとっての経費(Cost)
・顧客利便性(Convenience)
・顧客とのコミュニケーション(Communication)

 

それぞれの項目は、以下のように対応し合っています。

 

 

4P 4C
製品(Product) 顧客価値(Customer Value)
価格(Price) 顧客にとっての経費(Cost)
製品(Product) 顧客価値(Customer Value)
流通(Place) 顧客利便性(Convenience)
販促(Promotion) 顧客とのコミュニケーション(Communication)

 

 

つまり、なにを、いくらで、どこで、どのように売るか、ということを整理するために開発された分析手法です。

シンプルなサービスメリット整理表

4Pと4Cの各項目に、自社のメリットを「売る側の視点」「買う側の視点」それぞれに立って記入するだけで、商品やサービスのメリットを整理できます。

 

どうしても自分で「自社商品のメリット」を書こうとすると、ただのサービス特長の説明で終わってしまいます。それはそれで大事なことですが、そのあとにその特長について製品、価格、流通、販促に分けて、買う側にとってどんなメリットがあるのかということを考えてみましょう。

 

この表でサービスメリットを整理すると、実は広告のキャッチコピーに使える言葉も見えてきます。

 

上記の例は「駅前にあるサラリーマン向けの格安足つぼクイックマッサージ店」です。

 

「安い」「駅近く」が売りなのだとは思いますが、それをキャッチコピーにしてもなかなか自分事としては考えてもらえません。

 

4Cの「買う側の視点」で生まれたメリットをみてみると、「これは私のためのメッセージだ」ととらえてもらえる可能性が上がります。

 

「一日の疲れを明日に残さないために、仕事帰りに30分の足つぼマッサージはいかがですか?」

 

 

「『手頃な価格なので、ちょっと節約すれば月々のお小遣いから捻出できる』『仕事帰りにさっと寄れて、家族との夕食にも間に合う』というお声をいただいております」

 

上記の4Cで整理したメリットにちょっと加えてみるだけで、消費者にとっても「自分事」のキャッチコピーに変わります。

まとめ

4C分析、4P分析を使ってサービスメリットを整理するための表をご用意しました。

 

このように顧客側の視点に立ってサービスの特長を整理すると、商品改善につながるだけでなく、販売促進のキャッチコピーが生まれることもあります。

 

下記画像をクリックするとダウンロードできます。

商品やサービスごとにメリットを整理するためにも、ぜひ一度使ってみてください。

 

 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
【初心者向け】従業員5名以下の企業様向け 補助金活用セミナー
日程:2017年10月17日 (火)
時間:15時~17時
定員:15名
商品の宣伝やHP作成などにかかる広告費。それらに活用できる最大補助金額50万円、返済不要の補助金制度をご存知ですか?従業員5名以下の企業様であれば対象となるセミナーです。本セミナーでは、補助金の基本から手続き方法まで詳しくご説明します。
  • 他社との差別化を図るには
    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展開することができます。 ライバルとの競争に打ち勝って自社を選んでもらうためには、自社ならではの「強み」を明確にして、差別化を図ることが重要です。 差別化の成功は、商品・サービスが市場で成功するための近道となります。
  • 今すぐできる!
    店舗型ビジネス向けのホームペー…
    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホームページ集客なんて無理!」とはなから思い込んでいる方がいます。 立地が重要といわれる店舗型ビジネスですが、昨今では「ホームページ集客で成功して、繁盛店になった!」という例もたくさんあります。 今回は、そんな店舗型ビジネスに奮闘している経営者様向けに、WEB集客の基本についてお話しします。 ※この記事の内容は、基本的にはどの業種でも有効ですので、他業界業種の方もぜひ参考にしてください。
  • 開店準備に必要なもの(飲食店編)
    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の修業をしたり、サービスを学んだり。 では、いつ・どのくらいのレベルになったら、独立できるのでしょうか? 皆が「将来は」「いつかは」と思っていても、実際に独立する人はそう多くはありません。 一番重要なのは、「開業する」ということを決めること。 つまり「覚悟」です。 いったん覚悟を決めれば、同じ情報でも、違った見方ができるようになります。
  • 元キャリアコンサルタントのコピーライターが発見した『…
    企業は人なり、とは本当にその通りで、働く人がどれだけ能力を発揮するかで会社の業績は決まってしまいます。
  • 中小企業でも活用できる公的助成金をご存知ですか?
    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、国や都道府県から補助金・助成金と呼ばれる経費補助を受けることができる制度です。 こうした補助金・助成金を活用している企業は、実はけっして少なくはありません。制度を知っている企業だけが、恩恵を受けているのです。今回は、特に多くの企業が利用している代表的な制度に絞ってご紹介します。
PAGE TOP