雨の日こそ集客しよう!
雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!?

雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやすい季節です。

天気が悪いと必要がなければ外出する気にならず、特に飲食店では、一部の行列ができる店、人気店を除いて、客足が遠のいてしまいます。

 

“雨の日の集客”に頭を悩ませる店舗経営者は多く、「雨が降っているから、お客様が来なくてもやむを得ない」と考えてしまいがち。

しかし、事前に食材を調達して、仕込みをしてお店を開けている飲食店の場合、ここであきらめてしまうのはもったいないことです。

 

今回は飲食店に絞り、雨の日だからこそ売上を上げるための工夫についてお話します。

【目次】
1.雨の日の集客に迷ったら、2つのことを考えよう!
2.まとめ

雨の日の集客に迷ったら、2つのことを考えよう!

「雨が降ったらあきらめる」のではなく、「雨だからこそ売上を上げる!」という発想の転換が大切です。

要はピンチをチャンスに変える!のです。

では、一体どうしたら、雨の日でも集客できるようになるのでしょうか?

 

1.雨の日に来たお客様の満足度を上げる

たとえ雨の日でも、事前に予約をしているお客様は、お店に来てくれることが多いものです。

その際、「雨だったけれど、その分とても良いサービスを受けられた」と印象づけることができれば、リピーターになってくれる可能性が高まります。

そのためには、雨の日ならではのちょっとした心配りを用意するのが良いでしょう。

例えば、

 

■店の入口に傘立てを置き、入店しやすい雰囲気をつくる。もしくは傘を席ごとに分けて管理する。

 店に傘立てがないなんて言語道断!お客様が濡れた傘をどこに置けばいいのか分からないなんてことにならないように準備をしておきましょう。

■荷物が濡れないよう荷物入れを用意する。

お客様は濡れた靴で店に入るため、どうしても床は濡れがちです。荷物が濡れないように、荷物入れを準備しておきましょう。

 

■帰り際に雨が降ってしまったときのために、貸せる傘を用意する。

→入店後に降り出した場合、傘を貸してもらえたらうれしいですよね。傘を返すため再来店してくれる可能性もあります。

 

■ご来店のお客様に「本日はお足元の悪い中……」とお礼を述べる。

 最後はやはり感謝の気持ちが大切!気持ち良く帰っていただけたら、また晴れの日にも来ようと思ってもらえるでしょう。

 

2.雨の日にしかないサービスを提供する

「雨だからお店に行くのはやめよう」ではなく「雨だからこそ、あの店に行きたい!」と思ってもらえたら勝ちです。

そのためには、雨の日ならではのサービスを用意するのも手です。

例を挙げると、

 

■雨の日限定のサービスチケットを用意する。

 「雨の日限定 ドリンク1杯無料サービス」「雨の日限定 トッピング1つ無料サービス」など、雨の日に来てくださったお客様向けに割引などのサービスを用意する店舗は多いです。事前にこのようなサービスチケットを配布することで「雨だけど、割引になるから行ってみるか!」という気持ちを起こさせることができます。

 

■雨の日しか提供しない、“雨の日限定メニュー”を用意する。

 「雨の日限定 ◯◯無料サービス」は、どちらかというと受け身のサービス。すでに実施している店舗も多く、差別化には至らないかもしれません。

 しかし、雨の日にしか提供しない、“雨の日限定メニュー”を用意することで、「今日しか食べられないあのメニューを食べに行こう!」と思ってもらえれば、売上アップにつながるはずです。

外の看板に「“雨の日限定メニュー”あります!」と書かれていたら、「せっかくだから、このお店にしてみよう」とお客様が入店してくれる可能性が高まります。

まとめ

雨の日は売上を伸ばすのが難しいと考えがち。でもそれはどこの店舗も一緒です。

ご紹介したような工夫をすることで、他店との差別化を図りましょう。

「雨が降っているからダメだ」ではなく、「雨が降ったからこそ、売上をあげるチャンスだ!」と発想を転換することが大切!

 

ピンチをチャンスに変え、新規や常連のお客様を増やすためにも、お客様の立場に立ち、雨の日にしてもらえたらうれしいと思えるサービスをどんどん取り入れていきましょう!

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年10月25日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?LINE@導入に興味がある方向けに、実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • リピーター獲得に強い、LINE@販促とは?
    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE@は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。特にリピーターを増やすためのツールとして、多くの店舗がLINE@を活用し始めています。リピーターを増やしたいとお考えの方は、一度LINE@を試してみてはいかがでしょうか?
  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
  • 4C分析を自社サービスやる方法とは?
    有名なマーケティング分析手法に4C分析や4P分析というものがあります。どちらも自社のサービスや製品を販売に結び付けるための分析手法です。「知っている」という方も多いかもしれませんが、実際に自分でやろうとすると、どのような順番で考えればいいのか迷ってしまうことも。そこで、自社製品のメリットを4C分析や4P分析でまとめるための表を作りました。お客様の視点に立って自社商品の強みを振り返るために、ぜひご活用ください。
  • 【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜
    美容商品の売り上げを上げるためには?世の中にたくさんある美容商品。「これは良い商品だから、ぜひ使ってもらいたい!」とサロンにいろいろと陳列している方もいると思います。しかし、ただ棚に並べただけでは、お客様は購入してくれません。では、どのようにすれば商品は売れるのでしょうか?
  • 業界シェアNo.1のブランドをつくるには
    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会社がブランドを構築するために、ブランディングに励んでいます。
PAGE TOP