雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

公開

「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!?

雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやすい季節です。

天気が悪いと必要がなければ外出する気にならず、特に飲食店では、一部の行列ができる店、人気店を除いて、客足が遠のいてしまいます。

 

“雨の日の集客”に頭を悩ませる店舗経営者は多く、「雨が降っているから、お客様が来なくてもやむを得ない」と考えてしまいがち。

しかし、事前に食材を調達して、仕込みをしてお店を開けている飲食店の場合、ここであきらめてしまうのはもったいないことです。

 

今回は飲食店に絞り、雨の日だからこそ売上を上げるための工夫についてお話します。

【目次】
1.雨の日の集客に迷ったら、2つのことを考えよう!
2.まとめ

雨の日の集客に迷ったら、2つのことを考えよう!

「雨が降ったらあきらめる」のではなく、「雨だからこそ売上を上げる!」という発想の転換が大切です。

要はピンチをチャンスに変える!のです。

では、一体どうしたら、雨の日でも集客できるようになるのでしょうか?

 

1.雨の日に来たお客様の満足度を上げる

たとえ雨の日でも、事前に予約をしているお客様は、お店に来てくれることが多いものです。

その際、「雨だったけれど、その分とても良いサービスを受けられた」と印象づけることができれば、リピーターになってくれる可能性が高まります。

そのためには、雨の日ならではのちょっとした心配りを用意するのが良いでしょう。

例えば、

 

■店の入口に傘立てを置き、入店しやすい雰囲気をつくる。もしくは傘を席ごとに分けて管理する。

 店に傘立てがないなんて言語道断!お客様が濡れた傘をどこに置けばいいのか分からないなんてことにならないように準備をしておきましょう。

■荷物が濡れないよう荷物入れを用意する。

お客様は濡れた靴で店に入るため、どうしても床は濡れがちです。荷物が濡れないように、荷物入れを準備しておきましょう。

 

■帰り際に雨が降ってしまったときのために、貸せる傘を用意する。

→入店後に降り出した場合、傘を貸してもらえたらうれしいですよね。傘を返すため再来店してくれる可能性もあります。

 

■ご来店のお客様に「本日はお足元の悪い中……」とお礼を述べる。

 最後はやはり感謝の気持ちが大切!気持ち良く帰っていただけたら、また晴れの日にも来ようと思ってもらえるでしょう。

 

2.雨の日にしかないサービスを提供する

「雨だからお店に行くのはやめよう」ではなく「雨だからこそ、あの店に行きたい!」と思ってもらえたら勝ちです。

そのためには、雨の日ならではのサービスを用意するのも手です。

例を挙げると、

 

■雨の日限定のサービスチケットを用意する。

 「雨の日限定 ドリンク1杯無料サービス」「雨の日限定 トッピング1つ無料サービス」など、雨の日に来てくださったお客様向けに割引などのサービスを用意する店舗は多いです。事前にこのようなサービスチケットを配布することで「雨だけど、割引になるから行ってみるか!」という気持ちを起こさせることができます。

 

■雨の日しか提供しない、“雨の日限定メニュー”を用意する。

 「雨の日限定 ◯◯無料サービス」は、どちらかというと受け身のサービス。すでに実施している店舗も多く、差別化には至らないかもしれません。

 しかし、雨の日にしか提供しない、“雨の日限定メニュー”を用意することで、「今日しか食べられないあのメニューを食べに行こう!」と思ってもらえれば、売上アップにつながるはずです。

外の看板に「“雨の日限定メニュー”あります!」と書かれていたら、「せっかくだから、このお店にしてみよう」とお客様が入店してくれる可能性が高まります。

まとめ

雨の日は売上を伸ばすのが難しいと考えがち。でもそれはどこの店舗も一緒です。

ご紹介したような工夫をすることで、他店との差別化を図りましょう。

「雨が降っているからダメだ」ではなく、「雨が降ったからこそ、売上をあげるチャンスだ!」と発想を転換することが大切!

 

ピンチをチャンスに変え、新規や常連のお客様を増やすためにも、お客様の立場に立ち、雨の日にしてもらえたらうれしいと思えるサービスをどんどん取り入れていきましょう!

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. スクール(学習塾・習い事)の効果的な集客のポイントと閑散期対策をご紹介

    スクール(学習塾・習い事)は消費者のニーズが高いため、地域に競合が多いケースがみられます。 そ...
  2. モバイルファーストインデックスとは?SEOにおける対応方法

    “モバイルファーストインデックス”という言葉を聞いたことはありますか? これは2018年3月に...
  3. クローラビリティとは? クローラビリティを上げるSEOを伝授!

    クローラビリティという言葉を聞いたことはありますか? クローラビリティは、SEO対策をする上で...
  4. 新生活応援!早めのキャンペーンで売上アップ

    新生活の準備をする時期は消費が活発になり、企業としては売上を伸ばすチャンスです。ニーズを取り込み...
  5. 2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやすいお店になる

    近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらな...
  6. 年末商戦イメージ

    2019年のお歳暮・クリスマス商戦はいつから?早割・先得キャンペーンで先手を打つ!

    年末商戦といえばお歳暮とクリスマス。売上の増加が見込めるこの時期に向けて、どこも販促に力を入れて...
  7. セールイメージ

    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落ち込む時期の売上・集客対策

    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に...
  8. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  9. 秋の行楽イベントイメージ

    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹介

    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客...
  10. キャッシュレス決済イメージ

    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシュレス決済のポイント還元で集客・売上アップ!

    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大...
  11. 消費税イメージ

    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオススメの販促はコレ!

    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるために...
  12. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  13. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  14. 固定客(リピーター)獲得!新規のお客様にお店のファンになってもらうためには?~ニュースレターを活用しよう~

    固定客(リピーター)はお店にとって、とても重要なお客様です。それは確実に売上が見込めるお客様だか...
  15. 入りやすい店の特徴とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザインに必要なポイント

    入りやすいお店とは? オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。 入り口がどこ...
  16. 代表的な販売促進方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介する...
  17. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  18. 新規顧客を獲得して増やすには?集客方法と販促の手法をご紹介!

    新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。 集客のターゲットには大きく分けて「新...
  19. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  20. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  21. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  22. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  23. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  24. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  25. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 屋台イメージ
    【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご…
    屋台は自由度が高い販売促進の方法です。夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以外の集客手段を確保できるというメリットがあります。また、短期・長期を問わず、設備投資のコストを抑えられるため、高い利益率を実現することも可能でしょう。今回は、屋台の基礎知識やメリット、注意すべきポイントを紹介します。
  • 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症…
    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国の小中学校と高校、特別支援学校の99%が休校措置を取り、大規模イベントは次々と中止や延期に追い込まれています。いつ自分や家族が感染するか分からない、目に見えない不安を感じながら毎日を過ごしている方も多いことでしょう。当「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINEにお友だち登録をしている方を対象に、新型コロナウイルス感染症についての緊急アンケートを行いました。その結果を見ると、今、みんなが感じていることが見えてきます。ぜひ参考にしていただければと思います。
  • 飲食店で必要な防災対策とは?災害時にスタッフとお客様…
    近年は国内において地震や台風、風水害などが多発しており、飲食店でも防災対策は重要な課題になっています。 飲食店では特に、人の安全を確保し、火事などの二次災害を防ぐ取り組みが必要です。 今回は、飲食店が準備すべき3つの防災対策を紹介します。
  • 【事例紹介付き】学習塾・教育業界が取り組むべきDXの…
    現在、小・中学校の義務教育、高校、大学は教育改革のもと大きく変化しています。新しい学習指導要領の導入や英語教育改革、大学入試改革の実施により、これからの激しい社会の変化に対応できる力の育成が求められ、学校側も社会との連携を図っていくことに重点が置かれるようになります。この状況に対応するために、今、学習塾業界においては、より学習効果を高めるとともに、先生が生徒や保護者ともっと向き合えるよう、デジタルトランスフォーメーション(DX)の活用が注目されています。今回は学習塾業界におけるDXがなぜ必要なのか、また具体的な事例をご紹介し、これからの学習塾が取り組むべきDXについて考えていきます。また、株式会社地域新聞社では企業側とユーザーに対し、スクール業界のデジタル化に関するアンケートを実施させていただきました。その結果も合わせてご参照ください。
  • 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカ…
    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういった状況の中で ・営業時間変更などの情報を会員の方へ一斉に伝えたい ・日々状況が変わる中で、リアルタイムで情報発信がしたい ・テイクアウトなどの新しいサービスを常連様に周知させたい といったニーズが高まっています。そこで改めて注目を集めているサービスがLINE公式アカウント。店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE公式アカウント(旧 LINE@)は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。
PAGE TOP