モバイルファーストインデックスとは?SEOにおける対応方法

公開

“モバイルファーストインデックス”という言葉を聞いたことはありますか?
これは2018年3月に大きく注目を集めた、Googleの仕様変更です。

 

現在、モバイルファーストインデックスに対応していないページは、なかなか上位表示されません。
今回は、モバイルファーストインデックスとは何なのか、どう対応すればよいのかについて説明します。

 

【目次】
1.モバイルファーストインデックスとは?
2.モバイルファーストインデックスへの対応方法
3.モバイルフレンドリーになっているかの確認方法
4.まとめ

モバイルファーストインデックスとは?

以前は検索に引っかかるメインのページといえば、PC向けの記事でした。

それは、多くの人がPCを使って検索をしていたからです。

 

しかし時代は変わり、現在は多くの人が電車の中や待ち時間などにスマートフォンを使って検索をするようになりました。

PC版の記事が優先的に表示されてしまっては、画面が見づらかったり、ボタンが押しにくかったりするなど、何かと不便です。

この事態を解消するため、Googleは「PCよりもスマートフォン向けのページを優先的にインデックスする(検索エンジンのデータベースに格納する)」と発表しました。

これが“モバイルファーストインデックス”です。

 

Googleはモバイルファーストインデックス以外にも、さまざまな要素を加味した結果で検索順位を決めているため、必ずしもスマートフォン向けのページだけが上位表示されるわけではありません。

しかし、一つでも記事のランクを上げたい人は、SEO対策としてモバイルファーストインデックスに対応することをおススメします。

 

モバイルファーストインデックスへの対応方法

モバイルファーストインデックスに対応するためには、表示をモバイルフレンドリー化する必要があります。

モバイルフレンドリーとは、モバイル(スマートフォン)でも見やすいように表示を最適化すること。

 

モバイルフレンドリーにする方法の一つとして、レスポンシブウェブデザインが挙げられます。

レスポンシブウェブデザインとは、自動的に各端末の画面に合った表示をするデザインのことです。

 

PC版、スマートフォン版とわざわざURLを使い分ける必要がないので、ユーザーの利便性も高くなります。

しかし導入時には、PC版、スマートフォン版の両方に合わせなくてはならないため、デザインに制限が出てくる可能性があります。

 

モバイルフレンドリーになっているかの確認方法

自社のサイトがモバイルフレンドリーになっているかどうかを確認するには、どうすればいいのでしょうか?

 

1.モバイルフレンドリーテストを実施する

モバイルフレンドリーテストを通じて、自社のサイトがモバイルフレンドリーかどうか確認することができます。

興味のある人は、ぜひ以下のURLをクリックしてみてください。

モバイル フレンドリー テスト - Google Search Console

 

2.Google Search Consoleの「モバイルユーザビリティー」を確認する

Google Search ConsoleはGoogleでの表示順位をアップさせるための情報を管理できるツール。

Google Search Consoleの中の「モバイルユーザビリティー」は、モバイル端末に対するユーザーの利便性についてのレポートです。

 

「テキストが小さくて読めない」「ボタンなどクリックする要素が近すぎて指で操作しづらい(ボタン間をもっと空けたほうが操作しやすい)」など具体的なアドバイスが表示されるため、上位表示させるにはどうすればいいかを悩んでいる人には便利なツールです。

 

まとめ

◆モバイルファーストインデックスとは、GoogleがPCよりもスマートフォン向けのページを優先的にインデックス(検索エンジンのデータベースに格納)するようになったこと。
◆モバイルファーストインデックスに対応するには、モバイルフレンドリー化する必要がある。モバイルフレンドリーの代表的な施策の一つがレスポンシブウェブデザインの採用。
◆レスポンシブウェブデザインを採用することで、PC、スマートフォン、それぞれに合った画面が自動的に表示されるようになる。
◆自社のサイトがモバイルフレンドリー化しているかどうかは、モバイルフレンドリーテストを受けるか、Google Search Consoleの「モバイルユーザビリティー」の項目を確認しよう。

 

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

■おすすめの関連コラム

  1. スクール(学習塾・習い事)の効果的な集客のポイントと閑散期対策をご紹介

    スクール(学習塾・習い事)は消費者のニーズが高いため、地域に競合が多いケースがみられます。 そ...
  2. クローラビリティとは? クローラビリティを上げるSEOを伝授!

    クローラビリティという言葉を聞いたことはありますか? クローラビリティは、SEO対策をする上で...
  3. 新生活応援!早めのキャンペーンで売上アップ

    新生活の準備をする時期は消費が活発になり、企業としては売上を伸ばすチャンスです。ニーズを取り込み...
  4. 2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやすいお店になる

    近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらな...
  5. 年末商戦イメージ

    2019年のお歳暮・クリスマス商戦はいつから?早割・先得キャンペーンで先手を打つ!

    年末商戦といえばお歳暮とクリスマス。売上の増加が見込めるこの時期に向けて、どこも販促に力を入れて...
  6. セールイメージ

    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落ち込む時期の売上・集客対策

    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に...
  7. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  8. 秋の行楽イベントイメージ

    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹介

    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客...
  9. キャッシュレス決済イメージ

    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシュレス決済のポイント還元で集客・売上アップ!

    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大...
  10. 消費税イメージ

    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオススメの販促はコレ!

    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるために...
  11. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  12. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  13. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  14. 固定客(リピーター)獲得!新規のお客様にお店のファンになってもらうためには?~ニュースレターを活用しよう~

    固定客(リピーター)はお店にとって、とても重要なお客様です。それは確実に売上が見込めるお客様だか...
  15. 入りやすい店の特徴とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザインに必要なポイント

    入りやすいお店とは? オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。 入り口がどこ...
  16. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  17. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  18. 代表的な販売促進方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介する...
  19. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  20. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  21. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  22. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  23. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  24. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  25. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  26. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  27. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • DMの基本 ~ターゲット・リスト作成方法編~
    DMを実施する前に、具体的な戦術があるとないとでは、効果に雲泥の差が生まれてしまいます。
  • かっこいい広告デザインを目指すな。「40-40-20…
    ダイレクトメールやチラシといったダイレクトマーケティングで、必ず押さえるべきポイントとは何か、ご存じですか。かっこいいデザインでしょうか?感動するようなキャッチコピーでしょうか?確かにどちらも大切ですが、正解ではありません。いくらデザインやコピーが良くても、肝心の「中身」が伴っていなければ、反響には結び付かないからです。ここでいう中身とは、「ターゲット」と「商品価値」のことです。ダイレクトマーケティングにおいて今や常識となっている「40-40-20の法則」では、「ターゲットと商品価値こそが、ダイレクトマーケティングの成否を左右する」と考えられています。今回は、販促・広告担当者ならぜひ覚えておきたい「40-40-20の法則」について、分かりやすく解説します。
  • 2020年3月の販促計画を立てるときのポイント
    学年末、年度末の社会的な区切りを迎える3月。新生活の準備に忙しくなる方も多いことでしょう。ひなまつりは女の子の健やかな成長を祝いましょう。ホワイトデーはバレンタインデーと同様、楽しみ方の幅が広がっています。春を感じられるギフトを贈りたいですね。日に日に温暖な季節に移り替わるこの時季、春のお彼岸を過ぎた頃には全国から桜の便りが届き始めます。3月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • メルマガイメージ
    配信したメルマガの開封率を上げる方法!
    メールアドレスを登録してくれた人にお得な情報を届けるメルマガ。 配信側は読者にとって有益な情報を提供しているつもりなのに、そもそもその他のメールに埋もれてしまって、開封すらしてもらえない…。 そのような悩みを抱えている方は少なくないと思います。 ここでは、メルマガの開封率をアップさせるための効果的な方法をお教えします。
  • 2019年5月販促計画を立てるときのポイント
    2019年5月の販促計画を立てる時のポイント
    5月はゴールデンウィークで娯楽需要が高まる月。 また、総務省統計局の調査によると、「被服及び履物」の支出が年間で一番高くなるのが5月です。 2019年の5月は新元号による初めての月です。新元号を用いた「初」企画で、集客を狙ってみてはいかがでしょうか。 一生に1回しかない今回の新元号で消費を促してみましょう。 総合的な月間消費支出は年間で第5位。過ごしやすい気温の日々が続き、お出かけする人も増えるので、新規来店を呼び込むチャンス。遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP