店舗集客のための
紙メディアとインターネットの使い分け

公開

  

「ネットだけで大丈夫」

「紙メディアはコストがかかるからやめる」

などとお考えではありませんか?

【目次】
1.紙で興味と出会う。ネットは興味に応える。
2.紙で知ってもらい、ネットで安心してもらう
3.まとめ

 

紙で興味と出会う。ネットは興味に応える。

インターネットは情報を検索して探す場所です。気になることを調べ、その興味や好奇心に応える役割があります。

 

様々な情報に溢れ、自身が興味を持ったものをより深く知るためには、ネットの情報が欠かせない時代になりました。

 

しかしネットには、「すでに興味を持ったこと」でないと探しにきてくれないという弱点があります。

 

一方で、紙媒体の役割は「興味を生み出す」ことです。

 

チラシ、ポスター、DMなどの紙媒体は、意識しないでも視界に入り、人に情報を届けます。人の潜在意識に働きかけ「これ知らなかったけど、いいかも!」という気付きを与えてくれます。

 

つまり、自分でも気づかなかった興味と出会わせてくれる力を、紙メディアは持っているのです。

 

紙で知ってもらい、ネットで安心してもらう

自社の商品やサービスに興味がない人にも来店してもらうには、まず紙メディアを使って「知ってもらう」ことから始めることが大切。チラシや紙メディアをうまく使いましょう。

 

サービスを知らなかったり興味が無かったりする人が、お店のホームページを検索し、見てくれることはなかなかありません。

 

知ってもらうきっかけを作るためにこそ、紙メディアを活用しましょう。

 

その次に大事なのは、ホームページ等で「安心」を与えることです。

 

商品を買ったり来店したりする前にネットを検索して、サービス内容や評判を確かめる人が増えています。検索してもホームページが無かったり、WEB上になにも情報が掲載されてなかったりしたら、そのサービスや商品に怪しさを感じてしまう人も多いでしょう。

 

紙メディアで興味を持ってもらえたのなら、ネットメディアでしっかりと情報を提供することで消費者の興味に応えて、安心感を与えましょう。

 

初めて興味持った者の警戒心を払拭してあげることで、購入までのハードルを下げることができます。

 

まとめ

ネットの時代と言われて久しいですが、集客を増やすことを目的にしたとき、全てがネットでカバーできるわけでありません。情報が溢れた世の中だからこそ、「知ってもらう」「興味をもってもらう」ための入口になる、紙メディアの上手な活用が大切です。

 

紙メディアの役割=興味と出会うこと

ネットメディアの役割=興味に応えること

 

自身の販促がどちらかのメディアに偏っているとお感じなら、ぜひ一度それぞれの役割を見直して、広告や集客方法の改善を図ってください。

 

 

【参考図書】

『脳科学マーケティング100の心理技術』

著者:ロジャー・ドゥーリー

出版社:ダイレクト出版株式会社

第1版発行日:2013年11月25日

 

 

『エピック・コンテンツマーケティング』

著書:ジョー・ピュリッジ

出版社:日本経済新聞出版社

第1版発行日:2014年6月23日

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  2. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  3. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  4. リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活用術

    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」で...
  5. 集客力を高めよう!入りやすいお店の外観と入り口のデザインとは?

    オシャレな外観、でもパッと見、何のお店か分かりづらい。入り口がどこか分かりづらい。街を歩いている...
  6. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  7. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  8. 販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ご自身のお店や...
  9. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  10. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  11. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  12. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  13. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  14. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  15. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  16. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1
    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポスティング型フリーペーパー「ちいき新聞」だ。必ず毎月1週目に広告を掲載し、「今月のおススメメニュー」「今月のパスタ」「今月のレディースデー」「今月のイベント(毎月第3金曜日を“ロスの日”としてイベントを開催)」などを地域の方々に発信している。1週目にこだわるのは、1か月分のお知らせをまとめてできるということと同時に、「ちいき新聞」をロス・アンジェルスの情報を待ち望む地域の方々とのコミュニケーションツールとして活用しているからだ。
  • 広告・集客効果がアップする心理術7選
    集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。広告や販売促進の企画をする際に、これらをできるだけ盛り込んでみてください。
  • 2018年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント
    ~ス…
    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピー。 限られたスペースの中で、読み手の興味を惹く文章を用意できるどうかが重要です。興味を持ってもらうことで、次のアクションにつながります。商品の良さを伝えるよりも、読み手にとってその商品がどれだけ価値あるものなのかを簡潔に伝えることが大切です。販売・制作・お客様の販促支援と幅広い業務を担う、いわば“販促のプロ”が考えたセールスコピーをご紹介します。
  • 紙媒体広告だからこそ出来る!紙媒体広告の活用方法・メ…
    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP