販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介! | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

公開

販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。

 

ここで紹介するのは新たな方法や革新的な手法ではありません。むしろ「THE販促手法」ともいえるような代表的な手法ばかりです。世の中にはさまざまな販促の手法がありますが、新しいから、ユニークだからといって必ず効果が出るわけではありません。定番の手法こそが手軽かつ効果的だというケースはたくさんあるのです。

 

今回の記事は、新しいアイデアを探るためというよりも、これまでなんとなく聞いたことはあっても試していなかった手法を、再発見してもらうことを目指しています。

 

ご自身のお店や会社の商品・サービスをお客様に伝えるために、ここで紹介するメディアやツールをぜひご活用ください。

 

【目次】
1.ステップ① 新規来店促進 +ステップ①'見込客獲得
2.ステップ② リピート客来店促進
3.ステップ③ 常連客育成促進
4.ステップ④ 紹介促進
5.ステップ⑤ 休眠掘り起し
6.販売促進の手法を効果的に活用するための考え方
7.まとめ

 

 

≪無料ダウンロード≫年間販促計画を立てて時季に合わせた販促を考えよう

 

 

 

ステップ① 新規来店促進 +ステップ①'見込客獲得

新規顧客を集めるための手法は、広告やイベント、SNSなど多数の種類があります。SNSに限ってみても、FacebookやInstagram、Twitterなどさまざまです。

 

自社商品・サービスのターゲットがどんなメディアをよく使っているか、年代、趣向、地域などを考慮して、新規顧客の集客や見込客獲得のために効果的な手法を使い分けましょう。

 

 

新聞折込広告チラシ
・チラシポスティング
・街頭手配りチラシ
DM
・新聞広告
・雑誌広告
・チンドン屋
・地域紙・誌(フリーペーパー、ミニコミ誌)広告
・電話帳広告
・ラジオ
・ケーブルテレビ広告
・看板
・のぼり
・交通広告
・パブリシティ活動
・イベント活動
・インターネットプロモーション(HPのSEO・HPのUX改善)
SNSページ
・ブログ
・リマーケティング
・リスティング広告
メールマガジン
・アフィリエイト
・クロスメディア
・資料請求
・ガイドブック
・デジタルサイネージ

 

販促物イメージ

ステップ② リピート客来店促進

商売の基本は、リピーターの獲得。しかし、商品・サービスを気に入ってくれているのに、リピーターになってくれないお客様がいるのも事実です。

 

その理由は、単純に「忘れてしまった」だけというパターンが多いといわれています。すでに商品・サービスが気に入っているお客様なら、リマインドをすれば意外に苦労せず集客できる可能性があるので、試してみる価値の高い販促施策です。

 

一度来てもらったお客様の住所やメールアドレス、LINE IDなどを獲得して、忘れられない努力を続けながらリピーターを増やし、来店を促進しましょう。

 

 

・LINE公式アカウント
・次回クーポン券
・ポイントチケット発行
・店頭プロモーション(POP・ポスターなど)
・サンキューレター
・Email
ノベルティグッズプレゼント

 

ステップ③ 常連客育成促進

リピーターの中でも、そのお店のファンになり他のお客様よりも買ってくれる人を増やすことがさらに重要です。マーケティングでは「パレートの法則」が有名で、上位20%の顧客が売上総額の80%を占めているという考えを指します。これを販促に当てはめると、お店の熱心なファンを獲得することは、業績を安定させるために効果的な施策なのです。

 

そのためには、他のお客様とちょっと差別化した特典をつけることで、「私は大切にされているんだ」と思わせ、常連客となってくれるよう育成することが大切になります。

 

 

・会員制度化の仕組み作り
・お店通信(ニュースレター、情報紙・誌)発行
メールマガジン
・ファン作りイベント

 

ステップ④ 紹介促進

リピーターの中でも最もロイヤルティが高く、重要なのが「お店を周りの人に紹介してくれるお客様」

 

この数が多くなれば、自然と新規顧客も増えていきます。次々とお客様が押し寄せる評判の良いお店を実現するためには、一番力を注ぐ必要がある施策ともいえるでしょう。

 

 

・口コミのしかけ作り、口コミ用ツール
・会員間による紹介の仕組み作り
・Webの相互リンク
・イベントに友人、知人も招待(優待)

 

ステップ⑤ 休眠掘り起し

リピーターの獲得とほぼ同じ手法や考え方ですが、休眠になってしまう人の多くも単純にお店のことを「忘れてしまった」だけです。

 

記憶から消えたわけではなく、思い出すきっかけがないだけともいわれています。お店に対して悪い印象がないのに来てくれない人もいるので、思い出してもらうことで、再来店を促しましょう。また、お店の存在をなんとなく意識しているものの、きっかけがないので来店しないお客様もいます。こういったお客様に対しては、過去の利用者向けのキャンペーンなどを用意すると効果的です。

 

 

・DM
・LINE公式アカウント
・Email

 

販売促進の手法を効果的に活用するための考え方

ご紹介してきたように、販売促進の手法(メディアやツール)にはさまざまな種類があります。しかし、これらを行き当たりばったりで試しても成果は出づらいでしょう。ここでは、手法を活用して最大限の効果を得るために重要な2つのポイントを紹介します。

 

1つ目は顧客理解です。

まずは、自社が特に獲得したいと考えているターゲットを絞り込まなければなりません。年齢や性別といった属性によって、利用しているメディアやツールは異なります。お客様に合わせた販促方法を選ぶためには、ターゲットを定めた上で、その行動を理解する必要があるのです。

 

2つ目は費用対効果です。

ここまで紹介してきたメディアやツールの中には、無料で利用できるSNSのようなサービスもあれば、広告費が発生する手段もあります。無料だから良い、有料だから悪いではなく、費用と収益を比較してコストパフォーマンスの良い施策を追い求めることが大切です。新しい販促手段を導入する際にシミュレーションしてみるだけでなく、導入した後も定期的にチェックすることをオススメします。

まとめ

見落していた販促手法はあったでしょうか?

 

自社商品・サービスのターゲットがどんなメディアをよく利用しているのか、年代、趣向、地域などによって効果の高い手法は変わってきます。ご紹介した具体的なアイデア・事例を参考にしていただき、ご自身のお店や会社の商品・サービスに合った販売促進の方法を見つけてください。

 

現在の販売促進の手法を見直し、今のままの活動を続けるか、変えた方がいいのか考える機会を定期的に設けていきましょう。ファン作りまでの集客ステップをまとめていますので、ぜひ下記画像を参考に、販促手法の企画にお使いください。

 

参考:『販促手法の基本 この1冊ですべてわかる』 日本実業出版社 岩本俊幸

 

ご自身のお店や会社の販売促進の方法を考える際には、繁盛店の販促方法を参考にするのも効果的です。繁盛している2店の販売促進に対する考え方や具体的な販促活動をご紹介している記事「繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1」や「繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.2」もご覧ください。

 

販売促進の方法が決まったら、年間スケジュールを立てます。
年間販促計画の立て方が簡単に!販促カレンダーテンプレート2020年版」を参考にして、計画的に販売促進活動を行いましょう。

 

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

■おすすめの関連コラム

  1. モバイルファーストインデックスとは?SEOにおける対応方法

    “モバイルファーストインデックス”という言葉を聞いたことはありますか? これは2018年3月に...
  2. クローラビリティとは? クローラビリティを上げるSEOを伝授!

    クローラビリティという言葉を聞いたことはありますか? クローラビリティは、SEO対策をする上で...
  3. 新生活応援!早めのキャンペーンで売上アップ

    新生活の準備をする時期は消費が活発になり、企業としては売上を伸ばすチャンスです。ニーズを取り込み...
  4. 2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやすいお店になる

    近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらな...
  5. 年末商戦イメージ

    2019年のお歳暮・クリスマス商戦はいつから?早割・先得キャンペーンで先手を打つ!

    年末商戦といえばお歳暮とクリスマス。売上の増加が見込めるこの時期に向けて、どこも販促に力を入れて...
  6. セールイメージ

    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落ち込む時期の売上・集客対策

    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に...
  7. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  8. 秋の行楽イベントイメージ

    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹介

    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客...
  9. キャッシュレス決済イメージ

    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシュレス決済のポイント還元で集客・売上アップ!

    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大...
  10. 消費税イメージ

    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオススメの販促はコレ!

    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるために...
  11. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  12. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  13. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  14. リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活用術

    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」で...
  15. 入りやすい店とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザイン

    入りやすいお店とは? オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。入り口がどこかわか...
  16. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  17. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  18. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  19. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  20. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  21. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  22. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  23. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  24. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  25. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  26. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 情報過多?情報薄?枠広告を考える
    皆様は地域情報紙やフリーペーパーなどに広告を掲載したことはありますか? それらは、媒体ごとに広告サイズが決まっており、その大小によって掲載料金が変わるという商品がほとんどです。媒体の中の1つの枠を買って広告をすることから「枠広告」と呼ばれることが多い商品ですが、費用を抑えて広範囲に情報を届けることができるので、販促の目的によってはとても有効な販促手段といえるでしょう。 しかし、サイズに限りがある中で広告内容を検討しなければならないため、実際にはなかなかうまくまとまらないケースも少なくありません。そこで今回は、枠広告を検討する上で気をつけたいポイントを解説させていただきます。
  • Facebookでお得に広告を出そう②
    The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 長谷川和也(詳しいプロフィールを見る) gTOMO合同会社 代表 1965年静岡県生まれ 千葉大学工学 […]
  • SEO
    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介
    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマートフォン版のURLが異なる」「テキストがほとんどない」「内容に一貫性がない」「コードが極端に多いページ」「Googleにインデックスされていない」「各種テストの結果が悪かったWEBサイト」は、すぐにSEO対策を検討することをおすすめします。
  • 2019年4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。 2019年の4月は平成最後の1カ月。「平成最後の」というキャッチコピーには消費者の行動を促す力があるので、平成最後のかけこみキャンペーンを企画してみてはいかがでしょうか。
  • 2018年1月の販促計画を立てる時のポイント
    1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大きな買い物や春の新生活に向けた消費が活発になる月です。中旬以降は、体調を整えるための風邪予防や寒さ対策への需要が高まります。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP