店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは? | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

公開

店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。

 

常連客だけで成り立っている店舗もありますが、新規顧客を獲得できなければ、売上げは現状維持か下落する一方です。

 

では新規顧客を獲得するには、どうすればいいのでしょうか?

 

【目次】
1.ビジネスの基本式とは
2.新規顧客を増やす2つの方法
3.店舗に設置する看板とは
4.まとめ

ビジネスの基本式とは

まず、ビジネスの基本は以下の式で表せます。

 

売上げ=顧客数(新規顧客と既存顧客の合計)×客単価

 

そして店舗型ビジネスの場合、この新規顧客と既存顧客をそれぞれ次のような式に分解できます。

 

新規顧客=店舗前の通行人数×店舗入店率+その他手段来店顧客
既存顧客(固定顧客)=新規顧客×再来店率

 

上記の式を基にするなら、既存顧客を増やすには、新規顧客の再来店率を上げるしか方法はありません。

 

始めて来店した客を、顧客対応力、商品またはサービス力、店内の雰囲気などで「もう1回来店したい」という気持ちにさせることで、再来店率をアップさせます。

 

新規顧客を増やす2つの方法

対して、新規顧客の数を増やすには、2つの方法があることが分かります。

 

1つは通りすがりの人に店舗の魅力を知ってもらうことで、入店率を上げる方法。もう1つが、チラシ配布、インターネット、口コミ、紹介などの“その他手段”で来店してもらう方法です。

 

今回は入店率アップに欠かせない“看板”の重要性についてご説明します。

 

店舗に設置する看板とは

入店率を上げるためには、店舗の前を通る人に、「この店に入ってみたい」と思ってもらう必要があります。

 

そのために活躍するのが店頭に設置する看板です。看板には、店舗名を表記するメイン看板、タイムセールやサービスメニューなどの告知をする袖看板、最近ではデジタルサイネージと呼ばれる映像装置を利用した広告や案内表示、電飾看板などさまざまな種類があり、それぞれに異なった役割があります。

 

しかし残念ながら、それを正しく把握しないまま看板を設置しているお店が多いのが実情です。

では、看板の役割とは一体何なのでしょうか。

 

まず大事なのは、通りすがりの人に店舗の存在を知ってもらうことです。

そのためには店舗を目立たせるツールとして看板を利用する必要があります。

 

ここで有効なのが、“メイン看板”“外観照明”です。

 

まずは、メイン看板で“何をしている店舗”かが一目で分かるようにしましょう。

 

さらに、通行人やお店の前を通る車に確実に気づいてもらえるように“袖看板”を設置します。店舗まわりの環境にもよりますが、遠くからでも認知できるように設置することが重要です。

 

夜には店舗の看板や入口を照明で明るく照らします。こうすることによって、店舗の存在に気づかない人はぐんと少なくなります。

 

そしてメイン看板をフォローするように、サービスメニュー店舗のおすすめサービス(できれば写真付)の袖看板を設置し、よりこの店舗に興味を持たせ、「入りたい」と思わせることが重要です。

 

このように看板を用意しても、タイミングが合わないというだけの理由で入店できないことがあります。

 

例えば、すでに行くお店が決まっている、通勤途中に通っただけ、1人だから利用できない、などのようなケースです。

 

でも、ココであきらめるのはまだ早いです。

 

「次回はこの店に来てみよう」と思ってくれた人に、次はベストなタイミングで店舗を思い出してもらうためのツールを用意して、新規顧客を増やすのです。

 

具体的には、ショップカード、リーフレット、フライヤー、看板に電話番号を入れる、Facebookやっていますなどの表記、HPアドレスの表記などです。

 

まとめ

新規顧客を獲得するためには、ただ店舗をつくって待っているだけではだめです。

 

 

・店舗を目立たせるために、看板と照明を店舗の外に設置する。

 

・「何の店舗か」が一目で分かるように、メイン看板の文字は大きく表示する。

 

・車や通行人などにも確実に気づいてもらえるように、袖看板も用意する。

 

・通行人の「利用したい!」という気持ちをアップさせるため、サービスメニューや店舗のおすすめサービス、写真などを掲載する。

 

・何らかの事情で利用できなかった顧客も次回来店できるように、ショップカード、リーフレット、フライヤー、看板に電話番号を入れる、Facebookやっていますなどの表記、HPアドレスの表記などを効果的に利用する。

 

の5点を心がけてみてください。

 

たかが看板、されど看板。看板の種類や設置方法を変えただけで、売上げが大きく向上した店舗はたくさんあります。売上げに困っている、新規顧客がなかなか獲得できないという人は、ぜひ試してみてください。

 

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. モバイルファーストインデックスとは?SEOにおける対応方法

    “モバイルファーストインデックス”という言葉を聞いたことはありますか? これは2018年3月に...
  2. クローラビリティとは? クローラビリティを上げるSEOを伝授!

    クローラビリティという言葉を聞いたことはありますか? クローラビリティは、SEO対策をする上で...
  3. 新生活応援!早めのキャンペーンで売上アップ

    新生活の準備をする時期は消費が活発になり、企業としては売上を伸ばすチャンスです。ニーズを取り込み...
  4. 2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやすいお店になる

    近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらな...
  5. 年末商戦イメージ

    2019年のお歳暮・クリスマス商戦はいつから?早割・先得キャンペーンで先手を打つ!

    年末商戦といえばお歳暮とクリスマス。売上の増加が見込めるこの時期に向けて、どこも販促に力を入れて...
  6. セールイメージ

    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落ち込む時期の売上・集客対策

    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に...
  7. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  8. 秋の行楽イベントイメージ

    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹介

    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客...
  9. キャッシュレス決済イメージ

    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシュレス決済のポイント還元で集客・売上アップ!

    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大...
  10. 消費税イメージ

    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオススメの販促はコレ!

    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるために...
  11. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  12. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  13. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  14. リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活用術

    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」で...
  15. 入りやすい店とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザイン

    入りやすいお店とは? オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。入り口がどこかわか...
  16. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  17. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  18. 販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介する...
  19. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  20. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  21. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  22. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  23. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  24. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  25. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  26. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活…
    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」でお悩みではありませんか?
  • ランディングページを作ってみよう
    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネットにアクセスする率は既にパソコンを上回っており、何かを探したり、情報収集したりするのに欠かせない存在となってきました。将来的に見ても、WebやSNSを使った集客や販売の重要度はさらに増していくと思われます。今回はWeb集客やWeb販売を始めるにあたって必要となるWebサイトの一つ『ランディングページ』についてお伝えします。
  • 広告デザイナーに聞いた!効果の出る広告制作のポイント…
    広告は、デザインの工夫次第で効果が大きく変わります。そこで今回はプロの広告デザイナーに、効果の良かった広告をもとに、制作の現場で気を付けているポイントを聞いてみました。自社広告の反応を良くするために、効果アップのヒントを現場から学んでみましょう!
  • 各SNSの特徴と使い分けって?SNS販促の上手な活用…
    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。 スマホの普及とともに、日常生活などを撮影した写真や画像・文章を友人や知人と共有することが、若者を中心としてルーティーンになった現代。このSNSを販促手段に活用しない手はないですよね。個人経営のお店では、広告や宣伝の代わりに、またホームページの代用として、SNSを活用している方も増えてきています。しかし、マーケティングの担当者や販促担当者、店舗オーナーや経営者などのSNS運用担当者の中には、「とりあえず更新している」「何となく配信している」「無料だからやっている」という方も少なくないのではないでしょうか。しかし手軽に始められるSNSを活用した販促だからこそ、それぞれの特徴を理解した上で目的に合わせて使い分けなければなりません。どのSNSで情報を発信すればいいのかよくわからない、という方のために、数あるSNSの中でも多くのユーザーを有する4大ソーシャルメディアのFacebook、Twitter、Instagram、LINE(LINE公式アカウント)について、特徴と使い分けについてまとめてみます。
  • 2020年6月の販促計画を立てるときのポイント
    あじさいが色づき始め、梅雨入りを迎える6月。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、日本政府は4月7日に緊急事態宣言を発令しました。通常の業務推進が難しい今だからこそ、新型コロナウイルス感染症の流行が収束した後を見据えた対策を取っていきましょう。6月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP