「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に! | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

公開

紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。

確かにインターネットやスマホが生活インフラとして無くてはならない存在となり、販促の中心もWEB販促になってきているのは事実です。

しかしながら、だからこそ今、逆に紙販促の使い方が問われているといっても過言ではありません。
紙販促・ポスティング型生活情報紙『ちいき新聞』を展開している弊社だからこそお伝えできる、WEB時代ならではの紙販促活用法をご紹介します。

 

【目次】
1.正しく理解できていますか? 紙販促とWEB販促の違い
  その①『PUSH型とPULL型』
2.正しく理解できていますか? 紙販促とWEB販促の違い
  その②『潜在顧客と顕在顧客』
3.紙販促のメリットとWEB販促のメリットをうまく掛け合せ
  広告効果を最大化する『販促のかけ算』とは
4.
まとめ

 

正しく理解できていますか? 紙販促とWEB販促の違い
その①『PUSH型とPULL型』

まず大前提として、今はWEB販促が必須の時代です。これは紛れもない事実です。よってオリジナルのHPを開設したり、WEB媒体に掲載したりと、インターネット上に様々な情報を発信していくことが求められています。

 

しかし、ここで陥りがちなのは「HPを開設したから、放っておいても見てもらえるだろう」という考え方。これは全くの間違いです。HPの開設は、販促のスタートでしかありません。インターネットという空間には、すでに数えきれないほどの膨大な量の情報が溢れかえっています。

 

ただ単にHPを開設したというだけでは、誰もあなたのHPまで辿り着けません。つまり誰にも見てもらえないのです。ここに紙販促とWEB販促との違いがあります。紙販促はカタチのある販促手段ですので、実行すれば誰も見てくれないということはありません。

 

弊社が発行する『ちいき新聞』は、1軒1軒のお宅にポスティングでお届けしていますので、誰にも情報が届かないということはあり得ません。紙販促はカタチあるものに情報を掲載し、こちらからターゲットに届けることができる販促手段であり、これをPUSH型の販促手段といいます。逆にHPなどのWEB販促は情報をインターネットに開示し、ターゲットが見に来てくれるのを待つ販促手段です。ゆえに見に来てもらう努力をする必要があります。これをPULL型の販促手段と言います。

 

紙販促はPUSH型でWEB販促はPULL型。まずはこの違いを正しく理解しましょう。

 

正しく理解できていますか? 紙販促とWEB販促の違い
その②『潜在顧客と顕在顧客』

PUSH型の紙販促とPULL型のWEB販促。情報を“届ける”ということに関しては、紙販促の方が一枚うわてです。ではなぜ今はWEB販促の時代といわれているのでしょうか。

 

それはWEB販促の方が、ターゲット層にピンポイントで情報を届けることができる可能性が高いからです。確かにPUSH型の紙販促は、より多くの人々に情報を“届ける”ことはできます。しかし、受け取っている人々全員がその情報を欲しがっているとは限りません。その情報が欲しいと明確に示していない顧客を潜在顧客と言いますが、PUSH型の紙販促が情報を届けている先は、主に潜在顧客だということができます。もちろん、潜在顧客の中には情報を見ることによって「欲しい」という気持ちになる人がいる可能性も高いですが、その数はわかりません。

 

逆にWEB販促はどうでしょうか。
インターネット上にある膨大な情報をかき分けてあなたのHPに辿り着いたということは、そこにある情報を欲しいと思っている人である可能性が高いですよね。このように欲しいと明確に示している顧客を顕在顧客といいます。またWEB販促は紙販促と違い、ターゲットがインターネット上でどんな動きをしたのかを追跡することができるので、反響が明確です。

 

まとめると、PUSH型の紙販促は数多くの潜在顧客に情報を届けることができる販促手段であり、PULL型のWEB販促は数は少なくても優良な顕在顧客に情報を届けることができる販促手段なのです。また、紙販促の場合はカタチがあるものへ情報を掲載しているため、情報量に限りがあります。

 

それに比べてWEB販促は、情報量を多く配信することができるという特徴もあります。

 

紙販促のメリットとWEB販促のメリットをうまく掛け合せ
広告効果を最大化する『販促のかけ算』とは

PUSH型で数多くの潜在顧客に情報を届けられるが、何件が顕在顧客になるかが分かりづらい紙販促と、PULL型で見に来てもらう努力をしなければ何の意味も無いが、顕在顧客に情報を届けられるWEB販促。一体どちらが良いのでしょうか。

 

弊社としては、どちらも重要であり、むしろそれぞれがお互いを補い合って、初めて広告効果を最大化することができるのではないかと考えています。

 

現代人の一般的な消費者行動ORACAS(オラカス)をご存知でしょうか。

何かきっかけがあって、調べて、第3者からの推奨を確認して、納得したら購入して、良かったら第3者に共有する・・・消費者行動のことで、Occasion(きっかけ)、Reseach(調べる)、Advocate(推奨)、Convince(説得)、Action(購入)、Share(共有)の頭文字をとってORACAS(オラカス)と呼んでいます。

人はきっかけが無ければ行動しません。このORACASに紙販促、WEB販促を当てはめてみると、O=きっかけを与えやすいのは潜在顧客に強いPUSH型の紙販促、R=調べやすいのは情報量が豊富でPULL型のWEB販促ということになります。A=推奨、C=納得を紙販促・WEB販促を掛け合せることで得られれば、A=購入まで辿り着くことになります。

 

一般的な活用方法としては、紙販促で多くの潜在顧客に情報を届け、気になった人をHPへ誘導しWEB販促へと誘う方法。この際に重要なのは、紙販促とWEB販促の繋がりをきちんと作ることです。

 

紙販促の内容を受けてWEB販促を展開することで、気持ちの良いカスタマージャーニーを描く必要があります。もちろん、届ける情報、扱う商品、狙うターゲット層などによって掛け合わせ方は変わりますが、様々な販促手段を掛け合せていろいろなきっかけを意図的に作り、購入まで誘導する販促のかけ算が、意識の多様化によって人の行動が読みづらくなった今、まさに求められているのです。

 

まとめ

紙販促とWEB販促。PUSH型とPULL型をうまく掛け合せることでより多くの潜在顧客と出会い、顕在顧客へと育てて購入まで辿り着かせることが重要ですが、決してそれで終わりではありません。

 

1回購入してくれた顧客に2回目の購入を促していく販促を、すぐにスタートする必要があるのです。潜在顧客を顕在顧客へと育て、顕在顧客を新規顧客へと育てて、1回利用してもらう。そこからリピーターに育てるために追客し、最後は常連に育てて紹介顧客を連れてきてもらう。様々な販促手段をかけ算しながら、新規 → 体験 → 追客を繰り返す。要するに、今はWEB販促の時代ではなく、販促のかけ算の時代です」。

 

紙orWEBではなく紙&WEBの考え方こそが、今の時代に求められている販促手段なのです。

 

 
 

The following two tabs change content below.
根本圭佑
株式会社地域新聞社 効果向上支援室 室長(社内での名称は“向上長”)2006年に入社。広告企画営業として本社第一営業部(現:八千代支社)に配属となり八千代市エリアを4年半担当した後、2010年9月より千葉支社に異動。市原市エリアを2年半担当し、2013年3月より新設された市原支社の初代支社長に就任。

■おすすめの関連コラム

  1. モバイルファーストインデックスとは?SEOにおける対応方法

    “モバイルファーストインデックス”という言葉を聞いたことはありますか? これは2018年3月に...
  2. クローラビリティとは? クローラビリティを上げるSEOを伝授!

    クローラビリティという言葉を聞いたことはありますか? クローラビリティは、SEO対策をする上で...
  3. 新生活応援!早めのキャンペーンで売上アップ

    新生活の準備をする時期は消費が活発になり、企業としては売上を伸ばすチャンスです。ニーズを取り込み...
  4. 2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやすいお店になる

    近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらな...
  5. 年末商戦イメージ

    2019年のお歳暮・クリスマス商戦はいつから?早割・先得キャンペーンで先手を打つ!

    年末商戦といえばお歳暮とクリスマス。売上の増加が見込めるこの時期に向けて、どこも販促に力を入れて...
  6. セールイメージ

    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落ち込む時期の売上・集客対策

    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に...
  7. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  8. 秋の行楽イベントイメージ

    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹介

    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客...
  9. キャッシュレス決済イメージ

    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシュレス決済のポイント還元で集客・売上アップ!

    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大...
  10. 消費税イメージ

    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオススメの販促はコレ!

    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるために...
  11. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  12. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  13. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  14. リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活用術

    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」で...
  15. 入りやすい店の特徴とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザインに必要なポイント

    入りやすいお店とは? オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。 入り口がどこ...
  16. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  17. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  18. 販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介する...
  19. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  20. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  21. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  22. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  23. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  24. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  25. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  26. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 2020年5月の販促計画を立てるときのポイント
    5月は穏やかな日が多く、一年の中でも快適な季節。夏日の日数も各地で増加していきます。新生活が始まって一カ月、少しずつ生活が落ち着いてきた方も多いことでしょう。本来であればゴールデンウィークのレジャーを楽しみ、運動会や遠足など様々な学校行事が行われ、人々が活発に行動するこの時季。しかし、2020年4月1日現在、新型コロナウイルス感染症の流行は拡大を続けています。政府や各地方自治体からは不要不急の外出自粛要請が出され、企業活動や日常生活にも大きな影響が出ています。「コロナ疲れ」という言葉に象徴されるように、いつ自分や家族が感染するか分からない恐怖感と、先行き不透明な不安感を常に持ち続けている状況は、人々を疲弊させています。5月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • メルマガをはじめる前に
    メールマガジンを発行することに興味をお持ちのあなたに!前回記事「メールマーケティングのススメ」で「メルマガ」についてご説明しました。 今回は、メールマガジン(メルマガ)を始める前に事前準備としてやっておきたいことを中心にお伝えします。 インターネット上の発信媒体であるメディアには、マーケティング的にいうと、「待ち」のメディアと「攻め」のメディアがあります。 「待ち」のメディアとは、ウェブサイトやブログ、TwitterやFacebookなど、自分の発信を見てもらえるかどうかは相手任せのメディアです。メルマガは「待ち」のメディアとは根本的に異なり、発信者側が情報を直接届けられる、インターネット上では「攻め」のマーケティングができる数少ないメディアのひとつです。
  • 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント~飲食店編~
    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピー。 限られたスペースの中で、読み手の興味を惹く文章を用意できるどうかが重要です。興味を持ってもらうことで、次のアクションにつながります。商品の良さを伝えるよりも、読み手にとってその商品がどれだけ価値あるものなのかを簡潔に伝えることが大切です。販売・制作・お客様の販促支援と幅広い業務を担う、いわば“販促のプロ”が考えたセールスコピーをご紹介します。
  • 年間販促計画が簡単に!販促カレンダーで販促効果アップ…
    どのように年間販促計画を立てればよいか、ご存知ですか?販促計画の立て方がわからないと困っていませんか?販促の効果をアップさせるには、販促カレンダーを作成して計画的に準備を進めることが大切です。簡単に年間販促計画を立てられるエクセルのテンプレート「年間販促カレンダー 2021年版」をご用意しました。月や週ごとに「販促ポイント」「一般行事」「展開フェア」「季節のキーワード」が一目でわかるようになっているので、販促の企画を考える際に役立ちます。また、もう1つの特徴として集客目標や売上目標、費用といった管理項目も用意。これを利用すれば、販促計画はもちろん、収支計画も一緒に立てられます。なお、「年間販促カレンダー 2021年版」は無料でダウンロードが可能です。販促計画を考えるときに押さえておくべきポイントを紹介した資料もご用意しました。「年間販促カレンダー 2021年版」を使って、年間販促計画を立てましょう。
  • DMの基本~現在の動向編~
    DMを発送する側にとって、生活者がDMにどのような印象を持っているのかは気になりますよね。1週間あたりの受け取り数は?どのくらいの人がDMを見てくれているの?など、気になることは様々。今回は、DMに関する調査データをもとに、生活者のDM閲覧状況や行動に与える影響などを読み解きます。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP