こんな時代だからこそ「紙orWEB」ではなく「紙&WEB」

紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。

確かにインターネットやスマホが生活インフラとして無くてはならない存在となり、販促の中心もWEB販促になってきているのは事実です。

しかしながら、だからこそ今、逆に紙販促の使い方が問われているといっても過言ではありません。
紙販促・ポスティング型生活情報紙『ちいき新聞』を展開している弊社だからこそお伝えできる、WEB時代ならではの紙販促活用法をご紹介します。

 

【目次】
1.正しく理解できていますか? 紙販促とWEB販促の違い
  その①『PUSH型とPULL型』
2.正しく理解できていますか? 紙販促とWEB販促の違い
  その②『潜在顧客と顕在顧客』
3.紙販促のメリットとWEB販促のメリットをうまく掛け合せ
  広告効果を最大化する『販促のかけ算』とは
4.
まとめ

 

正しく理解できていますか? 紙販促とWEB販促の違い
その①『PUSH型とPULL型』

まず大前提として、今はWEB販促が必須の時代です。これは紛れもない事実です。よってオリジナルのHPを開設したり、WEB媒体に掲載したりと、インターネット上に様々な情報を発信していくことが求められています。

 

しかし、ここで陥りがちなのは「HPを開設したから、放っておいても見てもらえるだろう」という考え方。これは全くの間違いです。HPの開設は、販促のスタートでしかありません。インターネットという空間には、すでに数えきれないほどの膨大な量の情報が溢れかえっています。

 

ただ単にHPを開設したというだけでは、誰もあなたのHPまで辿り着けません。つまり誰にも見てもらえないのです。ここに紙販促とWEB販促との違いがあります。紙販促はカタチのある販促手段ですので、実行すれば誰も見てくれないということはありません。

 

弊社が発行する『ちいき新聞』は、1軒1軒のお宅にポスティングでお届けしていますので、誰にも情報が届かないということはあり得ません。紙販促はカタチあるものに情報を掲載し、こちらからターゲットに届けることができる販促手段であり、これをPUSH型の販促手段といいます。逆にHPなどのWEB販促は情報をインターネットに開示し、ターゲットが見に来てくれるのを待つ販促手段です。ゆえに見に来てもらう努力をする必要があります。これをPULL型の販促手段と言います。

 

紙販促はPUSH型でWEB販促はPULL型。まずはこの違いを正しく理解しましょう。

 

正しく理解できていますか? 紙販促とWEB販促の違い
その②『潜在顧客と顕在顧客』

PUSH型の紙販促とPULL型のWEB販促。情報を“届ける”ということに関しては、紙販促の方が一枚うわてです。ではなぜ今はWEB販促の時代といわれているのでしょうか。

 

それはWEB販促の方が、ターゲット層にピンポイントで情報を届けることができる可能性が高いからです。確かにPUSH型の紙販促は、より多くの人々に情報を“届ける”ことはできます。しかし、受け取っている人々全員がその情報を欲しがっているとは限りません。その情報が欲しいと明確に示していない顧客を潜在顧客と言いますが、PUSH型の紙販促が情報を届けている先は、主に潜在顧客だということができます。もちろん、潜在顧客の中には情報を見ることによって「欲しい」という気持ちになる人がいる可能性も高いですが、その数はわかりません。

 

逆にWEB販促はどうでしょうか。
インターネット上にある膨大な情報をかき分けてあなたのHPに辿り着いたということは、そこにある情報を欲しいと思っている人である可能性が高いですよね。このように欲しいと明確に示している顧客を顕在顧客といいます。またWEB販促は紙販促と違い、ターゲットがインターネット上でどんな動きをしたのかを追跡することができるので、反響が明確です。

 

まとめると、PUSH型の紙販促は数多くの潜在顧客に情報を届けることができる販促手段であり、PULL型のWEB販促は数は少なくても優良な顕在顧客に情報を届けることができる販促手段なのです。また、紙販促の場合はカタチがあるものへ情報を掲載しているため、情報量に限りがあります。

 

それに比べてWEB販促は、情報量を多く配信することができるという特徴もあります。

 

紙販促のメリットとWEB販促のメリットをうまく掛け合せ
広告効果を最大化する『販促のかけ算』とは

PUSH型で数多くの潜在顧客に情報を届けられるが、何件が顕在顧客になるかが分かりづらい紙販促と、PULL型で見に来てもらう努力をしなければ何の意味も無いが、顕在顧客に情報を届けられるWEB販促。一体どちらが良いのでしょうか。

 

弊社としては、どちらも重要であり、むしろそれぞれがお互いを補い合って、初めて広告効果を最大化することができるのではないかと考えています。

 

現代人の一般的な消費者行動ORACAS(オラカス)をご存知でしょうか。

何かきっかけがあって、調べて、第3者からの推奨を確認して、納得したら購入して、良かったら第3者に共有する・・・消費者行動のことで、Occasion(きっかけ)、Reseach(調べる)、Advocate(推奨)、Convince(説得)、Action(購入)、Share(共有)の頭文字をとってORACAS(オラカス)と呼んでいます。

人はきっかけが無ければ行動しません。このORACASに紙販促、WEB販促を当てはめてみると、O=きっかけを与えやすいのは潜在顧客に強いPUSH型の紙販促、R=調べやすいのは情報量が豊富でPULL型のWEB販促ということになります。A=推奨、C=納得を紙販促・WEB販促を掛け合せることで得られれば、A=購入まで辿り着くことになります。

 

一般的な活用方法としては、紙販促で多くの潜在顧客に情報を届け、気になった人をHPへ誘導しWEB販促へと誘う方法。この際に重要なのは、紙販促とWEB販促の繋がりをきちんと作ることです。

 

紙販促の内容を受けてWEB販促を展開することで、気持ちの良いカスタマージャーニーを描く必要があります。もちろん、届ける情報、扱う商品、狙うターゲット層などによって掛け合わせ方は変わりますが、様々な販促手段を掛け合せていろいろなきっかけを意図的に作り、購入まで誘導する販促のかけ算が、意識の多様化によって人の行動が読みづらくなった今、まさに求められているのです。

 

まとめ

紙販促とWEB販促。PUSH型とPULL型をうまく掛け合せることでより多くの潜在顧客と出会い、顕在顧客へと育てて購入まで辿り着かせることが重要ですが、決してそれで終わりではありません。

 

1回購入してくれた顧客に2回目の購入を促していく販促を、すぐにスタートする必要があるのです。潜在顧客を顕在顧客へと育て、顕在顧客を新規顧客へと育てて、1回利用してもらう。そこからリピーターに育てるために追客し、最後は常連に育てて紹介顧客を連れてきてもらう。様々な販促手段をかけ算しながら、新規 → 体験 → 追客を繰り返す。要するに、今はWEB販促の時代ではなく、販促のかけ算の時代です」。

 

紙orWEBではなく紙&WEBの考え方こそが、今の時代に求められている販促手段なのです。

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  2. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  3. リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活用術

    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」で...
  4. 【集客のコツ】入り口周りと外観に気を配ってみる

    オシャレな外観、でもパッと見、何のお店か分かりづらい。入り口がどこか分かりづらい。街を歩いている...
  5. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  6. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  7. 「THE販促手法」一覧

    販売促進をするための手法を集めてみました。表現方法(色合い、キャッチコピー)ではなく、伝えるため...
  8. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  9. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  10. 思わず見てしまう!お客様の心をつかむ店内POP術

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  11. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  12. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  13. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  14. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  15. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
根本圭佑
株式会社地域新聞社 効果向上支援室 室長(社内での名称は“向上長”)2006年に入社。広告企画営業として本社第一営業部(現:八千代支社)に配属となり八千代市エリアを4年半担当した後、2010年9月より千葉支社に異動。市原市エリアを2年半担当し、2013年3月より新設された市原支社の初代支社長に就任。

続きを読む
セミナー開催情報
働き方改革関連法の対策セミナー
日程:2018年8月28日(火)
時間:15時~17時
定員:30名
ついに「働き方改革関連法」が6月末に成立しました。対策を怠ると、自社にどのような不利益がまっているかご存知でしょうか。「社員の流出」「未払い残業代請求の増加」「残業時間を超えた場合の罰則」など、1~2年後に迫った法律の施行までに対策をしていないと、会社の存亡に関わる可能性もあります。そこで今回は、働き方改革関連法案の対策と、いまから準備すべきことを、人事評価のプロの視点で株式会社あしたチームよりご説明いたします。
  • 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1
    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポスティング型フリーペーパー「ちいき新聞」だ。必ず毎月1週目に広告を掲載し、「今月のおススメメニュー」「今月のパスタ」「今月のレディースデー」「今月のイベント(毎月第3金曜日を“ロスの日”としてイベントを開催)」などを地域の方々に発信している。1週目にこだわるのは、1か月分のお知らせをまとめてできるということと同時に、「ちいき新聞」をロス・アンジェルスの情報を待ち望む地域の方々とのコミュニケーションツールとして活用しているからだ。
  • 2018年7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。また、総務省統計局の調査によると「家具・家事用品」への支出が年間で一番高くなるのが7月です。冷房器具や、涼しさを感じるインテリアへの模様替えの需要が高いといえるでしょう。 2018年は、西郷隆盛ブームや、週刊少年ジャンプ創刊50周年など、イベントが盛りだくさんです。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • こんなときは漫画じゃダメ!?広告漫画のデメリット
    前回、前々回と広告漫画のメリットや効果的な使い方をお伝えしてきたこのシリーズ。なんと今回はまさかのデメリット紹介!「ここは広告漫画じゃないかも!?」というパターンとその解決法をこっそりお教えします。
  • 販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント~美容室編~
    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピー。 限られたスペースの中で、読み手の興味を惹く文章を用意できるかどうかが重要です。興味を持ってもらうことで、次のアクションにつながります。商品の良さを伝えるよりも、読み手にとってその商品がどれだけ価値あるものなのかをで簡潔に伝えることが大切です。販売・制作・お客様の販促支援と幅広い業務を担う、いわば“販促のプロ”が考えたセールスコピーをご紹介します。
  • 2018年8月の販促計画を立てるときのポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の教養娯楽費は年間第1位。食料費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。花火大会・夏祭りなどの夏ならではのイベントはもちろん、旅行・プール・山・海などのレジャーが活発になる時期でもあります。夏休みを利用して家族で外出する機会が増えるので、家族で楽しめるイベントを企画した集客がおすすめです。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP