販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント
~リフォーム店編~

公開

チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピー。

限られたスペースの中で、読み手の興味を惹く文章を用意できるどうかが重要です。興味を持ってもらうことで、次のアクションにつながります。

 

商品の良さを伝えるよりも、読み手とってその商品がどれだけ価値あるものなのかを簡潔に伝えることが大切です。

 

販売・制作・お客様の販促支援と幅広い業務を担う、いわば“販促のプロ”が考えたセールスコピーをご紹介します。
※協力会社 株式会社地域新聞社

 

【目次】

1.リフォーム店のターゲットをイメージしよう
2.読み手の心を動かす、プロが考えたセールスコピー
3.まとめ

■リフォーム店のターゲットをイメージしよう

今回はリフォーム店の広告で、3パターンのターゲットイメージを用意し、それぞれのシーンも設定しました。

 

※広告イメージ

・ショールームへ来てほしい。来場者プレゼント付き、相談会
・外装リフォーム。外壁や屋根などの状態が悪く、修繕したいと考えている人向け
・内装リフォーム。年末の大掃除に向けて、キッチン、トイレ、浴室等の水まわりリフォーム

 

リフォームをしようと考えるのはどんなときでしょうか。気軽に手を出しにくい、大きな買い物です。リフォームをしようと考えている人の絶対数がもともと少ないため、広告効果が出にくい業種でもあります。新築で家を買ったばかりの人や賃貸に住んでいる人からは必要性を感じてもらえず、住宅を購入後何年か経過して必要なタイミングを迎えている人、という条件に合わなければならないからです。

 

逆にいえば、そのタイミングを迎える人にターゲットを絞り、囲い込めるような謳い文句にを考えることができれば、問い合わせや来店などの行動を起こしてもらえるでしょう。

■読み手の心を動かす、プロが考えたセールスコピー

普段から現場でチラシや広告などの提案内容を考えている「販促のスペシャリスト」が考えたセールスコピーをご用意しましたので、発想のヒントにしていただければ幸いです。

イメージ広告の青枠内のセールスコピーを、ターゲット別に考えてみました。

 

 


●ショールームへ来てほしい。来場者プレゼント付き、相談会

 

 

【子どもがいても気軽に行ける】
わくわくイベント!柏市民リフォーム・増改築祭り
●月●日 お家の相談会開催 来場者プレゼント付き!家族で来てね

 

【限定感、希少性をアピール】
堂々完成!先着5組限定!

 

【専門性があることアピール】
この内装、見てもらいたい

 

【特典付きを全面に】
来店者にお得なプレゼント!!きっと理想の住まいが見つかります。

 

 


●外装リフォーム。外壁や屋根などの状態が悪く、修繕したいと考えている人向け

 

 

【専門性があることアピール】
保存版 外壁・屋根塗装リフォーム 外壁塗装を価格だけで選んでいませんか?外壁塗装専門店にお任せください!
安心安全!しっかりフォロー!ご相談ください!

 

【知りたいという好奇心を刺激する】
知ってますか?ご加入の火災保険で修繕できるかもしれません!

 

【悩みや課題に寄り添う】
「ウチっていつから雨漏りしてたっけ?」と思い始めたら
外壁や屋根の傷やサビ、褐色化などに悩んでいませんか?

 


●内装リフォーム。年末の大掃除に向けて、キッチン、トイレ、浴室等の水まわりリフォーム

 

 

【キャンペーン開催や安さをアピール】
・今年最後のリフォーム祭り キッチン、トイレ、浴室特別大特価
・年末大掃除リフォームキャンペーン キッチン トイレ  お風呂 そのほか内装についてご相談ください。

 

【潜在意識を利用する】
大掃除前にリフォームして、年末は楽に過ごしたい!!

 

【目を惹くキャッチコピー】
見た目より、中身が大事なあなたへ
その水まわりでまた年を越しますか?

■まとめ

相談会は、足を運んでもらうことが重要です。限定感を出したり、特典が付いていることを強調したりするのは読み手の心をつかみやすい方法です。また、【子どもがいても気軽に行ける】層にターゲット設定したセールスコピーでは、「お父さんがお店の人と相談中に、お母さんと子どもはイベントで遊べる。」というようなイメージが湧きます。それによって、ぐっと足を運んでもらいやすくなります。

 

リフォームや住宅業界において選ばれるポイントは、「自社ならでは」の専門性のアピールです。リフォームは長期使用や性能の向上、修繕を目的として行われます。安くても、施工後の欠陥は避けたいものです。セールスコピーに加えて、独自の強みとして過去の事例を紹介や、Before→Afterの写真を載せたりすることで、読み手に安心感を与えることができます。

 

年末の大掃除前になると、多くのお店で年末セールが行われます。自分のお店でもセール開催中だというアピールはとても大切です。「同じ商品を買うならセールをやっているお店で」となる前に、事前にお知らせしましょう。セット販売での特価や、なぜこれだけ安くできるのかの理由を広告内に打ち出すことで、より説得力が増します。

 

ターゲットをきちんと絞り、お客様のプロフィールをできるたけ細かく設定した“ペルソナ”を作成することで、より読み手の気持ちに沿ったセールスコピーを作成することがでます。

今回ご紹介したセールスコピーを参考に、心を動かすセールスコピーを考えてみてください。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント
    ~スポーツクラブ編~

    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピ...
  2. 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント~飲食店編~

    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピ...
  3. 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント
    ~リラクゼーションサロン編~

    チラシやダイレクトメールを見た人に、商品やサービスに興味を持ってもらったり認知をしてもらったりす...
  4. 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント~美容室編~

    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
キャッチコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 儲かっている会社の、年間販促スケジュールの立て方
    販促をしていますか?そう質問を投げかける、と大なり小なり「している」と回答される方が多いと思います。しかし、継続的で適切な販促が出来ているのかというと…皆様、必ずしもうまくいっていない部分があるかもしれません。
  • 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重…
    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェキ!」で簡単に確認してみませんか。GoogleやYahoo!などの検索サイトで「サービス名」を入力して検索をしている人は、そのサービスを「いま」「すごく欲しい」人です。「冷蔵庫 回収」と調べている人は、きっと壊れた冷蔵庫が自宅にあったり、引っ越しのために不要になったりした人です。そんな人がピッタリ合うホームページを見つけられば、すぐに契約となる可能性はとても高いでしょう。また、近所のお店やサービスを探している人は、「東船橋駅 整骨院」など、最寄駅や地域名を入れて検索します。決まった地域・商圏内で商売をされているお店にとって、「近所の地域名」と「自社のサービス名」で検索されることは、近所に住む「今すぐ欲しい人」を獲得しるための重要な要素です。今回は、自社のホームページが検索結果の上位に表示されているかをどうかチェックする方法をお伝えします。
  • 2017年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 2018年10月の販促計画を立てるときのポイント
    10月は爽やかで過ごしやすい日も増え、運動や味覚狩りなどにぴったりの月。中旬から下旬にかけては、肌寒さを感じることもあるので、冬ものの衣服や防寒グッズにも注目が集まり始めます。2018年の10月は、体操の世界選手権や全国障害者スポーツ大会、プロ野球日本シリーズの開幕などスポーツ関連のイベントが目白押しです!文化祭、運動会、ハロウィンなどなど、イベントも多い10月。普段と比べて外出する機会も増えるこの時季、それぞれの行事に合わせた販促をしてみましょう。
  • 入りやすい店とは?店舗の集客力を高める入り口と外観の…
    入りやすいお店とは? オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。入り口がどこかわかりづらい。街を歩いていると、たまにそんなお店を見かけます。はじめてのお店に行くきっかけは、知人の紹介、ネット検索、チラシやフリーペーパーなどさまざまですが、雑誌『日経レストラン』の調べによれば、“偶然通りかかり、気になった”が40%を占めているそうです(もちろん業種業態によって結果は違います)。 「気になった」を「実際に店を利用した」にするためには、「入りやすい店」であることが必要不可欠。その鍵となるのが「入り口」と「外観」です。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP