販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント~美容室編~

公開

チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピー。

限られたスペースの中で、読み手の興味を惹く文章を用意できるかどうかが重要です。興味を持ってもらうことで、次のアクションにつながります。

 

商品の良さを伝えるよりも、読み手にとってその商品がどれだけ価値あるものなのかを簡潔に伝えることが大切です。

 

販売・制作・お客様の販促支援と幅広い業務を担う、いわば“販促のプロ”が考えたセールスコピーをご紹介します。
※協力会社 株式会社地域新聞社

 

【目次】

1.美容室のターゲットをイメージしよう
2.読み手の心を動かす、プロが考えたセールスコピー
3.まとめ

■美容室のターゲットをイメージしよう

今回は美容院の広告で、3パターンのターゲットイメージを用意しました。

 

※広告イメージ

・10~20代の若い女性向け
・30~50代の子持ちの主婦向け
・20~30代の学生やサラリーマンの男性向け

 

美容院に行きたいと思うのは、どんなときでしょうか。
春から夏になるころにさっぱりとしたい、季節に合わせてカラーを変えたいなど、様々な理由があるかと思います。

「美容院に行きたい」と思っている人は、セールスコピーや写真などには関係なく、美容院の情報や広告を探します。

「行きたい」と思っていない人に「行きたい」と思わせる、欲求を刺激する付加価値を加え、心を動かすセールスコピーにしてみましょう。

■読み手の心を動かす、プロが考えたセールスコピー

普段から現場でチラシや広告などの提案内容を考えている「販促のスペシャリスト」が考えたセールスコピーをご用意しましたので、発想のヒントにしていただければ幸いです。

 

イメージ広告の青枠内のセールスコピーを、ターゲット別に考えてみました。


 ●10~20代の若い女性向け

 

【SNSへアップしたいという欲求を刺激させる】
フォロワー増加施策!!写真映えする髪型のご提案♪
キレイになりたい方必見!インスタ映え間違い無し!
これであなたもSNS映え!

 

【なりたい自分に、自分を変えたい!と思わせる】
理想の自分を手に入れませんか?
いつもと違う自分になれた♪

 

【一度聞いたら忘れられないキャッチコピー】
髪、こころ、微笑む。
毎日が笑顔になれるサロン
近くで見つけた、お気に入りサロンにトキメキ☆

 


●30~50代の子持ちの主婦向け

 

【子育て・育児・家事に疲れた方が癒しを求めて】
ホッと一息つける癒しをあなたに♪
最上級の癒しを

 

【「キレイになりたい、自信をつけたい」という欲求を刺激】
キレイもかわいいも欲張りたい!
『ママ』じゃなくてたまには名前で呼ばれたい!!
ママだってオシャレしたい!いつまでもオシャレで若く
ママだっていつまでも綺麗でいたい。そんな貴女へ
ママ友に「どこでカットしたの?」と聞かれる髪
髪って歳をごまかせない… そんなことありません。艶々髪よみがえります
10歳若返る新しいスタイルにチェンジ!
娘さんよりキレイになっちゃいませんか?
お手入れ簡単でヘアスタイル長持ち♪一人ひとりの隠れた魅力を引き出してくれるサロン

 

【一度聞いたら忘れられないキャッチコピー】
お子様の輝く笑顔のお手伝い
キレイはここから
髪型を変えるとこころも変わる。


●20~30代の学生やサラリーマンの男性向け

 

【コストパフォーマンス重視】
速い!安い!かっこいい!!
早い・安い・男が上がる!
授業終わり・お仕事帰りにすぐ切れる!

 

【清潔感が重要なビジネスマンの心を動かす】
かっこいいお父さんになりませんか?
髪型ってその人の第一印象を決めますよね??

 

【「かっこよくなりたい」を刺激させる】
モテたいならココ!
貴方のなりたいを叶えるサロン イメージ沸かせてご来店下さい。

 

【男性客でも入りやすいお店だということをアピール】
男性でも通いやすい美容室、ここにあります。
かっこよくなりたいメンズに人気!本物のHair Cutを体感!

 

【一度聞いたら忘れられないキャッチコピー】
男は、ただ、かっこよく。
男を魅せる
男のおしゃれは毛先から
その髪型、もう古くない?
身だしなみは男の基本

 

■まとめ

「一度聞いたら忘れられないキャッチコピー」は、「今」行きたいわけではなくても「目を惹いた」ことで読み手の中に印象が残り、「そういえばあそこにお店があったな」と時間が経ってからも効果が出るはずです。

 

また、男性はコスパ重視に対し、女性は価格よりも「美しく」してくれる技術の高さを重視しているはず。年代や性別によって、求めている付加価値は大きく異なってきます。

 

ターゲットをきちんと絞り、お客様のプロフィールをできるたけ細かく設定した“ペルソナ”を作成することで、より読み手の気持ちに沿ったセールスコピーを作成することがでます。

 

今回ご紹介したセールスコピーを参考に、心を動かすセールスコピーを考えてみてください。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント
    ~リフォーム店編~

    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピ...
  2. 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント
    ~スポーツクラブ編~

    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピ...
  3. 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント~飲食店編~

    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピ...
  4. 販促のプロに聞く!キャッチコピーのヒント
    ~リラクゼーションサロン編~

    チラシやダイレクトメールを見た人に、商品やサービスに興味を持ってもらったり認知をしてもらったりす...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 2019年10月の販促計画を立てる時のポイント
    朝晩や日々の寒暖差、日暮れの早さで季節の移り変わりを感じる10月。日中は爽やかで過ごしやすいこの時期、運動会などのスポーツイベントや、遠足、修学旅行といった学校行事も多く行われます。また、今年は消費税が増税され、買い物の方法を変えるなど、あらためてライフスタイルにあったお金の使い方を考えたり、生活を見直したりする時期にもなります。10月の販促計画作成に役立つポイントをまとめました。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 2020年6月の販促計画を立てるときのポイント
    あじさいが色づき始め、梅雨入りを迎える6月。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、日本政府は4月7日に緊急事態宣言を発令しました。通常の業務推進が難しい今だからこそ、新型コロナウイルス感染症の流行が収束した後を見据えた対策を取っていきましょう。6月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 2018年8月の販促計画を立てるときのポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の教養娯楽費は年間第1位。食料費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。花火大会・夏祭りなどの夏ならではのイベントはもちろん、旅行・プール・山・海などのレジャーが活発になる時期でもあります。夏休みを利用して家族で外出する機会が増えるので、家族で楽しめるイベントを企画した集客がおすすめです。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 「欲望や感覚を刺激する」キャッチコピー
    すぐ…
    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサービスのアピールを考えることが苦手な方必見!場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレートをご用意しました。
  • クーポンの費用対効果を「目安表」で測定!長期的な視野…
    「チラシや情報誌に『期間限定15%引』のクーポンを付けたものの、いったいどれだけ回収すれば費用対効果があったと言えるのか・・・」 「広告費やクーポンの回収目標は、どのように定めればいいの?」 そんな悩みを抱えている販促担当者のみなさんのために、クーポン付き広告の費用対効果を簡単に把握できる「目安表」を作成しました。 この表を使えば、誰でも簡単にクーポン付き広告の費用対効果を分析することができますので、ぜひご活用ください。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP