2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやすいお店になる

公開

近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらなる増加が見込まれています。

この機会を生かすために、店舗では訪日外国人客が来店しやすいよう対策をしておきたいところです。

 

本記事では、集客を促進するための四つの取り組みについて紹介します。

 

【目次】

1. 2020年に向けたインバウンド対策の必要性

2. 訪日外国人客の来店を促進する対策

3. まとめ

 

2020年に向けたインバウンド対策の必要性

2020年は訪日外国人客数を4000万人にするという政府目標が掲げられています。

それに向けて政府はビザの発給要件を緩和するなど、誘致に積極的。

また、2020年は訪日外国人客による日本観光が盛り上がりを見せるでしょう。

 

インバウンドの増加を販売機会と捉える店舗は、なんらかの具体的な対策を行う必要があります。

訪日外国人客との間には言語の壁の他にも、決済方法や消費文化の違いが存在します。

インバウンドの増加で販促を最大化するためには、訪日外国人客が魅力を感じる店舗作りやサービスが欠かせません。

 

訪日外国人客の来店を促進する対策

訪日外国人客の来店を促すには、外国人の消費パターンに合わせた販売方法を用意することが大切です。

ここでは、店舗の魅力度を高めるための具体的な対策を紹介します。

 

 

1.多言語対応

まず最低限の対策として、多言語対応をしておきましょう。

英語、中国語、韓国語の他、来客状況によってはベトナム語なども検討したいところです。

 

言語の壁が障害となってしまい、せっかくの販売機会を失ってしまうケースは残念ながら数多く見られます。

数年前に「爆買い」という言葉がニュースなどでもブームになり、小売店が販売の増加に成功していました。

その背景に、SNSを使ったわかりやすい情報発信や、多言語のポップ、外国人スタッフの採用といった要因があった点は見逃せません。

 

 

2.キャッシュレス決済

キャッシュレス決済への対応も必要です。

訪日外国人客の多い店舗担当者であれば実感している通り、日本の現金決済主義は外国人から見ると非常に珍しく、キャッシュレスの決済手段がないと販売機会を逃してしまうこともありえます。

せめて主要なクレジットカードブランドだけでも導入しておくとよいでしょう。

 

特に中国圏からの来客が多い場合、アリペイ(支付宝)はもっとも便利な決済ツールの一つです。

20191月時点で10億人以上の利用者がいるとされており、中国圏からの観光客の決済にはほぼ100%対応できます。

実店舗に導入する際、大規模な端末は不要で、紙などに印刷したQRコードを用意するだけなので手軽です。

 

【参考】Bit days:「スマホ決済アプリALIPAY(アリペイ)とは?特徴、メリット、使えるお店を紹介!」
【参考】AFPBB News:「アリペイ、利用者が世界で10億人突破」

 

 

3.免税販売

免税店となって、販売した商品・サービスに消費税がかからないようにすることも大切です。

201910月から消費税率が10%に上がっていますが、これは訪日外国人客にとっても決して無視できない金額になります。

免税店であれば、消費税分の負担を課さずに販売することが可能で、販促効果があります。

 

免税販売を行うには、所轄の税務署に申請をして許可を得る必要があります。

課税売上高が1000万円以下という要件がありますが、該当する場合は活用したいところです。

 

【参考】国土交通省 消費税免税店サイト:「免税店になるには」

 

 

4.リピート対策

せっかくなら来店した訪日外国人客のリピート化も行いたいところです。

リピート獲得のためには、再来日したときだけでなく、日本国外でも購入できる仕組み作りが理想です。

具体的には、越境ECの活用です。

近年は越境ECのインフラが整備されてきており、日本の商品を海外でも販売しやすくなっています。

 

例えば、中国ならインターネットモールの「天猫」(Tmall)や「JD.com」が代表格で、出店すれば多くの利用者に訴求できるでしょう。

 

まとめ

2020年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数の増加が見込まれており、実店舗にとっては販売増加のチャンスといえます。

外国人は消費文化が違うことも意識しながら、利用しやすい店舗になるよう、対策をしておきましょう。

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. スクール(学習塾・習い事)の効果的な集客のポイントと閑散期対策をご紹介

    スクール(学習塾・習い事)は消費者のニーズが高いため、地域に競合が多いケースがみられます。 そ...
  2. モバイルファーストインデックスとは?SEOにおける対応方法

    “モバイルファーストインデックス”という言葉を聞いたことはありますか? これは2018年3月に...
  3. クローラビリティとは? クローラビリティを上げるSEOを伝授!

    クローラビリティという言葉を聞いたことはありますか? クローラビリティは、SEO対策をする上で...
  4. 新生活応援!早めのキャンペーンで売上アップ

    新生活の準備をする時期は消費が活発になり、企業としては売上を伸ばすチャンスです。ニーズを取り込み...
  5. 年末商戦イメージ

    2019年のお歳暮・クリスマス商戦はいつから?早割・先得キャンペーンで先手を打つ!

    年末商戦といえばお歳暮とクリスマス。売上の増加が見込めるこの時期に向けて、どこも販促に力を入れて...
  6. セールイメージ

    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落ち込む時期の売上・集客対策

    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に...
  7. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  8. 秋の行楽イベントイメージ

    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹介

    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客...
  9. キャッシュレス決済イメージ

    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシュレス決済のポイント還元で集客・売上アップ!

    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大...
  10. 消費税イメージ

    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオススメの販促はコレ!

    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるために...
  11. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  12. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  13. 固定客(リピーター)獲得!新規のお客様にお店のファンになってもらうためには?~ニュースレターを活用しよう~

    固定客(リピーター)はお店にとって、とても重要なお客様です。それは確実に売上が見込めるお客様だか...
  14. 入りやすい店の特徴とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザインに必要なポイント

    入りやすいお店とは? オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。 入り口がどこ...
  15. 代表的な販売促進方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介する...
  16. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  17. 新規顧客を獲得して増やすには?集客方法と販促の手法をご紹介!

    新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。 集客のターゲットには大きく分けて「新...
  18. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  19. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  20. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  21. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  22. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  23. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  24. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  25. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?
    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖かさ”を感じてくれています。そうしたチラシの作成ポイントをご紹介します。
  • 2018年10月の販促計画を立てるときのポイント
    10月は爽やかで過ごしやすい日も増え、運動や味覚狩りなどにぴったりの月。中旬から下旬にかけては、肌寒さを感じることもあるので、冬ものの衣服や防寒グッズにも注目が集まり始めます。2018年の10月は、体操の世界選手権や全国障害者スポーツ大会、プロ野球日本シリーズの開幕などスポーツ関連のイベントが目白押しです!文化祭、運動会、ハロウィンなどなど、イベントも多い10月。普段と比べて外出する機会も増えるこの時季、それぞれの行事に合わせた販促をしてみましょう。
  • 儲かっている会社の、年間販促スケジュールの立て方
    販促をしていますか?そう質問を投げかける、と大なり小なり「している」と回答される方が多いと思います。しかし、継続的で適切な販促が出来ているのかというと…皆様、必ずしもうまくいっていない部分があるかもしれません。
  • 2018年12月の販促計画を立てる時のポイント
    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お歳暮、クリスマス、新年の準備などで消費支出が最も増える月なので、キーワードに合わせた販促計画を立てましょう。 2018年の12月は暖冬が予測されているので、比較的外に出る機会が多い可能性があります。年末の行事に合わせた販促計画を事前に立てて、集客を成功させましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • SNSの特徴と使い分けとは?SNSを上手に活用した販…
    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。 スマホの普及とともに、日常生活などを撮影した写真や画像・文章を友人や知人と共有することが、若者を中心としてルーティンになった現代。 このSNSを販促手段に活用しない手はないですよね。 個人経営のお店では、広告や宣伝の代わりに、またホームページの代用として、SNSを活用している方も増えてきています。 しかし、マーケティングの担当者や販促担当者、店舗オーナーや経営者などのSNS運用担当者の中には、「とりあえず更新している」「何となく配信している」「無料だからやっている」という方も少なくないのではないでしょうか。 SNS販促は上手に活用することで、大きな効果が期待できます。 SNSを活用することのメリットを理解して、販促の目的を明確化することが必要でしょう。 今回は、SNSを活用することのメリットについて触れたいと思います。 また、ひとことでSNSといっても、Facebook、Twitter、Instagram、LINE(LINE公式アカウント)などさまざまです。 手軽に始められるSNSを活用した販促だからこそ、それぞれの特徴を理解した上で、目的に合わせて使い分けなければなりません。 どのSNSで情報を発信すればいいのかよくわからない、という方のために、数あるSNSの中でも多くのユーザーを有する4大ソーシャルメディアのFacebook、Twitter、Instagram、LINE(LINE公式アカウント)について、特徴と使い分けについてまとめてみます。
PAGE TOP