中小企業のブランド戦略・パート2

公開

 
 

The following two tabs change content below.
木幡 直人
株式会社ファンズファクトリー 代表取締役/ブランド経営プロデューサー 財団法人 ブランドマネージャー認定協会認定トレーナー。 1972年、千葉県生まれ千葉県在住。「組織を内側から強くするブランド経営プロデューサー」として、中小企業や地域密着店の売れ続ける仕組みづくりを支援している。 ホームページ:http://funsfactory.biz/ Facebook :https://www.facebook.com/naoto.kohata

■おすすめの関連コラム

    PAGE NAVI

    続きを読む
    記事を検索

    お悩み別記事一覧

    広告のコト

    チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
    販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
    広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
    広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
    WEB集客について一覧を見る閉じる
    プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
    DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
    販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
    広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
    キャッチコピーのヒント一覧を見る閉じる
    メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
    漫画広告について一覧を見る閉じる

    経営のコト

    リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
    他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
    経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
    経営のコネタ一覧を見る閉じる
    顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
    新規を増やしたい一覧を見る閉じる
    補助金について一覧を見る閉じる
    市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
    マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
    人材について知りたい一覧を見る閉じる
    営業力を高めたい一覧を見る閉じる
    業界研究一覧を見る閉じる
    ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

    商圏のコト

    • 2019年10月の販促計画を立てる時のポイント
      朝晩や日々の寒暖差、日暮れの早さで季節の移り変わりを感じる10月。日中は爽やかで過ごしやすいこの時期、運動会などのスポーツイベントや、遠足、修学旅行といった学校行事も多く行われます。また、今年は消費税が増税され、買い物の方法を変えるなど、あらためてライフスタイルにあったお金の使い方を考えたり、生活を見直したりする時期にもなります。10月の販促計画作成に役立つポイントをまとめました。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
    • 2018年1月の販促計画を立てる時のポイント
      1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大きな買い物や春の新生活に向けた消費が活発になる月です。中旬以降は、体調を整えるための風邪予防や寒さ対策への需要が高まります。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
    • 2019年12月の販促計画を立てる時のポイント
      12月は年間を通して最も日中が短く、寒さが厳しい時季。日ごとに吹く風も冷たくなります。お風呂にゆっくり入って体を温めたり、栄養のある食事を食べて免疫力を高めたりして、風邪予防や健康管理に心掛けたいですね。また、冬のボーナスが支給され、クリスマスや忘年会、正月準備など年間で最も家計消費支出が増える12月は、街全体が忙しい空気感に包まれる時季でもあります。12月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前からゆっくり販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
    • かっこいい広告デザインを目指すな。「40-40-20…
      ダイレクトメールやチラシといったダイレクトマーケティングで、必ず押さえるべきポイントとは何か、ご存じですか。かっこいいデザインでしょうか?感動するようなキャッチコピーでしょうか?確かにどちらも大切ですが、正解ではありません。いくらデザインやコピーが良くても、肝心の「中身」が伴っていなければ、反響には結び付かないからです。ここでいう中身とは、「ターゲット」と「商品価値」のことです。ダイレクトマーケティングにおいて今や常識となっている「40-40-20の法則」では、「ターゲットと商品価値こそが、ダイレクトマーケティングの成否を左右する」と考えられています。今回は、販促・広告担当者ならぜひ覚えておきたい「40-40-20の法則」について、分かりやすく解説します。
    • 目的別ホームページ活用のススメ
      今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちたいですか?(この記事ではわかりやすくするため、Webサイト全般をホームページと呼びます)ホームページを制作するというと、デザインや画像、動画にばかり目が行きがちですが、ビジュアル重視ではなく、目的重視で考えることが大切です。実はホームページと一言で言っても、目的に応じてさまざまなタイプがあります。目的に合わせて、効果の出るホームページを作りましょう
    続きを読む
    チラシのお届け方法をお探しの方へ
    集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
    CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
    お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
    PAGE TOP