特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

公開
SEO

今回は星の数ほどあるWEBサイトの中でも、特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例をご紹介。

 

もし、あなたのWEBサイトがこれらに当てはまっているようなら、今すぐにでも上位表示のための施策を行うことをおすすめします。

 

 

【目次】
1.検索エンジンとは?
2.SEO対策が必要なサイトとは?
3.まとめ

 

検索エンジンとは?

検索エンジンとは、インターネット上で欲しい情報を検索する際に使用するシステムのことです。

 

主にWEBページや画像、動画などを見つけ出すことができ、日本ではGoogleやYahoo!が提供している検索システムが有名です。
検索システムが主流になる前は「リンク集」と呼ばれる、他サイトへのURLなどが書かれたサイトが使われていました。これらは現在、ディレクトリ型検索エンジン(カテゴリーごとに登録されている検索エンジン)などと呼ばれています。

 

ディレクトリ型検索エンジンの特徴

・人手を介して、おすすめのサイトなどを掲載しているため、信頼性が高い。
・一つ一つ人間が選別し、登録しているため、手間がかかる。
・短期間に爆発的に増加したカテゴリーのサイトなどに対応するのが難しい。

 

 

現在はディレクトリ型検索エンジンよりも、GoogleやYahoo!などが提供しているロボット型検索エンジンが主流です。そして、ロボット型検索エンジンにサイトを掲載する際、上位表示されるために必要なのがSEO対策です。

SEO対策が必要なサイトとは?

次のようなWEBサイトは、特にSEO対策をしたほうがいいでしょう。

 

1.パソコン版とスマートフォン版のURLが異なる

パソコン版とスマートフォン版のURLやデザインが異なるWEBサイトは、ここ数年、順位の急落が激しいです。
これは2019年3月より始まった“モバイルファーストインデックス”が主な要因で、以前はパソコンが版とみなされたのに対して、最近はスマホユーザーの急増により、スマートフォン版のサイトがメインページと認識されるようになりました。
そのため、「パソコン版は作りこんでいるけれども、スマートフォン版はそれほどではない」というサイトは順位が落ちる傾向にあります。

 

 

2.テキストがほとんどない

デザイン性を優先しすぎたため、画像ばかりでテキストがほとんどないというWEBサイトも、順位は上がりづらいです。
検索エンジンはテキストからキーワードなどを探し当てています。
また、ページ数が4~5ページしかなかったり、たとえ数百あったとしても、1つのページのテキストが数行だったりするようなWEBサイトも順位は上がりません。

また、単純にテキスト量が多かったとしても、内容が乏しければGoogleから高い評価を受けることはできません。

 

 

3.内容に一貫性がない

例えば、ITやSEOに関するWEBサイトであるもかかわらず、「今日〇〇でランチをしました」「限定の××を購入しました」などといった日記的な要素を多分に入れてしまうと、サイト全体が一貫性に欠けるとして、Googleからの評価は低くなってしまいます。

 

 

4.コードが極端に多い

データ削減のためにも、コードはシンプルに、分かりやすさを心掛けるようにしましょう。

 

 

5.Googleにインデックスされていない

インデックスとは、Googleのロボット(クローラー)に「こういうページがある」ということを認識され、データベースの中に取り入れてもらうこと。
そもそもGoogleのクローラーにインデックスされていなければ、上位表示は見込めません。

自社のサイトがGoogleにインデックスされているかどうかは、

①Google Search Consoleにてインデックスを確認したいURLをクリックする
②Googleの検索窓に「site:(http://やhttps://を抜いた)自社のURL」を入力することで確認できます。

※販促の大学の場合、site:hansokunodaigaku.com

 

6.各種テストの結果が悪かった

「モバイルフレンドリーテスト」や「PageSpeed Insights」などのテストの結果が良くなかったら、SEO対策の実施を検討してみましょう。

◆まとめ

検索エンジンには「ディレクトリ型検索エンジン」と「ロボット型検索エンジン」の2種類がある。現在は、ロボット型検索エンジンが主流。

 

「ロボット型検索エンジン」に対応するにはSEO対策が必須。

 

特に、

「パソコン版とスマートフォン版のURLが異なる」

「テキストがほとんどない」

「内容に一貫性がない」

「コードが極端に多いページ」

「Googleにインデックスされていない」

「各種テストの結果が悪かったWEBサイト」

は、すぐにSEO対策を検討することをおすすめします。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. コンテンツ

    コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

    SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている...
  2. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  3. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  4. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  5. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  6. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  7. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  8. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  9. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。 7割以上がスマホユーザーということです...
  10. 4大SNSの特徴と使い分けから考える、
    目的別のSNS活用方法とは?

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。スマホの...
  11. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  12. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  13. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  14. LINE@販促とは?集客アップにつながる必須ツールを活用しよう

    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウント...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
ProFuture株式会社
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える…
    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な「型」があり、この基本的な型を覚えることが大切です。
  • 販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント
    ~リ…
    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの購買意欲を持ってもらうために使われるセールスコピー。限られたスペースの中で、読み手の興味を惹かれる文章かどうかが重要です。興味を持ってもらえることで、次のアクションにつながります。商品の良さを伝えるよりも、読み手に対してその商品はどれだけ価値あるものなのかを限られた文字数の中で簡潔に伝えなくてはなりません。売る・制作・お客様の販促支援、幅広い業務を担う、いわば“販促のプロ”が考えた、セールスコピーをご紹介します。※協力会社 株式会社地域新聞社
  • 販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント
    ~リ…
    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピー。限られたスペースの中で、読み手の興味を惹く文章を用意できるどうかが重要です。興味を持ってもらうことで、次のアクションにつながります。商品の良さを伝えるよりも、読み手とってその商品がどれだけ価値あるものなのかを簡潔に伝えることが大切です。販売・制作・お客様の販促支援と幅広い業務を担う、いわば“販促のプロ”が考えたセールスコピーをご紹介します。
  • 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法
    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませているという方々は多いのではないでしょうか。
  • メルマガをはじめる前に
    メールマガジンを発行することに興味をお持ちのあなたに!前回記事「メールマーケティングのススメ」で「メルマガ」についてご説明しました。 今回は、メールマガジン(メルマガ)を始める前に事前準備としてやっておきたいことを中心にお伝えします。 インターネット上の発信媒体であるメディアには、マーケティング的にいうと、「待ち」のメディアと「攻め」のメディアがあります。 「待ち」のメディアとは、ウェブサイトやブログ、TwitterやFacebookなど、自分の発信を見てもらえるかどうかは相手任せのメディアです。メルマガは「待ち」のメディアとは根本的に異なり、発信者側が情報を直接届けられる、インターネット上では「攻め」のマーケティングができる数少ないメディアのひとつです。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP