特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

公開
SEO

今回は星の数ほどあるWEBサイトの中でも、特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例をご紹介。

 

もし、あなたのWEBサイトがこれらに当てはまっているようなら、今すぐにでも上位表示のための施策を行うことをおすすめします。

 

 

【目次】
1.検索エンジンとは?
2.SEO対策が必要なサイトとは?
3.まとめ

 

検索エンジンとは?

検索エンジンとは、インターネット上で欲しい情報を検索する際に使用するシステムのことです。

 

主にWEBページや画像、動画などを見つけ出すことができ、日本ではGoogleやYahoo!が提供している検索システムが有名です。
検索システムが主流になる前は「リンク集」と呼ばれる、他サイトへのURLなどが書かれたサイトが使われていました。これらは現在、ディレクトリ型検索エンジン(カテゴリーごとに登録されている検索エンジン)などと呼ばれています。

 

ディレクトリ型検索エンジンの特徴

・人手を介して、おすすめのサイトなどを掲載しているため、信頼性が高い。
・一つ一つ人間が選別し、登録しているため、手間がかかる。
・短期間に爆発的に増加したカテゴリーのサイトなどに対応するのが難しい。

 

 

現在はディレクトリ型検索エンジンよりも、GoogleやYahoo!などが提供しているロボット型検索エンジンが主流です。そして、ロボット型検索エンジンにサイトを掲載する際、上位表示されるために必要なのがSEO対策です。

SEO対策が必要なサイトとは?

次のようなWEBサイトは、特にSEO対策をしたほうがいいでしょう。

 

1.パソコン版とスマートフォン版のURLが異なる

パソコン版とスマートフォン版のURLやデザインが異なるWEBサイトは、ここ数年、順位の急落が激しいです。
これは2019年3月より始まった“モバイルファーストインデックス”が主な要因で、以前はパソコンが版とみなされたのに対して、最近はスマホユーザーの急増により、スマートフォン版のサイトがメインページと認識されるようになりました。
そのため、「パソコン版は作りこんでいるけれども、スマートフォン版はそれほどではない」というサイトは順位が落ちる傾向にあります。

 

 

2.テキストがほとんどない

デザイン性を優先しすぎたため、画像ばかりでテキストがほとんどないというWEBサイトも、順位は上がりづらいです。
検索エンジンはテキストからキーワードなどを探し当てています。
また、ページ数が4~5ページしかなかったり、たとえ数百あったとしても、1つのページのテキストが数行だったりするようなWEBサイトも順位は上がりません。

また、単純にテキスト量が多かったとしても、内容が乏しければGoogleから高い評価を受けることはできません。

 

 

3.内容に一貫性がない

例えば、ITやSEOに関するWEBサイトであるもかかわらず、「今日〇〇でランチをしました」「限定の××を購入しました」などといった日記的な要素を多分に入れてしまうと、サイト全体が一貫性に欠けるとして、Googleからの評価は低くなってしまいます。

 

 

4.コードが極端に多い

データ削減のためにも、コードはシンプルに、分かりやすさを心掛けるようにしましょう。

 

 

5.Googleにインデックスされていない

インデックスとは、Googleのロボット(クローラー)に「こういうページがある」ということを認識され、データベースの中に取り入れてもらうこと。
そもそもGoogleのクローラーにインデックスされていなければ、上位表示は見込めません。

自社のサイトがGoogleにインデックスされているかどうかは、

①Google Search Consoleにてインデックスを確認したいURLをクリックする
②Googleの検索窓に「site:(http://やhttps://を抜いた)自社のURL」を入力することで確認できます。

※販促の大学の場合、site:hansokunodaigaku.com

 

6.各種テストの結果が悪かった

「モバイルフレンドリーテスト」や「PageSpeed Insights」などのテストの結果が良くなかったら、SEO対策の実施を検討してみましょう。

◆まとめ

検索エンジンには「ディレクトリ型検索エンジン」と「ロボット型検索エンジン」の2種類がある。現在は、ロボット型検索エンジンが主流。

 

「ロボット型検索エンジン」に対応するにはSEO対策が必須。

 

特に、

「パソコン版とスマートフォン版のURLが異なる」

「テキストがほとんどない」

「内容に一貫性がない」

「コードが極端に多いページ」

「Googleにインデックスされていない」

「各種テストの結果が悪かったWEBサイト」

は、すぐにSEO対策を検討することをおすすめします。

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

■おすすめの関連コラム

  1. シニア(高齢者)マーケティングと集客戦略のポイント

    少子高齢化がすすむ日本において、団塊世代をはじめとしたシニア層(60代・70代・80代)は魅力的...
  2. いますぐ始めよう!Googleビジネスプロフィール

    さまざまなモノやコトを検索するのに便利な「Google」ですが、多くの人がお店を探す目的で利用し...
  3. ランディングページを作ってみよう

    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネット...
  4. Facebookでお得に広告を出そう②

    The following two tabs change content below.この記事...
  5. Facebookでお得に広告を出そう①

    皆さんはどのように集客をされていますか?チラシを作ったり、広告を掲載したりと、いろいろな方法を試...
  6. ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサイトとは?

    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう...
  7. ホームページをリニューアルする際に気を付けるべきこと

    ホームページをリニューアルしたいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、自社にWEB担当ス...
  8. 目的別ホームページ活用のススメ

    今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちた...
  9. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  10. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  11. SEOイメージ

    検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

    “検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか? “検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的に...
  12. コンテンツイメージ

    コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

    “コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 コンテンツマー...
  13. コンテンツ

    コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

    SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている...
  14. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  15. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  16. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  17. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  18. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  19. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  20. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  21. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。7割以上がスマホユーザーということですね。...
  22. SNSの特徴と使い分けとは?SNSを上手に活用した販促方法をご紹介!

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。 ...
  23. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  24. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  25. 動画販促とは?活用事例に学ぶ5つの効果と作り方のコツ【活用法も解説】

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  26. 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカウントで出来ることとは?~導入成功事例も合わせてご紹介~

    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういっ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • キャッシュレス決済イメージ
    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシ…
    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大5%のポイント還元制度があり、その対象となる中小事業者にとっては集客・売上アップのチャンスです。本記事では中小店舗の担当者向けに、キャッシュレス決済によるポイント還元制度を簡単にご説明し、販促のポイントについても併せてご紹介します。
  • 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデ…
    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心理状態になっていたのでしょうか?
  • 年間販促計画が簡単に!販促カレンダーで販促効果アップ…
    どのように年間販促計画を立てればよいか、ご存知ですか?販促計画の立て方がわからないと困っていませんか?販促の効果をアップさせるには、販促カレンダーを作成して計画的に準備を進めることが大切です。簡単に年間販促計画を立てられるエクセルのテンプレート「年間販促カレンダー 2024年版」をご用意しました。月や週ごとに「販促ポイント」「一般行事」「展開フェア」「季節のキーワード」が一目でわかるようになっているので、販促の企画を考える際に役立ちます。また、もう1つの特徴として集客目標や売上目標、費用といった管理項目も用意。これを利用すれば、販促計画はもちろん、収支計画も一緒に立てられます。なお、「年間販促カレンダー 2022年版」「半期販促カレンダー」は無料でダウンロードが可能です。販促計画を考えるときに押さえておくべきポイントを紹介した資料もご用意しました。「年間販促カレンダー 2024年版」を使って、年間販促計画を立てましょう。
  • 折込チラシガイド~効果がでる折込チラシの計画から配布…
    折込チラシを作って配布したいが、何から始めたらいいかわからない… チラシを配布しているのに効果が出ない…とお悩みではありませんか? 効果がでる折込チラシの計画から配布までをわかりやすく解説します。
  • 2018年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
PAGE TOP