集客効果アップ!心理学を活用した広告・セールスコピーの作成方法

公開

 

集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。

 

広告や販売促進の企画をする際に、これらをできるだけ盛り込んでみてください。

 

基本的な心理術をもとに、響くセールスコピーを作成しましょう!

 

 

【目次】
1.ザイアンスの法則
2.権威効果
3.フィア・アピール
4.限定条件下の事実
5.希少性・限定性の原理
6.返報性の原理
7.ザッツ・ノット・オール・テクニック
8.まとめ

 

 

ザイアンスの法則

「何度も会えば会うほど、その人と仲良くなる」というテクニックです。

ザイアンスの法則を広告に応用するならば、生活者とお店の接点を増やす、ということになります。

 

チラシ、インターネット、看板、地域情報誌への広告掲載、DMなど、さまざまなルートを使って、生活者とできる限り多くの接点を作りましょう。

あなたのお店や商品を「見れば見るほど」、買ってもらえる可能性は高まります。

 

広告は質よりも頻度。1人の人に一回でも多く商品を見せましょう。

10,000部のチラシを10,000世帯にポスティングするのではなく、ターゲットを絞り2,500世帯に4回配った方が、高い集客効果が期待できます。

 

ザイアンスの法則は、小売店や飲食店など、日常的に行く頻度が高い業種で効果的です。あるいは、そこまで頻繁には行かないものの、定期的に行く必要がある美容室などでも使える手法です。

 

ターゲットが美容室に行ったばかりだと、魅力的なコピーを見たからといってすぐに行動にはつながりませんが、何度もチラシなどで訴求を続けることで自然に記憶に残り、次回は集客に至る可能性があります。

美容室のセールスコピー例は「販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント~美容室編~」もご覧ください。

 

 

権威効果

「スポーツ選手が使っているベッド」「王室御用達の紅茶」など、社会的地位の高い人や有名な人が使っているものに対し、商品価値も高いと感じる心理です。

 

つまりは、お墨付きをもらうこと。

「雑誌で紹介された」や「○○グランプリ優勝」などはどんどん載せましょう。

 

ただし、必ずしもすごく偉い人からのお墨付きをもらう必要はありません。

身近な地域の偉い人や、近所の社長さん、商工会の会長さん、学校の先生、強豪校のスポーツ少年などが使っている、という事実さえ掲載できれば十分。

 

「へぇーあの人が使っているってことは、良いものなのかな」と思ってもらえればいいのです。

 

信頼や安心感が高まれば、購買ハードルは下がります。

 

 

フィア・アピール

社会心理学の定説に、人は「快楽を求めて行う行動より、苦痛から逃れるために起こす行動の方がパワーが強い」という考え方があります。

 

生命保険の広告で「病気で働けなくなって収入が無くなったとき、残された家族は…」という、不安感を起こさせる表現を見たことありませんか?

 

ダイエット関連の商品やスポーツ関連サービスでも、その商品やサービスの魅力をアピールするだけでなく、「このまま何もしなければ体形が維持できないかもしれない」などと不安に訴求する手法は有効です。

 

スポーツクラブのセールスコピーのアイデアは「販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント~スポーツクラブ編~」でも紹介しています。

 

リラクゼーションサロンのセールスコピー例をまとめた「販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント~リラクゼーションサロン編~」でも紹介している通り、「体の不調」というネガティブな切り口からの訴求は効果的なことが多いです。

 

 

不安をイメージさせて、それを解決できる商品を提示する。この方法で、人はその商品に興味を強く抱き「買わなきゃ!」と思います。

 

フィア・アピールを応用した手法に、PASONAの法則があります。詳しくは「「PASONAの法則」売れる広告作成に使える基本法則①」をご覧ください。

 

 

限定条件下の事実

「日本で一番売れている!」「お客様満足度No.1」など、「一番」「No.1」という表現は人々の注目を集めます。

 

しかし日本で1番になるのは難しいですから、身の回りで1番になったという事実を探したり作ったりして、広告に使っていきましょう。

 

例えば、

「お客様アンケート第1位の人気商品」

「○○市内で一番古い靴屋です」

など。

ただし、必ず根拠のあるものだけを載せるようにしてください。事実を証明できない場合は景品表示法という法律に違反することになります。

 

もっと簡単なのは「店内人気No.1」です。

それを応用して、

「当店一番人気!」

「○月の販売実績No.1」

「子供連れに一番売れている」

なども効果的。お店の中で集計できる事実をうまく活用しましょう。

 

 

一番という表現を見るだけで、人は反射的にポジティブなイメージを持ちます。

 

「チャーハン 700円」より、

「当店人気No.1のチャーハン 700円」

と書かれている方が、注文してみようという気になるものです。

 

限定条件下の事実は、飲食店での一押し商品として訴求したい場合に有効ですが、他にも飲食店で使えるセールスコピーは「販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント~飲食店編~」に詳しくまとめているので、もっと知りたい場合はご覧ください。

 

 

希少性・限定性の原理

「残り3個!」「本日限り」など、数や期間が限られていると、「早く買わなきゃ!」という心理が働きます。

 

いつでも手に入る状況では、なかなか人の心は動きません。しかし数が不足したり期間が限定されたりすると、普段は当たり前だと思っている選択権が制限されて、それを欲する心理が働きます。

 

「○個限り」「○月○日まで」「先着○名様まで」という表現を広告に使ってみましょう。

 

希少性・限定性の原理は、普段から集客に苦労しがちな業種で特に有効です。

 

例えば、不動産仲介やリフォームは日常的に利用するものではないため、スーパーや飲食店とは違い興味を持ってもらうこと自体が難しいジャンルです。

そこで「先着10名限定で特典プレゼント」といったコピーを入れると、効果的な宣伝になるでしょう。

希少性・限定性の原理は「販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント~リフォーム店編~」でも紹介しています。

 

集客イメージ

返報性の原理

何かをもらうと、自然と「お返しをしなくては!」と思う心理が働きます。「人は、もらいっぱなしは気持ち悪いと感じる」という研究結果から生まれた理論です。

 

返報性の原理を販促に応用しているのが「無料サンプル」を配るという方法。

 

音楽配信サービスなどがよく使う「最初の1か月間無料で試せる」という手法も、返報性の原理を応用したものです。

 

「損して得取れ」ということわざに倣って、無料サンプルの配布や、無料お試し期間を提供してみてはいかがでしょうか。

 

 

ザッツ・ノット・オール・テクニック

かっこいい名前ですが、簡単に言えば「おまけには効果がある」という理論です。

 

通販番組で、

「この商品を購入された方には、『さらに』○○○も付きます!そして『さらにさらに』いまなら保証も10年間無料!」というようなうたい文句を聞いたことがありませんか?

 

この『さらに』の部分に「ザッツ・ノット・オール・テクニック」が使われています。

 

つまり、おまけを最初から提示するのではなく、『さらに』の一言を使って上手く購買意欲を高めているのです。

 

商品説明の後に、

「さらに○○も付いてきます」

「もれなく○○の特典もご提供」

「特別に○○もご用意します」

などという言葉を足して、おまけの価値をより強く伝えましょう。

 

ただし、おまけの上限額などについても景品表示法で定められたルールがありますので、気をつける必要があります。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

ザイアンスの法則以外は、すべてセールスコピーとして広告に加えることができる手法です。

広告コピーを検討する時は、記事中で紹介した心理効果を意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

テクニックを活用しやすいように、心理術からセールスコピーを考えるためのシートをご用意しました。

それぞれの項目に当てはまるかどうかを確かめながらアイデアを練れば、心理的に訴求効果の高いコピーができるはずです。

よろしければ下記画像をクリックし、ダウンロードしてお使いください。

 

306

 

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

■おすすめの関連コラム

  1. 印象(イメージ)を決める配色のコツ!3色の組み合わせパターン

    チラシやHPなどのデザインをする際、配色のパターンによって相手に与える印象は大きく変わります。配...
  2. 色の持つイメージが与える効果と心理的効果のあるチラシデザインとは

    色の持つイメージが人の心理に与える効果は、科学的には十分に解明されていません。しかし、さまざまな...
  3. かっこいい広告デザインを目指すな。「40-40-20の法則」とその大切さとは

    ダイレクトメールやチラシといったダイレクトマーケティングで、必ず押さえるべきポイントとは何か、ご...
  4. 世代別の特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう

    団塊世代やバブル世代といった世代別のカテゴリーは、実はマーケティングにとっても重要であることをご...
  5. マーケティング4.0とは?自己実現欲求を満たす販売方法を考える

    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0...
  6. 紙媒体広告だからこそ出来る!紙媒体広告の活用方法・メリット

    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。...
  7. 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広告は徹底して2種類の「CPA」で選べ

    費用対効果の高い広告って何だろう?広告を出したらお客さんが増えたけど、かかった費用に見合っている...
  8. 【無料DL】広告表現の基本「PASONA(パソナ)の法則」を使った広告やチラシでお客様を引き込む!
    ~PASONA企画シート~

    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な...
  9. レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊

    レスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますの...
  10. 「AIDA」「AIDMA」とは?消費者心理の法則を広告に応用しよう!

    消費者の行動予測は販促に欠かせません。行動予測とは「購買決定プロセスごとに変化する消費者心理を理...
  11. 【無料DL】顧客利益を考えたキャッチコピーで広告効果を高める!
    ~お客様の利益シートを活用しよう~

    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうた...
  12. 売上アップのために「イメージ広告」で刷り込み効果を、「レスポンス広告」で購買意欲を高めよう

    企業名や商品名の認知度や評価を上げるために、販促担当者や経営者の皆さんは、何かしらの広告を活用す...
  13. 販売促進(販促活動)を促すための広告・販促・営業、3つの役割

    そもそも「販売促進」とはなんでしょう。「広告」や「営業」と混同されやすい言葉です。これらはすべて...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
  • 2018年5月の販促計画を立てる時のポイント
    5月はゴールデンウィークで娯楽需要が高まる月。 また、総務省統計局の調査によると、「被服及び履物」の支出が年間で一番高くなるのが5月です。 2018年の5月は「西郷どん」の流行で、西郷隆盛ゆかりの地への巡礼がにぎわう可能性があります。西郷さんや明治維新の有名人を用いた企画で、集客を狙ってみてはいかがでしょうか。 総合的な月間消費支出は年間で第5位。過ごしやすい気温の日々が続き、お出かけする人も増えるので、新規来店を呼び込むチャンス。遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • マーケティング4.0とは?自己実現欲求を満たす販売方…
    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0」。マーケティングにはいろいろな意味がありますが、「売れる仕組み」や「売り方」を示すといって良いでしょう。マーケティング4.0とはつまり、「マーケティング=売り方」が第4段階に突入しているということです。時代に合った「売り方」を把握し、自社の販売方針を考えてみてはいかがでしょうか。
  • 中小企業のブランド戦略・パート3
    顧客は誰か?「ペルソナについて」情報もモノも溢れている時代だからこそ意識したいこと。ブランドづくりについて、特にエンドユーザーに商品やサービスを提供するお店や会社などは、頭を悩ませることが多くなっています。例えば、年齢一つとっても、私は46歳になるのですが、自分の過去を振り返って考えてみても価値観の変化に気づくことがあります。SNSやユーチューブなどはもちろんありませんでしたので、仮に今私が10代だったとしても、過去の自分とは違った価値観になるのは想像できます。更に、同じ40代でも41歳と49歳では全く違う価値観と言うことも言えますし、同じ年齢だったとしても置かれている立場や状況によっても価値観は違うものです。
  • メルマガをはじめる前に
    メールマガジンを発行することに興味をお持ちのあなたに!前回記事「メールマーケティングのススメ」で「メルマガ」についてご説明しました。 今回は、メールマガジン(メルマガ)を始める前に事前準備としてやっておきたいことを中心にお伝えします。 インターネット上の発信媒体であるメディアには、マーケティング的にいうと、「待ち」のメディアと「攻め」のメディアがあります。 「待ち」のメディアとは、ウェブサイトやブログ、TwitterやFacebookなど、自分の発信を見てもらえるかどうかは相手任せのメディアです。メルマガは「待ち」のメディアとは根本的に異なり、発信者側が情報を直接届けられる、インターネット上では「攻め」のマーケティングができる数少ないメディアのひとつです。
  • 全国放送のTVに出演する方法
    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もTVに出たいな」と考えた事はないでしょうか。そもそもTVにはどうすれば出ることができるのでしょう。お金を払えば出る事が出来るのでしょうか。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP