広告・集客効果がアップする心理術7選

公開

 

集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。

 

広告や販売促進の企画をする際に、これらをできるだけ盛り込んでみてください。

 

基本的な心理術をもとに、響くセールスコピーを作成しましょう!

【目次】
1.ザイアンスの法則
2.権威効果
3.フィア・アピール
4.限定条件下の事実
5.希少性・限定性の原理
6.返報性の原理
7.ザッツ・ノット・オール・テクニック
8.まとめ

ザイアンスの法則

「何度も会えば会うほど、その人と仲良くなる」というテクニックです。

 

これを広告に応用するならば、生活者とお店の接点を増やす、ということになります。

 

チラシ、インターネット、看板、地域情報誌への広告掲載、DMなど、様々なルートを使って、生活者とできる限り多くの接点を作りましょう。

 

あなたのお店や商品を「見れば見るほど」、買ってもらえる可能性は高まります。

 

広告は質よりも頻度。1人の人に一回でも多く商品を見せましょう。

 

10,000部のチラシを10,000世帯にポスティングするのではなく、2,500世帯に4回配った方が、高い集客効果が期待できます。

 

権威効果

「オリンピック選手が使っているベッド」「王室御用達の紅茶」など、社会的地位の高い人や有名な人が使っているものに対し、商品価値も高いと感じる心理です。

 

つまりは、お墨付きをもらうこと。

 

ただし、必ずしもすごく偉い人からのお墨付きをもらう必要はありません。

身近な地域の偉い人や、近所の社長さん、商工会の会長さん、学校の先生、強豪校のスポーツ少年などが使っている、という事実さえ掲載できれば十分。

 

「へぇーあの人が使っているってことは、良いものなのかな」と思ってもらえればいいのです。

 

もちろん「雑誌で紹介された」や「○○グランプリ優勝」などはどんどん載せましょう。

 

信頼や安心感が高まれば、購買ハードルは下がります。

 

フィア・アピール

社会心理学の定説に、人は「快楽を求めて行う行動より、苦痛から逃れるために起こす行動の方がパワーが強い」という考え方があります。

 

生命保険の広告で「病気で働けなくなって収入が無くなったとき、残された家族は…」という、不安感を起こさせる表現を見たことありませんか?

 

不安をイメージさせて、それを解決できる商品を提示する。この方法で、人はその商品に興味を強く抱き「買わなきゃ!」と思います。

 

これの心理を応用したPASONAの法則という手法があるので、詳しくは「PASONAの法則とは」をご覧ください。

 

限定条件下の事実

「日本で一番売れている!」「お客様満足度No.1」など、「一番」「No.1」という表現は人々の注目を集めます。

 

しかし日本で1番になるのは難しいですから、身の回りで1番になったという事実を探したり作ったりして、広告に使っていきましょう。

 

例えば、

「お客様アンケート第1位の人気商品」

「○○市内で一番古い靴屋です」

など。

 

一番簡単なのは「店内人気No.1」です。

ちょっと応用して、

「当店一番人気!」

「○月の販売実績No.1」

「子供連れに一番売れている」

なども効果的。お店の中で集計できる事実をうまく活用しましょう。

 

 

一番という表現を見るだけで、人は反射的にポジティブなイメージを持ちます。

 

「チャーハン 700円」より、

「当店人気No.1のチャーハン 700円」

と書かれている方が、注文してみようという気になるものです。

 

希少性・限定性の原理

「残り3個!」「本日限り」など、数や期間が限られていると、「早く買わなきゃ!」という心理が働きます。

 

いつでも手に入る状況では、なかなか人の心は動きません。しかし数が不足したり期間が限定されたりすると、普段は当たり前だと思っている選択権が制限されて、それを欲する心理が働きます。

 

「○個限り」「○月○日まで」「先着○名様まで」という表現を広告に使ってみましょう。

 

返報性の原理

何かをもらうと、自然と「お返しをしなくては!」と思う心理が働きます。「人は、もらいっぱなしは気持ち悪いと感じる」という研究結果から生まれた理論です。

 

これを販促に応用しているのが「無料サンプル」を配るという方法。

 

音楽配信サービスが「最初の1か月間無料で試せる」という手法も、返報性の原理を応用したものです。

 

「損して得取れ」ということわざに倣って、無料サンプルの配布や、無料お試し期間を提供してみてはいかがでしょうか。

 

ザッツ・ノット・オール・テクニック

かっこいい名前ですが、簡単に言えば「おまけには効果がある」という理論です。

 

通販番組で、

「この商品を購入された方には、『さらに』○○○も付きます!そして『さらにさらに』いまなら保証も10年間無料!」というようなうたい文句を聞いたことがありませんか?

 

この『さらに』の部分に「ザッツ・ノット・オール・テクニック」が使われています。

 

つまり、おまけを最初から提示するのではなく、『さらに』の一言を使って上手く購買意欲を高めているのです。

 

商品説明の後に、

「さらに○○も付いてきます」

「もれなく○○の特典もご提供」

「特別に○○もご用意します」

などという言葉を足して、おまけの価値をより強く伝えましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

ザイアンスの法則以外は、すべてセールスコピーとして広告に加えることができる手法です。

 

それぞれの心理効果をもとに、広告の内容や計画を検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、心理術からセールスコピーを考えるためのシートをご用意しました。

 

よろしければ下記画像をクリックし、ダウンロードしてお使いください。

 

306

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 与えたい印象別 配色のポイント8選

    チラシやHPなどのデザインをする際、色の効果のツボを押さえることで、相手に与える印象は大きく変わ...
  2. 色の持つイメージが与える効果と心理的効果のあるチラシデザインとは

    色の持つイメージが人の心理に与える効果は、科学的には十分に解明されていません。しかし、さまざまな...
  3. かっこいい広告デザインを目指すな。
    「40-40-20」の法則の大切さとは

    デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!...
  4. 世代別の特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう

    バブル世代やさとり(ゆとり)世代などといった、大まかな世代カテゴリーがある事は、みなさんご存知だ...
  5. マーケティング4.0とは?自己実現欲求を満たす販売方法を考える

    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0...
  6. 紙媒体広告だからこそ出来る!紙媒体広告の活用方法・メリット

    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。...
  7. 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広告は徹底して2種類の「CPA」で選べ

    広告の手法はWEB、紙媒体、TVCM、看板、チラシなど、選択肢が多すぎて悩んでしまったご経験はご...
  8. 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える基本法則①

    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な...
  9. レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊

    レスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますの...
  10. AIDMAとAIDAなど消費者行動モデルの使い分け

    消費者が広告を見てからものを買うまでのプロセスとして有名な「AIDMAの法則」。それによく似た「...
  11. セールスコピーは、
    「顧客利益」から始めなければ伝わらない

    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうた...
  12. 売上アップのために「イメージ広告」と「レスポンス広告」のポイントを押さえよう!

    企業名や商品名の認知度や評価を上げるために、販促担当者や経営者の皆さんは、何かしらの広告を活用す...
  13. 販売促進(販促活動)を促すための広告・販促・営業、3つの役割

    販売促進とはなんでしょうか?まずは定義を整理しましょう。...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1
    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポスティング型フリーペーパー「ちいき新聞」だ。必ず毎月1週目に広告を掲載し、「今月のおススメメニュー」「今月のパスタ」「今月のレディースデー」「今月のイベント(毎月第3金曜日を“ロスの日”としてイベントを開催)」などを地域の方々に発信している。1週目にこだわるのは、1か月分のお知らせをまとめてできるということと同時に、「ちいき新聞」をロス・アンジェルスの情報を待ち望む地域の方々とのコミュニケーションツールとして活用しているからだ。
  • 2017年4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。総合的な月間消費支出も年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人が多いので、認知度向上のために、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の…
    広告宣伝費・販売促進費の予算を効率よく立てていますか。広告宣伝費・販売促進費の賢い使い方を知っていますか。広告宣伝費・販売促進費の予算の立て方について、各業種・業界の一般的な売上に対する広告宣伝費の(販促費)割合を参考にしながら予算を立てる方法の有効性については、業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の平均の記事でお話ししました。今回は業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の平均の手段編として、広告宣伝費・販売促進費の予算を効率よく立てる方法と、広告宣伝費・販売促進費の使い方についてご説明します。
  • AIDMAとAIDAなど消費者行動モデルの使い分け
    消費者が広告を見てからものを買うまでのプロセスとして有名な「AIDMAの法則」。それによく似た「AIDAの法則」というものもあります。
  • お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣
    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費用・時間のムダ」と感じている方も多いかと思います。 確かに、明確なターゲット層を定めることもなく、ただなんとなく「見栄えがいい」チラシを配布しているだけでは効果は上がりません。 では、どのようなチラシを配布すれば集客につながるのでしょうか?  具体的に例を挙げて説明しましょう。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP