今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代!

 

店舗型ビジネスの経営者の中には「ホームページ集客なんて無理!」とはなから思い込んでいる方がいます。

立地が重要といわれる店舗型ビジネスですが、昨今では「ホームページ集客で成功して、繁盛店になった!」という例もたくさんあります。

今回は、そんな店舗型ビジネスに奮闘している経営者様向けに、WEB集客の基本についてお話しします。

 

※この記事の内容は、基本的にはどの業種でも有効ですので、他業界業種の方もぜひ参考にしてください。

【目次】
1.店舗型ビジネス向け! ホームページ集客の方法
2.ホームページの内容を充実させて、WEB集客を成功させよう!
3.まとめ

店舗型ビジネス向け! ホームページ集客の方法

 「ホームページで集客しよう!」と思っても、ただやみくもにWordPressやホームページビルダーでホームページを作成すればいいというものではありません。

ホームページ集客を成功させるには、「どのようなホームページを作成するか」が重要です。ここでは、アクセスアップのために、必ず実行してほしい基本事項をお伝えします。

1.お客様が検索するであろうキーワードを想定し、ページを作成しよう!

 

集客を目的としたホームページを作成する際は、必ず「検索キーワード」を念頭に置く必要があります。「検索キーワード」とは、検索エンジン(Google,Yahoo等)でホームページを検索するときに入力する単語のことです。

 

例えば、船橋にあるラーメン店の場合、『ラーメン店 船橋』の組み合わせで検索されたときに、上位表示されると客足は増えるでしょう。そのためには、『ラーメン店 船橋』で検索した人が一番欲しいと思う情報をたくさん掲載する必要があります。

このように、希望するキーワードで上位表示されるようにホームページをメンテナンスする手法を「内部対策」といい、アクセス数アップには欠かせない施策となっています。

2.スマホでも閲覧しやすいようにスマホ対応のホームページを作成しよう!

 

今や世帯普及率が7割を超えるスマートフォン。実際、PCよりもスマホからのアクセスの方が多いという調査報告が出ています。ホームページを作成するなら、スマホで閲覧しやすいかどうかは大きなカギです。

店舗型ビジネスの多くは「B to Cビジネス」、すなわち個人相手のビジネスといわれていますから、スマホユーザーへのアピールは必要不可欠といえます。

 

もちろん、スマホ対応していないホームページもスマホで閲覧できますが、PC用のホームページはスマホの画面サイズに合わせて縮小されて表示されるため、非常に見にくくなります。

 

せっかく興味を持ってホームページを訪問してくれたのに、「見にくいから」という理由で中身をしっかり読んでもらえなかったら、これは大きな機会損失です。マイナスの印象を与えないためにも、必ずスマホ対応をしましょう。

3.店舗やスタッフの写真を掲載しよう!

 

ホームページで商品・サービスの魅力を伝えるにあたり、非常に重要なのが「写真」です。新規のお客様が実際にその店舗を訪問して「商品を購入しよう」、「サービスを受けよう」と決定する要因に、“どのような人が提供するのか”、“店舗の雰囲気はどのような感じなのか”があります。

それを如実に伝えてくれるのが店舗やスタッフの写真です。

 

特に、エステサロン、整体、マッサージ、美容室等、お客様の身体に触れるサービスを提供している店舗については、これらの情報をホームページに掲載することで、安心感を持ってもらうことができます。

4.お客様の声を掲載しよう!

 

今の時代は、何か商品を購入したいときやサービスを受けたいとき、手軽にインターネットで検索することができます。一方、情報がたくさんありすぎて、何を信じていいのかわからない場合もあります。掲載されている商品、サービスの内容を本当に信じていいのか、不安に思う方もいるでしょう。

そんなとき役立つのが「お客様の声」です。

多くの方が、「お客様の声」を見て、その商品やサービスが本当に信用できるかどうかを判断しています。お客様の不安を解消してくれるコンテンツとして、「お客様の声」はぜひとも掲載しましょう。

 

5.作成したホームページは多くの方に紹介してもらおう!

 

検索してホームページにたどり着く方もいれば、家族や友人がホームページやブログでお店のことを紹介していて、興味が湧き、訪問したという方もいます。

ホームページやブログで紹介してもらえれば、閲覧してもらえる可能性が高まるだけでなく、ーワードで検索した際、上位表示される可能性も高まります。なぜなら、Googleは、多くの人からリンクされているホームページを上位表示する傾向にあるからです。

 

ただし、リンク数を増やすためにダミーのサイトを作成したり、被リンク数を購入したりするなど、一昔前に乱用された手法はやめてください。Googleからペナルティを受け、逆に検索結果に表示されなくなるリスクが生じます

ホームページの内容を充実させて、WEB集客を成功させよう!

上記以外にも様々な施策がありますが、大事なのはアクセスをできる限り多く集め、ホームページを訪問してくださった方々が店舗を訪れるよう、お店の内容を魅力的に伝えることです。

 

ホームページをただ作成しただけでは、WEB集客はできません。

 

しかしお客様の求めている情報を掲載し、適切なタイミングで更新していけば、あなたのお店を繁盛させてくれる強力なパートナーとなるでしょう。

まとめ

ホームページで集客したいならば、

・検索キーワードを念頭に置いてホームページを作成する

・スマホ対応にする

・店舗やスタッフの写真、お客様の声など、お客様が求めている情報を掲載する

・一人でも多くの人にホームページやブログで紹介してもらう

ことが大事。これさえできれば、ホームページはあなたのお店の売り上げを上げてくれる大切なパートナーになるでしょう。

■おすすめの関連コラム

  1. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  2. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。 7割以上がスマホユーザーということです...
  3. 4大SNS販促の有効な活用方法
    ~それぞれの特徴から考える~

    昨年の新語・流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれるなど、今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったS...
  4. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  5. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  6. リピーター獲得に強い、LINE@販促とは?

    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウント...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
セミナー開催情報
自社ホームページの検索順位を上げる「SEO対策」セミナー in 千葉市
日程:2018年5月16日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
自社のお店や商品のホームページへの流入を増やすために、検索サイトで上位表示にするためにSEO対策はされていますか?商圏範囲が決まっているお店にとって「地域名(○○市) x 自社商品名」で検索したときに、検索画面の上位3位以内に入っていないと、「ほしい!」と思っている人を逃してしまう可能性がとても大きくなります。そこで今回は、自社ホームページをGoogleやyahooなどで上位に表示されるための方法をご説明します。
  • ちいき新聞のユニークな社内制度 ありがとうカードで感…
    社内でのコミュニケーション手段のひとつとしてありがとうカードを取り入れませんか?
  • 【飲食店向け】時流に乗った飲食店の傾向と対策
    大手チェーン店も乗り出している「現在の飲食店事情」がどのようなものか、ご存じでしょうか? 現在、飲食業界にも大きな変化が起きています。 時流に乗った飲食店に、どのような傾向があるのでしょうか?
  • リピーター獲得に強い、LINE@販促とは?
    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE@は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。特にリピーターを増やすためのツールとして、多くの店舗がLINE@を活用し始めています。リピーターを増やしたいとお考えの方は、一度LINE@を試してみてはいかがでしょうか?
  • 『エスキモーに氷を売る』マーケティングとは何かを教え…
    マーケティング的には、著者が述べている考え方に目新しいものはありませんが、営業についての考え方は、今の時代にも十分通じる内容です。 物を売ることを生業としている人達にとっての“基本中の基本”、まさに営業、マーケティングの原理原則が述べられています。
  • DMの基本~実施後の効果分析編~
    今まで実施したダイレクトメールの効果を、皆さんは把握していますか?「だいだいこのくらいの反応があったな」と感覚値で把握しているだけ、という方はいらっしゃいませんか。 今回は、ダイレクトメールの効果分析の方法についてご説明します。 実施後に効果分析を行うことで、ダイレクトメールの費用対効果について知ることができます。反響の良かったダイレクトメールはどこが良かったのか。悪かったダイレクトメールはどこを改善すれば良いのか。あらためて内容やクリエイティブを見直す機会にもなりますので、効果分析は必ず行いましょう。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP