雨の日こそ集客しよう!
雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!?

雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやすい季節です。

天気が悪いと必要がなければ外出する気にならず、特に飲食店では、一部の行列ができる店、人気店を除いて、客足が遠のいてしまいます。

 

“雨の日の集客”に頭を悩ませる店舗経営者は多く、「雨が降っているから、お客様が来なくてもやむを得ない」と考えてしまいがち。

しかし、事前に食材を調達して、仕込みをしてお店を開けている飲食店の場合、ここであきらめてしまうのはもったいないことです。

 

今回は飲食店に絞り、雨の日だからこそ売上を上げるための工夫についてお話します。

【目次】
1.雨の日の集客に迷ったら、2つのことを考えよう!
2.まとめ

雨の日の集客に迷ったら、2つのことを考えよう!

「雨が降ったらあきらめる」のではなく、「雨だからこそ売上を上げる!」という発想の転換が大切です。

要はピンチをチャンスに変える!のです。

では、一体どうしたら、雨の日でも集客できるようになるのでしょうか?

 

1.雨の日に来たお客様の満足度を上げる

たとえ雨の日でも、事前に予約をしているお客様は、お店に来てくれることが多いものです。

その際、「雨だったけれど、その分とても良いサービスを受けられた」と印象づけることができれば、リピーターになってくれる可能性が高まります。

そのためには、雨の日ならではのちょっとした心配りを用意するのが良いでしょう。

例えば、

 

■店の入口に傘立てを置き、入店しやすい雰囲気をつくる。もしくは傘を席ごとに分けて管理する。

 店に傘立てがないなんて言語道断!お客様が濡れた傘をどこに置けばいいのか分からないなんてことにならないように準備をしておきましょう。

■荷物が濡れないよう荷物入れを用意する。

お客様は濡れた靴で店に入るため、どうしても床は濡れがちです。荷物が濡れないように、荷物入れを準備しておきましょう。

 

■帰り際に雨が降ってしまったときのために、貸せる傘を用意する。

→入店後に降り出した場合、傘を貸してもらえたらうれしいですよね。傘を返すため再来店してくれる可能性もあります。

 

■ご来店のお客様に「本日はお足元の悪い中……」とお礼を述べる。

 最後はやはり感謝の気持ちが大切!気持ち良く帰っていただけたら、また晴れの日にも来ようと思ってもらえるでしょう。

 

2.雨の日にしかないサービスを提供する

「雨だからお店に行くのはやめよう」ではなく「雨だからこそ、あの店に行きたい!」と思ってもらえたら勝ちです。

そのためには、雨の日ならではのサービスを用意するのも手です。

例を挙げると、

 

■雨の日限定のサービスチケットを用意する。

 「雨の日限定 ドリンク1杯無料サービス」「雨の日限定 トッピング1つ無料サービス」など、雨の日に来てくださったお客様向けに割引などのサービスを用意する店舗は多いです。事前にこのようなサービスチケットを配布することで「雨だけど、割引になるから行ってみるか!」という気持ちを起こさせることができます。

 

■雨の日しか提供しない、“雨の日限定メニュー”を用意する。

 「雨の日限定 ◯◯無料サービス」は、どちらかというと受け身のサービス。すでに実施している店舗も多く、差別化には至らないかもしれません。

 しかし、雨の日にしか提供しない、“雨の日限定メニュー”を用意することで、「今日しか食べられないあのメニューを食べに行こう!」と思ってもらえれば、売上アップにつながるはずです。

外の看板に「“雨の日限定メニュー”あります!」と書かれていたら、「せっかくだから、このお店にしてみよう」とお客様が入店してくれる可能性が高まります。

まとめ

雨の日は売上を伸ばすのが難しいと考えがち。でもそれはどこの店舗も一緒です。

ご紹介したような工夫をすることで、他店との差別化を図りましょう。

「雨が降っているからダメだ」ではなく、「雨が降ったからこそ、売上をあげるチャンスだ!」と発想を転換することが大切!

 

ピンチをチャンスに変え、新規や常連のお客様を増やすためにも、お客様の立場に立ち、雨の日にしてもらえたらうれしいと思えるサービスをどんどん取り入れていきましょう!

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
【初心者向け】リピーターを増やす!
ニュースレター作成セミナー
日程:2017年8月22日(火)
時間:15時~17時
定員:15名
リピート集客のキモであるニュースレターの重要性と効果を事例をもとに紹介し、実際に簡単なニュースレター作成まで行うワーク型セミナーです。
  • 地域商売とドラッカーの知恵
    店舗でご商売をされている方は、地元密着の経営をされている方がほとんどだと思います。 大企業の社長や幹部が愛読していそうなドラッカーの経営論なんて「自分たちには関係ない」とお思いかもしれません。
  • 地域新聞社の裏側を公開 ~自己紹介型の名刺について~
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が取り入れている自己紹介型の名刺についてご紹介します。名刺を上手く活用して、しっかりと企業アピールや自己PRを行いましょう。
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • ちいき新聞の裏側公開!
    会社独自のノベルティ…
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が独自に作成しているノベルティについてご紹介します。
  • 開店準備に必要なもの(飲食店編)
    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の修業をしたり、サービスを学んだり。 では、いつ・どのくらいのレベルになったら、独立できるのでしょうか? 皆が「将来は」「いつかは」と思っていても、実際に独立する人はそう多くはありません。 一番重要なのは、「開業する」ということを決めること。 つまり「覚悟」です。 いったん覚悟を決めれば、同じ情報でも、違った見方ができるようになります。
PAGE TOP