各SNSの特徴と使い分けって?SNS販促の上手な活用方法とは?

公開

今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

 

スマホの普及とともに、日常生活などを撮影した写真や画像・文章を友人や知人と共有することが、若者を中心としてルーティーンになった現代。

このSNSを販促手段に活用しない手はないですよね。

 

個人経営のお店では、広告や宣伝の代わりに、またホームページの代用として、SNSを活用している方も増えてきています。

しかし、マーケティングの担当者や販促担当者、店舗オーナーや経営者などのSNS運用担当者の中には、「とりあえず更新している」「何となく配信している」「無料だからやっている」という方も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし手軽に始められるSNSを活用した販促だからこそ、それぞれの特徴を理解した上で目的に合わせて使い分けなければなりません。

 

どのSNSで情報を発信すればいいのかよくわからない、という方のために、数あるSNSの中でも多くのユーザーを有する4大ソーシャルメディアのFacebook、Twitter、Instagram、LINE(LINE公式アカウント)について、特徴と使い分けについてまとめてみます。

 

【目次】

1.Facebook 販促を一言で表すと“広報”
  唯一の実名登録制で情報の信頼度が高いSNS

2.Twitter 販促を一言で表すと“即時性”
  手軽さNo.1でリアルタイム配信と拡散性に優れているSNS

3.Instagram 販促を一言で表すと“世界観”
  写真や動画でユーザーの感性に訴えるSNS

4.LINE公式アカウント 販促を一言で表すと“1対1” 
  拡散性は無いが、双方向コミュニケーションを実現できるSNS

5.どのSNS販促にもメリット・デメリットあり 
  販促の目的“誰に何を伝えてどう行動してほしいのか”を決めることが大事

6.SNS販促で重視したい指標
  目指す方向性によって最適な指標を選択する

7.最適なSNS運用のためには
  便利機能や代理店を活用する

Facebook販促を一言で表すと“広報”
唯一の実名登録制で情報の信頼度が高いSNS

一つ目のSNSはFacebookです。
30代や40代を中心に、国内に約2,600万人のユーザーを持つSNSですが、その特徴は何と言っても“いいね”機能。

 

気に入った投稿に対して“いいね”をすると、その投稿が友達にも通知される「拡散性」があります。

また、4大SNSで唯一の実名登録制なので、投稿される情報の信頼度が高く、オフラインでの人間関係に近い関係性をネット上で構築することができます。

 

企業にとっては“広報”のような役割を担い、オフィシャルな情報の定期配信に適しています。

イベントの開催告知やイベント参加者の募集がSNS上で完結するので、難しいツールを用意しなくても簡単に管理することができます。

Twitter販促を一言で表すと“即時性”
手軽さNo.1でリアルタイム配信と拡散性に優れているSNS

二つ目はTwitterです。

Facebookよりも若い20代や30代を中心に、国内に約4,500万人のユーザーを持つSNSですが、その特徴は「即時性」と「拡散性」。

匿名登録制のメディアで、1回の投稿には文字数制限があるため、配信内容は短めの文章が中心です。

 

配信したい時に手軽に投稿することができる上に、気に入った投稿に対して “リツイート”すれば、友達はもちろん全く知らない人にまで通知される高い「拡散性」があります。

 

また#(ハッシュタグ)をつけて投稿することが多く、#(ハッシュタグ)検索機能を使って投稿を検索することができます。

匿名登録制のため、投稿される情報の信頼度はFacebookよりも低い傾向がありますが、特定の条件をクリアするとアカウント上に表示される「公式マーク」によって、公式アカウントとして信頼性のある情報を発信できます。

 

リアルタイムの情報発信やとにかく情報を拡散したいときに有効なSNSですので、ユーザーに向けて臨時休業や開店時間の変更、新商品の発売日などを告知するのに有効です。しかし、ささいな一言が“炎上”を招くので、発言には注意が必要です。

Instagram 販促を一言で表すと“世界観”
写真や動画でユーザーの感性に訴えるSNS

三つ目のSNSはInstagramです。
Twitterと同じく20代や30代の特に女性を中心に、国内に約3,300万人のユーザーを持つSNSです。

 

投稿の中心が写真や動画であり、視覚を通して感性に訴えることができるところがポイントで、お店や商品の“世界観”に共感してもらいやすくなります。

またTwitter同様、#(ハッシュタグ)検索機能を使えば写真や動画を検索することができます。

 

例えば、服飾系の小売店ならスタッフのコーディネートを撮影して定期的に投稿したり、美容室やネイルサロンならスタイリングや施術したデザインの写真、飲食店なら店舗の内装や自慢の料理、イベントの様子など。お店の雰囲気を伝えやすいのもポイントです。

 

ただし、「インスタ映え」する写真でなければ逆効果になる可能性もあります。

「インスタ映え」する商品などで、企業やお店が持つ“世界観”に共感してもらえるので、ユーザーをファン化しやすい反面、ハイセンスでクオリティの高い情報が求められます。

 

LINE公式アカウント販促を一言で表すと“1対1”
拡散性は無いが、双方向コミュニケーションを実現できるSNS

最後はLINEです。

 

あらゆる年齢層が利用しており、そのユーザー数は国内で約8,300万人と4大SNSの中でも圧倒的に多く、1か月で1回以上利用するユーザー数を表す月間アクティブ率も90%以上のLINEは、メールに代わる日常生活の連絡ツールとして不動の地位を確立しています。

 

そのLINEの販促ツールであるLINE公式アカウントの特徴、それは4大SNSの中で唯一のクローズドツールであり、配信する側と受け取る側の関係性は常に1対1だという点です。

 

これにより他の誰にも見られることなく双方向のコミュニケーションをとることができるため、ユーザーを囲い込み、ファン化させることに向いています。

 

また4大SNSの中で唯一PUSH通知機能があるため、配信と同時にユーザーのスマホに通知を出すことができます。

 

他にも、使用数の計測ができるクーポンの配信やポイントカード機能、キャンペーンの告知などを行う機能も備わっており、上記3つのSNSに比べるとより広告や宣伝などの販促向きのSNSといえます

また、有料版を活用することで販促や集客できる幅が広がります。

機能が多い分、担当できるスタッフが確保できない店舗での運用は難しいかもしれませんが、うまく活用すれば集客アップの強い味方になります。

 

しかし、注意点もあります。

企業やお店にとってお客様との関係性を深めるツールとして非常に有効ですが、一方的な配信を繰り返してしまうとブロックされる可能性があります。

どのSNS販促にもメリット・デメリットあり
販促の目的“誰に何を伝えてどう行動してほしいのか”を決めることが大事

Facebook、Twitter、Instagram、LINE(LINE公式アカウント)。

 

4大SNSについてその特徴を整理してきましたが、どのSNS販促にもメリットとデメリットがあります。例えば、Facebook、Twitter、InstagramにはPUSH通知が無いため、頑張って毎日配信したとしても、ユーザーが自らSNSを開かなければその投稿が目に触れることはありません。

ファン化するような情報を投稿していくことが大切です。

 

 LINE公式アカウントはクローズドツールなので拡散性が無く、配信するにはまず“お友だち”をコツコツと集めなければなりません。

 

逆にTwitter、Instagramは拡散性が高く、投稿が話題になれば新規獲得につながるかもしれませんが、炎上の恐れや、常に高いセンスを求められるなどの難しい面もあります。

 

Facebook、Twitter、Instagramはそれぞれ他のSNSと連携することで、1つのメディアに投稿すれば他のメディアへも自動投稿できる機能があります。

 

近年、Facebookは月間アクティブ率が下がっている傾向があります。

利用者数やアクティブ率、ターゲット属性といった要素はSNSを選別する際に気にしておくことが大切です。

 

これはどんな販促手段でもそうですが、「無料だから」とか「まわりがやっているから」で始めてしまうと、うまく活用できず、手間がかかる割に効果が実感できないまま更新が滞り、結果的に自己満足で終わってしまいます。

販促をする場合は必ず目的意識を持ちましょう。

 

“誰に何を伝えてどう行動してほしいのか”を決め、その目的を達成するためにはどのSNS販促が適しているのかを見極めることが大事です。

目的の無い販促は効果があったかどうかの指標が無いため、成功したのか失敗したのかの判断すらできません。

それではかけた労力が無駄になってしまいます。

「とりあえず・何となく・無料、だからSNS」はもうやめて、「販促目的は〇〇、だからSNS」とハッキリ言えるSNS販促を心掛けましょう。

 

 

SNS販促で重視したい指標
目指す方向性によって最適な指標を選択する

SNSで販促を行う際は、指標を活用することで目標を明確化したり、その達成度合いをKPIなどを定めて測ったりすると効果的です。

指標にはフォロワー数や反応数といったさまざまな種類がありますし、SNSの種類によって重視すべき指標は異なります。

ここでは、その中からSNSによる販促で特に重要な指標を紹介しましょう。

 

まず、「フォロワー数」は最も分かりやすく、なおかつ重要な指標の一つです。

FacebookやLINEでは友達数と言い換えられます。

これは文字通り自分のアカウントと直接的につながっている人数を指し、自分の投稿を何人に届けられるかに大きく関わるものです。

フォロワー数が多ければ多いほど接触できる人数が増えるのはもちろん、人気度、有用性、権威性の証しにもなります。

 

次に、ユーザーの属性も重要です。

属性とは、年齢やエリア、性別、職業といったユーザーのカテゴリを指します。

商品・サービスを売る際は、ある程度ターゲットを想定しているはずです。

フォロワーやリーチ数を増やしても、その人々が購買につながらない層であれば販促効果は見込めないでしょう。

販促では、最もアピールしたい層を特定し、その層を狙ってアプローチすることが大切です。

SNSでユーザーの属性を分析することは、狙った通りの成果が出ているのかをチェックする上で役立ちます。

 

そして、反応率も意識しましょう。

TwitterやFacebook、Instagramでは「エンゲージ」、LINEでは「既読」や「返信」といったアクションで表されます。

これは自分の発信に対して相手からどれくらい反応があるのか、あるいは、どのような反応があるのかを知る上で重要です。

 

ここでは代表的な例を紹介しましたが、実際に運用していく中で目的に合わせて最適な指標を選んでいきましょう。

最適なSNS運用のためには
便利機能や代理店を活用する

リーチするお客様を増やすために複数のメディアを運用することは確かに効果的ですが、管理が煩雑になるのが難点です。

そのような場合は、連携機能を活用することも有効でしょう。

 

例えば、Facebook、Twitter、Instagramはそれぞれ他のSNSと連携することで、1つのメディアに投稿すれば他のメディアへも自動投稿できる機能があります。

 

また、SNSを運用する代理店もあり、コンテンツ提案や投稿、分析といった業務を委託することも可能です。

SNSにおいて顧客を増やしたり販促を実施したりするための知見を活用できることや、自分は別の業務に集中できる点などが魅力的と言えます。

 

ちなみに弊社はLINE公式アカウントの代理店でもありますので、SNS販促でお困りの際はお気軽にご相談ください。

 

 
 

The following two tabs change content below.
根本圭佑
株式会社地域新聞社 効果向上支援室 室長(社内での名称は“向上長”)2006年に入社。広告企画営業として本社第一営業部(現:八千代支社)に配属となり八千代市エリアを4年半担当した後、2010年9月より千葉支社に異動。市原市エリアを2年半担当し、2013年3月より新設された市原支社の初代支社長に就任。

■おすすめの関連コラム

  1. いますぐ始めよう!Googleマイビジネス

    さまざまなモノやコトを検索するのに便利な「Google」ですが、多くの人がお店を探す目的で利用し...
  2. ランディングページを作ってみよう

    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネット...
  3. Facebookでお得に広告を出そう②

    The following two tabs change content below.この記事...
  4. Facebookでお得に広告を出そう①

    皆さんはどのように集客をされていますか?チラシを作ったり、広告を掲載したりと、いろいろな方法を試...
  5. ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサイトとは?

    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう...
  6. ホームページをリニューアルする際に気を付けるべきこと

    ホームページをリニューアルしたいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、自社にWEB担当ス...
  7. 目的別ホームページ活用のススメ

    今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちた...
  8. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  9. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  10. SEOイメージ

    検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

    “検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか? “検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的に...
  11. コンテンツイメージ

    コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

    “コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 コンテンツマー...
  12. コンテンツ

    コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

    SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている...
  13. SEO

    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマー...
  14. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  15. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  16. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  17. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  18. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  19. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  20. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  21. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。7割以上がスマホユーザーということですね。...
  22. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  23. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  24. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  25. 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカウントで出来ることとは?~導入成功事例も合わせてご紹介~

    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういっ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 2018年2月の販促計画を立てる時のポイント
    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆まきや恵方巻き、バレンタインデーなど、イベントの多い月です。モノが売れないニッパチといわれる月ではありますが、イベントに合わせて上手く販促を行えば、集客できる可能性があがるでしょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 「AIDA」「AIDMA」とは?消費者心理の法則を広…
    消費者の行動予測は販促に欠かせません。行動予測とは「購買決定プロセスごとに変化する消費者心理を理解し、各段階にフィットしたマーケティングをする」ということです。
  • 2019年12月の販促計画を立てる時のポイント
    12月は年間を通して最も日中が短く、寒さが厳しい時季。日ごとに吹く風も冷たくなります。お風呂にゆっくり入って体を温めたり、栄養のある食事を食べて免疫力を高めたりして、風邪予防や健康管理に心掛けたいですね。また、冬のボーナスが支給され、クリスマスや忘年会、正月準備など年間で最も家計消費支出が増える12月は、街全体が忙しい空気感に包まれる時季でもあります。12月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前からゆっくり販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • Web広告とは? 自社の商品・サービスにぴったりの配…
    かつて大きな効果を発揮する広告といえば、テレビ・新聞・雑誌などのマス広告でした。 しかしマス広告に出稿するには多額の予算が必要であり、中小企業にはおいそれとは手を出せませんでした。 そこに登場したのがWeb広告。 Web広告であれば、低予算で、興味のあるユーザーに効率的に広告を配信できます。
  • 2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやす…
    近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらなる増加が見込まれています。この機会を生かすために、店舗では訪日外国人客が来店しやすいよう対策をしておきたいところです。本記事では、集客を促進するための四つの取り組みについて紹介します。
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP