コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

公開
コンテンツ

SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、そのような事柄よりももっと大切なものの集大成が“コンテンツSEO”です。
ここでは「そもそもコンテンツSEOとは何か?」から始まり、そのメリットやコンテンツSEOで上位表示を目指すための方法についてもお伝えします。

 

【目次】
1.コンテンツSEOとは?
2.コンテンツSEOのメリット
3.良質なコンテンツの作り方

4.まとめ

 

 

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、「読者が読みたい!」と思うような良質な記事をアップロードし続けることで上位表示を目指す、SEOの手法の一つです。

 

Googleは常に、「このコンテンツは読者にとって有益か否か」を基準に、上位表示すべき記事を選んでいます。
そのため、被リンクやhtmlの構文などをあまり気にしなくても、「読者にとって有益な記事」を提供し続けることで、上位表示を目指すことが可能になるのです。
(被リンクやhtmlの構文がまったく不要というわけではありません)

 

Googleは細かいアルゴリズムを日々調整しています。
しかし、「読者にとって有益な記事の提供」という理念だけは、揺らぐことはありません。
そのため、小手先のテクニックよりも、「読者のために」という本質的な対策をした方が、将来的にも高い順位を狙えるでしょう。

コンテンツSEOのメリット

1.将来的にも高い順位を目指せる確率が高い

 

小手先のテクニックは先述のとおり、アルゴリズムが変わってしまえば効果が無くなってしまいます。
しかし「読者にとって有益な記事を提供する」というのは、Googleにとって揺らぐことのない理念です。
そのため、いつまでも変わらない本質的な理念を追求し続ければ、アルゴリズムがどのように調整されようとも、検索順位が高くなる可能性があります。

 

 

2.コンバージョン(サイトの最終目的)達成率が上がる

 

SEOは単に上位表示されて終わりではありません。
検索上位に表示されてタイトルをクリックされ、記事を読んでもらい、問い合わせや購入などの最終目的=コンバージョンにつなげることが大事です。
いくらGoogleで上位表示されるようになっても、「なんだ、大したことのない記事だ」と思われ、最後まで読んでもらえなかったり、購入や問い合わせをしてもらえなかったりしたら、せっかくの努力も水の泡です。
しかし、「読者の役に立つ記事を提供する」という目的を達成していれば、「この会社は信頼できる」と思ったユーザーが、コンバージョンにつながる行動をしてくれるでしょう。

良質なコンテンツの作り方

では、上位表示が望める高品質のコンテンツとは、どのようにすれば作成できるのでしょうか?

 

1.魅力的な内容である

 

抽象的な言葉に戸惑う人もいるかもしれません。
しかし、多くの人が「読んでみたい!」と思うような情報・ニュースの詰まった記事が、Googleが考える良質なコンテンツです。
例えば、みんなが知らない意外なアプリの使い方、最新ファッションのトレンドに関するニュース、バーゲンやセールスの情報など、たくさんの人たちが「知りたい!」「知って良かった!」と思うような情報を提供することが大切です。

 

 

2.ムダがない

 

SEOやアフィリエイトのために、とりあえずテキストがたくさんあればいい、とムダな内容が詰め込まれた記事をいくら量産しても、SEO対策にはなりません。
上記のとおり、コンテンツSEOを行うには、みんなが「知りたい!」と思うような情報提供が大事。
そのため「量が重要」とばかりに無意味な記事をいくら量産しても、効果は上がりません。

 

 

3.虚偽やコピー(盗用)がない

 

みんなの興味を引くためにウソの記事をねつ造したり、何を書けばいいか分からないからといって、すでにある記事をコピー&ペーストしたりするのもNGです。
Googleは記事の信頼性も評価します。
ウソやコピーでできた記事は、「この記事はデマだ。信用ならない」というレッテルを貼られて、順位も急落してしまいます。

 

 

4.WEBサイトそのものが信頼できる

 

例えば、「がん克服の方法」などというWEBサイトを、医師免許を持たないただの一般人が書いていたとしても、なかなか信用できないですよね。
同じように、Googleもその記事やWEBサイトそのものが、信頼に値するかどうかを確認しています。
具体的には、文章や内容の質、専門家が書いているかどうか、他のサイトや人に同記事が評価されているかなどを基準に、サイトそのものが信用できるかどうかを判断しています。

まとめ

コンテンツSEOとは、Googleが求める「読者に有益な情報を提供する記事」をアップロードし続ける究極のSEO対策です。コンテンツSEOは、将来的にも高い順位が見込める、コンバージョン率がアップするなど、さまざまなメリットがあります。

 

Googleが望む“良質なコンテンツ”を作成するには、

「魅力的な内容である」

「ムダが無い」

「虚偽やコピーがない」

「WEBサイトそのものが信頼できる」

などの点に気を付ける必要がります。

 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  2. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  3. SEOイメージ

    検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

    “検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか? “検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的に...
  4. コンテンツイメージ

    コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

    “コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 コンテンツマー...
  5. SEO

    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマー...
  6. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  7. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  8. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  9. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  10. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  11. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  12. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  13. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。 7割以上がスマホユーザーということです...
  14. 4大SNSの特徴と使い分けから考える、
    目的別のSNS活用方法とは?

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。スマホの...
  15. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  16. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  17. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  18. LINE公式アカウント販促とは?集客アップにつながる必須ツールを活用しよう

    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウント...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
ProFuture株式会社
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 広告キャッチコピーテンプレート・例文「限定する時」
    広告原稿を考える際、キャッチコピーがなかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?期間限定、数量限定などの「限定する時」用のキャッチコピーのテンプレート・例文をご用意しました。場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレートですので、お客様に「ほしい!」と思わせ、すぐに行動に移してもらいたい時に、ぜひご活用ください。広告キャッチコピーやキャンペーンpopなどの販促物に使う「限定の表現」を考えることが苦手な方必見! 最初はキャッチコピーのテンプレートを見ながら言葉の引き出しを増やしてみてはいかがでしょうか。ご自身の商品やサービスに合わせたキャッチコピーを考えてみてください。
  • 手書きチラシのコツ
    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメール)、FAX、手渡し等、さまざまな方法があります。 同様に、作成方法もさまざまですが、おもに以下の3つの方法が考えられます。 1.パソコンのワープロソフト(代表的なのは、マイクロソフト・ワード)などを使用して作成する 2.プロのデザイナーに作成を依頼する 3.手書きで作成する 今回は3番目の、手書きでチラシを作成する際のコツについて解説します。
  • 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの…
    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?
  • ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー…
    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要です。そこで今回は、関東(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、群馬県、栃木県)で発行されている「戸別配布型」のフリーペーパーをご紹介します。お店周辺の生活者に広告が出せるメディアを使って、ご近所集客を成功させましょう。
  • 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.2…
    女子会やママ友と利用しやすいカフェは、弊社が発行する『ちいき新聞』の読者アンケートでも、常に「欲しい情報」の上位。その反面、広告効果に差が出やすい業種でもあります。どんなクーポンをつけたら、どんなことを伝えたら、上手に集客することができるのでしょうか。『ちいき新聞』のクーポン特集で得られたクーポン回収データを分析した結果、わかったことをご紹介いたします。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP