コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

公開
コンテンツ

SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、そのような事柄よりももっと大切なものの集大成が“コンテンツSEO”です。
ここでは「そもそもコンテンツSEOとは何か?」から始まり、そのメリットやコンテンツSEOで上位表示を目指すための方法についてもお伝えします。

 

【目次】
1.コンテンツSEOとは?
2.コンテンツSEOのメリット
3.良質なコンテンツの作り方

4.まとめ

 

 

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、「読者が読みたい!」と思うような良質な記事をアップロードし続けることで上位表示を目指す、SEOの手法の一つです。

 

Googleは常に、「このコンテンツは読者にとって有益か否か」を基準に、上位表示すべき記事を選んでいます。
そのため、被リンクやhtmlの構文などをあまり気にしなくても、「読者にとって有益な記事」を提供し続けることで、上位表示を目指すことが可能になるのです。
(被リンクやhtmlの構文がまったく不要というわけではありません)

 

Googleは細かいアルゴリズムを日々調整しています。
しかし、「読者にとって有益な記事の提供」という理念だけは、揺らぐことはありません。
そのため、小手先のテクニックよりも、「読者のために」という本質的な対策をした方が、将来的にも高い順位を狙えるでしょう。

コンテンツSEOのメリット

1.将来的にも高い順位を目指せる確率が高い

 

小手先のテクニックは先述のとおり、アルゴリズムが変わってしまえば効果が無くなってしまいます。
しかし「読者にとって有益な記事を提供する」というのは、Googleにとって揺らぐことのない理念です。
そのため、いつまでも変わらない本質的な理念を追求し続ければ、アルゴリズムがどのように調整されようとも、検索順位が高くなる可能性があります。

 

 

2.コンバージョン(サイトの最終目的)達成率が上がる

 

SEOは単に上位表示されて終わりではありません。
検索上位に表示されてタイトルをクリックされ、記事を読んでもらい、問い合わせや購入などの最終目的=コンバージョンにつなげることが大事です。
いくらGoogleで上位表示されるようになっても、「なんだ、大したことのない記事だ」と思われ、最後まで読んでもらえなかったり、購入や問い合わせをしてもらえなかったりしたら、せっかくの努力も水の泡です。
しかし、「読者の役に立つ記事を提供する」という目的を達成していれば、「この会社は信頼できる」と思ったユーザーが、コンバージョンにつながる行動をしてくれるでしょう。

良質なコンテンツの作り方

では、上位表示が望める高品質のコンテンツとは、どのようにすれば作成できるのでしょうか?

 

1.魅力的な内容である

 

抽象的な言葉に戸惑う人もいるかもしれません。
しかし、多くの人が「読んでみたい!」と思うような情報・ニュースの詰まった記事が、Googleが考える良質なコンテンツです。
例えば、みんなが知らない意外なアプリの使い方、最新ファッションのトレンドに関するニュース、バーゲンやセールスの情報など、たくさんの人たちが「知りたい!」「知って良かった!」と思うような情報を提供することが大切です。

 

 

2.ムダがない

 

SEOやアフィリエイトのために、とりあえずテキストがたくさんあればいい、とムダな内容が詰め込まれた記事をいくら量産しても、SEO対策にはなりません。
上記のとおり、コンテンツSEOを行うには、みんなが「知りたい!」と思うような情報提供が大事。
そのため「量が重要」とばかりに無意味な記事をいくら量産しても、効果は上がりません。

 

 

3.虚偽やコピー(盗用)がない

 

みんなの興味を引くためにウソの記事をねつ造したり、何を書けばいいか分からないからといって、すでにある記事をコピー&ペーストしたりするのもNGです。
Googleは記事の信頼性も評価します。
ウソやコピーでできた記事は、「この記事はデマだ。信用ならない」というレッテルを貼られて、順位も急落してしまいます。

 

 

4.WEBサイトそのものが信頼できる

 

例えば、「がん克服の方法」などというWEBサイトを、医師免許を持たないただの一般人が書いていたとしても、なかなか信用できないですよね。
同じように、Googleもその記事やWEBサイトそのものが、信頼に値するかどうかを確認しています。
具体的には、文章や内容の質、専門家が書いているかどうか、他のサイトや人に同記事が評価されているかなどを基準に、サイトそのものが信用できるかどうかを判断しています。

まとめ

コンテンツSEOとは、Googleが求める「読者に有益な情報を提供する記事」をアップロードし続ける究極のSEO対策です。コンテンツSEOは、将来的にも高い順位が見込める、コンバージョン率がアップするなど、さまざまなメリットがあります。

 

Googleが望む“良質なコンテンツ”を作成するには、

「魅力的な内容である」

「ムダが無い」

「虚偽やコピーがない」

「WEBサイトそのものが信頼できる」

などの点に気を付ける必要がります。

 

 

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

■おすすめの関連コラム

  1. シニア(高齢者)マーケティングと集客戦略のポイント

    少子高齢化がすすむ日本において、団塊世代をはじめとしたシニア層(60代・70代・80代)は魅力的...
  2. いますぐ始めよう!Googleビジネスプロフィール

    さまざまなモノやコトを検索するのに便利な「Google」ですが、多くの人がお店を探す目的で利用し...
  3. ランディングページを作ってみよう

    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネット...
  4. Facebookでお得に広告を出そう②

    The following two tabs change content below.この記事...
  5. Facebookでお得に広告を出そう①

    皆さんはどのように集客をされていますか?チラシを作ったり、広告を掲載したりと、いろいろな方法を試...
  6. ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサイトとは?

    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう...
  7. ホームページをリニューアルする際に気を付けるべきこと

    ホームページをリニューアルしたいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、自社にWEB担当ス...
  8. 目的別ホームページ活用のススメ

    今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちた...
  9. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  10. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  11. SEOイメージ

    検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

    “検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか? “検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的に...
  12. コンテンツイメージ

    コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

    “コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 コンテンツマー...
  13. SEO

    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマー...
  14. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  15. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  16. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  17. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  18. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  19. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  20. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  21. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。7割以上がスマホユーザーということですね。...
  22. SNSの特徴と使い分けとは?SNSを上手に活用した販促方法をご紹介!

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。 ...
  23. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  24. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  25. 動画販促とは?活用事例に学ぶ5つの効果と作り方のコツ【活用法も解説】

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  26. 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカウントで出来ることとは?~導入成功事例も合わせてご紹介~

    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういっ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 心理術で集客効果アップ!訴求効果の高い広告・セールス…
    集客効果を高めるために効果的な7つの心理術を集めました。 広告や販売促進の企画をする際には、これらをできるだけ盛り込んでみてください。 基本的な心理学を活用して、響く広告・セールスコピーを作成しましょう!
  • 2022年3月の販促計画を立てるときのポイント
    3月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立てていきましょう。
  • 中小企業のブランド戦略・パート2
    皆さんがお客さまや消費者の立場に立った時に、いくつも同じような会社やお店、商品・サービスがあって、その中から何かを選ばないといけない・・・・そんな経験はありませんか?値段もあまり変わらない場合は特に悩みますよね?反面、皆様が企業側として、お客さまや消費者に選ばれるようにするためにはどのような方向性で企業努力をすれば良いのかを書いてみます。
  • 世代別の特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう
    団塊世代やバブル世代といった世代別のカテゴリーは、実はマーケティングにとっても重要であることをご存知ですか?消費行動には個人の価値観が強く反映されるので、「世代論」だけで消費傾向を分析できるわけではありません。しかし、「バブルを謳歌した50代」と「不況の中で育った20代」に対して同じ販促活動をするのは、決して合理的とはいえません。そこで今回は、世代を6つに分類して解説する『世代論の教科書』(東洋経済新報社)を参考にしながら、各世代別の価値観や消費傾向を踏まえた効果的な販促活動について考えてみましょう。
  • 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告…
    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホが生活インフラとして無くてはならない存在となり、販促の中心もWEB販促になってきているのは事実です。しかしながら、だからこそ今、逆に紙販促の使い方が問われているといっても過言ではありません。紙販促・ポスティング型生活情報紙『ちいき新聞』を展開している弊社だからこそお伝えできる、WEB時代ならではの紙販促活用法をご紹介します。
PAGE TOP