Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

公開

 

近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知ですか?

 

検索エンジンで「地域名×キーワード業種)」と検索すると、検索結果の上段にGoogleマップの枠が表示されます。

※下記の画像は地域名×社名で検索した結果です。

 

 

マップ上には検索した地域名とキーワードの両方に該当する店舗が表示され、その場所が一目で分かるようになっています。では、この表示の順番をより上位化させ、自身の店舗を見つけてもらいやすくするためにはどうしたらいよのでしょうか。

 

そこでMEOの登場です。

MEOとはMap Engine Optimizationの略で、Googleマップで用いられている地図エンジンで最適化を図ることを意味します。Googleはより信頼性の高い店舗(=きちんと運営されていて、人気が高い店舗)を上位に表示しようとするので、MEOを行いきちんとGoogleに評価されるような状態をつくることが重要です。

 

MEOで大切なのは以下の4つです。

 

1. Googleマイビジネスに登録する
2. 店舗の口コミを増やす
3. ネット上での露出を増やす
4. Googleマップ内に360度閲覧可能な店舗写真を掲載する

 

では、順番に説明していきます。

1. Googleマイビジネスに登録する

Googleマップに表示される店舗情報を編集するためには、Googleマイビジネスに「この店舗のオーナーは私です!」と申請する必要があります。オーナー申請を行うと、電話や手紙などで本当にその店舗のオーナーかどうかGoogleから確認が来ます。店舗のオーナーであることが認められると、マップの店舗情報をいろいろと編集したり、ブログのようにお知らせを投稿したりできるようになります。

 

Googleマイビジネスに店舗を登録しただけでは、上位化される状態ではありません。営業時間やメニュー、写真などの情報を充実させることでGoogleからの評価が高まり、上位化されやすい状態になります。どんどん店舗の情報を発信していきましょう。

2. 店舗の口コミを増やす

Googleマップでより上位化させるには、Googleに対して「人気が高くお客様からの評価も高い良い店舗です!」とアピールすることが重要です。

 

そのためには、店舗情報にどんどん口コミを書いてもらいましょう。Googleの店舗情報に口コミを投稿できることを知らない方も多いので、「よろしければ口コミを書いてくださいね」とお声掛けするのも一つの方法です。

 

※サービスと引き替えに口コミを集めることは、Googleの規約違反になるのでご注意ください

3.ネット上での露出を増やす

Googleはマイビジネスの登録情報や口コミだけでなく、WEB上のさまざまな情報を収集して、人気の店舗をGoogleマップで上位表示されるようにしています。

 

TwitterやFacebookで自社のサイトが話題になっていたり、いろいろなポータルサイトで自社のビジネスが露出していると、Googleが”人気の店舗だ”と判断して上位化されやすくなります。

 

来店されたお客様にSNSで上手に拡散してもらうような企画を考えるのも良いかもしれません。

4.Googleマップ内に360度閲覧可能な店舗写真を掲載する

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)などの掲載も、MEOに効果があるといわれています。

 

ストリートビューの掲載はGoogleマップの掲載順位を上げるだけでなく、お客様に店舗内を歩き回る疑似体験してもらうことができ、それが集客につながるという効果もあります。

 

ストリートビューの作成には、Googleの認定パートナーになっているカメラマンに依頼する必要がありますが、各地域ごとに認定パートナーの方がいますので、興味のある方は相談してみましょう。

まとめ

以上がMEOに有効とされている施策です。

 

店舗ビジネスにおいて、MEOは最も有効な集客手段の一つとなってきました。スマホで検索するとほぼファーストビューに掲載することができます。つまり、該当キーワードで検索するユーザーのほぼ100%にインプレッションできます!ここからの問い合わせはもちろん、認知やブランディングにも役立ちます。

 

まずは自社の店舗が何番目に表示されているか、マイビジネスに登録されているかなどを調べ、ぜひMEOに挑戦してみましょう!

 
 

The following two tabs change content below.
アバター
店舗紹介サイト「チイコミ」を使い、100社以上のページを検索上位に表示させることで、多くの企業の集客を支援。現在はホームページ制作でも活躍し、大相撲八千代場所のホームページ制作や、検索上位に上がる企業ページの企画・設計を行っている。社内のSEO対策研修の講師としても活躍中。身長186cm。ドラム、ピアノなど多彩な音楽活動も行う。

■おすすめの関連コラム

  1. いますぐ始めよう!Googleマイビジネス

    さまざまなモノやコトを検索するのに便利な「Google」ですが、多くの人がお店を探す目的で利用し...
  2. ランディングページを作ってみよう

    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネット...
  3. Facebookでお得に広告を出そう②

    The following two tabs change content below.この記事...
  4. Facebookでお得に広告を出そう①

    皆さんはどのように集客をされていますか?チラシを作ったり、広告を掲載したりと、いろいろな方法を試...
  5. ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサイトとは?

    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう...
  6. ホームページをリニューアルする際に気を付けるべきこと

    ホームページをリニューアルしたいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、自社にWEB担当ス...
  7. 目的別ホームページ活用のススメ

    今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちた...
  8. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  9. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  10. SEOイメージ

    検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

    “検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか? “検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的に...
  11. コンテンツイメージ

    コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

    “コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 コンテンツマー...
  12. コンテンツ

    コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

    SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている...
  13. SEO

    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマー...
  14. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  15. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  16. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  17. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  18. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  19. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  20. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。7割以上がスマホユーザーということですね。...
  21. SNSの特徴と使い分けとは?SNSを上手に活用した販促方法をご紹介!

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。 ...
  22. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  23. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  24. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  25. 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカウントで出来ることとは?~導入成功事例も合わせてご紹介~

    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういっ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告…
    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホが生活インフラとして無くてはならない存在となり、販促の中心もWEB販促になってきているのは事実です。しかしながら、だからこそ今、逆に紙販促の使い方が問われているといっても過言ではありません。紙販促・ポスティング型生活情報紙『ちいき新聞』を展開している弊社だからこそお伝えできる、WEB時代ならではの紙販促活用法をご紹介します。
  • 急げ!スマートフォン対応
    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWeb検索もスマートフォンを使うことが増えていませんか?ちなみに筆者の先週1週間のスマートフォン利用のレポート(iPhone:スクリーンタイムのレポートより)によれば、読書と調べもので15時間30分、SNSで4時間35分でした。すでにみなさんも実感している通り、統計の上でもスマートフォンから情報を得る人が増えています。スマートフォンの保有率は既にパソコンを超えています。これからはスマートフォンを中心にした集客・情報発信に、いかに早くシフトできるかが勝負です。今回はスマートフォンを味方につけた集客力、情報発信力をアップさせる方法についてお伝えします。
  • 新規顧客を獲得して増やすには?集客方法と販促の手法を…
    新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。集客のターゲットには大きく分けて「新規」と「リピーター」の2つがあります。お店の商品やサービスのファンを増やしリピーター化させることはとても重要ですが、同様に新規顧客を獲得し続けることも大切です。新規顧客獲得を目的として広告を作成するときは、お店の「地域名」と「サービス名」+「強み(特長)」をセットで覚えてもらえるよう工夫することで、同時に既存のお客様の集客もできるようになります。新規顧客を増やすためには、広告だけではなく、紹介を促進するための会員制度作りやサービス改善、キャンペーンの実施などもとても重要です。
  • 2020年2月の販促計画を立てるときのポイント
    寒さがピークを迎える2月。旧暦では立春が1年の始まりとされています。旧暦では立春が1年の始まりとされています。豆まきなど厄払いの行事を行ったり、恵方巻きを食べたりして、福を呼び込みます。バレンタインデーは年々楽しみ方の幅が広がっています。顧客のニーズに応じた販促を行っていきましょう。立春を過ぎると徐々に日差しに春を感じるようになり、春のレジャー計画を考え始める一方、スギやヒノキの花粉飛散も始まり、花粉症の方にはつらい季節がやってきます。2月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前からゆっくり販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 2020年5月の販促計画を立てるときのポイント
    5月は穏やかな日が多く、一年の中でも快適な季節。夏日の日数も各地で増加していきます。新生活が始まって一カ月、少しずつ生活が落ち着いてきた方も多いことでしょう。本来であればゴールデンウィークのレジャーを楽しみ、運動会や遠足など様々な学校行事が行われ、人々が活発に行動するこの時季。しかし、2020年4月1日現在、新型コロナウイルス感染症の流行は拡大を続けています。政府や各地方自治体からは不要不急の外出自粛要請が出され、企業活動や日常生活にも大きな影響が出ています。「コロナ疲れ」という言葉に象徴されるように、いつ自分や家族が感染するか分からない恐怖感と、先行き不透明な不安感を常に持ち続けている状況は、人々を疲弊させています。5月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP