【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか?

 

• ホームページやブログを制作すること
• FacebookやTwitterのようなSNSを活用すること
• 物販をしている方なら、ネットショップを作ること

 

などなど、あなたの置かれている立場で、イメージすることは異なるかもしれません。

 

【目次】

1.WEBマーケティングとは

2.ホームページやブログの役割

3.販促ツールを整理してみる

4.WEB上でお客様とのコミュニケーション

5.WEBマーケティングのメディア

6.WEBマーケティングでブログの役割

7.まとめ

WEBマーケティングとは

WEBマーケティングの前に、まずはマーケティングについて説明します。

 

「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである」これはマネージメント論で有名なピーター・F・ドラッカーの言葉です。

 

簡単に言うと、お客様にセールス(売り込み)をしなくても、自然に「売れてしまう」状態を作ることです。「自然に売れる仕組みをつくること」これがマーケティングの真髄といえます。

 

これらのことから、「WEBマーケティング」の理想とは、「WEB(インターネット)上で、商品・サービスが自然に売れる仕組みを作ること」といえるでしょう。

 

WEBサイト上で見込み客を集客して、問い合わせや資料請求をしてもらう。また、サイトに販売ページを用意して収益を上げるなども、Webマーケティングの一部になります。

ホームページとブログの役割

WEBマーケティングを始めるためには、自社のWEBサイト開設が必須です。

 

ホームページはその代表格。実店舗代わりのネットショップ、ブログ、SNS上で自社アカウントを使ってマーケティングを行うことも自社サイトといえます。

販促ツールを整理してみる

リアルでの販売活動における販促ツールと、WEB上で行う販促ツールを考えてみましょう。

 

WEBマーケティングではインターネット上でマーケティングを展開しますので、リアルでのマーケティングの販促関連ツールと同様なものが、WEB上でも必要になってきます。

 

リアルでの販促関連で必須なツールを上げてみると
• 会社案内
• 商品カタログ
• チラシ
• 試供品(サンプル)
• 製品紹介ポスター
• 料金表
• 提案書
• 展示会参加
• 商品発表会
• プレスリリース
などが上げられます。これらの販促ツールをWEB上で展開してみましょう。

 

ホームページに組み込むべきものとしては
• 会社案内
• 商品カタログ
• 試供品(サンプル)※サービスやアプリなど
• 料金表
• 提案書
• プレスリリース
これらのものをホームページ上に組み込むことができます。

 

ホームページの優れているところは、いつでも何度でも変更が比較的容易なところです。新商品の追加や、販売完了になった商品情報を簡単に変更することが可能です。

 

ですので、WEBマーケティングにおけるホームページの役割は、企業や商品の基本情報を発信する場所ということもできます。また、ホームページ上ではAmazonや楽天市場などのようにe-commerce(電子商取引)もできますので、

リアルでの店舗と同じです。

WEB上でのお客様とのコミュニケーション

実店舗や自社での営業・マーケティング活動においては、お客様と対面でコミュニケーションがとれるので、さまざまな企業情報や商品情報の提供、さらには実際に商品サービスを使っていただくなど、商品・サービスの購入にいたるまでのさまざまな営業活動が可能です。

 

一方、WEB上では対面での営業・マーケティング活動ができないので、それに変わる仕組みが必要になります。

 

インターネット上のさまざまなメディアを使うことにより、対面での営業・マーケティング活動に匹敵する活動が行えます。

WEBマーケティングのメディア

メディアとは、不特定多数を対象に情報を発信するコミュニケーション媒体です。

 

代表的なメディアは
• テレビ
• ラジオ
• 新聞
• 雑誌
• 書籍
• フリーペーパー
などが挙げられます。

 

インターネットが普及する以前は、これらのメディアを使い、自社とお客様とのコミュニケーションを構築していました。しかし、インターネットが普及した現在は、インターネット上にも数多くのメディアが登場して、それらを使ってお客様とのコミュニケーションを図っています。

 

インターネット上のメディアには
• ホームページ
• ブログ
• Twitter
• Facebook
• YouTube
• LINE
など、たくさんのメディアが出現しています。

 

これらWEB上のメディアを効果的に使うことにより、お客様と対面でのコミュニケーションと同等もしくはそれ以上の効果・価値をもたらし、自社の商品・サービスを購入するきっかけにすることも可能です。

 

とりわけホームページは、自社の顔としての役割と、実際に商品・サービスを購入できる場の役割をしています。

WEBマーケティングでのブログの役割

ブログというと、「WEB上に書く日記」という認識の方が多いかもしれません。

 

しかし、見方を変えてブログをWEBマーケティングのメディアのひとつとして捉えることで、見込み客の創出やお客様とのコミュニケーションの場の役割を持たすこともできるのです。

 

もうひとつのブログの役割は、コンテンツを貯めるツールです。

 

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの活用は、現在のWEBマーケティングでは必須のものとなっています。

 

しかし、これらのツールは情報が時と共にどんどんと流れていってしまい、ほんの少し前に書いたものも、過去の情報の中に埋もれてしまいます。

 

後々、この情報を使おうとしても、見つけることは非常に困難です。この点ブログは過去の情報も蓄積されていますので、検索することによりいつでも手軽に活用できます。

 

また、価値あるコンテンツの提供を行うプラットフォームにも向いています。

 

見込み客に価値のある情報(コンテンツ)を提供していくことで、自社の商品・サービスに興味・関心を持ってもらい、最終的に顧客化するマーケティング戦略(コンテンツマーケティング)を展開することも可能になります。

まとめ

WEBマーケティングでの、ホームページやブログの役割、多少なりともご理解いただけたでしょうか?

 

ホームページは、企業や商品の基本情報を発信する場所であるとともにe-commerce(電子商取引)もできますので、これはリアルでの店舗と同等のWEB店舗です。

 

また、ブログは蓄積メディアとして、価値ある情報の提供の場としてWEBマーケティングの一翼を担っています。

The following two tabs change content below.
井手 仁
市場調査から戦略づくり、WEB制作・動画制作までこなす、WEBマーケティングスペシャリストのいでじん(井手仁)です。 1954年福岡県生まれ。東京都稲城市在住。 20年以上に渡るマーケティングの実務経験と知識、WEBマーケティングの手法を個人事業主・士業・小規模企業の方々に還元し、事業を成長させるお手伝いしていくのがミッション。 JAZZが好きで、コンピュータを趣味で制作・販売。 ご相談は無料です。   ホームページ : http://idegene.com/   Facebook : https://www.facebook.com/hgene.ide

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年10月25日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?LINE@導入に興味がある方向けに、実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • ちいき新聞の裏側公開!
    会社独自のノベルティ…
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が独自に作成しているノベルティについてご紹介します。
  • 経営者の事業承継を考える
    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。 不動産や保険関係の方などが、さまざまなセミナーや勉強会を開催しています。 そして、一度話を聞くと「うちもそろそろ真剣に考えなければならないな」と思うのです。
  • 【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜
    美容商品の売り上げを上げるためには?世の中にたくさんある美容商品。「これは良い商品だから、ぜひ使ってもらいたい!」とサロンにいろいろと陳列している方もいると思います。しかし、ただ棚に並べただけでは、お客様は購入してくれません。では、どのようにすれば商品は売れるのでしょうか?
  • 『エスキモーに氷を売る』
    マーケティングとは何…
    マーケティング的には、著者が述べている考え方に目新しいものはありませんが、営業についての考え方は、今の時代にも十分通じる内容です。 物を売ることを生業としている人達にとっての“基本中の基本”、まさに営業、マーケティングの原理原則が述べられています。
  • 4C分析を自社サービスやる方法とは?
    有名なマーケティング分析手法に4C分析や4P分析というものがあります。どちらも自社のサービスや製品を販売に結び付けるための分析手法です。「知っている」という方も多いかもしれませんが、実際に自分でやろうとすると、どのような順番で考えればいいのか迷ってしまうことも。そこで、自社製品のメリットを4C分析や4P分析でまとめるための表を作りました。お客様の視点に立って自社商品の強みを振り返るために、ぜひご活用ください。
PAGE TOP