商品キャッチコピー(フレーズ)作成に必要な手順と6つの技術

公開

お店や商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品コピー」。商品の特長を表す大事な要素ですが、これを考えるのに苦心することはありませんか?

 

売れる商品コピーをすぐに作れる天才は、多くいるわけではありません。ただ、私のような普通の人でも、そこそこ良いコピーを作るための「手順」や「技術」はあります。

 

今回はキャッチコピーの質を高めるのに大切な「手順」と6つの「技術」をお伝えします。

 

【目次】
1.商品コピーを作るための手順
2.ターゲットとUSPをまず用意しよう
3.キャッチコピー作成に使える6つの技術
4.まとめ

商品コピーを作るための手順

手順を考えるにあたって大事なのは、

「何を」「どのように」伝えるか、という順番で考えることです。

 

当たり前のことと思うかもしれませんが、意外とこの手順を忘れて「どのように」から考えてしまい、せっかく考えたコピーが消費者に受け入れてもらえなくなってしまうことがあります。

 

なぜかというと、「ターゲット」と「USP = 独自の売り」という大事な要素を忘れて、かっこいいことば選びに終始してしまうからです。
※USP=Unique Selling Proposition

 

「何を」「どのように」伝えるか、という大枠にそった商品コピーの考え方を整理すると、下記の4つの手順になります。

 

「何を」
1.ターゲットを明確にする
2.USPを明確にする

 

「どのように」
3.6つの伝え方を使って商品コピーを考える
4.ターゲットとUSPを見ながらたくさん書き出す

 

この順番を守ってコピーを作れば、的はずれのコピーを作ってしまうことは少なくなるでしょう。

ターゲットとUSPをまず用意しよう

まずは「何を」について、ご説明します。

 

1.ターゲットを明確にする
2.USPを明確にする

 

コピーを考える時に、最初に行うのがターゲットを明確にすること。

 

何歳の男性?女性?という外的要素ではなく、あなたの商品を求めてそうな人の「心」に焦点を当てて、3つの要素で考えましょう。

 

・どんなことで困っている、悩んでいる人?
・どんなことに不満を感じている人?
・どんなことを望んでいる人?

 

例えば英会話教室の広告を作るとして、ターゲットを
「働く時間が不規則で、通う時間を固定できない人」とします。

 

もし、ターゲットを考えないままコピーを作ると、
「駅前徒歩2分。好きな時間に通える英会話教室」
というコピーになり、基本的な教室の特長説明で終わってしまいます。

 

そこで、さきほどの「働く時間が不規則で、通う時間を固定できない人」を念頭に考えると、
「予約不要の駅前英会話教室。朝7時~22時までやっていて、朝活や仕事帰りに通えて便利です」

 

これなら、「働く時間が不規則で、通う時間を固定できない人」にとっても、「ここなら通えそう」と思ってもらえる可能性が高まります。

 

これに加えて大事なのが「USP = 独自の売り」です。

 

他の商品やお店には無い、独自の強みはなんでしょうか。

 

上記の英会話教室の独自の売りは「駅前で予約不要」ということでしょう。
この特長を生かして「通う時間を固定できない人」向けに、サービスを提供しています。

 

あなたのお店のUSP を考える時は、下記の3つを意識してみましょう。

 

・ライバル店にはない「独自の売り」は何ですか?
・お客さんはなぜ、御社の商品・サービスを選んでくれているのだと思いますか?
・お客さんはどのような時に一番喜んでくれますか?

キャッチコピー作成に使える6つの技術

それでは「何を」の次は「どのように」商品コピーを作るかをご紹介します。

 

3.6つの伝え方を使って商品コピーを考える
4.ターゲットとUSPを見ながらたくさん書き出す

 

まず、商品コピーを作るための技術は下記の6つです。

 

-----------------------------------------------
1.メリットを具体的に
2.数値化する
3.短く、ゴロよく、テンポよく
4.オノマトペ
5.質問する
6.強い言葉に置き換える
-----------------------------------------------

 

1.メリットを具体的に

まずはメリットやUSPを「具体的に・わかりやすく」伝えましょう。

例えば、下記の2つを見比べてみてください。

 

A. 脂肪の吸収を抑えるサプリメント
B. 体に優しいサプリメント

 

Aは具体的に「脂肪の吸収を抑える」というメリットが伝わります。

Bが訴える「体に優しい」は、人によって捉え方が様々なので、メリットが伝わりません。

 

2.数値化する

実績は数値化する。これはコピーの基本です。

下記の2つのコピーを見比べてみると、

 

A.たくさんの人が何度も通う美容室
B.リピート率98.5%の美容室

 

Bの方が説得力がありますよね。

Aのように「たくさん」「何度も」といわれてもよく伝わらないことが多いので、

実績は具体的に数字で伝えましょう。

 

3.短く、ゴロよく、テンポよく

「セブンイレブン、いい気分」のように、韻を踏んだり、リズムの良い言葉は覚えやすいものです。

また、商品コピーは「20文字」を意識するようにしましょう。長くても40文字まで。長いと印象が薄れます。

 

4.オノマトペ

オノマトペとは擬音語や擬態語のこと。
擬音語は「ジュージュー」「コトコト」「グツグツ」と音を表現するもので、擬態語は「つやつや」「ほかほか」「スキッと」という情景を表現するものです。

 

特に食べ物のコピーで有効です。
「おいしい焼き芋」より「ほかほかおいしい焼き芋」の方が、食べたくなると思いませんか?

 

5.質問する

「答えが知りたくなると、人はその内容に見入ってしまう」という心理を使った表現です。

例えば、

 

「入る保険の違いで、得する人、損する人、その違いご存知ですか?」
「たった2週間で、体重15キロ減らした新手法を知っていますか?」

 

このように質問を投げかけることで、「答えが知りたい」という気持ちにさせる手法は、消費者の気を引くのにとても有効です。

 

6.強い言葉に置き換える

とても簡単でシンプルな手法ですが、強い言葉を使いましょう。

 

「安い」なら「激安」に。
「おすすめ」なら「店長イチオシ」に。
「必要」なら「もう手放せない」に
「すごい売れています!」なら「売れすぎて困っています!」に。

 

たったこれだけで、消費者の気を引く文章に変わります。ぜひ試してみてください。

「どのように」伝えるか、という手法は以上です。

 

もちろんこの他にも方法はたくさんありますが、まずはこの6つをしっかりと意識して文章を作るところから始めましょう。

まとめ

商品コピーの伝え方をもう一度まとめると、

 

--------------------------------------------------------------------------------
「何を」
1.ターゲットを明確にする
2.USP(独自の売り)を明確にする
「どのように」
3.6つの伝え方を使って商品コピーを考える
4.ターゲットとUSPを見ながらたくさん書き出す
--------------------------------------------------------------------------------

 

最後に、4の「ターゲットとUSPを見ながらたくさん書き出す」。

結局、「たくさんアイデアを書き出す!」。正直なところ、いい商品コピーを生み出すにはこれが一番大切です。

 

ただし、書いているうちにかっこいい文章や、うまい表現を思いつくと酔ってしまうことがあるので、ブレのないコピーを作るためにも「ターゲットとUSPを見ながら」書くことを常に意識しましょう。

 

手順を守って、たくさん書く。

 

これを守るだけで、きっとあなたの商品やお店の良さがターゲットに響く商品コピーができると思います。ぜひ実践してみてください。

関連資料

「商品キャッチコピー作成の手順と6つ技術」をまとめた資料(PDF)もございます。

下記画像をクリックしてダウンロードし、ぜひ商品コピーを考える時の参考にお使いください。

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 広告キャッチコピーテンプレート・例文「限定する時」

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...
  2. 「人気や評判を伝える時」すぐに使える
    キャッチコピーのテンプレート

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...
  3. 広告デザインや広告制作に役立つ!
    参考にしたい作り方とコツ!

    読者に分かりやすく伝えることができる、広告デザインのポイントをご紹介します。...
  4. 広告キャッチコピーテンプレート・例文「価格の安さを強調する時」

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...
  5. 「品質を訴える時」にすぐに使える
    キャッチコピーのテンプレート

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...
  6. 「欲望や感覚を刺激する時」にすぐに使える
    キャッチコピーのテンプレート

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

セミナー開催情報
<2019年度版>販促費、機械購入、店舗改装などに使える補助金活用セミナー
日程:2019年3月5日(火)
時間:13時~15時
参加費:3,000円
対象者:売上拡大・販促費でお悩みの方
定員:15名
「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」を中心に、補助金の活用方法から手続き方法までをご紹介します。
  • イメージ広告とレスポンス広告を使い分けて売上アップ
    お店の認知度・評判を上げるために、かっこいい広告、おしゃれな広告を作りたいと思ったことはありませんか。もちろん、長期的に見ればそれも大切ですが、それではすぐの売上にはつながりません。
  • 4大SNSの特徴と使い分けから考える、
    目的別…
    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。スマホの普及とともに、日常生活などを撮影した写真や画像・文章を友人や知人と共有することが、若者を中心としてルーティーンになった現代。このSNSを販促手段に活用しない手はないですよね。個人経営のお店では、広告や宣伝の代わりに、またホームページの代用として、SNSを活用している方も増えてきています。しかし、マーケティングの担当者や販促担当者、店舗オーナーや経営者などのSNS運用担当者の中には、「とりあえず更新している」「何となく配信している」「無料だからやっている」という方も少なくないのではないでしょうか。しかし手軽に始められるSNSを活用した販促だからこそ、それぞれの特徴を理解した上で目的に合わせて使い分けなければなりません。どのSNSで情報を発信すればいいのかよくわからない、という方のためにに、数あるSNSの中でも多くのユーザーを有する4大ソーシャルメディアのFacebook、Twitter、Instagram、LINE(LINE@)について、特徴と使い分けについてまとめてみます。
  • クーポン回収数を「費用対効果の目安表」を使って効果測…
    チラシや情報誌などにクーポンを付けたが、何枚回収できれば費用対効果が出たといえるのかがいまいち分からない…そんなことはありませんか?広告費やクーポンの回収目標を考える時に使える「費用対効果の目安表」を作成しましたので、目標設定の指標としてご活用ください。
  • 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法
    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになってくれる、近所の方を逃してはいけません。売上の多くを支えてくれる店舗近隣の新規顧客を獲得し、リピーター化するための手法を、まとめて紹介します。
  • 動画マーケティング
    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編…
    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティング、いわゆる動画マーケティングについて説明します。 関連記事:動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP