商品キャッチコピー(フレーズ)の作り方 考え方の手順とオススメの伝わるテクニック! | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

商品キャッチコピー(フレーズ)の作り方 考え方の手順とオススメの伝わるテクニック!

公開

お店や企業、商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品キャッチコピー」。
商品などの特長を表す大事な要素ですが、考えるのに苦心することはありませんか?

 

売れる商品キャッチコピーをすぐに作れる天才は、多くいるわけではありません。

ただ、私のような普通の人でも、そこそこ良いキャッチコピーを作るための「手順」や「技術」はあります。

 

今回はキャッチコピーの質を高めるのに大切な「手順」と6つの「技術」をお伝えします。

 

【目次】
1.商品キャッチコピーを作るための手順
2.ターゲットとUSPをまず用意しよう
3.キャッチコピー作成に使える6つの技術
4.キャッチコピーの糸口を探し出す方法
5.まとめ

 

▼▼▼「商品キャッチコピー作成の手順と6つの技術」をまとめた資料はこちら▼▼▼

商品キャッチコピーを作るための手順

手順を考えるにあたって大事なのは、「何を」「どのように」伝えるか、という順番で考えることです。

 

当たり前のことと思うかもしれませんが、意外とこの手順を忘れて「どのように」から考えてしまい、せっかく考えたコピーが消費者に受け入れてもらえなくなってしまうことがあります。

 

なぜかというと、「ターゲット」と「USP = 独自の売り」という大事な要素を忘れて、かっこいい言葉選びに終始してしまうからです。

※USP=Unique Selling Proposition

 

「何を」「どのように」伝えるか、という大枠にそった商品キャッチコピーの考え方を整理すると、下記の4つの手順になります。

 

「何を」
1.ターゲットを明確にする
2.USPを明確にする

 

「どのように」
3.6つの伝え方を使って商品キャッチコピーを考える
4.ターゲットとUSPを見ながらたくさん書き出す

 

この順番を守ってキャッチコピーを作れば、的はずれのコピーを作ってしまうことは少なくなるでしょう。

 

ターゲットとUSPをまず用意しよう

まずは「何を」について、ご説明します。

 

1.ターゲットを明確にする
2.USPを明確にする

 

キャッチコピーを考える時に、最初に行うのがターゲットを明確にすること。

 

何歳の男性?女性?職業は何?

外的要素ではなく、あなたの商品を求めていそうな人の「心」に焦点を当てて、3つの要素で考えましょう。

 

・どんなことで困っている、悩んでいる人?
・どんなことに不満を感じている人?
・どんなことを望んでいる人?

 

 

例えば英会話教室の広告を作るとして、ターゲットを
「働く時間が不規則で、通う時間を固定できない人」とします。

 

ターゲットを考えないままキャッチコピーを作ると、
「駅前徒歩2分。好きな時間に通える英会話教室」
というキャッチコピーになり、基本的な教室の特長の説明で終わってしまいます。

 

そこで、さきほどの「働く時間が不規則で、通う時間を固定できない人」を念頭に考えると、
「予約不要の駅前英会話教室。朝7時~22時までやっていて、朝活や仕事帰りに通えて便利です」

 

これなら、「働く時間が不規則で、通う時間を固定できない人」にとっても、「ここなら通えそう」と思ってもらえる可能性が高まります。

 

このように、ターゲットの問題を捉えて、キャッチコピーでその点を押さえるのが有効です。

 

 

加えて大事なのが「USP = 独自の売り」です。

 

他の商品やお店には無い、独自の強みは何でしょうか。

 

上記の英会話教室の独自の売りは「駅前で予約不要」ということでしょう。
この特長を生かして「通う時間を固定できない人」向けに、サービスを提供しています。

 

このような独自の売りをより強く訴求する場合は「自社だけ」といった限定性をアピールすると、さらに効果的でしょう。

受け手の印象に残りやすくなるという効果もあります。

 

限定性を出す方法についてはこちらの記事でも解説しています。

「限定表現で購入を決意させたい時」の広告キャッチコピー すぐに使える!テンプレート・例文【無料DL】

 

 

あなたのお店のUSP を考える時は、下記の3つを意識してみましょう。

 

・ライバル店には無い「独自の売り」は何ですか?
・お客さんはなぜ、貴社の商品・サービスを選んでくれているのだと思いますか?
・お客さんはどのような時に一番喜んでくれますか?

 

キャッチコピー作成に使える6つの技術

それでは「何を」の次は「どのように」商品キャッチコピーを作るかをご紹介します。

 

3.6つの伝え方を使って商品キャッチコピーを考える
4.ターゲットとUSPを見ながらたくさん書き出す

 

商品キャッチコピーを作るための技術は下記の6つです。

 

-----------------------------------------------
1.メリットを具体的に
2.数値化する
3.短く、ゴロ良く、テンポ良く
4.オノマトペ
5.質問する
6.強い言葉に置き換える
-----------------------------------------------

 

1.メリットを具体的に

まずはメリットやUSPを「具体的に・わかりやすく」伝えましょう。

例えば、下記の2つを見比べてみてください。

 

A. 脂肪の吸収を抑えるサプリメント
B. 体に優しいサプリメント

 

Aは具体的に「脂肪の吸収を抑える」というメリットが伝わります。

Bが訴える「体に優しい」は、人によって捉え方がさまざまなので、メリットが伝わりません。

高品質・高付加価値が売りの場合は、商品の特長を正確に表現したいもの。

 

価値の伝え方や、クオリティ、機能性をアピールするテクニックを知りたい場合は、こちらの記事もオススメです。

「品質を訴える」キャッチコピー すぐに使える!テンプレート【無料DL】

 

 

2.数値化する

実績は数値化する。これはキャッチコピーの基本です。

下記の2つのキャッチコピーを見比べてみると、

 

A.たくさんの人が何度も通う美容室
B.リピート率98.5%の美容室

 

Bの方が説得力がありますよね。

Aのように「たくさん」「何度も」といわれてもよく伝わらないことが多いので、実績は具体的に数字で伝えましょう。

他にも、「評判が良い」「推薦されている」「人気がある」などについては、客観的な数字を出すことが効果的です。

 

詳しくはこちらの「人気や評判を伝える」キャッチコピー すぐに使える!テンプレート【無料DL】がオススメです。

 

 

3.短く、ゴロ良く、テンポ良く

「セブンイレブン、いい気分」のように、韻を踏んだり、リズムの良い言葉は覚えやすいものです。

また、商品キャッチコピーは「20文字」を意識するようにしましょう。

長くても40文字まで。長いと印象が薄れます。

 

 

4.オノマトペ

オノマトペとは擬音語や擬態語のこと。
擬音語は「ジュージュー」「コトコト」「グツグツ」と音を表現するもので、擬態語は「つやつや」「ほかほか」「スキッと」という情景を表現するものです。

 

特に食べ物のキャッチコピーで有効です。
「おいしい焼き芋」より「ほかほかおいしい焼き芋」の方が、食べたくなると思いませんか?

 

キャッチコピーとは、正確に情報を主張するだけでなく、受け手の心に刺さるものにして興味を引かなければなりません。
オノマトペは情景が目に浮かぶという効果があり、一瞬で感情を呼び起こすことができます。

 

感覚を刺激するテクニックをより詳しく知りたい場合はこちらの記事もオススメです。
「欲望や感覚を刺激する」キャッチコピー すぐに使える!テンプレート【無料DL】

 

 

5.質問する

「答えが知りたくなると、人はその内容に見入ってしまう」という心理を使った表現です。

例えば、

 

「入る保険の違いで、得する人、損する人、その違いご存知ですか?」
「たった2週間で、体重15キロ減らした新手法を知っていますか?」

 

このように質問を投げかけることで、「答えが知りたい」という気持ちにさせる手法は、消費者の気を引くのに大変有効です。

 

 

6.強い言葉に置き換える

非常に簡単でシンプルな手法ですが、強い言葉を使いましょう。

 

「安い」なら「激安」に。
「オススメ」なら「店長イチオシ」に。
「必要」なら「もう手放せない」
「すごい売れています!」なら「売れすぎて困っています!」に。

 

たったこれだけで、消費者の気を引き反応率が上がる文章に変わります。

ぜひ試してみてください。

 

消費者は特に安さに敏感です。

仮にあなたの商品は安さが売りであれば、こちらの記事で解説をしているので参考にしてみてください。
「価格の安さを強調したい時」の広告キャッチコピー すぐに使える!テンプレート・例文【無料DL】

 

「どのように」伝えるか、という手法は以上です。

もちろんこの他にも方法はたくさんありますが、まずはこの6つをしっかりと意識して文章を作るところから始めましょう。

 

キャッチコピーの糸口を探し出す方法

商品キャッチコピーを作成する際は、前段で紹介した技術を用いて質を高めることはもちろん重要ですが、たくさん作ってみることも大切です。

そうはいっても、「どのようにコピーの糸口を見つければ良いのかわからない」という人もいるでしょう。

そこで、キャッチコピーのイメージを膨らませるのに役立つ3つの方法を紹介します。

 

◆既存顧客の声

まずは、既存顧客の声や販売経験といった、これまでの蓄積を参考にしてみましょう。

 

既存顧客は、その商品サービスを気に入っているはずです。

あるいは、既存顧客は自分の悩みや問題を解決してくれる手段として、商品サービスを信頼しています。

 

何らかの強みがあるからこそ、既存顧客はリピートをしてくれているわけですが、その強みは他の新規顧客に対しても訴求材料になる可能性があります。

そのポイントを突き止めてキャッチコピーに盛り込めば、広告効果を劇的に高めてくれるでしょう。

 

自社の強みを探ることは難しくありません。

常連客からのお褒めの言葉や、何気ない会話の中にも、顧客が何を求めて自社の商品サービスを購入されているのかについてのヒントが眠っています。

これまでのアンケートや、販売スタッフの意見なども参考になるでしょう。

こういった営業活動の蓄積の中から、自社の個性や強みを探ってみましょう。

 

◆口コミ・評判

口コミやレビュー、評判などを参考にすることも有効です。

 

口コミサイトやSNS、通販サイトには、顧客からのさまざまな生の声があふれています。

顧客から直接聞いたことが無くても、商品サービスに対する要望や不満などはインターネット上で見つけることができます。

自社の商品サービスの情報がある場合は、その情報が最も参考になりますが、他社や関連商品サービスの情報も、キャッチコピーのネタとして活用できるでしょう。

 

中には、感想だけでなく改善策につながるような的確な意見もあり、キャッチコピーに盛り込めばより客観性のあるアイデアが生まれるでしょう。

自社にそれほど営業の実績が無い場合や、過去の情報を洗い出し尽くした場合などにも活用できます。

 

◆競合・関連商品の広告

ライバル店や関連商品を扱っている会社の訴求方法も参考になります。

例えば、価格をアピールしているのであれば、潜在顧客はお得感を求めている可能性があると推測できますし、実績をアピールしているのであれば、品質を求めていると推測できるでしょう。

 

こういった分析をすることは、キャッチコピーのアイデア作成にも、競合との差別化を図るためにも役立ちます。

他社のキャッチコピーをそのまま模倣するのはだめですが、他社のケースと比較して自社の強みを整理したい時には、非常に効果的な方法です。

チラシやホームページ、広告、店頭のポップなどを見て、他の企業がどのようなポイントに重きを置いて訴求しているのかを確かめてみましょう。

 

まとめ

商品キャッチコピーの伝え方をもう一度まとめると、

 

--------------------------------------------------------------------------------
「何を」
1.ターゲットを明確にする
2.USP(独自の売り)を明確にする
「どのように」
3.6つの伝え方を使って商品キャッチコピーを考える
4.ターゲットとUSPを見ながらたくさん書き出す
--------------------------------------------------------------------------------

 

最後に、4の「ターゲットとUSPを見ながらたくさん書き出す」。

結局、「たくさんアイデアを書き出す!」。

正直なところ、いい商品キャッチコピーを生み出すにはこれが一番大切です。

 

ただし、書いているうちにかっこいい文章や、うまい表現を思いつくと酔ってしまうことがあるので、ブレの無いキャッチコピーを作るためにも「ターゲットとUSPを見ながら」書くことを常に意識しましょう。

 

手順を守って、たくさん書く。

 

これを守るだけで、きっとあなたの商品やお店の良さがターゲットに響く商品キャッチコピーができると思います。

ぜひ実践してみてください。

キャッチコピーのテンプレート・例文

当サイトでは場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレート・例文を多数ご用意しております。

 

期間限定、数量限定などの「限定する時」
「限定表現で購入を決意させたい時」の広告キャッチコピー すぐに使える!テンプレート・例文【無料DL】

 

お得なキャンペーンや、価格の安さで差別化している商品・サービスを販売する
「価格の安さを強調したい時」の広告キャッチコピー すぐに使える!テンプレート・例文【無料DL】

 

より多くのお客様に商品の人気の高さをしっかり伝える
「人気や評判を伝える」キャッチコピー すぐに使える!テンプレート【無料DL】

 

商品やサービスの価値や品質の高さを伝える
「品質を訴える」キャッチコピー すぐに使える!テンプレート【無料DL】

 

お客様に「ほしい!」と思わせて、すぐに行動に移してもらう
「欲望や感覚を刺激する」キャッチコピー すぐに使える!テンプレート【無料DL】

 

ダウンロードフォーム

 

 

 

 

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

■おすすめの関連コラム

  1. 「限定表現で購入を決意させたい時」の広告キャッチコピー
    すぐに使える!テンプレート・例文【無料DL】

    広告原稿を考える際、キャッチコピーがなかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?今回は、期間...
  2. 「人気や評判を伝える」キャッチコピー
    すぐに使える!テンプレート【無料DL】

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...
  3. 「めりこの法則」を意識して、広告効果を高めよう!
    ~効果の出る広告デザインのポイント【無料DL】~

    読者に分かりやすく伝えることができる、広告デザインのポイントをご紹介します。...
  4. 「価格の安さを強調したい時」の広告キャッチコピー
    すぐに使える!テンプレート・例文【無料DL】

    広告原稿を考える際、キャッチコピーがなかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?「価格の安さ...
  5. 「品質を訴える」キャッチコピー
    すぐに使える!テンプレート【無料DL】

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...
  6. 「欲望や感覚を刺激する」キャッチコピー
    すぐに使える!テンプレート【無料DL】

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?
    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、よくできてるんじゃない」「どうだろう、読まれてないのかなー」なんて、はっきりしない言葉しか返ってこない。こんな状況だと、どこから改善していけばいいんだろうと暗中模索…なんてことになります。
  • 2017年4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。総合的な月間消費支出も年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人が多いので、認知度向上のために、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • クーポンの費用対効果を「目安表」で測定!長期的な視野…
    「チラシや情報誌に『期間限定15%引』のクーポンを付けたものの、いったいどれだけ回収すれば費用対効果があったと言えるのか・・・」 「広告費やクーポンの回収目標は、どのように定めればいいの?」 そんな悩みを抱えている販促担当者のみなさんのために、クーポン付き広告の費用対効果を簡単に把握できる「目安表」を作成しました。 この表を使えば、誰でも簡単にクーポン付き広告の費用対効果を分析することができますので、ぜひご活用ください。
  • ランディングページを作ってみよう
    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネットにアクセスする率は既にパソコンを上回っており、何かを探したり、情報収集したりするのに欠かせない存在となってきました。将来的に見ても、WebやSNSを使った集客や販売の重要度はさらに増していくと思われます。今回はWeb集客やWeb販売を始めるにあたって必要となるWebサイトの一つ『ランディングページ』についてお伝えします。
  • 2018年10月の販促計画を立てるときのポイント
    10月は爽やかで過ごしやすい日も増え、運動や味覚狩りなどにぴったりの月。中旬から下旬にかけては、肌寒さを感じることもあるので、冬ものの衣服や防寒グッズにも注目が集まり始めます。2018年の10月は、体操の世界選手権や全国障害者スポーツ大会、プロ野球日本シリーズの開幕などスポーツ関連のイベントが目白押しです!文化祭、運動会、ハロウィンなどなど、イベントも多い10月。普段と比べて外出する機会も増えるこの時季、それぞれの行事に合わせた販促をしてみましょう。
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP