【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜

美容商品の売り上げを上げるためには?

 

世の中にたくさんある美容商品。

「これは良い商品だから、ぜひ使ってもらいたい!」とサロンにいろいろと陳列している方もいると思います。しかし、ただ棚に並べただけでは、お客様は購入してくれません。

 

では、どのようにすれば商品は売れるのでしょうか?

 

【目次】

1.サロンで美容商品を取り扱う際の鉄則

2.誰でも美容商品を売れるようになる店舗環境の工夫とは?

3.本当に良い商品は頑張って売ろうとしなくても売れていく!

4.まとめ

 

サロンで美容商品を取り扱う際の鉄則

 私は7年間サロンを経営しており、技術売り上げの40%近くの売り上げを美容商品で上げています。ほとんどのサロンでは美容商品が売れない中、なぜこのような高い数字をたたき出すことに成功したのだと思いますか。

 

今回は、私がサロンで美容商品を取り扱う際の、3つの鉄則を紹介します。

 

1.取扱商品には徹底的にこだわる

 

「ちょっと試してみて良かったから」「ブームだから」といった理由で販売する商品を選んではいけません。あなたが良いと思った商品はもちろんですが、できればスタッフ全員が使ってみて「良かった!」と思えた商品を取り扱うようにしてください。

 

また、良い商品であっても、サロンのコンセプトに合わない商品を取り扱うのはやめましょう。

 

例えば“無添加”にこだわっているサロンならば、天然成分100%の商品を仕入れるべきでしょう。

お客様は、あなたのこだわりを信用して商品を購入します。たとえ1%でも添加物が含まれていたら、お客様は「裏切られた!」と感じるかもしれません。

 

 

2.結果がすぐに分かる商品をおすすめする

 

お客様には、すぐに結果が出る商品を紹介しましょう。そうした商品は、お客様に喜んでいただける傾向があります。

逆に、すべて使い切っても変化を感じられなかったら、お客様は「悪い商品をすすめられた」と感じてしまいます。特に常連のお客様は、そのサロンに絶大な信頼を寄せています。「良くないものをすすめられた」と思われないためにも、すぐ結果が分かる商品を紹介するようにしましょう。

 

 

3.常に最新の情報を入手し続ける

 

1回の施術の時間は短くて1時間、長くて5時間ほど。その間、美容師はお客様と様々お話をすることができます。この会話を楽しみに美容室に来られているお客様もいらっしゃるでしょう。

最近はネット通販で商品を購入する人も多いですが、ネットと店販(店舗販売)を比べたら、圧倒的に店販のほうが販売力があります。それは信頼できる美容師が、自分の頭皮・髪に最適な商品をすすめてくれるからです。

 

スタッフには、技術だけでなく、売り方やセールストークについても勉強してもらいましょう。ただし、すべてのスタッフが上手にセールスができるとは限りません。

 

だからこそ、オーナーはスタッフが商品をすすめやすいよう、店舗環境を整える必要があります。

 

誰でも美容商品を売れるようになる店舗環境の工夫とは?

1.実際の商品をお店のサービスで使ってもらう

商品の良さを知ってもらうための一番手っ取り早い方法は、実際に使ってもらうことです。良い商品であれば、使ってみれば良さが分かるはず。

 

市販の物よりも良い商品を用意するのはもちろんですが、「他社商品との違い」「使用し続けるとどのような効果があるのか」もしっかり説明してください。効果を実感すれば、お客様は自然と購入してくださいます。

 

2.商品を置物やディスプレイにしない

商品の見せ方は大切ですが、芸術性が高すぎると、そもそも“売り物”として認識されないことも。レジ周辺や待合席などのお客様の目に触れやすいところに置いて、売り物であることをアピールしましょう。

この場合、POPを付けるのもかなり有効です。POPがあれば、無理に売り込まなくても、お客様は商品に意識を向けてくれるようになります。興味を示しているお客様がいたら、詳しく説明をして、購入を促しましょう。

 

3.一つの商品を売ることに専念する

サロンにはシャンプー、コンディショナー、トリートメント、ワックスやスプレーなどの整髪剤、育毛剤、ウィッグなど、」様々な商品があります。どれもこれもおすすめしたい気持ちは分かりますが、最初のうちはいろいろ売ろうとするのではなく、一つの商品を売ることに専念しましょう。

 

まずトリートメントを売りたいと思ったら、売り物と同じ製品を使った施術をおすすめします。実際に商品を体験していただき、お客様の髪の毛をキレイにするのです。

 

その場で変化を感じられたら、「家でも使いたい」と即決してくれるかもしれませんし、当日購入しなくても、周りの人に「髪、キレイになったわね」と言われたことで、後日改めて買おうと思うかもしれません。

そのためにも、店販で売り上げを伸ばすためには、商品力が高い品を並べる必要があります。

本当に良い商品は頑張って売ろうとしなくても売れていく!

商品は、お客様のことを考えておすすめするのが大前提。

 

しかし、スタッフ全員が「良い!」と思える商品は、無理におすすめしなくても自然と売れるものです。

 

美容室はキレイになるための商品の宝庫。美しい髪、肌になっていただきたいという想いを胸に、ぜひいろいろな商品をお客様に提案してあげてください。

 

◎まとめ

・サロンで取り扱う商品は、「スタッフ全員が良いと思える」「結果がすぐにわかる」「お客様に喜んでもらえる」ものにすべき。

 

・商品はただ店内にディスプレイするのではなく、POPや施術での体験を活用して、実際に効果を実感してもらうべき。

 

・お客様のことを考えて良い商品を紹介すれば、無理に売ろうとしなくても美容商品は売れていく!

The following two tabs change content below.
HARU (丹羽 晴美)
撮影・サロンワーク・講師・ブライダルなど、幅広いジャンルに対応できるヘアメイクアーティストとして活躍。 ホームページ : https://bh-haru.com/

続きを読む
交流会開催情報
第2回船橋ビジネス交流会
日程:2017年12月14日(木)
時間:18時~20時半
参加費:3,000円(軽食・ドリンク付き)
対象者:経営者、決裁権のある役職の方
定員:30名
経営者や販促担当者にとっての「学びと交流の場」創りをコンセプトに、地域ビジネス活性化の場として「ビジネス交流会 in 船橋」を地域新聞社主催にて開催いたします。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • ちいき新聞の裏側公開!
    会社独自のノベルティ…
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が独自に作成しているノベルティについてご紹介します。
  • 求人広告作成時のポイントについて
    パートやアルバイトの求人で悩みを抱えている店舗経営者様、採用担当者様は多いのではないでしょうか。少しでもそんな方のお役に立てるように、今回は求人広告作成のポイントをまとめました。
  • 売上につながる重要顧客の探し方①
    ~デシル分析…
    お店の売上を底上げしてくれる「お得意さん」を肌感覚で判断していませんか?
  • 1月の販促計画を立てる時のポイント
    1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大きな買い物や春の新生活に向けた消費が活発になる月です。中旬以降は、体調を整えるための風邪予防や寒さ対策への需要が高まります。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • ターゲット顧客の選定について|経営戦略・計画編
    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことです。 ドラッカーに、次のような言葉があります。 「マーケティングの狙いは、顧客というものをよく知って理解し、製品が顧客にぴったりと合って、ひとりでに売れてしまうようにすること」 『マネジメント』(1970年、ダイヤモンド社) 「どのような 価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること」 『コトラーの戦略的マーケティング』(2000年、ダイヤモンド社)
PAGE TOP