【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜

美容商品の売り上げを上げるためには?

 

世の中にたくさんある美容商品。

「これは良い商品だから、ぜひ使ってもらいたい!」とサロンにいろいろと陳列している方もいると思います。しかし、ただ棚に並べただけでは、お客様は購入してくれません。

 

では、どのようにすれば商品は売れるのでしょうか?

 

【目次】

1.サロンで美容商品を取り扱う際の鉄則

2.誰でも美容商品を売れるようになる店舗環境の工夫とは?

3.本当に良い商品は頑張って売ろうとしなくても売れていく!

4.まとめ

 

サロンで美容商品を取り扱う際の鉄則

 私は7年間サロンを経営しており、技術売り上げの40%近くの売り上げを美容商品で上げています。ほとんどのサロンでは美容商品が売れない中、なぜこのような高い数字をたたき出すことに成功したのだと思いますか。

 

今回は、私がサロンで美容商品を取り扱う際の、3つの鉄則を紹介します。

 

1.取扱商品には徹底的にこだわる

 

「ちょっと試してみて良かったから」「ブームだから」といった理由で販売する商品を選んではいけません。あなたが良いと思った商品はもちろんですが、できればスタッフ全員が使ってみて「良かった!」と思えた商品を取り扱うようにしてください。

 

また、良い商品であっても、サロンのコンセプトに合わない商品を取り扱うのはやめましょう。

 

例えば“無添加”にこだわっているサロンならば、天然成分100%の商品を仕入れるべきでしょう。

お客様は、あなたのこだわりを信用して商品を購入します。たとえ1%でも添加物が含まれていたら、お客様は「裏切られた!」と感じるかもしれません。

 

 

2.結果がすぐに分かる商品をおすすめする

 

お客様には、すぐに結果が出る商品を紹介しましょう。そうした商品は、お客様に喜んでいただける傾向があります。

逆に、すべて使い切っても変化を感じられなかったら、お客様は「悪い商品をすすめられた」と感じてしまいます。特に常連のお客様は、そのサロンに絶大な信頼を寄せています。「良くないものをすすめられた」と思われないためにも、すぐ結果が分かる商品を紹介するようにしましょう。

 

 

3.常に最新の情報を入手し続ける

 

1回の施術の時間は短くて1時間、長くて5時間ほど。その間、美容師はお客様と様々お話をすることができます。この会話を楽しみに美容室に来られているお客様もいらっしゃるでしょう。

最近はネット通販で商品を購入する人も多いですが、ネットと店販(店舗販売)を比べたら、圧倒的に店販のほうが販売力があります。それは信頼できる美容師が、自分の頭皮・髪に最適な商品をすすめてくれるからです。

 

スタッフには、技術だけでなく、売り方やセールストークについても勉強してもらいましょう。ただし、すべてのスタッフが上手にセールスができるとは限りません。

 

だからこそ、オーナーはスタッフが商品をすすめやすいよう、店舗環境を整える必要があります。

 

誰でも美容商品を売れるようになる店舗環境の工夫とは?

1.実際の商品をお店のサービスで使ってもらう

商品の良さを知ってもらうための一番手っ取り早い方法は、実際に使ってもらうことです。良い商品であれば、使ってみれば良さが分かるはず。

 

市販の物よりも良い商品を用意するのはもちろんですが、「他社商品との違い」「使用し続けるとどのような効果があるのか」もしっかり説明してください。効果を実感すれば、お客様は自然と購入してくださいます。

 

2.商品を置物やディスプレイにしない

商品の見せ方は大切ですが、芸術性が高すぎると、そもそも“売り物”として認識されないことも。レジ周辺や待合席などのお客様の目に触れやすいところに置いて、売り物であることをアピールしましょう。

この場合、POPを付けるのもかなり有効です。POPがあれば、無理に売り込まなくても、お客様は商品に意識を向けてくれるようになります。興味を示しているお客様がいたら、詳しく説明をして、購入を促しましょう。

 

3.一つの商品を売ることに専念する

サロンにはシャンプー、コンディショナー、トリートメント、ワックスやスプレーなどの整髪剤、育毛剤、ウィッグなど、」様々な商品があります。どれもこれもおすすめしたい気持ちは分かりますが、最初のうちはいろいろ売ろうとするのではなく、一つの商品を売ることに専念しましょう。

 

まずトリートメントを売りたいと思ったら、売り物と同じ製品を使った施術をおすすめします。実際に商品を体験していただき、お客様の髪の毛をキレイにするのです。

 

その場で変化を感じられたら、「家でも使いたい」と即決してくれるかもしれませんし、当日購入しなくても、周りの人に「髪、キレイになったわね」と言われたことで、後日改めて買おうと思うかもしれません。

そのためにも、店販で売り上げを伸ばすためには、商品力が高い品を並べる必要があります。

本当に良い商品は頑張って売ろうとしなくても売れていく!

商品は、お客様のことを考えておすすめするのが大前提。

 

しかし、スタッフ全員が「良い!」と思える商品は、無理におすすめしなくても自然と売れるものです。

 

美容室はキレイになるための商品の宝庫。美しい髪、肌になっていただきたいという想いを胸に、ぜひいろいろな商品をお客様に提案してあげてください。

 

◎まとめ

・サロンで取り扱う商品は、「スタッフ全員が良いと思える」「結果がすぐにわかる」「お客様に喜んでもらえる」ものにすべき。

 

・商品はただ店内にディスプレイするのではなく、POPや施術での体験を活用して、実際に効果を実感してもらうべき。

 

・お客様のことを考えて良い商品を紹介すれば、無理に売ろうとしなくても美容商品は売れていく!

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて

    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス...
  2. 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは

    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよ...
  3. 【飲食店向け】時流に乗った飲食店の傾向と対策

    大手チェーン店も乗り出している「現在の飲食店事情」がどのようなものか、ご存じでしょうか? 現在...
  4. 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.2

    1日の乗降人員が5万人を超える京成勝田台駅。南口を出ると目の前にあるパチンコ店のビルの4階にその...
  5. 効果を引き出すクーポン事例ストーリーvol.4
    ~アイデアクーポン編~

    広告にはクーポンが付いているのが当たり前となった昨今、世の中にはさまざまな種類のクーポンが出回っ...
  6. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.3
    ~活用方法編~

    これまで「ラーメン」「カフェ」のクーポン事例についてご説明しましたが、今回はいったん原点に立ち戻...
  7. 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1

    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポステ...
  8. 販促の工夫事例~美容室編~
    繁盛美容室の顧客リスト活用法

    顧客リストを有効活用していますか。 美容室の顧客リストはお客様のカルテでもありますが、情報の確...
  9. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.2
    ~飲食・カフェ編~

    女子会やママ友と利用しやすいカフェは、弊社が発行する『ちいき新聞』の読者アンケートでも、常に「欲...
  10. リピート率を向上させる店内インテリアとは~美容室・サロンの場合

    お店を出せばお客様が足を運んでくれ、リピーターになってくれると思っていませんか?...
  11. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.1
    ~飲食・ラーメン編~

    世間に溢れている広告の中でも、つい心動かされてしまうのが飲食店の広告ではないでしょうか。 ...
  12. 店舗販促成功事例ストーリーvol.1
    ~塗装・リフォーム編~

    皆さんは『ザイアンスの法則』をご存知でしょうか?...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
HARU (丹羽 晴美)
撮影・サロンワーク・講師・ブライダルなど、幅広いジャンルに対応できるヘアメイクアーティストとして活躍。 ホームページ : https://bh-haru.com/

続きを読む
セミナー開催情報
中途採用を成功に導くノウハウ公開セミナー
日程:2018年7月26日(木)
時間:15時~17時
定員:30名
「中途採用って、意外と難しい」とお考えの採用担当者様向けのセミナーです。「なぜ貴社の中途採用はうまくいかないのか-中途採用成功のポイントを理解する-」をテーマに、中途採用を増やすための方法やノウハウをお伝えします。
  • ちいき新聞の裏側公開! サンキューレターで感謝の気持…
    コミュニケーションツールとして、サンキューレターを取り入れませんか?
  • 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは
    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよそ7割が自宅で事業を営んでおり、組織形態も「個人企業」が84.9%に上るという結果が出ています。さらに、起業する際の人数は、74.6%が「1人(本人)だけ」です。組織の規模は関係なく、独立して起業すれば企業経営が始まり、その瞬間から個人ならば個人事業主、法人だったら“代表取締役”“代表取締役社長”になります。いわゆる経営者です。世の中には数え切れないほど多くの企業と、その企業を経営する経営者が存在しますが、その経営者の中には「成功する経営者」と「失敗する経営者」の2通りが存在します。起業して企業経営を成功させることは、生半可なことではありません。それでは「成功する経営者」の性格とはどのようなものなのでしょうか。
  • 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】
    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企画をする際は、必ず『ポジショニング戦略』を読み返します。 今回はこの本を通じて、売れる商品やサービスについて説明をします。
  • 経営者の事業承継を考える
    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。 不動産や保険関係の方などが、さまざまなセミナーや勉強会を開催しています。 そして、一度話を聞くと「うちもそろそろ真剣に考えなければならないな」と思うのです。
  • 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?
    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょうか?太鼓などの楽器を鳴らしながらお店のチラシを配り歩く、とても賑やかな販促方法。江戸末期に始まったといわれていますが、ネットが普及した現代だからこそ、人による「リアル」な販促手法が人々の注目を集める可能性は高いといえます。珍しさが人を呼ぶ、温かい販促手法をご紹介いたします。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP