新規顧客獲得にも! 飲食店で導入できる宅配・デリバリーサービスのメリット

公開

飲食店の宅配・デリバリー市場は拡大を続けており、後押しするように店舗の出前をサポートするデリバリー業者も現れています。

宅配・デリバリーサービスの導入は、飲食店にとって新規顧客獲得やリピート率アップなどの効果が期待できる手段です。

今回は、宅配・デリバリーサービス導入のメリットをご紹介します。

 

【目次】

1.宅配・デリバリーサービスの導入方法

2.宅配・デリバリーサービスを使う3つのメリット

3.食店の宅配・デリバリー市場の将来性

4.まとめ

宅配・デリバリーサービスの導入方法

飲食店が宅配・デリバリーを実施する場合は、自社スタッフが配達する方法と、配達専門業者を利用する方法があります。

 

自社スタッフで配達を実施する方法は、従来から多くの飲食店で行われてきました。

このメリットは、サービスの質を管理しやすい、配達以外の別作業も任せられる、といった点にあります。

一方、人手不足の中、人材の確保が難しいという課題もあります。

 

配達専門業者とは、「UberEats(ウーバーイーツ)」などに代表されるように、注文に応じて飲食店や小売店などの商品を店舗で受け取り、店舗スタッフに代わって顧客に配達するサービスを専門にした業者です。

飲食店はあらかじめ契約をしておけば、出前の注文が入るたびに、業者に配達を依頼できる仕組みになっています。

店舗側は利用料が発生しますが、配達スタッフにかかる人件費が不要になります。

宅配・デリバリーサービスを使う3つのメリット

飲食店が宅配・デリバリーサービスを導入した場合どのようなメリットがあるのか、ここでは3つ解説します。

 

◆顧客拡大

飲食店は、新規顧客の拡大やリピート客の囲い込みが見込めます。

 

店舗への集客を阻む要因は、「小さい子どもがいるので外食店には連れて行きづらい」「味は好きだが遠くて行けない」などさまざまです。

商品ニーズはあるのに、こういった顧客の事情によって売上につながらないケースもあるでしょう。

 

しかし、配達に対応しているのであれば、こういった顧客の悩みを解決できます。

顧客にとって店舗の立地は関係ないので商圏が拡大しますし、外食が難しい世帯であっても自宅に届けるので問題ありません。

結果的に、新規顧客獲得やリピートにもつながるでしょう。

 

◆価格

2019年10月、消費税率が8%から10%へと改正されました。

これにより、生活に関わるさまざまな商品・サービスの価格が上がり、節約志向の世帯も増えています。

外食店は税率10%が適用されることになったため、経営面でダメージを受けた店舗もあるでしょう。

しかし、配達の場合は軽減税率対象(8%)で価格据え置きとなるため、増税を理由に顧客が逃げることがないのです。

 

◆接客・設備コスト

配達には接客や食事スペースにかかるコストがかかりません。

 

外食店舗であれば、接客スタッフを確保したり、客席や内装などを用意したりする必要があります。

しかし、配達サービスなら注文が増加したとしても、接客の手間が増えるわけではありませんし、食事スペースも不要というメリットがあるのです。

飲食店では費用の多くを占める食材費と人件費を合わせて「FLコスト」と呼びますが、その人件費を節約できる点は魅力といえます。

飲食店の宅配・デリバリー市場の将来性

飲食店の宅配・デリバリーといったいわゆる「出前市場」は拡大傾向にあります。

市場調査会社のNPDグループによると、2015年は3,564億円だった外食・中食の出前サービス市場は年々着実に成長し、2018年には4,084億円に拡大しました。

特に店舗やレストランの出前のシェアが36%と大きく、飲食店が売上を獲得する手段として宅配・デリバリーが選ばれていることがわかります。

今後も宅配・デリバリーサービスは飲食店にとっての活路として注目されていくことでしょう。

まとめ

飲食店が宅配・デリバリーを実施すれば、顧客の利便性向上や価格など、訴求できるポイントが増えます。

外部の配達サービスを使えば、スタッフの確保やコスト面のメリットも生まれます。

今後も伸びが見込まれる出前市場に備えて、経営者や店舗担当者は検討を始めてみてはいかがでしょうか。

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. ウィズコロナ時代!販促の見直しポイントとは?

    新型コロナ感染症の影響によりマーケットもお客様の意識も大きく変わりました。 企業の広報担当者・...
  2. 自動車業界の方必見!自動車業界の課題と解決方法とは!?

    自動車業界は「CASE」という用語に象徴されるように、大きな変化の渦中にあり、多くの課題も存在し...
  3. 自動車業界の方必見!自動車業界のトレンドと今後の動向に迫る!

    自動車業界には「CASE」をはじめさまざまな変化が起きています。 自動車業界はメーカーだけでな...
  4. 【withコロナ】テイクアウト・デリバリーを活用して選ばれる店になる!

    withコロナの影響で、店内での飲食が避けられるようになったため、飲食店の活路としてデリバリーや...
  5. 飲食店の敵、閑散期の「ニッパチ」を乗り切る集客方法とは?

    飲食業界に限った話ではありませんが、2月と8月は「ニッパチ」と呼ばれ、他の月と比べると客足が落ち...
  6. 住宅・不動産・リフォーム業界の方必見!販売促進や集客方法をまとめてご紹介

    住宅・不動産・リフォーム業界は、商品・サービスが高額であり、ライバル企業が多いということもあるの...
  7. ゴールデンウイーク対策!集客にオススメのイベントやサービスをご紹介

    ゴールデンウイークは多くの店舗にとって売上を伸ばすチャンスです。集客に向けて、イベントなどに力を...
  8. 暑すぎて客足が遠のく…客足を増やす3つの対策とは!?

    猛暑は暑さ対策の商品・サービスにとっては追い風になる一方、暑すぎると人々は外出を控えるので、一部...
  9. 商談イメージ

    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なこと...
  10. 営業 契約のイメージ画像

    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役割の違いについて

    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? ...
  11. “メリット”と“ベネフィット”の違いを理解して
    訴求力のあるセールストークをつくりましょう。

    セールスをする際、商品・サービスの“メリット”だけでなく、お客様にとっての“ベネフィット”をきち...
  12. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法(実践活用編)

    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」に...
  13. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法

    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BA...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 【業界研究】飲食業界のトレンド情報 〜2022年調査…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 そこで今回は飲食業界の現状と今後の見通しについて調査しました。 おすすめの販促方法もご紹介しますので、飲食業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 商談説明
    顧客セグメントと価値提案のマッチングはビジネスモデル…
    ビジネスモデルを構築する上で非常に重要な点は、設計をする際に適切な顧客セグメントを設定できるかどうか、そしてその顧客セグメントに対して適切な価値提案を与えられるかどうかです。 ここでは、顧客セグメントに対してどのような価値提案をすべきか、その方法をお教えします。
  • シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世…
    ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の1つになりつつあります。 シニア層の顧客獲得に必要なのは、デジタルとアナログの両方のアプローチを活用する考え方です。 今回は、団塊世代を取り込むためのシニアマーケティングの考え方や、効果的な施策について解説します。
  • 【集客・販促のきっかけにも!】人気のワークショップで…
    ワークショップは、それ自体が商品になるだけではなく、集客・販促のきっかけとしても有効な手段です。「コト消費」志向の顧客を満足させながら、自社商品の魅力を伝えるチャンスでもあります。ワークショップをうまく活用すれば、競合店と差をつけることもできるでしょう。今回は、ワークショップの活用法を紹介します。
  • 食品衛生法の改正について
    2018年6月に食品衛生法が改正されました。今回はこのことについて概説させていただきます。
PAGE TOP