【飲食店向け】時流に乗った飲食店の傾向と対策

公開

大手チェーン店も乗り出している「現在の飲食店事情」がどのようなものか、ご存じでしょうか?

 

現在、飲食業界にも大きな変化が起きています。

 

時流に乗った飲食店に、どのような傾向があるのでしょうか?

 

【目次
1.ご飯大盛りよりもライスなし100円引き?
2.店舗展開を急成長させている飲食店の傾向
3.「外食=太る」から「外食=健康を手に入れる」時代へ

4.まとめ

ご飯大盛りよりもライスなし100円引き?

現代の情報化社会では、健康情報も多様化しており、健康に気を使う人も増えています。

 

健康法にもいろいろありますが、人気ダイエットジムが火付け役となった「糖質制限ダイエット」が、現在のダイエットの主流になりつつあります。糖質制限とは炭水化物等の糖質を控えて、代わりにタンパク質、脂質を増やした食事法のこと。今ではコンビニにも「糖質オフ本」が当たり前のように置かれるようになりました。

 

飲食店でも「ご飯少なめ」や「ライスなし100円引き」というサービスが見られるようになりました。ここで急成長している飲食店を例にご説明しましょう。

店舗展開を急成長させている飲食店の傾向

「いきなりステーキ」というお店をご存じでしょうか?

 

2017年8月末現在145店舗展開し、ニューヨークにも出店している、急成長中の「立ち食いステーキ屋」さんです。なぜこの飲食店は成長し続けているのでしょうか?

 

理由の一つは、糖質制限実践者に対するサービスが行き届いていることです。ライスなし100円引きというだけではなく、付け合わせの野菜も糖質の低いものに変更できるサービスがあります。

 

「糖質制限ダイエット」が主流になりつつある今、まさにこの飲食店は「時流」に乗っているといえます。

「外食=太る」から「外食=健康を手に入れる」時代へ

2016年の糖質制限市場は3,400億円を突破し、前年比で7.7%も増加。約4年で1,000億円ほど伸びています。大手チェーン店(ファミレス、コンビニ、牛丼店等)にも糖質量表示が導入されるなど、より健康志向にシフトチェンジをしています。

 

「外食は健康に良くない」というイメージは払拭され、「外食=太る」から「外食=健康を手に入れる」時代になってきているのではないでしょうか?

 

以前、飲食コンサルで関わったシュラスコ(ブラジル料理)店で、「食べて飲んで痩せるイベント」を開催しました。約50名の方にご参加頂き、お肉を食べてお酒を飲んでスイーツも食べて、翌日参加者の方たちは約1キロの減量をしていました。

 

「外食ばかりでは体に良くないから行かない」ではなく、「ここに行けば痩せる」「健康になる」というコンセプトが今後の時流になります。よりリピート率を上げ、顧客満足度を上げるためにも、健康を意識したメニューを取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

◆ダイエット中でも利用できる飲食店が生き残る
◆時流に乗った飲食店が成長し続ける
◆外食のイメージをいかに覆すかがイノベーションの鍵

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
ローカーボ料理研究家。さまざまな不定愁訴を「ローカーボ(糖質制限)」という食事法で克服。「人間の身体と心は食べたものでできている」ということを一人でも多くの人に伝えたいと思い、ローカーボ料理教室を開催する。現在はローカーボ料理研究家として、料理教室やセミナー講師等で2000名以上を指導。飲食店や企業のレシピ開発、セミナー講師等で活躍中。毎日新聞社月刊誌『毎日夫人』に健康コラムを連載中。 ホームページ:http://www.lowcarb-land.com Facebook:https://www.facebook.com/naoyo1984

■おすすめの関連コラム

  1. 折込チラシの効果的な配り方を分かりやすく解説
    ~適切な商圏とは?~

    折込チラシは地域に密着しているため効果が期待できるのではないかという想定のもと、集客や求人のため...
  2. 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて

    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス...
  3. 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは

    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよ...
  4. 【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜

    美容商品の売り上げを上げるためには?世の中にたくさんある美容商品。「これは良い商品だから、ぜひ使...
  5. 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.2

    1日の乗降人員が5万人を超える京成勝田台駅。南口を出ると目の前にあるパチンコ店のビルの4階にその...
  6. 効果を引き出すクーポン事例ストーリーvol.4
    ~アイデアクーポン編~

    広告にはクーポンが付いているのが当たり前となった昨今、世の中にはさまざまな種類のクーポンが出回っ...
  7. 集客に効果的なクーポン事例ストーリーvol.3
    ~活用方法編~

    集客にクーポンを効果的に活用したい!と思っているお店や企業のマーケティング担当の方は多いでしょう...
  8. 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1

    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポステ...
  9. 販促の工夫事例~美容室編~
    繁盛美容室の顧客リスト活用法

    顧客リストを有効活用していますか。 美容室の顧客リストはお客様のカルテでもありますが、情報の確...
  10. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.2
    ~飲食・カフェ編~

    女子会やママ友と利用しやすいカフェは、弊社が発行する『ちいき新聞』の読者アンケートでも、常に「欲...
  11. リピート率を向上させる店内インテリアとは~美容室・サロンの場合

    お店を出せばお客様が足を運んでくれ、リピーターになってくれると思っていませんか?...
  12. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.1
    ~飲食・ラーメン編~

    世間に溢れている広告の中でも、つい心動かされてしまうのが飲食店の広告ではないでしょうか。 ...
  13. 店舗販促成功事例ストーリーvol.1
    ~塗装・リフォーム編~

    皆さんは『ザイアンスの法則』をご存知でしょうか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • ○○マーケティングって、つまり何?
    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります。一つ一つ覚えるのは大変ですし、技術の進歩に合わせて日々新しい言葉が生まれています。今回は、難しい表現をできるかぎり簡単な言葉に言い換えてみましたので、「へえ~そうなんだ」くらいの軽い気持ちでご覧いただければ幸いです。
  • 【成功事例から学ぶ経営戦略】SDGs(持続可能な開発…
    現在、多くの企業が、SDGs(持続可能な開発目標)に積極的に取り組んでいます。企業の広報担当者・販促担当者・店舗経営者にとって、自社のSDGsへの取り組みを広報やPR活動に取り入れて、顧客に向けて発信していくことは、これからのビジネスを成功に導くうえでマーケティング的にも非常に意味があることです。そこで今回は、SDGsを取り入れたあとのPR方法や社外へ周知させる方法、発信するメリット、成功事例などについて紹介します。
  • 自店のポジショニングを確認して、他店との競争で優位に…
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • カスタマージャーニーとは?新モデル「ORACAS(オ…
    近年カスタマージャーニーの視点が、店舗や企業の販促で注目されてきていますので、経営者や販促担当者は、耳にしたことがあると思います。 一方、カスタマージャーニーは抽象的で、具体的にどのように販促に活かしていけばよいのか、分かりにくい点もあるでしょう。 そこで今回は、カスタマージャーニーの概要とともに、カスタマージャーニーの考え方を実践する販促方法のひとつとして、新モデルORACAS(オラカス)に基づく販促計画を紹介します。 この記事を読むことで、現在の消費者行動に合った販促のヒントを得ことができるはずです。
  • 効果的なノベルティグッズの制作で販促を成功させるコツ
    ノベルティグッズという言葉はよく耳にしますが、具体的にどんなものが思い浮かびますか。「●●円以上購入で、ノベルティプレゼント♪」といううたい文句がアクセサリーショップや服飾店、雑貨店などでよく使われますが、実はこれは「プレミアム」と呼ばれる購入者への特典品です。ノベルティグッズは、企業や店舗で使われる販促方法の1つで、企業名や自社サービス、自社ブランドが印刷されたアイテムなどを無償で配るもの。企業や商品、サービスの認知度の向上や商品の購入を促すことを目的としており、企業イメージをグッズに落とし込むことでブランディングにもつながります。今回はこの、ブランディングを目的としたノベルティグッズで販促を成功させるコツについてご紹介します。
PAGE TOP