【業界研究】不動産業界のトレンド情報 〜2020年調査版〜 | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

【業界研究】不動産業界のトレンド情報 〜2020年調査版〜

公開

ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。

 

今回は不動産業界の現状と今後の見通しについて、「販促の大学」を運営している地域新聞社に2020年4月に入社した新卒社員が調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、不動産業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。

 

【目次】
1.不動産業界の市場規模
2.業界の動向
3.トップ企業
4.不動産業界の繁忙期と閑散期
5.広告が必要な時期
6.求人が必要な時期
7.おすすめの販促手段
8.不動産広告のルール
9.まとめ
 

不動産業界の市場規模

2018年度の不動産業界の市場規模は、46兆5,363億円となっています。
 
 

業界の動向

 

  市場規模 136業界内順位
業界規模 14.7兆円 24位
伸び率 +8.1% 19位
利益率 +6.1% 26位

(出典:業界動向 不動産業界

 

オリンピック終了後は住宅価格が暴落するなどといった話もありますが、そのようなことはないでしょう。過去に行われたシドニーとロンドンのオリンピック終了後の住宅価格推移を見てみると、上昇していることが分かります。

 

(画像出典) 2020年の不動産市況の見通し-消費税増税、オリンピック前後の不動産市場 2020年3月18日

 

首都圏では、2019年の新築分譲マンションの価格は過去最高水準までに上りましたが、販売戸数は減少しています。

 

一方、利便性や経済面に優れた中古マンションや戸建て住宅は、存在感を増してきました。不動産業界は消費税増税前の駆け込み需要もあり、好調に売り上げを伸ばしました。その反動による売り上げ減も一時的なものとみられるため、今後も堅実に売上を伸ばしていくのではないかと思われます。特に都心では賃貸オフィスを中心に好況が続くと見られています。

 

公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が2017年に行った「住居の居住志向及び購買等に関する意識調査」では、現在の住まいに関係なく持ち家派か賃貸派かというアンケートでは、持ち家派が84.9%、賃貸派が15.1%という結果になりました。現在の住宅に対する満足度を測るアンケートでは、持ち家派は平均73.0点、賃貸派は平均65.2点という結果になりました。これらのアンケート結果からも、持ち家の需要の高さが分かります。しかし、賃貸でも満足度は6割を超えているので、継続して賃貸の需要も高いと言えるでしょう。

 

2020年現在、新型コロナウイルス感染症の終息時期が見通せない中で、消費マインドへの影響が懸念されています。今後の状況を注視していく必要があります。

(参考:2020年の不動産市況の見通し-消費税増税、オリンピック前後の不動産市場 2020年3月18日

 景気・業界の動向 建設・不動産業界 ※2020年7月末

 公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)「住居の居住志向及び購買等に関する意識調査」

トップ企業

2019年の不動産業界売上高ランキング上位5社を見てみましょう。

企業名 売上高 (単位:円)
三井不動産 1兆8,611億
飯田グループホールディングス 1兆3,449億
住友不動産 1兆132億
東急不動産ホールディングス 9,018億8,400万
野村不動産ホールディングス 6,685億1,000万

 

(出典: strainer「2019年 不動産業 売上高 ランキング」をもとに作成 )

不動産業界の繁忙期と閑散期

◆繁忙期
主に1~3月が繁忙期です。
入学や卒業、就職が重なるため、3~4月は不動産業界にとって1年で1番忙しい時期です。また、9~10月は多くの企業で人事異動による転勤があり、部屋探しをする人が増えます。

 

◆閑散期
繁忙期以外の4~12月はおおむね閑散期と言えます。
しかし、9月には会社内の異動や、6月には結婚の時期となるため、比較的多くの来店が見込まれます。

 

(画像出典) LIFULL HOME'S「引越しの繁忙期・閑散期はいつ?費用を抑えるための時期の考え方

広告が必要な時期

◆マンション・戸建て販売

・4~5月 ゴールデンウィーク展示フェア

・8月 お盆需要

・9月 シルバーウィーク展示フェア

・12~1月 年末年始需要

 

◆賃貸

・8月 9月転勤者需要

・1~3月 新生活向けのプロモーション

 

繁忙期前の1~3月は新生活の準備が必要になるので、11月頃から販促を始められるように計画を立てておきましょう。

(参考:YAHOO!JAPAN広告 業界別販促カレンダー~不動産業界2016年度~

求人が必要な時期

不動産業界の繁忙期である1〜3月は顧客対応に追われ、採用に費やす時間も少なくなってしまいます。

 

ですので、繁忙期に備えた人材を確保するために4〜10月に求人広告を出す必要があると言えるでしょう。

 

おすすめの販促手段

不動産は大きな買い物ですので、消費者の信頼を得るためにはホームページを使った販促は欠かせません。

 

賃貸物件では、最新情報の発信に、ホームページは有効です。

 

また、新築マンションの販売においては、紙媒体+WEBの販促手段を使い、まずチラシやDM送付で周知し、その後の対策としてホームページで情報発信という形も効果的でしょう。

 

不動産広告のルール

不動産広告には2つの大きな法律上の規制があります。

1.宅建業法による規制
(1)誇大広告の禁止 事実とは明らかに異なる表示をすること、実際より著しく優良である、など誤認させる表示の禁止
(2)広告開始時期の制限 建物の建築工事が完了する前に、その物件の販売広告を掲載する場合、広告を開始するのに制限がある
(3)取引態様の明示

 

2.不動産の表示に関する公正競争規約
 物件の所在地や面積、交通の利便性、また各施設までの距離や所要時間などについて表示基準を守る必要がある

 

(参考:不動産会社のミカタ「不動産広告のルール」

まとめ

持ち家需要の高さやオリンピックによる市場の拡大に伴い、不動産業界は今後も成長が見込まれています。

 

販促において、Webは信頼を得るためにも必須となるでしょう。用途に応じてチラシ折込やDM送付をプラスするとさらに有効です。また、新築マンション、中古物件、戸建て住宅など、販売対象によってターゲット層は大きく変化します。したがって、それぞれのターゲット層に適した販促を用いることも重要になります。

 

その他の業界についてもご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

【参考資料・出典情報(2020/5/11閲覧)】

・財務総合政策研究所 財政金融統計月報ダウンロード(法人企業統計年報特集)2009年度~2018年度データ https://www.mof.go.jp/pri/publication/zaikin_geppo/hyou07.htm
・業界動向 不動産業界 https://gyokai-search.com/3-hudosan.htm
・公益社団法人全日本不動産協会 埼玉県本部

 2020年の不動産市況の見通し-消費税増税、オリンピック前後の不動産市場 2020年3月18日(吉野 薫) https://saitama.zennichi.or.jp/column/special-202003/

・公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)「住居の居住志向及び購買等に関する意識調査」 

https://www.zentaku.or.jp/wp-content/uploads/2016/08/2017%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88_%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8-1.pdf

・strainer「2019年 不動産業 売上高 ランキング」 https://strainer.jp/categories/12

・ LIFULL HOME'S「引越しの繁忙期・閑散期はいつ?費用を抑えるための時期の考え方 2018年12月7日(高野 友樹) https://www.homes.co.jp/cont/money/money_00181/

・YAHOO!JAPAN広告 業界別販促カレンダー~不動産業界2016年度~ 2017年6月9日 https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/pdf_calendar.html

・不動産会社のミカタ「不動産広告のルール」2020年4月23日(西口 和史)https://f-mikata.jp/rule/

【参考資料・出典情報(2020/9/7閲覧)】

・帝国データバンク 景気・業界の動向 ※2020年7月末 https://www.tdb.co.jp/report/industry/kenchiku.html

 

≪活用事例付き≫
リフォーム業界におすすめ!消費者に信頼感を与える記事広告で集客効果を上げる方法

 

【PR】【ちいき新聞】2020年11月6日住まいコンセプト号「暮らしは変わった?みんなのおうち事情」

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 【業界研究】整骨業界のトレンド情報 〜2020年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は整骨業界の現状...
  2. 【業界研究】外壁塗装業界のトレンド情報 〜2020年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は外壁塗装業界の...
  3. 【業界研究】リフォーム業界のトレンド情報 〜2020年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回はリフォーム業界...
  4. 【業界研究】飲食業界のトレンド情報 〜2019年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状...
  5. 【業界研究】医療業界のトレンド情報 〜2019年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は医療業界の現状...
  6. 【業界研究】リフォーム業界のトレンド情報 〜2019年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回はリフォーム業界...
  7. 【業界研究】飲食業界のトレンド情報
    〜2018年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状...
  8. 【業界研究】不動産業界のトレンド情報
    ~2018年調査版~

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は不動産業界...
  9. 【業界研究】求人業界のトレンド情報
    〜2018年調査版〜

    ビジネスで最適な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は各業界の求...
  10. 【業界研究】美容理容業界のトレンド情報
    ~2018年調査版~

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は美容理容業...
  11. 【業界研究】学習塾業界のトレンド情報
    〜2018年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は学習塾業界の現...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 新規顧客獲得にも! 飲食店で導入できる宅配・デリバリ…
    飲食店の宅配・デリバリー市場は拡大を続けており、後押しするように店舗の出前をサポートするデリバリー業者も現れています。 宅配・デリバリーサービスの導入は、飲食店にとって新規顧客獲得やリピート率アップなどの効果が期待できる手段です。
  • 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?
    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わずに支払いできるキャッシュレス決済の方法は多様化しています。大きな金額を持ち歩く不安や小銭の煩わしさを解消する以外にも、お店の業種やターゲット、立地条件などによっては大きなメリットがあります。エステやヘアメイクなどの美容サロン、カフェ、小売の販売店など、個人経営で実店舗を持つお店ではなかなか導入に踏み切れず、見送っている方も多いかもしれません。しかし、それによってお客様の来店機会を逃している可能性があります。目的に合わせた支払い方法を紹介します。
  • 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける中小企業への支…
    新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっています。流行そのものも長期化しそうな気配です。流行に伴う経済的な打撃は、流行が収まった後もすぐに回復することは難しいと思われます。国や地方公共団体では、新型コロナウイルス感染症で事業に影響を受ける中小企業者に対して、さまざまな支援策を講じています。今回は【資金繰り支援】について概説したいと思います。なお、この記事では、・全体がどのような構成になっているか ・それぞれにどのような支援策があるか ・どこを調べたらいいか ということを中心に説明します。個々の制度の詳しい内容については、参照先のリンクを張っておきますので、そちらをご確認ください。また、これらの支援策は、日々追加の施策が講じられたり、内容の見直しが行われたりしています。ただし、施策の根本は変わりませんので、この記事をもとに、それぞれの情報に当たれば、必要な情報は得られると思います。※2020年4月20日現在の情報を基とした記事となっております。
  • DMの基本~実施後の効果分析編~
    今まで実施したダイレクトメールの効果を、皆さんは把握していますか?「だいだいこのくらいの反応があったな」と感覚値で把握しているだけ、という方はいらっしゃいませんか。 今回は、ダイレクトメールの効果分析の方法についてご説明します。 実施後に効果分析を行うことで、ダイレクトメールの費用対効果について知ることができます。反響の良かったダイレクトメールはどこが良かったのか。悪かったダイレクトメールはどこを改善すれば良いのか。あらためて内容やクリエイティブを見直す機会にもなりますので、効果分析は必ず行いましょう。
  • アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査…
    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をしている方を対象に、アフターコロナ、withコロナに関する意識調査を行いました。回答件数は1,947人と、これまでで最多の回答数となりました。やはり関心が高い内容だといえます。経済や生活の不安はまだまだ続きますが、できることをやっていきましょう。本記事が貴社の経営や販促におけるヒントになれば幸いです。
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP