【建築、不動産、住宅販売業界向け】効率良く効果の見込める​ 折込エリア選定法

チラシの販促を行っている、または検討している建築、不動産、住宅販売業界の方向けに、エリア選定方法の事例をご紹介。地理情報システムと呼ばれる、【Geographic Information System】を活用することで地図上でターゲット層を可視化します。自社のターゲットに合わせた商圏を選定し、折込チラシやポスティングの効果をアップ。周辺エリアの属性を調査することも可能です。年齢や性別、年収やお住まいなどの細かいターゲットの条件に合わせて来店範囲(商圏)を選定。効果が見込まれるエリアを効率的に選定することで、それぞれのターゲットにぴったりの販促エリアを可視化し、集客力アップをはかります。

■ダウンロード資料サンプル

■お役立ち資料内容一部抜粋

GIS【Geographic Information System】とは?
「GIS」で何ができる?
事例紹介① ~住宅物件 近隣エリア~
事例紹介② ~住宅物件 近隣エリア 小学校区を考慮~
事例紹介③ ~ターゲットでのエリア選び~
事例紹介④ ~2つの商圏の組み合わせ~
まとめ

 

記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP