【業界研究】学習塾業界のトレンド情報
〜2018年調査版〜

公開

ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。

 

今回は学習塾業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。

 

おすすめの販促方法もご紹介しますので、学習塾業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。

 

【目次】
1. 市場規模
2. 業界の動向
3. 繁忙期について
4. 閑散期について
5. 広告のタイミング
6. 求人が必要な時期
7. 年間販促カレンダー
8. オススメ販促
9. チラシ
10.塾業界売上高ランキング
11.まとめ
12.参考資料・出展情報

市場規模

2015年度時点での学習塾・予備校の市場規模は約9,570億円。
少子化の影響は懸念されるものの、単価の上昇によって市場規模は微増を続けており、今後も比較的堅調な業績と市場の伸びが予想されます。

 

業界の動向

市場が伸びている背景として、中高一貫校の人気上昇や、ゆとり教育の見直しにより、中学受験をする子どもの数が増え、早い段階から受験を意識して教育に力を入れる保護者が増加していることが挙げられます。

また、出生率の低下により、1人の子どもにかけられる教育費が増加したことも要因の一つです。今の保護者はゆとり教育の失敗を間近で見ているため、改めて教育の重要性を認識。教育熱心な親が増えたことで、塾の需要は増えつつあります。

これらを受け、近年では一人ひとりとしっかりと向き合い、理解できるまでじっくりと教える個別指導塾が急増しています。また、映像配信型の授業を行うなど、顧客のニーズに応えた新しい塾のスタイルが確立されてきています。
とはいえ、教育関連の市場は将来的には緩やかに縮小していくだろう、という予想も立てられています。それを見越して、現代の塾業界では「どういった形で再編していくのか」が最大のテーマとなっています。

繁忙期について

繁忙期 大
12月〜1月 冬季:受験前の追い込みや冬季講習
3月〜4月 春季:新学期や進級と合わせて入塾するケースが多い
7月〜8月 夏期:夏期講習

 

繁忙期 小
各学期の中間・期末テストの前後。

大まかには、学生の1年間のスケジュールと連動しているといえます。

閑散期について

秋季:長期の休みもなく、学生は普段の生活に馴染んでいる時。
また、繁忙期以外の時期は閑散期とも言えます。

広告のタイミング

塾は学生がターゲットであるため、学生や保護者が勉強を意識するタイミングで広告を打つことが重要です。

大小合わせると年間8回の繁忙期があるので、そのタイミングで広告の効果が出るように、1.5〜1カ月前から定期的に広告を打つのが効果的でしょう。
具体的には、以下のイベントの前に広告活動を行いましょう。

 

・新学年スタート
・春期講習
・夏期講習
・冬期講習
・近隣学校の中間・期末テスト前

 

広告内容は、イベントに沿ったものでなければ効果は出ません。

求人が必要な時期

求人の主なターゲットは大学生です。
そのため、就職や大学院への進学を控えた2月〜3月に前任の講師が一気に減少します。
塾の講師を始めるタイミングは一年生の春が最も多く、次に2年生の春が多いといわれます。

学生の講師が集まりやすい時期は以下の通りです。

 

・2月~5月
・9月~10月

 

4~5月、9~10月は多くの大学で「履修カリキュラムの決定時期」となっている。履修カリキュラムを確認しながらアルバイトを探す学生が多いことから、同期間は求人に対する応募が多くなります。また、学生の長期休み直前には集まりやすい印象がありますが、直前から採用活動をスタートしても、長期休み内の起用には間に合いません。
特に個別指導教室だと講師の絶対数が必要となります。採用がうまく進まなければ、最悪「必要な授業数に対して講師が足りず、生徒を受け入れられない」という状況が生まれます。主に繁忙期の春季に向けて減少した講師の補填も同時に行う必要があるでしょう。

年間販促カレンダー

オススメ販促

紹介・口コミ
塾は知り合いからの紹介も重要です。
そのため、年間を通して口コミや友達紹介キャンペーンも実施するべきです。
また、地域イベントへ参加や、学校との連携など、地域住民への認知向上やイメージ戦略の活動も効果的でしょう。

 

チラシ
塾の講師が地域の小学校・中学校の校門前に行き、児童回生徒たちにチラシを手配りします。ターゲットにダイレクトにアピールすることで「あの塾にはこんな講師がいるんだ」ということが認知され、効果的です。また、配布作業にあまり費用がかからないのもメリットです。

 

大切な子供を預けるわけですから、塾はまずイメージが良くなくてはなりません。

塾業界売上高ランキング

(株式を上場している企業のみ)

まとめ

学習塾業界2018年調査版は、いかがでしたでしょうか。

業界のトレンドを把握することで、商売繁盛につながる次の一手を生み出すきっかけになればと思います。

その他の業界についてもご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

参考資料・出典情報

【矢野経済研究所 教育産業市場に関する調査を実施】2017年10月5日
https://www.yano.co.jp/press/download.php/001744

 

【EducationCareer学習塾・予備校運営企業の売上高ランキング】2017年3月16日 最終更新
https://education-career.jp/magazine/data-report/2017/jyuku-salesrank

 

【塾経営ラボ 学習塾業界の動向を知り、生き残るための基礎知識】2017年2月16日 最終更新
https://jukukeiei-surala.jp/386

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 【業界研究】飲食業界のトレンド情報
    〜2018年調査版〜

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状...
  2. 【業界研究】不動産業界のトレンド情報
    ~2018年調査版~

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は不動産業界...
  3. 【業界研究】求人業界のトレンド情報
    〜2018年調査版〜

    ビジネスで最適な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は各業界の求...
  4. 【業界研究】美容理容業界のトレンド情報
    ~2018年調査版~

    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は美容理容業...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 商談説明
    顧客セグメントと価値提案のマッチングはビジネスモデル…
    ビジネスモデルを構築する上で非常に重要な点は、設計をする際に適切な顧客セグメントを設定できるかどうか、そしてその顧客セグメントに対して適切な価値提案を与えられるかどうかです。 ここでは、顧客セグメントに対してどのような価値提案をすべきか、その方法をお教えします。
  • 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約…
    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BANT情報」というものがあります。 BANT情報のフレームワークを使用したヒアリングによって営業の受注確度、もしくは見込みを高めることができます。 BANT情報をうまく活用して、成約率を高める方法について説明します。
  • 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】
    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企画をする際は、必ず『ポジショニング戦略』を読み返します。 今回はこの本を通じて、売れる商品やサービスについて説明をします。
  • 1周年への感謝をこめて さらに役立つ情報を届けるため…
    こんにちは、販促の大学運営事務局の川上です。昨年12月1日に開校した販促の大学は、皆様のお力添えにより、この度1周年を迎えることとなりました!これもひとえに、多くの読者様にご覧いただいたおかげです。本当に、ありがとうございます!
  • 代理店のメリット、デメリットと3つの代理店制度を理解…
    ビジネスを行う上で、自社の営業部隊が商品・サービスを販売するのは当然ですが、それだけではなかなか拡販できません。マーケティングにおいて要となる販路拡大を目指す時におススメしたいのが、外部への委託、つまり代理店制度の利用です。代理店にはどんなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。代理店制度のメリットは、「自社の営業部隊を用意することなく、販路を一気に拡大できる」ことです。デメリットは「代理店を100%コントロールすることはできない」「販売ノウハウが自社に蓄積されない」ことです。代理店制度のメリット・デメリットと代理店の種類について詳しく解説します。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP