年末年始に獲得した顧客をリピーターに!閑散期を乗り切るポイント

公開

年末年始商戦で新規顧客を獲得したら、次は再集客してリピーター化したいものです。

年始の繁忙期が過ぎれば閑散期が到来しますが、その時に継続して集客できるかどうかが繁盛店との分かれ道といえます。

 

本記事では、年末年始が過ぎた後も顧客をリピートさせるための対策について、3つのポイントを紹介します。

 

【目次】

1. 年末年始商戦の後こそ集客対策が必要な理由

2. 年末年始の顧客をリピーター化するための3つのポイント

3. まとめ

 

年末年始商戦の後こそ集客対策が必要な理由

年末年始は1年のうちもっとも支出が多い時期ですが、初売りを過ぎるとその支出額は徐々に減っていき、「ニッパチ」と呼ばれる閑散期の1つである2月が訪れます。

年末年始はボーナス収入や贈り物、豪華な食事への需要など、さまざまな追い風によって好調であっても、その後は例年苦戦するという店舗は多いことでしょう。

 

統計の平均値を参考にすると、年末年始後に閑散期が来るのは確かです。

しかし、店舗の取り組みによって、売上を極力落とさないようにする方法がないわけではありません。

そのためには、年末年始に集客した新規顧客をリピーターとして再集客すること、つまり「浮動票の固定票化」が大切なのです。

 

【参考】総務省統計局:「家計簿からみた365日~日別集計結果より」

 

年末年始の顧客をリピーター化する3つのポイント

年末年始に集客した新規顧客をその後も集客できれば、閑散期対策になり収益が安定します。

リピーター獲得に役立つ3つのポイントを紹介します。

 

 

1.リマインド対策

新規顧客に対してその後もリピートを促すには、継続的にリマインドをさせる施策が効果的です。

 

12月や年初は消費需要が強く、消費者は数多くの店を利用しています。

飲食店などの場合、自ら調べたわけではなく、幹事や知人に連れて来られたという人もいるでしょう。

つまり、そうした新規顧客は、利用した店をそれほど覚えていない可能性が高いのです。

 

顧客がリピーター化しない理由は、その店にネガティブな印象を抱いたというケースもありえますが、ただ単に「印象に残っていない」ということも多いものです。

そこでメールやDMSNSによる情報発信などで店のことを思い出させることができれば、再度足を運んでもらえる可能性が生まれます。

 

 

2.来店促進の対策

リマインドの他にも、来店というアクションを直接的に促すための施策も行うと効果的です。

定番のものでは、1月後半から2月にかけて利用できるクーポンを配布する、次回の来店予約をその場で決めてもらう、といった方法があります。

 

その他、チラシや折り込み広告などは商圏内のターゲットに訴求する手段として有効です。

近年はSNSやメールといったオンラインの情報発信も普及していますが、紙媒体はそのエリア内の世帯に確実にアピールできるという特長があり、オンラインとの組み合わせで活用すると強い効果を発揮するでしょう。

 

【参考】デジラボ:「飲食店の販促アイデア・集客ツールを徹底紹介!」

 

 

3.シチュエーション

リピーター化のためには、さまざまなシチュエーションに対応することも大切です。

 

年末年始は消費者の財布のひもが緩み、店舗側もかき入れ時となる「イベント」です。

商品やサービスは普段とは違う特別仕様で対応することも多いでしょう。

それは店舗運営のビジネスとして決して間違いではありません。

 

ただし、その後の閑散期でのリピートも狙うなら、顧客に「イベント時だけでなく、平常時にも足を運びたい」と思わせるアピールも同じように重要です。

クリスマスだからといって、クリスマス関連のデコレーションケーキしか購入できない洋菓子店は、その商品が魅力的だとしても、顧客からすれば日常的に利用するシーンを想像しづらいでしょう。

 

新規顧客は、日常的にその店を必要と感じれば、自然とリピーターになります。

そのためには年末年始関連の販促だけでなく、普段の週末や、あるいは仕事帰りなど、日常シーンでの利用をイメージしやすい訴求もできればベストです。

 

まとめ

一般的に、イベントで集客した顧客をリピーター化させるのは、難しいとされています。

しかし、年末年始に獲得した新規顧客でも、リマインドや来店促進を継続的に行い、普段利用するシーンを想像させることができれば、リピーター化させるチャンスはあります。

 

以上の3つのポイントを意識しながら、店舗に合わせた施策を試してみましょう。

 

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. お客様の声を集めて、商品・サービスの質を高めよう

    商品を買う際、あなたは何を重視して購入を決めますか? 商品の仕様、料金、デザインなどいろいろあ...
  2. リピート顧客を集客するポイントとは?

    集客のターゲットには、大きく分けて「新規」と「リピーター」の2つがあります。 お店...
  3. リピーターを増やすための、忘れられない努力を

    人はどのくらい忘れてしまうものなのかを押さえながら、販促活動の計画を練ってみませんか?...
  4. リピーター化するために必要な回数と期間とは

    新規の顧客がいくら増えても、継続して利用されなければ売上は安定しません。リピーターと呼ばれる人た...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティン…
    4C分析と4P分析という有名なマーケティング分析手法を、自社商品やサービスのマーケティングに生かす方法をご紹介します。4C分析や4P分析の目的は、自社商品やサービスのメリットを「売る側の視点」と「買う側の視点」に分けて整理し、販売に結び付けることです。4C分析や4P分析を「知っている」という方は多いでしょう。しかし、実際に自分でやろうとすると、どのような手順で進めればいいのか迷ってしまうことがあります。最初に4C分析や4P分析をまとめたメリット整理表を作成することで、商品改善や販売促進のキャッチコピーなどのアイデア出しに役立ちます。無料でダウンロードできるシンプルなメリット整理表のテンプレートをご用意いたしました。お客様の視点に立って自社商品やサービスの強みを振り返るために、ぜひご活用ください。
  • SDGs(持続可能な開発目標)とは?企業が取り組む事…
    SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、経済発展と社会的課題の解決の両立を目指す考え方です。 近年、SDGsに対する注目が高まっており、一人一人が意識と行動の変化を求められているものの、まだ十分に理解されているとはいえません。 本記事ではSDGsの意味や背景を解説し、企業側がSDGsを推進するメリットや、企業が取り組む事例を紹介します。
  • ビジネス交流会に効果的に参加するには?
    ビジネスを発展させるうえで、人脈を広げるチャンスとなるビジネス交流会に参加することは、有効な営業手段の1つです。しかしながら、何の目的もなしに参加するだけではほとんど意味がなく、貴重な時間と参加費用の無駄遣いとなってしまいます。まずは参加する目的を明確にし、自身の目的に合った方と知り合える交流会を選びましょう。
  • 店舗が知りたい!キャッシュレス決済の導入について
    近年、店舗において普及が進んでいるキャッシュレス決済。 経営者や担当者が今後キャッシュレス決済の導入を検討する際は、ユーザーの利用状況やメリットなどを知っておくとよいでしょう。 今回は、キャッシュレス決済の現状や、顧客側と店舗側のメリット、導入方法を紹介します。
  • 飲食店におけるデジタルトランスフォーメーション(DX…
    デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、デジタル技術によるビジネスの変革を指し、飲食業界からも注目を浴びています。 飲食店がDXに取り組むときは、まずDXの意味や取り組み事例を知っておく必要があります。 本記事ではDXの基礎知識を説明した上で、DXに取り組むメリットや施策の事例、さらに成功するためのポイントを紹介します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP