暑すぎて客足が遠のく…客足を増やす3つの対策とは!?

公開

猛暑は暑さ対策の商品・サービスにとっては追い風になる一方、暑すぎると人々は外出を控えるので、一部のお店では客足が遠のいてしまうこともあります。

 

本記事では、暑すぎが消費者行動に与える影響や、暑い時こそ集客効果を発揮する3つの対策を紹介します。

 

【目次】
1.集客に打撃も!猛暑の影響とは?
2.集客に役立つ猛暑特有の体の変化
3.暑すぎにも負けず客足を増やす3つの対策
4.まとめ

 

集客に打撃も!猛暑の影響とは?

適度な暑さは飲食、小売、レジャーなど幅広い業界にプラスの集客効果をもたらしますが、暑すぎると客足が遠のくネガティブな面もあるようです。

 

例えば、飲食店はビールなどの冷たい飲み物や夏メニューへの需要が期待できそうですが、実際には一部の店で売り上げが減少。

外気や日光に当たる屋外レジャー施設などは、集客数が減ったとする調査結果もあります。

 

近年は全国的に猛暑日が記録される日も増え、部分的に見ても2018年6~8月の東京都は平均気温と最高気温がともに前年を上回っています。

このような状況の中、「どうすれば暑すぎる日でも集客力を維持できるか」は大きな課題です。

 

 

【参考】ダイヤモンド・オンライン:「暑すぎるとビール売れずプールも客足減…「猛暑経済」の行方」
【参考】沖縄タイムス:「東海のレジャー施設5割が集客減 18年度、猛暑や台風、豪雨響く」
【参考】第一生命経済研究所:「今年の猛暑は消費を増やすか、減らすか?(2018年8月2日)」
【参考】気象庁:「過去の気象データ検索」

 

集客に役立つ猛暑特有の体の変化

暑いときでも集客を維持するためには、顧客の状態を知ることが大切です。

「暑いからこそ冷たい商品・サービス」も1つの手段ですが、「体が何を求めているのか」を知ることも集客に役立ちます。

そこで、猛暑時に起こりがちな体の変化を紹介しましょう。

 

- 血行不良
- 食欲不振
- 栄養不足

 

体温調節機能を正常に保つためには、血行を良くしたり適度に汗をかいたりすることが大切です。

しかし、気温が高いと冷房を使うため、体が冷えて血行不良になりがち。また、清涼飲料などを飲み過ぎて、食欲が抑えられてしまうこともあります。

 

結果的に、必要なビタミンやミネラルといった栄養素が不足。

自律神経に負担がかかり、体温調節機能が乱れる原因になり、夏バテや冷房病、熱中症のリスクを高めます。

つまり、暑すぎる時季には「避暑感」を売りにする集客も大切ですが、一方で、体調を整えるという訴求の方法も大切な要素になるのです。

暑すぎにも負けず客足を増やす3つの対策

顧客の悩み事も踏まえた上で、客足を増やすための対策を紹介します。

 

1.夏バテ対策を訴求

飲食店であれば、夏バテ対策になるような食事を提供しましょう。

野菜料理や肉料理は、不足しがちなビタミンやミネラルといった栄養素を補います。

唐辛子や香辛料の入ったピリ辛料理は新陳代謝を活発にし、発汗や血行を促進。

スパイスは胃を刺激して食欲を促進し、消化も助けます。

中国四川料理や東南アジアなどの辛い料理は、暑い場所でも健康を維持するための理にかなった食文化なのです。

 

 

体を癒す健康効果を狙う

暑い時季は室内の冷房で身体が冷えてしまい、全身が血行不良になることがあります。

これは体温調節機能の乱れにつながり、体に負担がかかります。

ですから、サウナ、温泉、フィットネスなど、体を温めて汗をかかせるサービスは、疲れた体を癒やす効果があるため、暑い時季にこそ適しているのです。

 

似たような業種も含め、訴求によっては集客効果が期待できるでしょう。

あるいは、まったく関連がない業種であっても、冷房の冷えすぎに注意して接客をすると、リピート客の獲得につながる可能性があります。

 

 

イベント感を演出

暑い日の集客には割引やプレゼントなどの特典を用意して、特別感を演出することも効果的でしょう。

 

- 猛暑割
- スポーツ割
- 浴衣割

 

気温が35度を超えた日や、スポーツイベントがある日の割引、浴衣客への割引は定番です。

飲食店であれば冷たい飲み物をサービスするのも良いでしょう。

 

【参考】医療法人社団こころとからだの元氣プラザ:「夏バテしない食生活~ ビタミン・ミネラルを効果的に摂って、快適な夏を過ごそう ~」
【参考】医療法人社団こころとからだの元氣プラザ:「日常生活でできる、夏の健康対策 ~暑さから身を守るには~」

まとめ

猛暑は一部で客足を遠ざけてしまう影響があるのは確かです。

しかし、暑さ特有の消費者の悩みもあります。

店舗側のアイデアと工夫次第では、集客効果を高められるチャンスも眠っています。

顧客の行動や心理を理解し、暑さとうまく付き合うことが大切です。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 自動車業界の方必見!自動車業界の課題と解決方法とは!?

    自動車業界は「CASE」という用語に象徴されるように、大きな変化の渦中にあり、多くの課題も存在し...
  2. 自動車業界の方必見!自動車業界のトレンドと今後の動向に迫る!

    自動車業界には「CASE」をはじめさまざまな変化が起きています。 自動車業界はメーカーだけでな...
  3. 【withコロナ】テイクアウト・デリバリーを活用して選ばれる店になる!

    withコロナの影響で、店内での飲食が避けられるようになったため、飲食店の活路としてデリバリーや...
  4. 飲食店の敵、閑散期の「ニッパチ」を乗り切る集客方法とは?

    飲食業界に限った話ではありませんが、2月と8月は「ニッパチ」と呼ばれ、他の月と比べると客足が落ち...
  5. 不動産・リフォーム業界の方必見!販促や集客方法について考える!!

    不動産・リフォーム業界は、商品・サービスが高額であり、ライバル企業が多いということもあるので、よ...
  6. ゴールデンウイーク対策!集客にオススメのイベントやサービスをご紹介

    ゴールデンウイークは多くの店舗にとって売上を伸ばすチャンスです。集客に向けて、イベントなどに力を...
  7. 新規顧客獲得にも! 飲食店で導入できる宅配・デリバリーサービスのメリット

    飲食店の宅配・デリバリー市場は拡大を続けており、後押しするように店舗の出前をサポートするデリバリ...
  8. 商談イメージ

    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なこと...
  9. 営業 契約のイメージ画像

    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役割の違いについて

    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? ...
  10. “メリット”と“ベネフィット”の違いを理解して
    訴求力のあるセールストークをつくりましょう。

    セールスをする際、商品・サービスの“メリット”だけでなく、お客様にとっての“ベネフィット”をきち...
  11. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法(実践活用編)

    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」に...
  12. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法

    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BA...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 業界シェアNo.1のブランドをつくるには
    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会社がブランドを構築するために、ブランディングに励んでいます。
  • 【業界研究】求人業界のトレンド情報
    〜201…
    ビジネスで最適な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は各業界の求人広告の利用状況と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの求人メディアについての情報もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
  • 知っておきたい『入管法改正』のこと
    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書かせていただきました。三回目は今年の4月に施行された改正入管法について考えてみます。過去二回もそうですが、直接業務で関わる方に向けてではなく、最近話題の法令改正の考え方を、直接業務に関わらない方向けになるべく分かりやすく解説させていただきます。
  • 【業界研究】不動産業界のトレンド情報
    ~201…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は不動産業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの販促方法付の情報もご紹介しますので、不動産業界の方も、それ以外の方も、ぜひご一読ください。
  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP