法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法

法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BANT情報」というものがあります。

 

BANT情報のフレームワークを使用したヒアリングによって営業の受注確度、もしくは見込みを高めることができます。

 

BANT情報をうまく活用して、成約率を高める方法について説明します。

 

BANT情報とは?

BANT情報とはどのようなものでしょうか。

 

①Budget(予算) ⇒ 製品・サービスを購入・導入するための予算はあるか 

②Authority(決裁権) ⇒ 判断してすぐに発注できる方と商談をしているか

③Needs(ニーズ) ⇒ 企業として必要としているか

④Timeframe(導入時期) ⇒ 購入・導入するタイミングは決まっているか

 

これからの4つの頭文字を取って「BANT情報」とよばれています。

 

法人営業ではこれらの4つの情報についてヒアリングし、案件の見込み度を測定して、その情報にもとづいて営業アプローチをしていくことで、効率よく受注確度をあげていくことができます。

 

BANTの4つの項目

「BANT情報」の4つの項目について説明します。

 

①Budget(予算) 

自社の提供するサービス・製品を購入するための予算をもっているかどうか。

具体的には、こちらの提示する見積金額を相手方がしっかりと確保できるか、またその時期(タイミング)はいつかを把握します。

 

発注の決裁権はあるが、そもそも予算がない、取れない場合は、サービス・製品の購入や導入の見込みは低いといえます。

 

②Authority(決裁権)

営業では決裁権(決定権)をもつ相手にアプローチすることが重要です。

誰が決定権・決裁権を握っているのかを把握し、その相手にピンポイントでアプローチすることで成功率が上がります。

もし決裁権の無い担当者と商談して、その担当者が興味や関心を持っても、結局は決裁権のある上司に再度営業することになり非効率です。

 

③Needs(ニーズ)

相手方の要望やニーズが企業としてのものであるかどうかを判断します。

担当者が個人的に興味や関心を持ったとしても、企業自体にニーズがない場合は、アプローチをかけてもその場で成約することは難しく、最悪の場合は徒労に終わってしまう可能性が高くなります。

 

④Timeframe(導入時期)

サービスや製品の購入、導入時期が具体的に決まっているかどうかを確認します。

決裁権のある担当者と商談を行い、予算も十分に取れ、企業として十分ニーズがあるとしても、競合のサービスや製品を購入済みや導入済みの場合、またはその担当者自体が多忙などの理由で導入時期が把握できない場合は、発注の時期が見えず成約に時間がかかるかもしれません。

 

このように、BANT情報をきちんと把握することにより効率的な案件管理ができます。

 

また、なぜ成約までいかないかの理由が明確になり、その対応を具体的なアクションプランに落とし込むことができます。

そのため全てのBANT情報を満たしているか、またどの情報が欠けているかなどは、サービスや製品の購入や導入の成約確度を高める、営業担当にとって非常に重要な情報となるのです。

 

ぜひ、この「BANT情報」のフレームワークをうまく活用していきましょう。

 

まとめ

・BANT情報のフレームワークを使用したヒアリングによって営業の受注確度、もしくは見込みを高めることができる

 

・BANT情報は「Budget(予算)」「Authority(決裁権)」「Needs(ニーズ)」「Timeframe(導入時期)」の4つの項目がある

 

・BANT情報をきちんと把握することにより効率的な案件管理ができる

 

 
 

■おすすめの関連コラム

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
交流会開催情報
第1回成田市ビジネス交流会
日程:2018年6月6日(水)
時間:15時~17時
参加費:2,000円(軽食・ドリンク付き)
対象者:経営者、決裁権のある役職の方
定員:20名
経営者や販促担当者にとっての「学びと交流の場」創りをコンセプトに、地域ビジネス活性化の場として「ビジネス交流会 in 成田」を地域新聞社主催にて開催いたします。
  • DMの基本~実施後の効果分析編~
    今まで実施したダイレクトメールの効果を、皆さんは把握していますか?「だいだいこのくらいの反応があったな」と感覚値で把握しているだけ、という方はいらっしゃいませんか。 今回は、ダイレクトメールの効果分析の方法についてご説明します。 実施後に効果分析を行うことで、ダイレクトメールの費用対効果について知ることができます。反響の良かったダイレクトメールはどこが良かったのか。悪かったダイレクトメールはどこを改善すれば良いのか。あらためて内容やクリエイティブを見直す機会にもなりますので、効果分析は必ず行いましょう。
  • リピーター獲得に強い、LINE@販促とは?
    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE@は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。特にリピーターを増やすためのツールとして、多くの店舗がLINE@を活用し始めています。リピーターを増やしたいとお考えの方は、一度LINE@を試してみてはいかがでしょうか?
  • 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング…
    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なのか」について説明します。 動画の特徴は、主に以下の3点です。 1.文字・写真と比較して訴求力が高い 2.ブランディングしやすい 3.ビジネスで動画を利用している人が少ない これらの中でも特に3つめの“ビジネスで動画を利用している人が少ない”がポイントです。
  • 地域新聞社の裏側を公開 ~自己紹介型の名刺について~
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が取り入れている自己紹介型の名刺についてご紹介します。名刺を上手く活用して、しっかりと企業アピールや自己PRを行いましょう。
  • 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる…
    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホームページ集客なんて無理!」とはなから思い込んでいる方がいます。 立地が重要といわれる店舗型ビジネスですが、昨今では「ホームページ集客で成功して、繁盛店になった!」という例もたくさんあります。 今回は、そんな店舗型ビジネスに奮闘している経営者様向けに、WEB集客の基本についてお話しします。 ※この記事の内容は、基本的にはどの業種でも有効ですので、他業界業種の方もぜひ参考にしてください。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP