法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法 | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法

公開

法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BANT情報」というものがあります。

 

BANT情報のフレームワークを使用したヒアリングによって営業の受注確度、もしくは見込みを高めることができます。

 

BANT情報をうまく活用して、成約率を高める方法について説明します。

 

【目次】

1.BANT情報とは?

2.BANTの4つの項目

3.まとめ

 

BANT情報とは?

BANT情報とはどのようなものでしょうか。

 

①Budget(予算) ⇒ 製品・サービスを購入・導入するための予算はあるか 

②Authority(決裁権) ⇒ 判断してすぐに発注できる方と商談をしているか

③Needs(ニーズ) ⇒ 企業として必要としているか

④Timeframe(導入時期) ⇒ 購入・導入するタイミングは決まっているか

 

これからの4つの頭文字を取って「BANT情報」とよばれています。

 

法人営業ではこれらの4つの情報についてヒアリングし、案件の見込み度を測定して、その情報にもとづいて営業アプローチをしていくことで、効率よく受注確度をあげていくことができます。

 

BANTの4つの項目

「BANT情報」の4つの項目について説明します。

 

①Budget(予算) 

自社の提供するサービス・製品を購入するための予算をもっているかどうか。

具体的には、こちらの提示する見積金額を相手方がしっかりと確保できるか、またその時期(タイミング)はいつかを把握します。

 

発注の決裁権はあるが、そもそも予算がない、取れない場合は、サービス・製品の購入や導入の見込みは低いといえます。

 

②Authority(決裁権)

営業では決裁権(決定権)をもつ相手にアプローチすることが重要です。

誰が決定権・決裁権を握っているのかを把握し、その相手にピンポイントでアプローチすることで成功率が上がります。

もし決裁権の無い担当者と商談して、その担当者が興味や関心を持っても、結局は決裁権のある上司に再度営業することになり非効率です。

 

③Needs(ニーズ)

相手方の要望やニーズが企業としてのものであるかどうかを判断します。

担当者が個人的に興味や関心を持ったとしても、企業自体にニーズがない場合は、アプローチをかけてもその場で成約することは難しく、最悪の場合は徒労に終わってしまう可能性が高くなります。

 

④Timeframe(導入時期)

サービスや製品の購入、導入時期が具体的に決まっているかどうかを確認します。

決裁権のある担当者と商談を行い、予算も十分に取れ、企業として十分ニーズがあるとしても、競合のサービスや製品を購入済みや導入済みの場合、またはその担当者自体が多忙などの理由で導入時期が把握できない場合は、発注の時期が見えず成約に時間がかかるかもしれません。

 

このように、BANT情報をきちんと把握することにより効率的な案件管理ができます。

 

また、なぜ成約までいかないかの理由が明確になり、その対応を具体的なアクションプランに落とし込むことができます。

そのため全てのBANT情報を満たしているか、またどの情報が欠けているかなどは、サービスや製品の購入や導入の成約確度を高める、営業担当にとって非常に重要な情報となるのです。

 

ぜひ、この「BANT情報」のフレームワークをうまく活用していきましょう。

 

まとめ

・BANT情報のフレームワークを使用したヒアリングによって営業の受注確度、もしくは見込みを高めることができる

 

・BANT情報は「Budget(予算)」「Authority(決裁権)」「Needs(ニーズ)」「Timeframe(導入時期)」の4つの項目がある

 

・BANT情報をきちんと把握することにより効率的な案件管理ができる

 

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 不動産・リフォーム業界の方必見!販促や集客方法について考える!!

    不動産・リフォーム業界は、商品・サービスが高額であり、ライバル企業が多いということもあるので、よ...
  2. ゴールデンウイーク対策!集客にオススメのイベントやサービスをご紹介

    ゴールデンウイークは多くの店舗にとって売上を伸ばすチャンスです。集客に向けて、イベントなどに力を...
  3. 新規顧客獲得にも! 飲食店で導入できる宅配・デリバリーサービスのメリット

    飲食店の宅配・デリバリー市場は拡大を続けており、後押しするように店舗の出前をサポートするデリバリ...
  4. 暑すぎて客足が遠のく…客足を増やす3つの対策とは!?

    猛暑は暑さ対策の商品・サービスにとっては追い風になる一方、暑すぎると人々は外出を控えるので、一部...
  5. 商談イメージ

    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なこと...
  6. 営業 契約のイメージ画像

    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役割の違いについて

    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? ...
  7. “メリット”と“ベネフィット”の違いを理解して
    訴求力のあるセールストークをつくりましょう。

    セールスをする際、商品・サービスの“メリット”だけでなく、お客様にとっての“ベネフィット”をきち...
  8. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法(実践活用編)

    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」に...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中…
    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについてまとめてみます。前回の記事「災害に備える~中小企業強靭化法について~」では、経営持続力強化についての新しい動きをレポートしました。それは、転ばぬ先のつえとして・事業を営んでいる土地でどのような重大災害が発生する可能性が高いかを調査・その災害が発生した時に自らの事業にどのような影響が生じるかを予測・必要な対策をあらかじめ講ずる場合は国が一定の支援を行うという内容でした。これは、東日本大震災をはじめとする昨今の災害が多発する傾向とその被災状況を踏まえて制定された、新しい予防保全の制度です。今回解説するのは、いったん重大な災害が発生し被害が発生した場合に、国が講ずる支援策についてです。実際に重大な災害に遭遇して、自らに大きな被害が発生すると、その対応に追われ、どのような支援が国や自治体から得られるのかを調べる余裕がなくなることが予想されます。普段から制度の枠組みを把握し、必要な連絡先などを整理しておかれるとよいと思います。
  • リファーラルマーケティングを活用・実践してビジネスを…
    ビジネスにリファーラルを活用することには多くのメリットがあります。今回はリファーラルマーケティングについて解説します。リファーラル(referral)とは、「紹介・推薦」という意味です。リファーラルマーケティングとは、「紹介・推薦」をマーケティング戦略として活用・実践することです。
  • BtoB企業にとって効果的なブランディングの方法とは…
    現在、BtoB企業においても“ブランディング”を重視するところが増えています。 なぜそうしたことが起きているのか。 そして、BtoB企業におけるブランディングの方法とは。今回はそうしたことについてお伝えいたします。
  • 【受付終了】集客・売上アップにピッタリ!小規模事業者…
    「周囲にライバル店が増えているので、何か手を打ちたい」「新店舗を出すので既存顧客にDMを送りたい」「ホームページが古くなってしまい、問い合わせがほとんどない」「売上げが頭打ち。新しい取引先を開拓したい」「店を改装し、イメージを一新したい」「ブランディングについて専門家のアドバイスが欲しい」このような悩みや課題、計画をお持ちではありませんか。個人事業・小規模事業者の皆さんの味方となり、売上アップや新規顧客の獲得などの取り組みを応援してくれるのが「小規模事業者持続化補助金」です。日本全国の個人事業・小規模事業者に活用され、実に96%もの皆さんに売上げアップの効果が出ている「小規模事業者持続化補助金」が、今年も実施されます。「小規模事業者持続化補助金」を活用して、悩みや課題を解決し、計画を実行しましょう!
  • 【業界研究】リフォーム業界のトレンド情報 〜2020…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回はリフォーム業界の現状と今後の見通しについて、「販促の大学」を運営している地域新聞社に2020年4月に入社した新卒社員が調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、リフォーム業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP