【集客・販促のきっかけにも!】人気のワークショップで競合店と差をつける!

公開

ワークショップは、それ自体が商品になるだけではなく、集客・販促のきっかけとしても有効な手段です。

 

「コト消費」志向の顧客を満足させながら、自社商品の魅力を伝えるチャンスでもあります。

ワークショップをうまく活用すれば、競合店と差をつけることもできるでしょう。

 

今回は、ワークショップの活用法を紹介します。

 

【目次】
1.ワークショップとは
2.店舗運営に活用できる?ワークショップのメリット
3.集客力をアップ!ワークショップの例
4.ワークショップから収益化につなげるポイント
5.まとめ

ワークショップとは

ワークショップとは、インストラクターの指導の下、参加者が主体的に学習したり、行動したりしながら成果を目指す活動です。

 

一方的に講師から教わる講座やセミナー、参加者の主体性が強いグループワークとは違います。

例えば、料理教室やハンドメイド教室のように、参加者が積極的に参加するのがワークショップの特徴です。

店舗運営に活用できる?ワークショップのメリット

ワークショップは、参加者と提供側の双方にメリットがあります。

 

例えば、手芸やストレッチのような身体を使う技術は文字だけでは伝わりづらいものですが、専門家に手取り足取り教われば、確実に身に付けられるでしょう。

 

一方、提供者は顧客の素朴な疑問を肌で感じられるので、サービス向上のヒントが得られます。

 

また、ハンドメイド教室や料理教室では、提供している商品の使い方や調理のコツなどをしっかり伝えることにより、リピーター獲得も期待できるでしょう。

集客力をアップ!ワークショップの例

ワークショップは業種によってさまざまな種類があります。ここでは、アイデアのヒントとして、定番ともいえる例をいくつか紹介します。

 

飲食物の調理体験

飲食店や、食品メーカーが、自社で提供している商品を使った調理の体験会を開くことは、定番ではありますが効果絶大です。

お菓子工場の見学後に菓子作り体験をしたり、カフェでドリップコーヒー体験会を経験したりすれば、良い思い出になるだけでなく、そのブランドへの愛着を強めることになるでしょう。

 

 

グッズ・手芸品のハンドメイド体験

ハンドメイドは、主に主婦層に人気のテーマです。

裁縫やDIYが趣味という消費者はどの地域にも一定数おり、ワークショップをきっかけに、自社の商品を薦めるという展開も考えられます。また、体験者のSNSの拡散による新規顧客獲得なども期待できるでしょう。

 

 

エクササイズ・アクティビティ講習

身体を使うプログラムは、ワークショップに最適です。

プロの指導があればすぐにその魅力を理解することがあります。ヨガ、ストレッチ、ダンスといったプログラムが定番ですが、健康志向の広がりもあり、さらなる人気が期待できます。

ワークショップから収益化につなげるポイント

ワークショップは提供側の目的意識を明確にすることが大切です。

 

ワークショップそれ自体で収益化する場合と、ワークショップをきっかけとして自社商品に興味を持ってもらい、購入・リピート化につなげてマネタイズするケースとでは、取るべき方法は全く違ってきます。

 

前者であればワークショップのメニューや質を工夫すべきですが、後者の場合は、顧客にワークショップで満足してもらうだけではなく、最終的に商品購入に導くための導線設計を忘れてはいけません。

手軽に、楽しく、魅力的という成功体験があれば、リピート化はそう難しいことではありません。

 

常にワークショップの目的と、収益化の方法を意識しましょう。

まとめ

ワークショップは、一見手間がかかると感じるかもしれませんが、顧客のニーズを直接探りつつ、魅力をわかりやすく発信できる機会です。

単にモノ・サービスを売るだけではなく、体験そのものが価値でもあり、リピーター獲得や口コミ効果も期待できます。

 

顧客の満足度を高めライバルと差をつけるためにもワークショップを活用してみてはいかがでしょうか。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 新年度!春は新規顧客獲得のチャンスがいっぱい!

    新年度を迎える春先は、転勤や進学などを機に新生活を始める人が増える時期です。 店舗側は新規顧客...
  2. リードナーチャリングとは?顧客を育成する手法について徹底解説

    リードナーチャリングという言葉をご存知ですか?リードナーチャリングを行うことで、今まで購入に至っ...
  3. テイクアウトイメージ

    テイクアウトで売上アップ!イベント時にオススメの売り方・販促をご紹介

    イベントのときは、普段と違う人の流れやニーズが生まれます。テイクアウトは便利さや商品力を売りに、...
  4. 屋台イメージ

    【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご紹介

    屋台は自由度が高い販売促進の方法です。夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以...
  5. 新規顧客獲得のための集客方法と3つのポイント

    新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。集客のターゲットには大きく分けて「新規」...
  6. 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法

    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになって...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
キャッチコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?
    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょうか?太鼓などの楽器を鳴らしながらお店のチラシを配り歩く、とても賑やかな販促方法。江戸末期に始まったといわれていますが、ネットが普及した現代だからこそ、人による「リアル」な販促手法が人々の注目を集める可能性は高いといえます。珍しさが人を呼ぶ、温かい販促手法をご紹介いたします。
  • ちいき新聞の裏側公開! 会社独自のノベルティを作ろう…
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が独自に作成しているノベルティについてご紹介します。
  • 知ってて当たり前?AISASとは?購買行動モデルを意…
    皆さん、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉を聞いたことはありますか?どちらも、消費者の購入決定プロセスを体系立てるためのマーケティング理論です。
  • 【飲食店向け】時流に乗った飲食店の傾向と対策
    大手チェーン店も乗り出している「現在の飲食店事情」がどのようなものか、ご存じでしょうか?現在、飲食業界にも大きな変化が起きています。時流に乗った飲食店に、どのような傾向があるのでしょうか?
  • いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中…
    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについてまとめてみます。前回の記事「災害に備える~中小企業強靭化法について~」では、経営持続力強化についての新しい動きをレポートしました。それは、転ばぬ先のつえとして・事業を営んでいる土地でどのような重大災害が発生する可能性が高いかを調査・その災害が発生した時に自らの事業にどのような影響が生じるかを予測・必要な対策をあらかじめ講ずる場合は国が一定の支援を行うという内容でした。これは、東日本大震災をはじめとする昨今の災害が多発する傾向とその被災状況を踏まえて制定された、新しい予防保全の制度です。今回解説するのは、いったん重大な災害が発生し被害が発生した場合に、国が講ずる支援策についてです。実際に重大な災害に遭遇して、自らに大きな被害が発生すると、その対応に追われ、どのような支援が国や自治体から得られるのかを調べる余裕がなくなることが予想されます。普段から制度の枠組みを把握し、必要な連絡先などを整理しておかれるとよいと思います。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP