リファーラルマーケティングを活用・実践してビジネスを拡大する

公開

ビジネスにリファーラルを活用することには多くのメリットがあります。

今回はリファーラルマーケティングについて解説します。

 

【目次】

1.リファーラルとは?

2.リファーラルマーケティングの4つのメリット

3.有効なリファーラルを紹介してもらうには?

4.まとめ

 

リファーラルとは?

リファーラル(referral)とは、「紹介・推薦」という意味です。

リファーラルマーケティングとは、「紹介・推薦」をマーケティング戦略として活用・実践することです。

 

リファーラルマーケティングの4つのメリット

リファーラルを活用するメリットはいろいろありますが、特に次の4点が大きいでしょう。

 

1.企業規模に関わらず効果がある

2.自分たちだけでは難しいであろう顧客を獲得できる

3.広告費を大幅に抑えられる

4.自分の理想としている価格で売れる

 

では、各項目についてみていきましょう。

 

 

1.企業規模に関わらず効果がある

私も経験があるのですが、自社よりも規模が大きい企業や誰もが知っている大企業、上場企業などと取引する際、自分と規模の違いがあるとなかなか相手にされないものです。

しかし、自社と相手の間で信頼されているキーパーソン、すなわち紹介者がいれば、商談に持ち込める確率がぐっと上がります。

 

2.自分たちだけでは難しいであろう顧客を獲得できる

紹介された新たな取引先が、ふだん自分と同じ業界にいる人であるとは限りません。

通常のビジネス活動ではなかなか知り得ない、入り込めない業界の事業者とビジネスを始めることができる可能性が生まれます。新たな業界の開拓という点でもビジネスチャンスは大きく広がります。

 

 

3.広告費を大幅に抑えられる

広告を打たなくても紹介者が見込み顧客を連れてきてくれるので、顧客獲得コストはゼロです。

特に広告費を抑えて新たな取引先を獲得したいと考えている中小企業にとっては、かなり大きなメリットといえます。

 

 

4.自分の理想としている価格で売れる

信頼できる紹介者からの紹介ですので、安心して取引できる可能性が高くなります。

また競合とのコンペになったとしても、勝率は大幅にアップします。

すでにある程度の信頼を得ているので、理想の価格で売れる見込みも大きくなります。

 

 

有効なリファーラルを紹介してもらうには?

突然ですが、

「知らない人が自分に何かを売りつけようとしたら、果たしてその人物に好感を抱くでしょうか?」

 

もちろん好感を持てる人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合は警戒して、距離をおいて様子を見るのではないでしょうか。中には、あからさまに拒絶する人もいると思います。

 

「信頼なしにビジネスは存在しない」と言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、信頼を築くことができればビジネス関係は成立しやすくなります。

 

また、会って間もないよく知らない人を、自身のパートナーに紹介でるでしょうか。

私はやはり難しいと感じます。

なぜなら、何かトラブルがあったときに自分の信頼も損ねる可能性があるからです。

 

 

その意味で紹介者・被紹介者間でしっかりとした信頼関係を築く事が大切です。

まず信頼してもらうため、実績を積み上げることが重要だといえます。

 

信頼を勝ち取るには、

・ホームページやブログなどのオウンドメディア、ソーシャルメディア(Facebook、Twitter等)で情報を発信する。
   例)導入事例、お客様の声、自身の業界の役立つ情報

・オンライン/オフラインに関係なく、人間関係を広げるために交流をしていく

など日ごろからの地道な活動が大事です。

 

 

そして何より、紹介を受けた案件については成果を出して、それを積み上げていくことが重要です。

 

「信用は1日にして成らず」

 

 

信用を得ることは大変です。

しかしリファーラルマーケティングをうまく活用し、実践していけば、あなたのビジネスは大きく発展するでしょう。

 

 

まとめ

・リファーラルとは「紹介・推薦」という意味。

 

・リファーラルマーケティングには主に「企業・個人の規模に関わらず効果がある」「自分たちだけでは難しいであろう顧客を獲得できる」「広告費を大幅に抑えられる」「自分の理想としている価格で売れる」の4つのメリットがある。

 

・有効なリファーラルを受けるには、日々の情報発信や人との交流、そして何よりも紹介された案件において、期待された成果を出すことが大事。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 年末年始商戦!withコロナでも新規顧客をゲットするには!?

    2020年は新型コロナウイルス感染症が終息する見通しが立たず、「withコロナ」での年末年始商戦...
  2. 【店舗向け】2020年のクリスマス商戦!withコロナの今年は何が違う?

    2020年のクリスマス商戦は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年とは大きく異なることが予想され...
  3. 【飲食店経営で役立つ!】マーケティングの基本!お店のコンセプトに合ったペルソナを考えよう!

    飲食店経営では、正しいペルソナを設定できるかどうかが売上を左右します。 お店とペルソナがマッチ...
  4. 美容業界の方必見!美容業界のトレンドと今後の動向に迫る!

    近年、美容業界は市場規模や出店数が緩やかに拡大・増加している一方、サービスが多様化し、競争が激化...
  5. サブスクリプションとは?サービスの事例やメリット・デメリットをご紹介!

    サブスクリプションはデジタルサービスの拡大を背景に普及しているビジネスの仕組みで、商品開発やマー...
  6. シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世代を取り込む!

    ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の...
  7. 増えるシニアのネット利用 シニア世代が求めるモノ・サービスとは

    インターネットを利用するシニア世代は増加しつつあります。 販売戦略で高齢者をターゲットとするな...
  8. SEOで勝つには? SEOで上位表示されるために必要な基礎対策を解説!

    SEO対策をしてみたい!と思っても、まず何からすればいいのか分からない、という人も多いかと思いま...
  9. Webマーケティングイメージ

    Webマーケティングとは? Webマーケターの仕事内容について解説!

    最近、「Webマーケティング」という言葉をよく聞きますが、いったいどのような仕事なのでしょうか?...
  10. 知ってて当たり前?AISASとは?購買行動モデルを意識して売上を伸ばそう

    皆さん、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉を聞いたことはありますか?どちら...
  11. ○○マーケティングって、つまり何?

    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります...
  12. 紹介マーケティングを活用して売上を上げる

    集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な...
  13. 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティングに生かす方法をご紹介!
    ~サービスメリット整理表を活用しよう【無料DL】~

    4C分析と4P分析という有名なマーケティング分析手法を、自社商品やサービスのマーケティングに生か...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 自店のポジショニングを確認して、他店との競争で優位に…
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • コミュニケーション不足? 部下を伸ばす鍵はフィードバ…
    「なかなか優秀な社員が育たない」そんな声をよく耳にします。売り手市場が続いてる状況下で、優秀な学生は大手企業や意欲的なベンチャー、公務員などに流れ、資金力が限られた多くの中小企業にとっては厳しい採用戦線が続いています。社員の能力を一定水準以上に保つことは会社経営の要。優秀な人材確保が難しい昨今、入社後の人材育成の重要性が高まっています。ところが今、人材育成に悩む企業が増加しているというのです。
  • 地域商売とドラッカーの知恵
    店舗でご商売をされている方は、地元密着の経営をされている方がほとんどだと思います。 大企業の社長や幹部が愛読していそうなドラッカーの経営論なんて「自分たちには関係ない」とお思いかもしれません。
  • 知ってて当たり前?AISASとは?購買行動モデルを意…
    皆さん、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉を聞いたことはありますか?どちらも、消費者の購入決定プロセスを体系立てるためのマーケティング理論です。
  • 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジ…
    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々難しくなっています。仕事が評価されなかった、ストレスを感じた、自身の希望と業務内容がミスマッチだったなど、辞める理由は人それぞれです。「厳しく叱責したら辞めてしまうのでは」「どう接してよいかわからない」そんな不安を抱えながら部下と接している方も多いのではないでしょうか。上司と部下という関係がより複雑になっている今、部下に対する「マネジメント能力」が、多くの上司に求められています。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP