【受付終了】集客・売上アップにピッタリ!小規模事業者にウレシイ補助金、今年も実施 | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

【受付終了】集客・売上アップにピッタリ!小規模事業者にウレシイ補助金、今年も実施

公開

※本コラムは2019年1月22日時点のものです 
現在では受付を終了しておりますので、ご了承ください

 

「周囲にライバル店が増えているので、何か手を打ちたい」

「新店舗を出すので既存顧客にDMを送りたい」

「ホームページが古くなってしまい、問い合わせがほとんどない」

「売上げが頭打ち。新しい取引先を開拓したい」

「店を改装し、イメージを一新したい」

「ブランディングについて専門家のアドバイスが欲しい」

 

このような悩みや課題、計画をお持ちではありませんか。

 

個人事業・小規模事業者の皆さんの味方となり、売上アップや新規顧客の獲得などの取り組みを応援してくれるのが「小規模事業者持続化補助金」です。日本全国の個人事業・小規模事業者に活用され、実に96%もの皆さんに売上げアップの効果が出ている「小規模事業者持続化補助金」が、今年も実施されます。

 

「小規模事業者持続化補助金」を活用して、悩みや課題を解決し、計画を実行しましょう!

 

「小規模事業者持続化補助金」とは

地域の商工会議所・商工会の協力により実施されている、国が助成する補助金制度です。

販売促進や販路拡大、業務の効率化や生産性向上を目的として小規模事業者(注1)が行う補助対象事業の経費の一部が補助されます。

 

返済不要。最大50万円の補助金がもらえます

補助の対象となる事業の実施にかかる経費の2/3以内、最大50万円までが補助されます。補助金ですので返済は不要です。

 

 〇補助率:補助対象経費の2/3以内

 〇補助上限額:50万円

 

※補助の対象となる取り組みの費用75万円以上に対し50万円が補助されます。75万円未満の場合は、その2/3の金額が補助されます。

 

補助金の活用例

次のような取り組みに利用できます

 

 ・販促用チラシの作成とポスティング

 ・ホームページの新規制作やリニューアル

 ・パンフレットやカタログの制作

 ・マスコミ媒体やウェブサイトでの広告

 ・展示会への出展、商談会への参加

 ・マーケティングやブランディング、業務改善の専門家からの助言・指導

 ・店舗改装(商品陳列、バリアフリー化、看板制作など)

 ・顧客管理システムの導入

 

 その他、販路拡大または生産性向上のための取り組みなど。

 

補助金をもらう方法

自社の業務内容や今後の経営方針を示した「経営計画書」と、補助金を活用し実施する事業内容を示した「事業計画書」を提出します。事務局で計画書の内容が審査され、採択された事業者に補助金が交付されます。

つまり、「経営計画書」づくりと「事業計画書」づくりが補助金獲得のポイントとなります。

 

【受付終了】大好評の補助金活用セミナー、3月5日開催

毎回好評をいただいている「補助金活用セミナー」を、今年は3月5日(火)に開催します。補助金の仕組み、今年実施される補助金の最新情報、申請の仕方、補助金の活用事例などを分かりやすく、詳しく解説します。また、補助金の専門家への相談も可能です。

補助金のことを詳しく知りたい、活用してみたいとお考えの方は、ぜひご参加ください。

 

詳しくは補助金活用セミナーの案内ページをご覧ください。(現在受付は終了しています)

注1:小規模事業者とは「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)で、以下のような従業員数の事業者が対象となります。

 

■卸売業・小売業:常時使用する従業員の数5人以下

■サービス業(宿泊業・娯楽業以外):常時使用する従業員の数5人以下

■サービス業のうち宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員の数20人以下

■製造業その他:常時使用する従業員の数20人以下

 

【留意事項】この記事は、昨年実施された「平成29年度補正予算小規模事業者持続化補助金」の公募要項と、昨年12月に中小企業庁より公開された平成31年度予算の中の「小規模事業者持続化補助金」(平成30年12月21日)に関する資料に基づいて制作したものです。今後正式に発表される公募要項とは実施内容が異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

 
 

The following two tabs change content below.
川井久
株式会社New Beginnings Japan 代表取締役〔中小企業診断士〕 “チャレンジする中小企業の経営を、補助金活用でサポートする”を主軸に、特に千葉市・船橋市を中心に新規創業者の創業支援などを行っている。過去に手掛けた補助金取得支援は150件を超える。

■おすすめの関連コラム

  1. 【中小企業向け】withコロナの今だからこそ補助金・助成金の情報を知ろう!

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経営者が知っておきたいのは、事業の継続や感染症対策に関連する...
  2. 今年こそ補助金を活用しよう!『小規模持続化補助金』活用準備

    小さな会社やお店だからこそ使える補助金があることをご存じでしょうか?販路開拓を目的に、チラシや看...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?
    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょうか?太鼓などの楽器を鳴らしながらお店のチラシを配り歩く、とても賑やかな販促方法。江戸末期に始まったといわれていますが、ネットが普及した現代だからこそ、人による「リアル」な販促手法が人々の注目を集める可能性は高いといえます。珍しさが人を呼ぶ、温かい販促手法をご紹介いたします。
  • 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割
    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページやブログを制作すること • FacebookやTwitterのようなSNSを活用すること • 物販をしている方なら、ネットショップを作ること などなど、あなたの置かれている立場で、イメージすることは異なるかもしれません。
  • リードナーチャリングとは?顧客を育成する手法について…
    リードナーチャリングという言葉をご存知ですか?リードナーチャリングを行うことで、今まで購入に至っていなかった見込み客を、自社の最終的な“お客様”にすることができます。企業が活用できるリードナーチャリングの手法について解説します。
  • ユニークな社内制度を取り入れて従業員のモチベーション…
    最近では、独自の社内制度やユニークな取り組みを行っている企業が増えてきました。「購入制度」…何かを購入する際に補助金が出る制度 ゲーム制作会社の株式会社レベルファイブでは【ゲーム購入金補助制度】、ソフトウエア開発会社のChatwork株式会社では【最新デバイス購入支援制度】を取り入れています。それぞれ、単純にうれしいのはもちろん、自社製品の開発にも役立つ、一石二鳥の制度ですね。「復帰制度」…退職後、指定年数以内であれば復職できる制度 サイボウズ株式会社には【自分休暇制度】、株式会社croozには【CROOZ号乗船往復チケット】があり、退職した企業に再度戻ることができます。このように、ユニークな社内制度があるというだけで、その企業に興味が湧いてきますよね。また、実際に働いてる従業員も面白い社内制度のおかげで、モチベーションが上がったり働きがいが高まるでしょう。当サイト、販促の大学の運営会社である株式会社地域新聞社では、2008年より「ありがとうカード制度」という取り組みを導入しています(インセンティブ制度の一種)。他にもユニークな制度として、社員の心身のリフレッシュと能力向上を目的とした【カフェテリアプラン】があります。今回は制度導入後10年以上が経過した、「ありがとうカード制度」についてご紹介いたします。
  • 求人広告の掲載をしたい! 最適な時期はいつ?
    新たに中途採用をする上で、求人広告は欠かせない手段の1つです。 求人広告で成果を出すためには、求職活動が多い時期を知り、最適なタイミングを狙って広告を掲載する必要があります。 今回は、求職者が多い時期や求人広告の掲載に適した時期について説明します。
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP