BtoB企業にとって効果的なブランディングの方法とは?

公開

現在、BtoB企業においても“ブランディング”を重視するところが増えています。
なぜそうしたことが起きているのか。
そして、BtoB企業におけるブランディングの方法とは。

今回はそうしたことについてお伝えいたします。

 

【目次】
1.ブランディングが注目されている理由
2.BtoBにおける効果的なブランディングの方法
3.BtoB企業のブランディングの成功事例
4.まとめ

 

ブランディングが注目されている理由

今なぜBtoB企業においてブランディングが注目されているのでしょうか?
その最大の理由は、同業他社の増加で競争が激化している業界では、他社より一歩リードするためにも“ブランディング”が欠かせない要素となっているからです。

 

“ブランディング”によって商品・サービスや企業の認知度が高まれば、まだ取引のない企業にも関心を持ってもらえる可能性が高まりますし、検討の俎上(そじょう)に載ったときには「あの会社は知名度が高いから信頼できる」と決済までスムーズにいく確率も高まります。

 

すべてにおいて高い効果を発揮してくれる“ブランディング”。

では、どのようなブランディングの方法が効果的なのでしょうか?

 

BtoBにおける効果的なブランディングの方法

1.イベントへの出展・協賛、スポンサー協力
自社の商品やサービスに関心を持つであろう人々が集まるイベントやセミナーを開催したり、大型の展示会などに出展・協賛したりするのも、ブランド力をアップさせる方法の一つです。
例えば、美容やリラクゼーションのイベントには、最新の商品やサービスを探し求めている担当者が大勢集まってきます。
そのような場所で話題になることができれば、一気に知名度を高めることができるでしょう。

 

 

2.広告
看板やテレビCM、電車の中づり広告など、大勢の人の目に触れる場所に広告を出稿するのもいいでしょう。
たとえすぐに購買や申し込みにつながらなくても、認知を高めておくことで、広い範囲でリード(見込み顧客)を作ることができます。

 

 

3.メディアへの露出・掲載
例えば、テレビ番組に出演したり、雑誌の対談ゲストとして招かれたり。
広告というカタチでなくても、メディアへの露出が増えれば、自然と知名度は上がります。
自社のオウンドメディアを通じて、消費者の役に立つコラムなどを発信し、それがSNSなどで話題になれば、メディアから出演オファーが来るかもしれません。
遠回りな方法に見えますが、成功すれば効果は抜群!
長期的な展望を見据えて挑戦してみるのもいいでしょう。

 

 

4.賞の受賞
「〇〇賞受賞」「△△ランキング第1位」といった経歴を持つ企業や商品・サービスは強いです。
「特に受賞経験はない…」という場合は、自ら積極的にコンペやアワードに応募してみてはいかがでしょうか。
受賞した暁には、メディアから注目が集まったり、同じ広告でも「◇◇賞受賞!」の一言が入っている・いないで売れ行きが大きく異なったりする可能性があります。

 

BtoB企業のブランディングの成功事例

1.すべての商品に商標を貼付
ドルビーラボラトリーズは自社のテクノロジーが搭載されているすべての商品に自社の商標(ロゴ)を添付することで、「この商品にも、あの商品にもドルビーラボラトリーズの技術が使われている」とユーザーに認知させ、自社のブランディング力を向上させています。
この取り組みが成功し、「〇〇社の商標が入っているのは良い製品」という認識が広まれば、より多くのライセンス収入を得られるようになります。

 

 

2.商品の前に“ソリューション”を浸透させる
IBMが販売している人工知能「Watson」。
商品である「Watson」の前にIBMが普及に努めたのが、コグニティブ・コンピューティングというソリューション(顧客の抱える問題や課題を解決するシステムや技術など)です。
コグニティブ・コンピューティングとは、従来のコンピューターができる範囲にとどまらず、学習・予測までできる技術。
まずはこのコグニティブ・コンピューティングのソリューションを広めることでブランディングを図り、その後それを実現できる自社システムとして「Watson」を販売しています。

 

まとめ

・BtoB企業においても、競合他社の増加により差別化の必要に迫られており、“ブランディング”を重視する会社が増えている。

 

・BtoB企業における効果的なブランディングの方法として、イベントへの出展・協賛、スポンサー協力、広告出稿、メディアへの露出・掲載、賞の受賞などがある。

 

・ドルビーラボラトリーズやIBMなど、世界の名だたる企業も独自の方法でブランディングに力を注いでいる。

 

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

■おすすめの関連コラム

  1. エシカル消費とは?企業のメリットと取り組み事例を解説

    近年、エシカル消費に注目が集まってきています。 持続可能な開発目標(SDGs)の取り組みが企業...
  2. 【成功事例から学ぶ経営戦略】SDGs(持続可能な開発目標)に取り組む企業のPR方法!

    現在、多くの企業が、SDGs(持続可能な開発目標)に積極的に取り組んでいます。企業の広報担当者・...
  3. 「自分史」の取り組みで「パーソナルブランディング」を確立する

    私は、「一枚の写真の自分史」という活動に取り組んでいます。これは、思い出の写真を一枚ずつ持って同...
  4. 中小企業のブランド戦略・パート4
    自社の独自性や優位性「ポジショニングについて」

    自社の独自性や優位性「ポジショニングについて」 中小企業だからこそ狭く深く ポジショニングとは簡...
  5. 中小企業のブランド戦略・パート3

    顧客は誰か?「ペルソナについて」情報もモノも溢れている時代だからこそ意識したいこと。ブランドづく...
  6. 中小企業のブランド戦略・パート2

    皆さんがお客さまや消費者の立場に立った時に、いくつも同じような会社やお店、商品・サービスがあって...
  7. 中小企業のブランド戦略とは

    「ブランドって何?」と問われたときに、明確に答えられる人はどれだけいるのでしょうか。「ブランド」...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 自動車業界の方必見!自動車業界の課題と解決方法とは!…
    自動車業界は「CASE」という用語に象徴されるように、大きな変化の渦中にあり、多くの課題も存在します。 自動車関連のビジネスを行う事業者は、まずは自社が取り組むべき課題を整理し明確にした上で、今後の事業の方針を見定めなければなりません。 本記事では自動車業界の主な課題と、その解決策について紹介します。
  • 宿泊業に関する法整備について
    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウンド対策があり、そのために食品の安全衛生の国際標準化が急務だということがありました。今回は、今話題の民泊について考えてみます。
  • 新型コロナウイルス感染症に負けない! ピンチをチャン…
    2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、アメリカの疾病対策センター(CDC)が2020年2月26日、「世界的なパンデミックに近づいている」という懸念を発表しました。日本でも2020年2月27日に全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校を要請する考えを表明し、2020年4月7日には全国で緊急事態宣言が発令されています。2020年5月25日に解除宣言がされたものの、2021年1月4日に東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の1都3県を対象に、特措法に基づく緊急事態宣言を発出することを検討すると表明。前回の緊急事態宣言では大規模イベントの中止や、消費者が不要不急な外出を控えることなどにより、ビジネスシーンにおいても大きな影響を与えました。
  • 中小企業のブランド戦略とは
    「ブランドって何?」と問われたときに、明確に答えられる人はどれだけいるのでしょうか。「ブランド」という言葉は誰でも聞いたことがあるはずですが、私は言葉だけが一人歩きしてしまっているように感じています。このサイトをご覧の皆様がブランドに関する正しい知識を持ち、ビジネスの発展に役立てていただけるよう、解説をさせていただきます。
  • 売上をあげるための顧客リストを育てよう
    顧客リストについて、有名なエピソードを2つご紹介します。 最初は江戸時代のある呉服屋の話。その呉服屋は火事になった時、火の粉が迫り来る中、まず顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んでから逃げました。そして火事が収まった後、顧客台帳を井戸から引き上げ、それを基にして商売を再開したのです。 また、アンドリュー・カーネギー(米国実業家、鉄鋼王。1919年没)は、「私の全ての財産を持っていってもかまわない。ただし、顧客リストだけは残しておいてくれ。そうすれば、私はすぐに今の財産を築いてみせる」という言葉を残しています。 この2つのエピソードは、顧客リストがあれば、事業がどのような状況に陥っても再起を図ることができるということを示唆しています。 他にも、“顧客リストは、あなたの貴重な財産で、育てるべきである”という言葉もあります。顧客リストを育てることができれば、好調な時でもさらなる売上をあげられるということだと思います。 しかし事業経営において、顧客リストを重要なアイテムだときちんと認識して、作成・管理・活用している会社は、意外と少ないのではないでしょうか?
PAGE TOP