駅商圏分析センター ~柏駅編~ | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

駅商圏分析センター ~柏駅編~

公開

第7回は、“千葉の渋谷”の異名を持つ「柏駅」編です。

 

柏駅はJR常磐線と東武野田線(東武アーバンパークライン)の2路線が利用でき、千葉県で第3位の乗降客数を誇ります。

 

大型ショッピングモールをはじめ、若者向けのファッションや雑貨を扱う店舗も多く、週末ともなると周辺住民はもちろん、茨城県からもたくさんの人が訪れることで有名です。

 

柏市といえば…そう、柏レイソルのホームタウンでもありますね。レイソルサポーターはとにかく熱狂的!

Jリーグでも屈指の熱さです。試合のある日、日立台のホームスタジアムは柏サポーターの熱い応援で、興奮のるつぼと化します。

 

そんな若者カルチャーやスポーツ文化の発信地「柏駅」。周辺に住む人々の属性はどのような感じなのでしょうか?

 

【目次】

1.円商圏

2.居住人口・人口増減率

3.世帯人員

4.住居

5.収入

6.将来人口

7.昼間人口

8.まとめ

 

 

(1) 円商圏

前提として柏駅から
① 半径1km圏
② 半径1~3km圏
③ 半径3~5km圏を分析します
※基準値…千葉県平均

1km圏

東口のサンサン広場を中心に、ストリートミュージシャンが路上ライブ活動を行っています。あのナオト・インティライミさんも、かつては柏で路上ライブ活動をしていたそうですね。
西口には柏高島屋ステーションモール、東口には柏丸井など大型施設立ち並びます。そこに複数の地元商店街が共存している、という構図です。それぞれ独自の色をしっかり出すことで、良い意味で統一感がなく楽しい街になっている、という印象を受けます。

 

1~3km圏
常磐線は北柏駅・南柏駅、東武野田線は新柏駅・豊四季駅が含まれるエリア。前述の日立柏サッカー場もここにあります。国道6号及び国道16号沿線にはロードサイド型の店舗が進出しています。車通りが多く慢性的な渋滞ポイントも数か所あります。

 

3~5km圏
常磐線は我孫子駅・北小金駅、東武野田線は増尾駅・逆井駅、つくばエクスプレス(TX)は流山おおたかの森駅・柏の葉キャンパス駅が含まれるエリア。特につくばエクスプレス沿線は2005年の開業以降、着実に人口が増加し、町おこしの起爆剤的存在となっています。

(2) 居住人口・人口増減率

 

1km圏
20歳代・30歳代人口が多く、60歳代・70歳代が少ないエリアです。人口増減率は7.65%(千葉県平均2.64%)と高く、若い世代に人気のエリアといえるでしょう。

1~3km圏
千葉県平均と近いエリアですが、10歳未満から40歳代までは平均をやや上回る結果となっています。特に30歳代人口が多いエリアです。人口増減率は4.56%と平均より約2%多く、比較的若い層が流入していることが想像できます。

3~5km圏
30歳代と60歳代が多いエリアです。人口増減率も7.36%と高く、つくばエクスプレス効果で人口が流入していることが分かります。

(3) 世帯人員  

 

1km圏
  圧倒的に1人世帯が多い(50.86%)ことが分かります(千葉県平均30.30%)。2人世帯から5人以上世帯の数はそれぞれ平均値より低くなっています。年代別人口を加味すると、学生さんと結婚前の単身の方が多く住んでいることが推測されます。

 

1~3km圏
千葉県平均に非常に似た構成となっていますが、4人世帯がやや多い結果となっています。

 

3~5km圏
1人世帯の割合は24.81%で、千葉県平均より低いエリアです。2人・3人・4人世帯は平均よりも高く、ファミリーを中心とした核家族世帯で構成されているといえます。

(4) 住居

 

1km圏
民営の借家が45.97%を占め、千葉県平均値より20%以上高い数値になっています。反対に、持ち家比率は44.31%と低め(千葉県平均65.94%)。一戸建て比率も23.32%と極端に低く、共同住宅が多い結果となっています。

 

ここでも住宅を購入する前の単身世帯が多く居住しているエリア、ということが見えてきます。駅近で地価が高いので購入しづらい、という側面もありそうですね。

1~3km圏
持ち家比率は62.54%、一戸建て比率は49.06%と平均にはやや満たないものの、その他の指標は千葉県平均と似た構成となっています。

3~5km圏
持ち家比率が73.33%、と平均を超えています。駅から離れる≒地価が下がるという図式です。つくばエクスプレス沿線に流入している人口も住宅を購入する世帯が多いことが推測されます。

(5) 収入

1km圏
平均年収が495.7万円。千葉県平均より約27万円低くなっています。

1~3km圏
平均年収が534.7万円。千葉県平均より約12万円高くなっています。

3~5km圏

平均年収が545.5万円。千葉県平均より約23万円高くなっています。柏駅から離れるほど平均年収は高くなる傾向があります。駅近は単身世帯が多いことから考えると、当然の結果ともいえます。年収階級別でみると、1km圏は500万円未満、1~3km圏・3~5km圏は500~1,000万円の層の比率が高いのが分かります。
※年収→世帯年収

 

(6) 将来人口

1km圏
人口は平成52年までは増加傾向です。現状より13%程度の人口増加が見込まれるエリアです。

1~3km圏
人口は平成32年までは増加、その後は徐々に減少します。しかし、平成52年でも現在の人口より3%程度多くなる見込みです。

3~5km圏
人口は平成32年までは徐々に増加、その後減少に転じます。平成42年には現状の人口を割り、平成52年には現在の人口より約7%程度減少する見込みです。

(7) 昼間人口

 

夜間に対する昼間人口の割合です。

1km圏
昼間人口は夜間人口の144.12%となっており、非常に人口変動比率の高いエリアです(千葉県平均83.24%)。このエリアへの通勤・通学者が多いことが推測されます。

1~3km圏
昼間人口は夜間人口の66.30%となっています。いわゆるベッドタウンの特徴でしょう。交通アクセスが良いことからも、東京方面への通勤・通学者が多くいることが推測されます。

3~5km圏
昼間人口は夜間人口の74.16%となっています。このエリアもベッドタウンといえそうです。昼間は閑静な住宅街、といった感じでしょうか。

(8) まとめ

中心部はショッピング、ビジネスの拠点として、また渋谷や原宿のような若者文化の発信地として周知される街となりました。その外側のエリアは、東京都心への通勤・通学者の増加とベッドタウンの開発により、現在も発展し続けています。

 

将来推計人口を見ても分かるように、今後も人口増加が見込まれる地方都市のひとつです。住宅開発の余地もまだありそうです。

千葉とも船橋とも違う独自の色を持つ柏市。今後も継続発展を期待したいですね。

 

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 駅商圏分析センター ~津田沼駅~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はJR津田沼駅周辺の分析です。駅舎は習志野市ですが、ホームの一部...
  2. 駅商圏分析センター ~四街道駅~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は四街道駅周辺の分析です。四街道駅はJR総武本線の駅であり、また...
  3. 駅商圏分析センター ~木更津駅編~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は木更津駅周辺の分析です。木更津といえば、東京湾アクアライン、潮...
  4. 駅商圏分析センター ~我孫子駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は我孫子駅周辺の分析です。我孫子はその昔、水戸徳川家に続く水戸街...
  5. 駅商圏分析センター ~五井駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は五井駅周辺の分析です。五井駅は、2社(JR東日本・小湊鐵道)2...
  6. 駅商圏分析センター ~西船橋駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は西船橋駅周辺の分析です。西船橋駅は3社(JR東日本・東京メトロ...
  7. 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として...
  8. 駅商圏分析センター ~ユーカリが丘駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はユーカリが丘駅周辺の分析です。ユーカリが丘は山万株式会社が19...
  9. 駅商圏分析センター ~本八幡駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は本八幡駅周辺の分析です。本八幡は「これから人気が出そうな郊外の...
  10. 駅商圏分析センター ~蘇我駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は蘇我駅周辺の分析です。蘇我駅と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、...
  11. 駅商圏分析センター ~新松戸駅編~

    駅商圏分析センターシリーズも、めでたく10回目を迎えることとなりました(笑)。今回は新松戸駅周辺...
  12. 駅商圏分析センター ~JR佐倉駅編~

    長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の出身地といえば……そう佐倉市!駅商圏分析センター第9回は、ミスタープ...
  13. 駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~

    千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りしま...
  14. 駅商圏分析センター ~都賀駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い△△駅周辺はビジネスマンの街××駅周辺は学校が...
  15. 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺...
  16. 駅商圏分析センター ~千葉ニュータウン中央駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅...
  17. 成田駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べます! 駅商圏分析センター

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は成田駅周辺の分析です。日本の玄関口である成田国際空港がある成田...
  18. 千葉駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べます! 駅商圏分析センター

    駅商圏分析センターシリーズ。今回はJR千葉駅周辺の分析です。JR総武線快速なら東京駅まで約40分...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~
    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺は学校が多く学生の街 等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。 第4回は、日本における「住宅団地発祥の地(八千代台団地)」という歴史を持つ八千代市にフォーカスします。千葉県内最大規模の花見川団地(千葉市花見川区)至近の八千代台エリアは高齢化が進み、また発展著しい東葉高速線沿線エリアは若い層の人口が増加、と鉄道沿線の違いによって異なる特徴があります。今回は商業地としても成熟している街、八千代台駅を中心としたエリアを分析してみましょう。
  • 駅商圏分析センター ~西船橋駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は西船橋駅周辺の分析です。西船橋駅は3社(JR東日本・東京メトロ・東葉高速鉄道)5路線(総武線・武蔵野線・京葉線・東西線・東葉高速線)が乗り入れる、千葉県内でも屈指のターミナル駅です。西船橋駅を最寄駅とする住民はもちろん、乗り換えで利用する方も多く、千葉県では最も利用客の多い駅となります(全路線の利用客数の合計)。そういった背景もあり、規模は大きくないものの駅ナカ商業施設も充実しています。また徒歩5分ほどで京成西船駅も利用可能。利便性は抜群です。西船橋駅の1日の平均乗車客数は332,549人 (2015年、3社合算)。乗車人員は東葉高速線開業の1996年と比較すると、約64,000人増加しています。
  • 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3位の地位をかけての宿命のライバル対決は、両県民のみならず、皆の関心が高い話題なのでしょう。2000m級の山があるから、埼玉県の勝ち!いや、海があるから千葉県の勝ち!など面白おかしく取り上げられています。この時点で千葉県民からは「埼玉県vs千葉県」ではなく「千葉県vs埼玉県」じゃないの?なんて苦情が来そうですが、都道府県番号では埼玉県が「11」千葉県が「12」ということもあり、本コラムでの表記は「埼玉県vs千葉県」で統一させていただきます。ご了承ください。さて、今回はあまりメディアでは取り上げられないニッチなデータで用いて、埼玉県と千葉県のライバル対決をしてみます。お気軽にお読みください。
  • 成田駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べま…
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は成田駅周辺の分析です。日本の玄関口である成田国際空港がある成田市。JR成田駅は成田線の駅で、京成成田駅が隣接しています。また成田駅は「成田のお不動さま」としても知られる成田山新勝寺の最寄り駅でもあります。新勝寺は初詣の参拝客数が社寺としては全国2位であり、成田国際空港が近いことから外国人観光客にも人気があります。駅の周辺には区画整理されたニュータウンや新興住宅地が多数あり、商業施設も多く展開しています。2015年春には、成田市が駅前に整備したマンション・商業施設などが入る再開発ビル(スカイタウン成田)が完成しました。また成田市は、千葉県内では浦安市に次いで2番目に平均年齢が若く、人口増加も続いています。市の郊外には空港関連企業や大規模な工業団地が立地しています。成田駅は地元住民から観光客まで、幅広い層の人たちが利用している駅と言えるでしょう。JR成田駅の1日の平均乗車客数は16,197人、京成成田駅の1日平均乗車客数は18,739人(いずれも2018年)。2000年から2018年で見てみると、若干減少しているものの、ほぼ横ばい状態です(JR:16,461人⇒16,197人、京成18,916人⇒18,739人)。
  • 駅商圏分析センター ~四街道駅~
    駅商圏分析センターシリーズ。今回は四街道駅周辺の分析です。四街道駅はJR総武本線の駅であり、また佐倉駅から乗り入れる成田線の利用もできます。千葉駅や都心へのアクセスも良く、ベッドタウンとして発展している地域です。周辺には高校や大学があり、特に朝夕は学生でにぎわいを見せます。駅近隣にはマンションが立ち並びますが、少し離れると豊かな自然が広がり、美しい景色や伝統のお祭りなど、楽しさもいっぱいです。四街道駅の1日の平均乗車人員数は22,053人 (2017年)。ピーク時は28,688人(1995年)でしたが、その後緩やかに下降しています。直近10年は22,000人前後で推移しています。
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP