東京都の市区町村別ランキング

公開

 

お店を出す際に、周辺地域にどんな方が多く住んでいるか、気になったことはありませんか?

 

今回は東京都の市区町村に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!

 

 

ランキング内容

・人口 

・5歳以下の割合 

・65歳以上の割合 

・世帯年収1,000万円以上の割合 

・一人暮らしの割合 

・5人以上で暮らす世帯の割合 

・持ち家の割合 

・賃貸の割合

 

 

人口ランキング

306

1位 世田谷区 877,048人

2位 練馬区 717,119人

3位 大田区 686,943人

4位 足立区 683,578人

5位 江戸川区 676,335人

6位 八王子市 579,369人

7位 杉並区 549,024人

 

世田谷区が堂々の第1位。6位の八王子市以外は全て23区です。東京への人口流入は今も続いているので、今後もそれぞれの人口増が進んでいくものと思われます。

 

5歳以下の割合

1位 武蔵村山市  6.07% (70,384人中、4,274人)

2位 稲城市 6.04% (84,939人中、5,127人)

3位 港区 5.59% (205,117人中、11,459人)

4位 江戸川区 5.54% (676,335人中、37,502人)

5位 東大和市 5.53% (83,234人中、4,600人)

6位 江東区 5.45% (457,705人中、24,960人)

7位 中央区 5.32% (122,820人中、6,533人)

 

第1位の武蔵村山市は、2007年に大型イオンモールができた子育てエリア。

 

5歳以下の小さいお子さんの割合が多いエリアは、教育や子育て関連の商材の販売に最適。若い夫婦も多いので、住宅や保険関連の告知も効果的なエリアです。

 

65歳以上の割合

1位 檜原村 42.9% (2,618人中、1,123人)

2位 奥多摩町 40.78% (6,228人中、2,540人)

3位 日の出町 29.22% (16,740人中、4,891人)

4位 清瀬市 24.78% (73,978人中、18,334人)

5位 あきる野市 23.71% (81,545人中、19,333人)

6位 北区 23.69% (334,233人中、79,191人)

7位 東久留米市 23.41% (116,817人中、27,345人)

 

高齢者が多いエリアは、檜原村が第1位。奥多摩も含め、やはり山間部がトップ3に集中しています。市では清瀬市、区では北区が上位に。4~5人に1人が65歳以上の高齢化地域なので、健康関連の商材が響きやすいエリアです。

 

世帯年収1,000万円以上の割合

1位 港区 26.45% (110,129世帯中、29,133世帯)

2位 千代田区 23.59% (25,745世帯中、6,072世帯)

3位 中央区 21.13% (68,004世帯中、14,366世帯)

4位 渋谷区 17.01% (123,770世帯中、21,053世帯)

5位 文京区 16.86% (111,613世帯中、18,815世帯)

6位 世田谷区 16.59% (448,914世帯中、74,461世帯)

7位 目黒区 16.39% (137,194世帯中、22,485世帯)

 

ベスト7すべてが23区。特に1位の港区は、4世帯に1世帯以上が世帯年収1,000万円以上です。高額商品や高品質サービスなどの販売に適したエリアです。

 

一人暮らしの割合

1位 新宿区 62.35% (195,186世帯中、121,692世帯)

2位 渋谷区 62.29% (123,770世帯中、77,099世帯)

3位 豊島区 60.8% (166,060世帯中、100,957世帯)

4位 中野区 60.13% (184,039世帯中、110,665世帯)

5位 杉並区 56.45% (302,499世帯中、170,769世帯)

6位 文京区 55.75% (111,613世帯中、62,228世帯)

7位 千代田区 54.15% (25,745世帯中、13,942世帯)

 

新宿区が第1位。トップ7はすべて、半分以上の世帯が一人暮らしです。渋谷区や豊島区も含め、大学や会社が多い渋谷駅、新宿駅、池袋駅の周辺に一人暮らしの方が集中しています。

 

5人以上で暮らす世帯の割合

1位 檜原村 11.73% (938世帯中、110世帯)

2位 日の出町 10.26% (5498世帯中、564世帯)

3位 瑞穂町 9.62% (12424世帯中、1195世帯)

4位 あきる野市 9.61% (29693世帯中、2854世帯)

5位 奥多摩町 8.75% (2286世帯中、200世帯)

6位 青梅市 8.04% (52443世帯中、4214世帯)

7位 武蔵村山市 7.76% (26940世帯中、2091世帯)

 

5人以上で暮らす世帯は、都の西部地域に集中しています。大人数で住む世帯が多いエリアでは3世代で暮らす家も多く、リフォームの需要なども多いエリアです。

 

持ち家の割合

1位 檜原村 90.41% (938世帯中、848世帯)

2位 奥多摩町 87.66% (2,286世帯中、2,004世帯)

3位 日の出町 83.67% (5,498世帯中、4,600世帯)

4位 あきる野市 74.26% (29,693世帯中、22,049世帯)

5位 青梅市 68.58% (52,443世帯中、35,968世帯)

6位 瑞穂町 66.48% (12,424世帯中、8,260世帯)

7位 武蔵村山市 60.33% (26,940世帯中、16,252世帯)

 

都の西部地域が多くランクイン。居住年数が長いエリアなので、改築やリフォームなどの需要が多いです。

 

賃貸の割合

※公営公社の等の借家、民営の借家、給与住宅の数を合算して算出。

 

1位 新宿区 66.36% (195,186世帯中、129,531世帯)

2位 中野区 63.34% (184,039世帯中、116,566世帯)

3位 北区 59.99% (171,884世帯中、103,107世帯)

4位 豊島区 57.52% (166,060世帯中、95,524世帯)

5位 杉並区 57.06% (302,499世帯中、172,600世帯)

6位 渋谷区 56.39% (123,770世帯中、69,797世帯)

7位 千代田区 56.27% (25,745世帯中、14,487世帯)

 

新宿区が第1位。中野区や杉並区など、新宿や渋谷へのアクセスがいいエリアに賃貸での一人暮らし世帯が集中しています。若い世代へのお得な商品キャンペーンや、ビジネス関連商品の販売がおすすめです。

 

まとめ

東京都内にお店のターゲットが多そうなエリアは見つかりましたか?お店の周辺商圏内にどのような方が多く住んでいるかを把握することは、商売をする上でとても大切。ぜひ各市区町村で公表している人口データや、総務省統計局が発表している国勢調査を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

東京都は大きく分けて4つの地域があります。「23区」「市部」「町村部」「島嶼部」、それぞれでエリア特性が大きく違うので、次回・次々回は「23区」と「市部」に分けたランキングをご紹介します。お楽しみに!

 

 

 

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

■おすすめの関連コラム

  1. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART 3~

    埼玉県VS千葉県の前半戦は勉強対決。両県2勝2敗1分とお互い譲らずの結果でしたね(前半戦はコチラ...
  2. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART2~

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」。前回好評だったニッチデータ対決の続編...
  3. 北関東の雄は!?茨城県VS栃木県VS群馬県 ニッチなデータを比べてみました

    前回好評だったニッチデータ対決。今回は北関東3県のライバル対決です。茨城県・栃木県・群馬県は、ブ...
  4. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3...
  5. 駅商圏分析センター ~鎌取駅編~

    第5回は、千葉県屈指のベッドタウン「おゆみ野」の玄関口、鎌取駅を分析します。鎌取駅は千葉市緑区に...
  6. 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市

    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリア...
  7. 東京都の市別ランキング

    東京都のベットタウン「市部」に焦点を絞ったランキングを発表!...
  8. 東京23区別ランキング

    東京都23区別に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特...
  9. 埼玉県の市区町村ランキング

    埼玉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  10. 千葉県の市区町村別商圏分析ランキング

    千葉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  11. 徹底比較!ライバル地域対決 柏市 vs 松戸市

    柏市と松戸市の因縁対決!TVやネットでも住民同士の争いが絶えない地域です。今回はその争いに終止符...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
  • 徹底比較!ライバル地域対決 柏市 vs 松戸市
    柏市と松戸市の因縁対決!TVやネットでも住民同士の争いが絶えない地域です。今回はその争いに終止符を打つため、「客観的数字データ」をもとに13項目でガチンコ対決を実施!本当に良い街はどっちだ!?
  • 成田駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べま…
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は成田駅周辺の分析です。日本の玄関口である成田国際空港がある成田市。JR成田駅は成田線の駅で、京成成田駅が隣接しています。また成田駅は「成田のお不動さま」としても知られる成田山新勝寺の最寄り駅でもあります。新勝寺は初詣の参拝客数が社寺としては全国2位であり、成田国際空港が近いことから外国人観光客にも人気があります。駅の周辺には区画整理されたニュータウンや新興住宅地が多数あり、商業施設も多く展開しています。2015年春には、成田市が駅前に整備したマンション・商業施設などが入る再開発ビル(スカイタウン成田)が完成しました。また成田市は、千葉県内では浦安市に次いで2番目に平均年齢が若く、人口増加も続いています。市の郊外には空港関連企業や大規模な工業団地が立地しています。成田駅は地元住民から観光客まで、幅広い層の人たちが利用している駅と言えるでしょう。JR成田駅の1日の平均乗車客数は16,197人、京成成田駅の1日平均乗車客数は18,739人(いずれも2018年)。2000年から2018年で見てみると、若干減少しているものの、ほぼ横ばい状態です(JR:16,461人⇒16,197人、京成18,916人⇒18,739人)。
  • 駅商圏分析センター ~木更津駅編~
    駅商圏分析センターシリーズ。今回は木更津駅周辺の分析です。木更津といえば、東京湾アクアライン、潮干狩り、アウトレット、木更津キャッツアイ、氣志團、……etc.話題性の高い施設や文化が数多くあるスポットです。 南房総の玄関口ともいえる木更津駅は、JR内房線と久留里線の2路線が乗り入れ。東京-君津間を走る特急「さざなみ」の停車駅にもなっており、東京駅までを最短56分で結びます。1日の平均乗降客数は13,896人 (2016年)。ピーク時は22,719人(1991年)でしたが、2011年まで減少を続け、その後はやや回復。数字を見ると少し寂しい気はしますが、郊外の人口は増加しています(後述)。 ちらかというと車社会といえそうですね。ちなみに東京湾アクアライン上に位置する海ほたるパーキングエリア、何市に属するかご存知ですか?
  • 駅商圏分析センター ~我孫子駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は我孫子駅周辺の分析です。我孫子はその昔、水戸徳川家に続く水戸街道の宿場町として栄えた歴史ある街です。南側に手賀沼などの自然が残り、多くの文化人に愛されたことから“北の鎌倉”と呼ばれることも。我孫子駅の開業は1896年(明治29年)。現在はJR東日本の2路線(常磐線・成田線)が乗り入れる複数路線駅です。上野まで29分という好立地で、都内通勤者も多く居住しています。また東京メトロ千代田線も乗り入れ直通運行しています。そして我孫子駅といえばなんといってもホームで営業している立ち食いそば屋「我孫子弥生軒」が有名。山下清さん(裸の大将)ゆかりのお店でもあります。名物のから揚げそばを求めて、遠方から来る人も少なくないとか。1日の平均乗車客数は31,172人 (2017年)。乗車人員は1990年(29,622人)と比較すると横ばいとなっています。
  • 駅商圏分析センター ~五井駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は五井駅周辺の分析です。五井駅は、2社(JR東日本・小湊鐵道)2路線(内房線・小湊鉄道線)が乗り入れており、市原市の中心地に位置しています。西口周辺は商業施設などが集まって市原市街を形成しており、オフィスビルやマンションなどが立ち並んでいます。東口周辺は2007年~2013年の五井駅東口開発により、大型複合商業施設や高層住宅地、総合公園である上総更級公園が建設されました。 駅東西にはタクシー乗り場とバスターミナルがあり、利便性も高いです。五井駅の1日の平均乗車客数は20,030人 (JR線2016年、小湊鉄道線2015年2社合算)です。小湊鐵道では一番利用者が多い駅となっております。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP