東京都の市区町村別ランキング

公開

 

お店を出す際に、周辺地域にどんな方が多く住んでいるか、気になったことはありませんか?

 

今回は東京都の市区町村に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!

 

 

ランキング内容

・人口 

・5歳以下の割合 

・65歳以上の割合 

・世帯年収1,000万円以上の割合 

・一人暮らしの割合 

・5人以上で暮らす世帯の割合 

・持ち家の割合 

・賃貸の割合

 

 

人口ランキング

306

1位 世田谷区 877,048人

2位 練馬区 717,119人

3位 大田区 686,943人

4位 足立区 683,578人

5位 江戸川区 676,335人

6位 八王子市 579,369人

7位 杉並区 549,024人

 

世田谷区が堂々の第1位。6位の八王子市以外は全て23区です。東京への人口流入は今も続いているので、今後もそれぞれの人口増が進んでいくものと思われます。

 

5歳以下の割合

1位 武蔵村山市  6.07% (70,384人中、4,274人)

2位 稲城市 6.04% (84,939人中、5,127人)

3位 港区 5.59% (205,117人中、11,459人)

4位 江戸川区 5.54% (676,335人中、37,502人)

5位 東大和市 5.53% (83,234人中、4,600人)

6位 江東区 5.45% (457,705人中、24,960人)

7位 中央区 5.32% (122,820人中、6,533人)

 

第1位の武蔵村山市は、2007年に大型イオンモールができた子育てエリア。

 

5歳以下の小さいお子さんの割合が多いエリアは、教育や子育て関連の商材の販売に最適。若い夫婦も多いので、住宅や保険関連の告知も効果的なエリアです。

 

65歳以上の割合

1位 檜原村 42.9% (2,618人中、1,123人)

2位 奥多摩町 40.78% (6,228人中、2,540人)

3位 日の出町 29.22% (16,740人中、4,891人)

4位 清瀬市 24.78% (73,978人中、18,334人)

5位 あきる野市 23.71% (81,545人中、19,333人)

6位 北区 23.69% (334,233人中、79,191人)

7位 東久留米市 23.41% (116,817人中、27,345人)

 

高齢者が多いエリアは、檜原村が第1位。奥多摩も含め、やはり山間部がトップ3に集中しています。市では清瀬市、区では北区が上位に。4~5人に1人が65歳以上の高齢化地域なので、健康関連の商材が響きやすいエリアです。

 

世帯年収1,000万円以上の割合

1位 港区 26.45% (110,129世帯中、29,133世帯)

2位 千代田区 23.59% (25,745世帯中、6,072世帯)

3位 中央区 21.13% (68,004世帯中、14,366世帯)

4位 渋谷区 17.01% (123,770世帯中、21,053世帯)

5位 文京区 16.86% (111,613世帯中、18,815世帯)

6位 世田谷区 16.59% (448,914世帯中、74,461世帯)

7位 目黒区 16.39% (137,194世帯中、22,485世帯)

 

ベスト7すべてが23区。特に1位の港区は、4世帯に1世帯以上が世帯年収1,000万円以上です。高額商品や高品質サービスなどの販売に適したエリアです。

 

一人暮らしの割合

1位 新宿区 62.35% (195,186世帯中、121,692世帯)

2位 渋谷区 62.29% (123,770世帯中、77,099世帯)

3位 豊島区 60.8% (166,060世帯中、100,957世帯)

4位 中野区 60.13% (184,039世帯中、110,665世帯)

5位 杉並区 56.45% (302,499世帯中、170,769世帯)

6位 文京区 55.75% (111,613世帯中、62,228世帯)

7位 千代田区 54.15% (25,745世帯中、13,942世帯)

 

新宿区が第1位。トップ7はすべて、半分以上の世帯が一人暮らしです。渋谷区や豊島区も含め、大学や会社が多い渋谷駅、新宿駅、池袋駅の周辺に一人暮らしの方が集中しています。

 

5人以上で暮らす世帯の割合

1位 檜原村 11.73% (938世帯中、110世帯)

2位 日の出町 10.26% (5498世帯中、564世帯)

3位 瑞穂町 9.62% (12424世帯中、1195世帯)

4位 あきる野市 9.61% (29693世帯中、2854世帯)

5位 奥多摩町 8.75% (2286世帯中、200世帯)

6位 青梅市 8.04% (52443世帯中、4214世帯)

7位 武蔵村山市 7.76% (26940世帯中、2091世帯)

 

5人以上で暮らす世帯は、都の西部地域に集中しています。大人数で住む世帯が多いエリアでは3世代で暮らす家も多く、リフォームの需要なども多いエリアです。

 

持ち家の割合

1位 檜原村 90.41% (938世帯中、848世帯)

2位 奥多摩町 87.66% (2,286世帯中、2,004世帯)

3位 日の出町 83.67% (5,498世帯中、4,600世帯)

4位 あきる野市 74.26% (29,693世帯中、22,049世帯)

5位 青梅市 68.58% (52,443世帯中、35,968世帯)

6位 瑞穂町 66.48% (12,424世帯中、8,260世帯)

7位 武蔵村山市 60.33% (26,940世帯中、16,252世帯)

 

都の西部地域が多くランクイン。居住年数が長いエリアなので、改築やリフォームなどの需要が多いです。

 

賃貸の割合

※公営公社の等の借家、民営の借家、給与住宅の数を合算して算出。

 

1位 新宿区 66.36% (195,186世帯中、129,531世帯)

2位 中野区 63.34% (184,039世帯中、116,566世帯)

3位 北区 59.99% (171,884世帯中、103,107世帯)

4位 豊島区 57.52% (166,060世帯中、95,524世帯)

5位 杉並区 57.06% (302,499世帯中、172,600世帯)

6位 渋谷区 56.39% (123,770世帯中、69,797世帯)

7位 千代田区 56.27% (25,745世帯中、14,487世帯)

 

新宿区が第1位。中野区や杉並区など、新宿や渋谷へのアクセスがいいエリアに賃貸での一人暮らし世帯が集中しています。若い世代へのお得な商品キャンペーンや、ビジネス関連商品の販売がおすすめです。

 

まとめ

東京都内にお店のターゲットが多そうなエリアは見つかりましたか?お店の周辺商圏内にどのような方が多く住んでいるかを把握することは、商売をする上でとても大切。ぜひ各市区町村で公表している人口データや、総務省統計局が発表している国勢調査を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

東京都は大きく分けて4つの地域があります。「23区」「市部」「町村部」「島嶼部」、それぞれでエリア特性が大きく違うので、次回・次々回は「23区」と「市部」に分けたランキングをご紹介します。お楽しみに!

 

 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART 3~

    埼玉県VS千葉県の前半戦は勉強対決。両県2勝2敗1分とお互い譲らずの結果でしたね(前半戦はコチラ...
  2. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART2~

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」。前回好評だったニッチデータ対決の続編...
  3. 北関東の雄は!?茨城県VS栃木県VS群馬県 ニッチなデータを比べてみました

    前回好評だったニッチデータ対決。今回は北関東3県のライバル対決です。茨城県・栃木県・群馬県は、ブ...
  4. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3...
  5. 駅商圏分析センター ~鎌取駅編~

    第5回は、千葉県屈指のベッドタウン「おゆみ野」の玄関口、鎌取駅を分析します。鎌取駅は千葉市緑区に...
  6. 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市

    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリア...
  7. 東京都の市別ランキング

    東京都のベットタウン「市部」に焦点を絞ったランキングを発表!...
  8. 東京23区別ランキング

    東京都23区別に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特...
  9. 埼玉県の市区町村ランキング

    埼玉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  10. 千葉県の市区町村別商圏分析ランキング

    千葉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  11. 徹底比較!ライバル地域対決 柏市 vs 松戸市

    柏市と松戸市の因縁対決!TVやネットでも住民同士の争いが絶えない地域です。今回はその争いに終止符...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~
    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺は学校が多く学生の街 等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。 第4回は、日本における「住宅団地発祥の地(八千代台団地)」という歴史を持つ八千代市にフォーカスします。千葉県内最大規模の花見川団地(千葉市花見川区)至近の八千代台エリアは高齢化が進み、また発展著しい東葉高速線沿線エリアは若い層の人口が増加、と鉄道沿線の違いによって異なる特徴があります。今回は商業地としても成熟している街、八千代台駅を中心としたエリアを分析してみましょう。
  • 駅商圏分析センター ~鎌取駅編~
    第5回は、千葉県屈指のベッドタウン「おゆみ野」の玄関口、鎌取駅を分析します。鎌取駅は千葉市緑区にあり、千葉駅からは直線距離で約8kmの場所に位置します。千葉県最大級のニュータウン・おゆみ野は日本住宅公団(現:都市再生機構)が主体となって開発され、1984年3月にまちびらきとなりました。現在も人口増加が続いており、今後さらに住宅地・業務用地として発展が期待される街です。
  • 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市
    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリアに対するライバル意識に関するアンケート 2016年10月1日~10月31日」で、多くの船橋市民が市川市をライバル視しているという事実が判明。おとなりさんには負けたくない!という強い意識があるようです。 今回は「客観的数字データ」をもとに13項目でガチンコ対決を実施!本当に良い街はどっちだ!? 全13試合とちょっぴり長いですが、熱い闘いに、ぜひ最後までお付き合いください。
  • 駅商圏分析センター ~西船橋駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は西船橋駅周辺の分析です。西船橋駅は3社(JR東日本・東京メトロ・東葉高速鉄道)5路線(総武線・武蔵野線・京葉線・東西線・東葉高速線)が乗り入れる、千葉県内でも屈指のターミナル駅です。西船橋駅を最寄駅とする住民はもちろん、乗り換えで利用する方も多く、千葉県では最も利用客の多い駅となります(全路線の利用客数の合計)。そういった背景もあり、規模は大きくないものの駅ナカ商業施設も充実しています。また徒歩5分ほどで京成西船駅も利用可能。利便性は抜群です。西船橋駅の1日の平均乗車客数は332,549人 (2015年、3社合算)。乗車人員は東葉高速線開業の1996年と比較すると、約64,000人増加しています。
  • 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として1986年に開業しました。幕張新都心は1989年の幕張メッセオープンを皮切りに、ホテルや商業施設、企業、教育・研究施設、幕張ベイタウンを中心とする宅地化の推進により「職・住・学・遊」の複合的な都市機能の集積が進み、現在の姿になっています。幕張新都心は以下の6地区で構成されています。「タウンセンター地区」…JR京葉線の海浜幕張駅が中心の地区「業務研究地区」…企業が立地する地区「文教地区」…学校や研究施設が立地する地区「住宅地区」…集合住宅が立地する地区「公園・緑地地区」…海岸沿いの幕張海浜公園を中心に広がる地区「拡大地区」…1989年に編入された地区 海浜幕張駅はJR京葉線が運行。1日の平均乗車客数は65,377人 (2016年)。開業初年度(1986年)の747人から87.5倍の乗車客数となりました。発車メロディにはZOZOマリンスタジアムを本拠地とするプロ野球チーム、千葉ロッテマリーンズの応援歌「We Love Marines」が。筆者は個人的に2015年から毎年開催されているレッドブル・エアレースを楽しみにしています。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP