駅商圏分析センター ~成田駅編~

○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い
△△駅周辺はビジネスマンの街
××駅周辺は学校が多く学生の街
等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。

 

このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。

 

第2回は世界の玄関、成田国際空港のある成田市より、JR成田駅周辺を分析してみましょう。

円商圏

前提としてJR成田駅から
① 半径1km圏
② 半径1~3km圏
③ 半径3~5km圏を分析します
※基準値…千葉県平均

 

 

JR成田駅には成田線が乗り入れており、京成成田駅までは徒歩1分ほどの距離にあります。

 

1km圏

成田山新勝寺へ続く参道や、成田市役所を含むエリアです。

 

1~3km圏

公津の杜駅や成田ニュータウン地区を含み、大型商業施設も多いエリア。

 

3~5km圏

富里IC、成田ICが含まれ、成田空港へと繋がります。

居住人口

 

1km圏

20歳代の人口が多いエリアです。

 

1~3km圏

20歳代に加えて10歳未満及び30歳代も多くみられます。若いファミリー層が多いことが想定されます。

 

3~5km圏

ほぼ千葉県の平均に近い形になっています。全体的に20歳代人口が多く、比較的若い層が流入しているといえるのではないでしょうか。

世帯人員

 

1km圏

1人世帯が49.89%と基準値を大きく上回っています。

 

1~3km圏、3~5km圏

成田駅から離れるにつれ、1人世帯の割合は減少し、逆に2人以上のファミリー世帯の比率が高まります。特に3~5km圏は5人以上世帯が9.56%と基準値を上回っているのが特徴的です。

 

住居

 

1km圏

民営の借家が34.12%を占めています。1人世帯が多いことと相関関係があるようです。

 

1~3km圏

公営・公社の貸家が多いエリアです。

 

3~5km圏

持ち家世帯が多いエリアです。その中でも71%が一戸建てとなっております。

 

収入

 

3つの商圏とも、平均年収は千葉県平均と比較して低い結果となっています。若い層が多く暮らしていることとの因果関係が考えられます。若い層が暮らしやすい環境が整っている、ということもいえそうですね。
※年収→世帯年収

将来人口

 

いちばん右の平成52年を見ると、1~3km圏は平成22年より人口が増えている予測となります。今後の発展が期待されます。1km圏はやや減少するもののほぼ横ばい、3~5km圏は平成32年を境に減少の一途をたどると予測されます。

 

※年代別

昼間人口

 

夜間に対する昼間人口の割合です。

 

1km圏

昼間人口が140%。この地域に通勤・通学している人が多いことが分かります。

 

1~3km圏、3~5km圏

夜間人口より減少していることから、ベッドタウンであることが想定されます。

まとめ

成田駅1km圏は「ビジネス立地」であるといえるでしょう。千葉県平均に比べて第二次産業従業者数の比率が低く、事業所当たり従業者数が多い大規模な企業が立地するエリアであるといえます。

 

また歴史ある街並みも魅力です。1~3km圏は将来人口の増加が見込まれます。大型ショッピングセンターが点在していること、また訪日外国人の増加に伴い、インバウンド効果も期待できるエリアではないでしょうか。成田駅周辺エリアは、2020年の東京オリンピックに向け目が離せませんね。

 

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年9月21日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
  • 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市
    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリアに対するライバル意識に関するアンケート 2016年10月1日~10月31日」で、多くの船橋市民が市川市をライバル視しているという事実が判明。おとなりさんには負けたくない!という強い意識があるようです。 今回は「客観的数字データ」をもとに13項目でガチンコ対決を実施!本当に良い街はどっちだ!? 全13試合とちょっぴり長いですが、熱い闘いに、ぜひ最後までお付き合いください。
  • 東京都の市区町村別ランキング
    東京都の市区町村に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!
  • 千葉県の市区町村別商圏分析ランキング
    千葉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!
  • 駅商圏分析センター ~鎌取駅編~
    第5回は、千葉県屈指のベッドタウン「おゆみ野」の玄関口、鎌取駅を分析します。鎌取駅は千葉市緑区にあり、千葉駅からは直線距離で約8kmの場所に位置します。千葉県最大級のニュータウン・おゆみ野は日本住宅公団(現:都市再生機構)が主体となって開発され、1984年3月にまちびらきとなりました。現在も人口増加が続いており、今後さらに住宅地・業務用地として発展が期待される街です。
  • 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~
    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺は学校が多く学生の街 等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。 第4回は、日本における「住宅団地発祥の地(八千代台団地)」という歴史を持つ八千代市にフォーカスします。千葉県内最大規模の花見川団地(千葉市花見川区)至近の八千代台エリアは高齢化が進み、また発展著しい東葉高速線沿線エリアは若い層の人口が増加、と鉄道沿線の違いによって異なる特徴があります。今回は商業地としても成熟している街、八千代台駅を中心としたエリアを分析してみましょう。
PAGE TOP