東京23区別ランキング

公開

 

お店を出す際に、周辺地域にどんな方が多く住んでいるか、気になったことはありませんか?

 

今回は東京都23区別に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!

 

 

ランキング内容

・人口 

・5歳以下の割合 

・65歳以上の割合 

・世帯年収1,000万円以上の割合 

・一人暮らしの割合 

・5人以上で暮らす世帯の割合 

・持ち家の割合 

・賃貸の割合

 

人口ランキング

306

1位 世田谷区 877,048人

2位 練馬区 717,119人

3位 大田区 686,943人

4位 足立区 683,578人

5位 江戸川区 676,335人

6位 杉並区 549,024人

7位 板橋区 536,302人

 

環八・環七沿いのエリアに人口が集中しています。

都内のビジネス街に近いエリアが軒並みランクイン。

働きながら暮らすのに適したエリアが上位に集まりました。

5歳以下の割合

1位 港区 5.59% (205,117人中、11,459人)

2位 江戸川区 5.54% (676,335人中、37,502人)

3位 江東区 5.45% (457,705人中、24,960人)

4位 中央区 5.32% (122,820人中、6,533人)

5位 足立区 4.87% (683,578人中、33,321人)

6位 葛飾区 4.8% (441,358人中、21,180人)

7位 練馬区 4.71% (717119人中、33,772人)

 

若い子育て世代が多いエリアは港区でした。

世帯年収も多いエリアなので、教育水準も高い高所得者がたくさん集まる街です。

65歳以上の割合

1位 北区 23.69% (334,233人中、79,191人)

2位 台東区 23.14% (175,855人中、40,690人)

3位 足立区 22.12% (683,578人中、151,191人)

4位 葛飾区 22.00% (441,358人中、97,109人)

5位 荒川区 21.49% (202,949人中、43,609人)

6位 墨田区 21.32% (247,522人中、52,763人)

7位 板橋区 20.87% (536,302人中、111,905人)

 

JR京浜東北線が中心に通る北区が第1位。

2位以下も東京北部に集中しました。

下町の人情味溢れるエリアに元気な方が多く集まっています。

世帯年収1,000万円以上の割合

1位 港区 26.45% (110,129世帯中、29,133世帯)

2位 千代田区 23.59% (25,745世帯中、6,072世帯)

3位 中央区 21.13% (68,004世帯中、14,366世帯)

4位 渋谷区 17.01% (123,770世帯中、21,053世帯)

5位 文京区 16.86% (111,613世帯中、18,815世帯)

6位 世田谷区 16.59% (448,914世帯中、74,461世帯)

7位 目黒区 16.39% (137,194世帯中、22,485世帯)

 

区内の南部エリアに高所得者が集中。

港区は5歳以下の子供が多いエリアでも1位を獲得。

つまり30代前後の高所得者が集まるエリアということです。

子供の教育系サービスは港区を狙うと良いかもしれません

一人暮らしの割合

1位 新宿区 62.35% (195,186世帯中、121,692世帯)

2位 渋谷区 62.29% (123,770世帯中、77,099世帯)

3位 豊島区 60.8% (166,060世帯中、100,957世帯)

4位 中野区 60.13% (184,039世帯中、110,665世帯)

5位 杉並区 56.45% (302,499世帯中、170,769世帯)

6位 文京区 55.75% (111,613世帯中、62,228世帯)

7位 千代田区 54.15% (25,745世帯中、13,942世帯)

 

新宿、渋谷、池袋が1位~3位にランクイン。

若い世代が集まるエリアに一人暮らしをする人が集中しています。

5人以上で暮らす世帯の割合

1位 江戸川区 5.2% (302,882世帯中、15,755世帯)

2位 足立区 4.64% (314,672世帯中、14,603世帯)

3位 葛飾区 4.6% (196,732世帯中、9,046世帯)

4位 荒川区 4.05% (96,005世帯中、3,885世帯)

5位 墨田区 3.94% (120,768世帯中、4,761世帯)

6位 練馬区 3.78% (336,717世帯中、12,723世帯)

7位 江東区 3.4% (212,979世帯中、7,234世帯)

 

5人以上で暮らす世帯は、東部地域に集中しています。

3世帯で暮らす人も多いので、ファミリー向けの商品やサービスを展開するには良いエリアかもしれません。

持ち家の割合

1位 葛飾区 52.35% (196,732世帯中、102,986世帯)

2位 荒川区 50.48% (96,005世帯中、48,460世帯)

3位 台東区 49.98% (95,356世帯中、47,660世帯)

4位 足立区 48.31% (314,672世帯中、152,006世帯)

5位 江東区 47.54% (212,979世帯中、101,242世帯)

6位 墨田区 47.16% (120,768世帯中、56,957世帯)

7位 港区 46.04% (110,129世帯中、50,700世帯)

 

持ち家の割合が高い区は、北東部エリアに集中。

長年暮らしている人や、2世帯以上で暮らす家庭も多いエリアです。

賃貸の割合

※公営公社の等の借家、民営の借家、給与住宅の数を合算して算出。

 

1位 新宿区 66.36% (195,186世帯中、129,531世帯)

2位 中野区 63.34% (184,039世帯中、116,566世帯)

3位 北区 59.99% (171,884世帯中、103,107世帯)

4位 豊島区 57.52% (166,060世帯中、95,524世帯)

5位 杉並区 57.06% (302,499世帯中、172,600世帯)

6位 渋谷区 56.39% (123,770世帯中、69,797世帯)

7位 千代田区 56.27% (25,745世帯中、14,487世帯)

 

新宿区が第1位。

中野区や杉並区など、新宿や渋谷へのアクセスがいいエリアに賃貸での一人暮らし世帯が集中しています。若い世代へのお得な商品キャンペーンや、ビジネス関連商品の販売がおすすめです。

まとめ

東京23区内にお店のターゲットが多そうなエリアは見つかりましたか?人口が多い分、競争は激しいので、エリアの属性は必ずチェックして出店計画を立てましょう。ぜひ各区で公表している人口データや、総務省統計局が発表している国勢調査を参考に計画を立ててみてください。

 

 

尚、千葉県や埼玉県内それぞれの地域について詳しく解説している資料を、株式会社地域新聞社が公開しています。各市区のレポートをまとめているので、ぜひご参照ください。

※一部地域のみ

 

【市区町村別商圏分析データ】

http://chiikinews.co.jp/published/area/#sec01

出典:株式会社地域新聞社ホームページ内

 

※年収以外は、平成22年の国勢調査より算出。

※年収は平成25年の年収推計世帯数より算出。

 
 

The following two tabs change content below.
販促の大学の企画創立者。地域新聞社在職時代にマーケティング部を発足。WEB集客事業を実施し、問合せ数を前年比約3倍に。さらにマーケティングオートメーションの導入や、インサイドセールス部門立ち上げ支援など、営業組織の効率化に貢献。その後、新規事業開発の部門を経て、2021年独立。現在、PRSJ認定PRプランナーとして、企業の事業開発からプロモーションを手掛ける「喜八屋」の代表を務める。

■おすすめの関連コラム

  1. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART 3~

    埼玉県VS千葉県の前半戦は勉強対決。両県2勝2敗1分とお互い譲らずの結果でしたね(前半戦はコチラ...
  2. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART2~

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」。前回好評だったニッチデータ対決の続編...
  3. 北関東の雄は!?茨城県VS栃木県VS群馬県 ニッチなデータを比べてみました

    前回好評だったニッチデータ対決。今回は北関東3県のライバル対決です。茨城県・栃木県・群馬県は、ブ...
  4. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3...
  5. 駅商圏分析センター ~鎌取駅編~

    第5回は、千葉県屈指のベッドタウン「おゆみ野」の玄関口、鎌取駅を分析します。鎌取駅は千葉市緑区に...
  6. 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市

    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリア...
  7. 東京都の市別ランキング

    東京都のベットタウン「市部」に焦点を絞ったランキングを発表!...
  8. 埼玉県の市区町村ランキング

    埼玉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  9. 千葉県の市区町村別商圏分析ランキング

    千葉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  10. 東京都の市区町村別ランキング

    東京都の市区町村に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の...
  11. 徹底比較!ライバル地域対決 柏市 vs 松戸市

    柏市と松戸市の因縁対決!TVやネットでも住民同士の争いが絶えない地域です。今回はその争いに終止符...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 駅商圏分析センター ~JR佐倉駅編~
    長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の出身地といえば……そう佐倉市!駅商圏分析センター第9回は、ミスタープロ野球の地元、歴史ある佐倉藩11万石の城下町でも知られる佐倉をピックアップ。かつての佐倉城は、現在では佐倉城趾公園となっており、今でも土塁など城があった面影を残しています。敷地の一角には国立歴史民俗博物館があり、年間を通じて様々なイベントが開催されています。市の中心駅ともいえる佐倉駅は、千葉にも成田にも20分ほどで行ける便利な駅です。総武本線(成東方面)・成田線(成田方面)の2路線が乗り入れ、1日の平均乗降客数は10,048人 (2016年)。ここ5~6年は横ばいの状況です。ちなみに京成線にも「佐倉駅」があります(正しくは京成佐倉駅)が、直線距離で約1.8km。徒歩での乗り換えには少し距離があり、バスでも10分ほどかかるのでご注意を。
  • 駅商圏分析センター ~我孫子駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は我孫子駅周辺の分析です。我孫子はその昔、水戸徳川家に続く水戸街道の宿場町として栄えた歴史ある街です。南側に手賀沼などの自然が残り、多くの文化人に愛されたことから“北の鎌倉”と呼ばれることも。我孫子駅の開業は1896年(明治29年)。現在はJR東日本の2路線(常磐線・成田線)が乗り入れる複数路線駅です。上野まで29分という好立地で、都内通勤者も多く居住しています。また東京メトロ千代田線も乗り入れ直通運行しています。そして我孫子駅といえばなんといってもホームで営業している立ち食いそば屋「我孫子弥生軒」が有名。山下清さん(裸の大将)ゆかりのお店でもあります。名物のから揚げそばを求めて、遠方から来る人も少なくないとか。1日の平均乗車客数は31,172人 (2017年)。乗車人員は1990年(29,622人)と比較すると横ばいとなっています。
  • 商圏設定のキホンとは?
    商圏はまず「リピーター獲得につながる範囲かどうか」を考えましょう。
  • 駅商圏分析センター ~五井駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は五井駅周辺の分析です。五井駅は、2社(JR東日本・小湊鐵道)2路線(内房線・小湊鉄道線)が乗り入れており、市原市の中心地に位置しています。西口周辺は商業施設などが集まって市原市街を形成しており、オフィスビルやマンションなどが立ち並んでいます。東口周辺は2007年~2013年の五井駅東口開発により、大型複合商業施設や高層住宅地、総合公園である上総更級公園が建設されました。 駅東西にはタクシー乗り場とバスターミナルがあり、利便性も高いです。五井駅の1日の平均乗車客数は20,030人 (JR線2016年、小湊鉄道線2015年2社合算)です。小湊鐵道では一番利用者が多い駅となっております。
  • 成田駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べま…
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は成田駅周辺の分析です。日本の玄関口である成田国際空港がある成田市。JR成田駅は成田線の駅で、京成成田駅が隣接しています。また成田駅は「成田のお不動さま」としても知られる成田山新勝寺の最寄り駅でもあります。新勝寺は初詣の参拝客数が社寺としては全国2位であり、成田国際空港が近いことから外国人観光客にも人気があります。駅の周辺には区画整理されたニュータウンや新興住宅地が多数あり、商業施設も多く展開しています。2015年春には、成田市が駅前に整備したマンション・商業施設などが入る再開発ビル(スカイタウン成田)が完成しました。また成田市は、千葉県内では浦安市に次いで2番目に平均年齢が若く、人口増加も続いています。市の郊外には空港関連企業や大規模な工業団地が立地しています。成田駅は地元住民から観光客まで、幅広い層の人たちが利用している駅と言えるでしょう。JR成田駅の1日の平均乗車客数は16,197人、京成成田駅の1日平均乗車客数は18,739人(いずれも2018年)。2000年から2018年で見てみると、若干減少しているものの、ほぼ横ばい状態です(JR:16,461人⇒16,197人、京成18,916人⇒18,739人)。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP