駅商圏分析センター ~JR佐倉駅編~

公開

長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の出身地といえば……そう佐倉市!

 

駅商圏分析センター第9回は、ミスタープロ野球の地元、歴史ある佐倉藩11万石の城下町でも知られる佐倉をピックアップ。

 

かつての佐倉城は、現在では佐倉城趾公園となっており、今でも土塁など城があった面影を残しています。敷地の一角には国立歴史民俗博物館があり、年間を通じて様々なイベントが開催されています。

 

市の中心駅ともいえる佐倉駅は、千葉にも成田にも20分ほどで行ける便利な駅です。総武本線(成東方面)・成田線(成田方面)の2路線が乗り入れ、1日の平均乗降客数は10,048人 (2016年)。ここ5~6年は横ばいの状況です。

 

ちなみに京成線にも「佐倉駅」があります(正しくは京成佐倉駅)が、直線距離で約1.8km。

 

徒歩での乗り換えには少し距離があり、バスでも10分ほどかかるのでご注意を。

 

【目次】
1.円商圏
2.居住人口・人口増減率
3.世帯人員
4.住居
5.収入
6.将来人口
7.昼間人口
8.まとめ

(1) 円商圏

 

前提としてJR線佐倉駅から前提としてJR線佐倉駅から

 

① 半径1km圏
② 半径1~3km圏
③ 半径3~5km圏を分析します。

※基準値…千葉県平均

1km圏内
駅前に大型商業施設はないものの、圏内にはスーパーやドラッグストア等、生活必需品を扱う店舗が揃っています。医療機関も多く生活環境は良好。北へ歩くと城下町の佐倉らしく、3棟の武家屋敷が一般に公開されています。

 

1~3km圏
京成佐倉駅が含まれるエリア。駅徒歩圏に前述の佐倉城趾公園や国立歴史民俗博物館のほか、市役所や郵便局もあることから、市の中枢機関がこのあたりに集中していることが分かります。南側には東関東自動車道佐倉ICがあり、東京方面・成田空港方面へのアクセスは抜群です。

 

3~5km圏
北側は長嶋茂雄記念岩名球場のある岩名運動公園や佐倉草ぶえの丘、さらには印旛沼など自然豊かな環境。南側は佐倉第三工業団地があり大型の工場が集結しています。

(2) 居住人口・人口増減率

1km圏
特に20歳代人口が多く、60歳代が少ないエリアです。人口増減率は4.15%(千葉県平均2.64%)と平均を上回り、人口流入がやや多いエリアといえます。

 

1~3km圏
60歳代が特に多く、次いで50歳代が続きます。反対に10歳未満・30歳代・40歳代の人口割合が低くなっています。人口増減率は-2.07%と減少しているエリアです。

 

3~5km圏
60歳代が飛び抜けて多いエリアです。反対に40歳代はかなり少ないエリアといえます。人口増減率は-0.29%と、ここも減少しています。新しい層の流入が少ないエリア、ということが推測できます。

 

(3) 世帯人員

 

1km圏
1人世帯が多い(36.54%)ということが分かります(千葉県平均30.30%)。駅至近エリアの特徴ですね。しかし千葉県内のその他主要駅1km圏と比較すると1人世帯の割合はそれほど高くはなく、ファミリー層も割合多く住んでいるエリアといえそうです。

 

1~3km圏
1人世帯が少なく、2~5人以上の世帯が千葉県平均を上回っています。いわゆるファミリー層の世帯が多いことが想定されます。

 

3~5km圏
このエリアはさらに1人世帯が少なくなっています。全体的には1~3km圏と非常に似た構成となっています。

(4) 住居

1km圏
民営の借家が33.29%を占め、千葉県平均値(25.49%)より約8%高い数値になっています。また給与住宅5.07%(同平均3.36%)が多いのも特徴です。戸建てと共同住宅の比率は、千葉県平均とほぼ同じです。

 

1~3km圏
持ち家比率(83.40%)、一戸建て比率(76.57%)と共に千葉県平均より約20%ほど高い数値となっています。このエリアはマンションのような共同住宅が少なく、持ち家≒一戸建て、の構図といえそうです。

 

3~5km圏
このエリアは持ち家比率(83.71%)、一戸建て比率(77.32%)とさらにその割合は高まります。全体的には1~3km圏と非常に似た構成になっています。

(5) 収入

1km圏
平均年収が518万円。千葉県平均より約4万円低くなっています。

 

1~3km圏
平均年収が545.4万円。千葉県平均より約22万円高くなっています。

 

3~5km圏
平均年収が535.6万円。千葉県平均より約12万円高くなっています。

駅から1km以上離れると平均年収は高くなる傾向があります。

 

どちらかというとシニア層中心のエリアということもあり、経済面でも落ち着いた世帯が多いことが予想できます。駅近は流入してきた若いファミリー世帯と1人世帯が多いことを考えると順当な結果でしょうか。
年収階級別でみると、どのエリアも千葉県平均と大きな差がない結果となっています。
※年収→世帯年収

(6) 将来人口

1km圏
人口は減少傾向です。平成52年には現在の人口より11%程度少なくなる見込みです。

 

1~3km圏
人口は継続的に減少していく予測です。平成52年には現在の人口より25%程度少なくなる見込みです。

 

3~5km圏
1~3km圏同様、人口は継続的に減少していく予測です。平成52年には現在の人口より26%程度少なくなる見込みです。

(7) 昼間人口  

夜間に対する昼間人口の割合です。

 

1km圏
昼間人口は夜間人口の91.05%となっており、人口変動比の少ないエリアです(千葉県平均83.24%)。通学・通勤も同エリアで、という方も多いようです。

 

1~3km圏
昼間人口は夜間人口の84.75%で千葉県平均と近似値のエリアです。

 

3~5km圏
昼間人口は夜間人口の78.70%となっています。やや人口変動比の大きいエリアです。昼間は静かな住宅街、といった感じでしょうか。

(8) まとめ

人口減少へ転じており、それと共に高齢化の進行が顕著であるという結果がデータに表れています。

 

しかし、佐倉市には豊かな自然と長い歴史、閑静で住みやすいベッドタウンを有する、という大きな特徴を持っています。

 

その強みを活用し、今後新しい層を取り込んでいきたいものです。まずはあなたも佐倉の歴史散策でその魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

セミナー情報 セミナー情報

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 駅商圏分析センター ~津田沼駅~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はJR津田沼駅周辺の分析です。駅舎は習志野市ですが、ホームの一部...
  2. 駅商圏分析センター ~四街道駅~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は四街道駅周辺の分析です。四街道駅はJR総武本線の駅であり、また...
  3. 駅商圏分析センター ~木更津駅編~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は木更津駅周辺の分析です。木更津といえば、東京湾アクアライン、潮...
  4. 駅商圏分析センター ~我孫子駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は我孫子駅周辺の分析です。我孫子はその昔、水戸徳川家に続く水戸街...
  5. 駅商圏分析センター ~五井駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は五井駅周辺の分析です。五井駅は、2社(JR東日本・小湊鐵道)2...
  6. 駅商圏分析センター ~西船橋駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は西船橋駅周辺の分析です。西船橋駅は3社(JR東日本・東京メトロ...
  7. 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として...
  8. 駅商圏分析センター ~ユーカリが丘駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はユーカリが丘駅周辺の分析です。ユーカリが丘は山万株式会社が19...
  9. 駅商圏分析センター ~本八幡駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は本八幡駅周辺の分析です。本八幡は「これから人気が出そうな郊外の...
  10. 駅商圏分析センター ~蘇我駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は蘇我駅周辺の分析です。蘇我駅と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、...
  11. 駅商圏分析センター ~新松戸駅編~

    駅商圏分析センターシリーズも、めでたく10回目を迎えることとなりました(笑)。今回は新松戸駅周辺...
  12. 駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~

    千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りしま...
  13. 駅商圏分析センター ~柏駅編~

    第7回は、“千葉の渋谷”の異名を持つ「柏駅」編です。柏駅はJR常磐線と東武野田線(東武アーバンパ...
  14. 駅商圏分析センター ~都賀駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い△△駅周辺はビジネスマンの街××駅周辺は学校が...
  15. 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺...
  16. 駅商圏分析センター ~千葉ニュータウン中央駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅...
  17. 成田駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べます! 駅商圏分析センター

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は成田駅周辺の分析です。日本の玄関口である成田国際空港がある成田...
  18. 千葉駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べます! 駅商圏分析センター

    駅商圏分析センターシリーズ。今回はJR千葉駅周辺の分析です。JR総武線快速なら東京駅まで約40分...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 駅商圏分析センター ~柏駅編~
    第7回は、“千葉の渋谷”の異名を持つ「柏駅」編です。柏駅はJR常磐線と東武野田線(東武アーバンパークライン)の2路線が利用でき、千葉県で第3位の乗降客数を誇ります。大型ショッピングモールをはじめ、若者向けのファッションや雑貨を扱う店舗も多く、週末ともなると周辺住民はもちろん、茨城県からもたくさんの人が訪れることで有名です。柏市といえば…そう、柏レイソルのホームタウンでもありますね。レイソルサポーターはとにかく熱狂的!Jリーグでも屈指の熱さです。試合のある日、日立台のホームスタジアムは柏サポーターの熱い応援で、興奮のるつぼと化します。そんな若者カルチャーやスポーツ文化の発信地「柏駅」。周辺に住む人々の属性はどのような感じなのでしょうか?
  • 駅商圏分析センター ~蘇我駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は蘇我駅周辺の分析です。蘇我駅と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉。駅構内はジェフカラーで彩られ、電車の発車時にはサポーターソングの『Over』が流れます。ホームスタジアのフクダ電子アリーナへは無料のシャトルバスが運行(徒歩でも8分程度)。そんな蘇我駅には京葉線、内房線、外房線の3路線(すべてJR東日本)が乗り入れています。内房、外房、東京方面のハブとなる駅で、通勤にも観光にも利便性に優れています。1日の平均乗降客数は33,123人 (2016年)。1990年代から常に右肩上がりで乗降客数が増加しています。それともう一つ、あまり知られていませんが、貨物線である京葉臨海鉄道臨海本線(通称りんてつ)が乗り入れています。主に京葉臨海工業地帯で生産されるや製品や物資、原料を輸送しています。
  • 千葉駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べま…
    駅商圏分析センターシリーズ。今回はJR千葉駅周辺の分析です。JR総武線快速なら東京駅まで約40分の千葉駅。内房線(館山方面)、外房線(鴨川方面)、成田線(成田方面)、総武本線(銚子方面)と、県内各所への出発点でもあるターミナル駅です。また千葉都市モノレール千葉駅、京成線千葉駅にも隣接しています。付近にはビジネス街、繁華街、ショッピングスポットや観光スポットもあり、とてもにぎやかです。ここ数年千葉駅は大改装工事をしていましたが、2016年11月に完成。現在エキナカ3Fと4Fでは61のショップが営業中で、活気にあふれています。JR千葉駅の1日の平均乗車客数は105,807人 (2017年)。2000年から2017年の推移を見てみるとほぼ横ばい(105,246人⇒105,807人)ですが、今も昔も変わらず多くの人が往来する駅です。
  • 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3位の地位をかけての宿命のライバル対決は、両県民のみならず、皆の関心が高い話題なのでしょう。2000m級の山があるから、埼玉県の勝ち!いや、海があるから千葉県の勝ち!など面白おかしく取り上げられています。この時点で千葉県民からは「埼玉県vs千葉県」ではなく「千葉県vs埼玉県」じゃないの?なんて苦情が来そうですが、都道府県番号では埼玉県が「11」千葉県が「12」ということもあり、本コラムでの表記は「埼玉県vs千葉県」で統一させていただきます。ご了承ください。さて、今回はあまりメディアでは取り上げられないニッチなデータで用いて、埼玉県と千葉県のライバル対決をしてみます。お気軽にお読みください。
  • 駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~
    千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りします。2010年京成成田空港線(成田スカイアクセス線)の開通により、北総鉄道・新京成電鉄・東武鉄道と合わせて4路線が乗り入れており、市の中心駅になりつつあります。1日の平均乗降客数も93,221人(2011年)から97,618人 (2015年)と、右肩上がりを続けている同駅。都内はもちろん船橋・柏・松戸・成田・津田沼などの県内主要市街地に、電車1本で短時間での移動が可能な快適駅です。ちなみに鎌ケ谷市の「ケ」は小さい“ヶ”ではなく大きい“ケ”が正しいとのこと。でも新鎌ヶ谷駅の「ヶ」は小さいんですよね(笑)。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP