駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~

シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として1986年に開業しました。幕張新都心は1989年の幕張メッセオープンを皮切りに、ホテルや商業施設、企業、教育・研究施設、幕張ベイタウンを中心とする宅地化の推進により「職・住・学・遊」の複合的な都市機能の集積が進み、現在の姿になっています。

 

幕張新都心は以下の6地区で構成されています。

 

「タウンセンター地区」…JR京葉線の海浜幕張駅が中心の地区
「業務研究地区」…企業が立地する地区
「文教地区」…学校や研究施設が立地する地区
「住宅地区」…集合住宅が立地する地区
「公園・緑地地区」…海岸沿いの幕張海浜公園を中心に広がる地区
「拡大地区」…1989年に編入された地区

 

海浜幕張駅はJR京葉線が運行。1日の平均乗車客数は65,377人 (2016年)。開業初年度(1986年)の747人から87.5倍の乗車客数となりました。発車メロディにはZOZOマリンスタジアムを本拠地とするプロ野球チーム、千葉ロッテマリーンズの応援歌「We Love Marines」が。筆者は個人的に2015年から毎年開催されているレッドブル・エアレースを楽しみにしています。

 

【目次】
1.円商圏
2.居住人口・人口増減率
3.世帯人員
4.住居
5.収入
6.将来人口
7.昼間人口
8.まとめ

(1) 円商圏

前提として海浜幕張駅から
① 半径1km圏
② 半径1~2km圏
③ 半径2~3km圏を分析します
※基準値…千葉県平均

 

 

1km圏
幕張メッセをはじめ、駅前は商業エリア、駅西側はワールドビジネスガーデンを中心とした企業エリア、東側は大型ホテルエリア、幕張海浜公園を挟み、パティオスなどの住居エリア、線路より内陸側は各種学校エリア、といわゆる幕張新都心の中枢となています。

 

1~2km圏
京葉線検見川浜駅、総武線幕張駅、京成線京成幕張駅を含むエリア。西側はイオンモール幕張新都心やコストコといった大型商業施設が並びます。千葉県運転免許センターもこの地区。東側は花見川を渡ると、真砂・磯辺の住宅街が広がります。こちらは1970年代に開発された地区で、落ち着いた雰囲気です。海側は先述のZOZOマリンスタジアムがあり、北側は国道14号を越えると、一気に街の趣が変わります。

 

2~3km圏
JR総武線幕張本郷駅・新検見川駅、京成線幕張本郷駅・検見川駅、また京葉道路幕張ICが含まれるエリア。西側は習志野市に入ります。海側に住居地は少なく、千葉工業大学新習志野キャンパス、商業施設、各種工場施設が林立。東関東自動車道の北側は香澄や幕張西の住宅街が広がります。また大型マンションも点在。東側は主に真砂・磯辺地区のマンションなどの住宅街です。千葉市立海浜病院もこの地区にあります。

(2) 居住人口・人口増減率

●年代別人口

 

●人口増減率

 

1km圏
40歳代の、人口が突出して多いエリアです(千葉県平均13.77%に対し、26.11%)。また10歳未満・10歳代も非常に多い結果が出ています。40歳代の親とその子供たちのファミリー世帯が集中して居住している地域といえます。反対に20歳代と50歳代以上の人口が少ない結果となっています。人口増減率は25.11%と非常に流入が活発です(千葉県平均2.64%)。

 

1~2km圏
30・40歳代が多いエリアです。1km圏ほどではありませんが、10歳未満・10歳代も千葉県平均を上回っています。ここも20歳代と50歳代以上は少ないという結果が出ました。人口増減率は14.53%とここも大きく千葉県平均を上回っています。開発余地の大きいエリアですので、今後も増加の可能性を秘めています。

 

2~3km圏
この商圏も30・40歳代が多いエリアです。しかし、人口ピラミッドは千葉県平均とほぼ同様の形が見てとれます。幕張新都心の外側エリアということを如実に物語っていますね。人口増減率は1.27%と千葉県平均を下回り、流出流入が少ないようです。

(3) 世帯人員

1km圏
1人世帯が14.47%と、千葉県平均(30.30%)と比較して極端に低い割合になっています。反対に4人世帯が28.30%(千葉県平均15.49%)と非常に高い割合を示しています。3人世帯の割合も高く、核家族のファミリー層が集中していると想定されます。

 

1~2km圏
このエリアは2~4人世帯が千葉県平均を上回っています。反対に1人世帯・5人以上世帯が少ない割合を示しており、やはり核家族世帯が多いようです。

 

2~3km圏
千葉県平均と近い世帯人員の構成比になっています。1~2人世帯は平均を上回っています。

(4) 住居

●住宅の所有関係別世帯数

 

●住宅の建て方別世帯数

 

1km圏
持ち家比率(79.14%)は千葉県平均値(65.94%)より13%高い数値になっています。住宅の建て方を見ると、共同住宅が99.31%となっており、そのほとんどがマンションです。千葉県平均値(44.00%)よりも55%も高い数値となっています。持ち家=分譲マンションという構図です。公営公社等の住宅が13.31%(千葉県平均5.20%)と割合が高いのも特徴的です。

 

1~2km圏
持ち家比率が66.12%と千葉県平均に近づきます。一戸建て比率が20.11%と1km圏よりは増加するものの、ここも共同住宅比率が79.26%と圧倒的に高い結果となっています。また公営公社等の住宅が16.85%と千葉県平均の3倍強となっています。

 

2~3km圏
持ち家比率が56.71%と千葉県平均を下回ります。公営公社等、民営の借家、給与住宅がそれぞれ千葉県平均より高い割合になっています。住宅の建て方で見ると、このエリアも共同住宅が66.33%と多くを占めています。

 

●住宅の延べ面積別世帯数

世帯が居住する住宅の延べ床面積です。1km圏で見ると70~99㎡の住宅が69.22%を占めこの大きさの住居が多く、かつ集中して建設されていることが分かります。

(5) 収入

1km圏
平均年収が611.1万円。千葉県平均より約88万円高くなっています。

 

1~2km圏
平均年収が551.9万円。千葉県平均より約29万円高くなっています。

 

2~3km圏
平均年収が533.6万円。千葉県平均より約10万円高くなっています。
どの商圏も千葉県平均と比較すると、平均年収は高い結果が出ました。また1km圏では年収1,000万円以上の世帯の割合が14.09%と千葉県平均(7.75%)を大きく上回る結果が出ています。高額所得者の多いエリアであることがよく分かります。
※年収→世帯年収

(6) 昼間人口

 

夜間に対する昼間人口の割合です。

1km圏
昼間人口は夜間人口の344.67%(千葉県平均83.24%)。

 

1~2km圏
昼間人口は夜間人口の75.16%。

 

2~3km圏
昼間人口は夜間人口の68.70%.

 

1km圏は昼間人口が爆発的に増加します。企業・商業地・学校等密集している土地ならではの現象ですね。反対に2~3km圏はベッドタウンエリアということが分かります。

(7) 将来人口

1km圏
平成52年(※2019年4月で平成は終了しますが)まで人口は増加の一途をたどります。平成52年では平成22年比17.58%の予測が出ています。人口が増加し続ける希少なエリアです。 

 

1~2km圏
1km圏同様人口が増加し続けます。平成52年では平成22年比13.92%の予測。新たな分譲地開発が予測されます。

 

2~3km圏
平成32年にピークを迎え減少期に入ります。平成52年では平成22年比-8.76%の予測が出ています。

(8) まとめ

人口増加が著しく、また高額所得者層の多い海浜幕張駅周辺地区。販促を考える上で見逃すことのできない地域ですね。2024年度開業を目標に京葉線の新駅ができる構想もあります(イオンモール幕張新都心至近)。これからさらに強力なインフラが整い、新都心としての機能も強化されていくことでしょう。

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 駅商圏分析センター ~ユーカリが丘駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はユーカリが丘駅周辺の分析です。ユーカリが丘は山万株式会社が19...
  2. 駅商圏分析センター ~本八幡駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は本八幡駅周辺の分析です。本八幡は「これから人気が出そうな郊外の...
  3. 駅商圏分析センター ~蘇我駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は蘇我駅周辺の分析です。蘇我駅と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、...
  4. 駅商圏分析センター ~新松戸駅編~

    駅商圏分析センターシリーズも、めでたく10回目を迎えることとなりました(笑)。今回は新松戸駅周辺...
  5. 駅商圏分析センター ~JR佐倉駅編~

    長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の出身地といえば……そう佐倉市!駅商圏分析センター第9回は、ミスタープ...
  6. 駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~

    千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りしま...
  7. 駅商圏分析センター ~柏駅編~

    第7回は、“千葉の渋谷”の異名を持つ「柏駅」編です。柏駅はJR常磐線と東武野田線(東武アーバンパ...
  8. 駅商圏分析センター ~都賀駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い△△駅周辺はビジネスマンの街××駅周辺は学校が...
  9. 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺...
  10. 駅商圏分析センター ~千葉ニュータウン中央駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅...
  11. 駅商圏分析センター ~成田駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあって、若い人が多い! △△駅周辺はビジネスマンの街 ×...
  12. 駅商圏分析センター ~千葉駅編~

    みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国...

PAGE NAVI

続きを読む
セミナー開催情報
中途採用を成功に導くノウハウ公開セミナー
日程:2018年7月26日(木)
時間:15時~17時
定員:30名
「中途採用って、意外と難しい」とお考えの採用担当者様向けのセミナーです。「なぜ貴社の中途採用はうまくいかないのか-中途採用成功のポイントを理解する-」をテーマに、中途採用を増やすための方法やノウハウをお伝えします。
  • 永遠のライバル!?埼玉県VS千葉県
    ニッチなデ…
    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3位の地位をかけての宿命のライバル対決は、両県民のみならず、皆の関心が高い話題なのでしょう。2000m級の山があるから、埼玉県の勝ち!いや、海があるから千葉県の勝ち!など面白おかしく取り上げられています。この時点で千葉県民からは「埼玉県vs千葉県」ではなく「千葉県vs埼玉県」じゃないの?なんて苦情が来そうですが、都道府県番号では埼玉県が「11」千葉県が「12」ということもあり、本コラムでの表記は「埼玉県vs千葉県」で統一させていただきます。ご了承ください。さて、今回はあまりメディアでは取り上げられないニッチなデータで用いて、埼玉県と千葉県のライバル対決をしてみます。お気軽にお読みください。
  • 北関東の雄は!?茨城県VS栃木県VS群馬県 ニッチな…
    前回好評だったニッチデータ対決。今回は北関東3県のライバル対決です。茨城県・栃木県・群馬県は、ブランド総合研究所の「都道府県別地域魅力度ランキング」でワースト3、なんてことを各メディアが報じています。ネタとしては確かに面白いですね。しかし北関東は世界遺産や文化的遺産、自然の景観、温泉やスキー場をはじめとしたリゾート地等、魅力あふれるスポットの宝庫です。そしてまだまだ隠れた魅力がたくさんありそうです。都道府県番号では茨城県が「8」栃木県が「9」群馬県が「10」ということもあり、本コラムではその順番で表記します。 今回は、北関東3県のソウルフード対決をしてみました。気軽な気持ちでお読みください。
  • 商圏設定のキホンとは?
    商圏はまず「リピーター獲得につながる範囲かどうか」を考えましょう。
  • 駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~
    千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りします。2010年京成成田空港線(成田スカイアクセス線)の開通により、北総鉄道・新京成電鉄・東武鉄道と合わせて4路線が乗り入れており、市の中心駅になりつつあります。1日の平均乗降客数も93,221人(2011年)から97,618人 (2015年)と、右肩上がりを続けている同駅。都内はもちろん船橋・柏・松戸・成田・津田沼などの県内主要市街地に、電車1本で短時間での移動が可能な快適駅です。ちなみに鎌ケ谷市の「ケ」は小さい“ヶ”ではなく大きい“ケ”が正しいとのこと。でも新鎌ヶ谷駅の「ヶ」は小さいんですよね(笑)。
  • 駅商圏分析センター ~ユーカリが丘駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回はユーカリが丘駅周辺の分析です。ユーカリが丘は山万株式会社が1971年に開発を始め、1979年に分譲を開始したニュータウン。佐倉市の西部に位置し、上野まで約1時間のアクセスです。特筆すべきはその開発方法。計画地を一気に開発・分譲するのではなく、一貫して少しずつ分譲するという手法をとっています。そうすることで住民の世代が偏らず、各年齢層の割合を一定に保つということを実現しているのです。現在もユーカリが丘周辺の開発は継続中。こうした工夫により、ニュータウン開発初期の学校の不足や、街の急速な高齢化を避けることができています。中心のユーカリが丘駅には、京成電鉄と山万ユーカリが丘線の2路線が乗り入れています。ユーカリが丘線は先述の山万が直接運営、ニュータウン内の交通の便を良くすることを目的に1982年に開業しました。ユーカリが丘駅の1日の平均乗降客数は11,625人 (2015年、2鉄道合算)。乗降人員は1998年から現在まで大きな変化は見られません(11,073人⇒11,625人)。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP